10月28日、改修工事を終えたばかりの東大阪市花園ラグビー場にてムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節対大体大が行われた。
前節から2週間あき、FWの徹底とセットプレーの強化に努めた京産大は流れに乗り大量得点。中村悠人や笹岡海斗ら、今季初スタメンのメンバーが躍動し、開幕3連勝を挙げた。

スターティングメンバー
1.岡留圭吾(4年・常翔学園)
2.宮﨑達也(4年・伏見工業)
3.松本幸志郎(4年・東福岡)
4.上田克希(4年・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3年・札幌山の手)
6.城間賢(2年・御所実業)
7.武田知大(4年・尾道)
8.フェインガ・ファカイ(3年・日本航空石川)
9.赤松慎司(4年・尾道)
10.中村悠人(3年・東海大福岡)
11.ニコラス・ホフア(2年・札幌山の手)
12.田畑凌(4年・報徳学園)
13.ヴァカラヒ・ジェイミー(1年・日体大荏原)
14.笹岡海斗(1年・成章)
15.栢本光(3年・天理)
16.久保山幸樹(3年・筑紫)
17.横山慶太郎(4年・京都成章)
18.寺脇駿(3年・日本航空石川)
19.谷山泰信(4年・東海大福岡)
20.横山尚樹(4年・常翔啓光)
21.若林達博(3年・洛北)
22.山内凌雅(3年・関大北陽)
23.藤野毅郎(4年・流経大柏)

(選手入替)
後半22分 3松本→18寺脇
   25分 5伊藤→19谷山
   29分 15栢本→23藤野
   33分 9赤松→21若林 

(試合展開)
DSC_5045

開幕2連勝、勢いに乗る京産大が次に迎えた相手はFWを武器とするヘラクレス軍団・大体大。
立ち上がり、大体大に隙をつかれ先制を許したが、ここから赤紺の猛攻が始まる。

15分、ゴール前10mラインアウトからモールを形成すると、ファカイが持ち出す。ディフェンスをかき分けてゴール左にトライを決めた。栢本のキックも堂々決まり、すぐさま逆転に成功した。

21分、自陣中央からFL城間賢が持ち出すと、相手タックルを飛び越え攻め込んだ。パスを受けた中村からルーキー笹岡につなぐと、敵陣を軽やかに駆け抜けゴール中央に飛び込んだ。彼らの勢いはとどまるところを知らない。
DSC_5125
相手ディフェンスを飛び越える城間
DSC_5142
中央にトライを決める笹岡

25分、相手キックを笹岡がキャッチすると、ボールは中村へ。相手ディフェンスを突破し中央にトライを決めると、29分、今度は中央付近ラックから笹岡がパスを受け疾走。加速し続け中央付近にトライした。
DSC_5206
中央にトライを決める中村悠人
DSC_5244
笹岡が2トライ目で飛び込む

前半終了間際、10m相手ボールのラインアウトから武田がボールを奪うと、そのままゴールラインに突き進む。ライン際でディフェンスに捕まるも力強く押し込みトライを決めた。

ロスタイムにもラックから笹岡、中村へとつなぎ、右隅にトライを決めた。
DSC_5369
中村の2トライ目

前半、栢本は6本中5本安定したコンバージョンを決め、40-5で試合を折り返す。

後半に入っても京産大が優勢で試合は進む。後半開始直後、中央でのラックから繋ぎ、田畑がディフェンスを振り切ってトライ。
DSC_5406
後半開始直後の田畑のトライ

勢いそのままに10分にはファカイ、15分に笹岡がトライを挙げる。後半は大体大ウィングに脚を活かしたトライを2度魅せられるも点差を詰められることは無かった。

28分、ゴール前中央ラックから主将・上田が持ち出しトライ。
38分には栢本から代わった藤野がゴール左側でパスを受けて隅に飛び込む。新しい戦力の活躍に、ベテラン勢も応えた。
DSC_5562
左隅にトライを決める藤野

後半ロスタイムのラストワンプレー、マイボールスクラムから押し切りスクラムトライ。後半途中からキッカーを務めたニコラスのコンバージョンも決まり、76-15でノーサイド。60点もの差をつけて、開幕3連勝を飾った。
DSC_5643
試合後、恒例となった主将インタビュー。インタビュアーを務める中村亮佑(4年・洛北)

(試合後コメント)
大西健監督
「前の試合から2週間、セットプレーの修正に取り組んだ。まとまりは少しずつ出てきたかなあ。中村や笹岡、城間、フェインガら先発陣がしっかり流れを作った。一試合一試合力をつけて大学選手権へ。勝ちや負けを越えてチーム力をあげていく」

上田克希主将
「入りが悪かったけど徐々に修正していった。大体大もFWのチームなのでFWで勝とうと意識してやってきた。近大戦に向けてもしっかり勢いをつけていきたい」

中村悠人選手
「(今季初スタメン)緊張で序盤は固まってしまっていた。持ち味のランがしっかり活かせた。どんどん精度の高いプレーを確立していきたい」

笹岡海斗選手
「(スタメン入りを知って)自分でも急だったのでびっくりした。がんばろうと思って準備してこれたと思う。思いっきりプレーしようと決めていて、しっかりそれができた。来週以降もでられるように、頑張ります」

次戦は11月3日(土)12時より花園第二グラウンドにて、近大戦。