西日本学生ハンドボール選手権大会の2日目が終了した。

初戦は関学大。
春季リーグでは5位と格上であるが、今大会でインカレ出場を確定するにはとても重要な試合であった。

開始約2分に玉田天詩(2年)の速攻で始まるとペースを掴み4点連取。安定した攻守で点差をつける。13-9でリードを守ったまま折り返すが、関学大がディフェンスを変えたことでミスが増えると後半開始6分で13-14と逆転を許す。
その後立て直し同点とするが最後まで追い越すことはできず。21-25で黒星スタートとなった。

井上監督「ディフェンスもよく出来ていたしよかった。シュートまで持っていくシチュエーション、シュート力の差が主な敗因だと思う。残り2戦もいつも通りに行きたい」
121D9C4E-76EA-4D0C-9978-9330A6868259試合前の円陣


第2節は広経大。
初戦の関学戦で敗戦した事で、消化試合になるはずだったが、直前の試合で関学大が岐阜大に敗戦した事でインカレ出場へのチャンスが生まれた。点差をつけて勝つことが出来ればよりチャンスが広がる試合となる。
しかし、ディフェンスとキーパーの連携が噛み合わず失点を重ねる。大きく離されることはなかったが、前半で追いつくことができず。14-17で後半に臨むこととなる。
後半4分にGK小西雄大(3年)が交代で入ると、好セーブをみせ徐々に攻守が噛み合う。ポジションチェンジでポストへ中西一将(3年)。バックプレーヤーと連携を取り相手ディフェンスを崩すと着々と点を重ねた。後半13分に藤田滉稀(2年)のサイドシュートで追い越すと、大鹿壮真(1年)のミドルシュートでよりチームを盛り上げる。その後も流れを渡すことなく、残り2分で長栄瑠伽(1年)がダメ押しの一点。1年生の活躍も大きく30-27と逆転勝利をあげた。
勝利したものの点差をつけられず、インカレ出場には難しい条件であるが、主将橋本大槻は「(インカレの)可能性はあるので捨てない気持ちで行く」と、意気込みを見せた。

本日行われる岐阜大戦で勝利し得失点差で上回ればインカレ出場となる大事な1戦。最後まで諦めることなくインカレ出場を狙う。