秋季リーグ開幕!!4月9日(月)ほっともっとフィールド神戸で硬式野球部が秋リーグ初戦を迎えた。杉野のホームランなどで主導権を握った京産大は北山の公式戦初完封となる好投もあり2対0で勝利!神宮に向けて好スタートをきった。
AAA_1382

京産大 000 100 010 = 2
大経大 000 000 000 = 0

試合成績
1.8 遠藤(滝川第二) 4打数0安打2四球1盗塁
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数1安打1犠打
3.D 杉野(近江) 4打数2安打1本塁打2打点1三振
4.9 川岸(京都成章) 4打数0安打1三振
5.5 小林(愛知) 3打数0安打1三振
5 笹原(福知山成美)1打数0安打
6.3 西元(福知山成美) 4打数1安打
7.7 田井中(福知山成美) 3打数0安打1四球
8.2 曾根(綾部) 2打数0安打1犠打
9.4 材木(綾部) 3打数0安打
4 酒井(桜宮)

二塁打 西元 本塁打 杉野

先発投手 北山(京都成章) 9回 3安打3四球0死球9三振 失点0自責点0


試合展開
前季を3位で終え王座奪還を目指す硬式野球部。大事な開幕戦の先発を任されたのは右のエース北山だった。「春に比べて直球の質が上がった」という北山はその直球を中心に二つの三振を奪うなど上々の立ち上がり。相棒、曾根の盗塁阻止もあり無失点で初回を終える。その後も北山は走者は出すものの粘り強い投球とノビのある直球を武器に三振を奪いチームに良い流れをもたらした。
AAA_0914
今シーズン初登板で好投する北山

北山の好投に応えたい打線は3回に先頭の田井中が四球で出塁。遠藤の四球などで二死1・3塁のチャンスを作るも宇都宮が二ゴロに倒れあと一本が出ない。このままズルズルといきそうな展開だが、それを一掃させたのは100安打に残り11本に迫っている杉野だった。「(相手の)西投手の強い球をはじき返すイメージで打席に入った」と語る杉野は甘く入ってきたフォークを見逃さずフルスイング。とらえた打球は右スタンドに飛び込み待望の先取点を奪った。
AAA_1177
先制ホームランを放つ杉野

味方の援護をもらった北山は、その裏一死から二者連続三振で三者凡退に抑え流れを完璧に呼び込む投球。5回に先頭打者の二塁打を皮切りに一死1・3塁のピンチを招くも、スクイズの打球をファースト西元がダイビングキャッチ。超ファインプレーでピンチを脱しナインも北山を盛り上げた。
AAA_1505
超ファインプレーで北山を救った西元

8回には先頭の遠藤の右前安打からチャンスを作り一死2塁とすると、杉野のこの日2安打目となる左前安打で1点を追加し北山を援護。2点のリードをもらった北山は、その後も粘り強いい投球をみせ大経大打線をシャットアウトし、2対0で京産大の勝利となった。北山は単発3安打8奪三振で今シーズン初戦を公式戦初完封で飾った。今日2打点の活躍を見せた杉野は大学通算安打を91とし100打まで残り9本と1ケタ台のカウントダウン体制に入った。 【記事編集・写真 松田拓真】
AAA_1754
ダメ押しタイムリーを放つ杉野


コメント
勝村監督
「今日は4回生が引っ張ってくれた。西川を中心にベンチからいい声が出ていた。試合に出ているものでは杉野のバッティングや西元の守備にも助けられた。ベンチにいるものだけでなく、スタンドにいる4回生の応援も力になった。
北山は直球に球威があり7回まで安心してみることができた。8回は少し変化球が多くなっていたので攻めていけとマウンドで声をかけた。完封は公式戦初。春に比べて力みがなくなりストレートの質が良くなった。初速と終速の差が少なく手元で伸びてくるボール。無駄な球も減ったように思う。練習などの取り組みもしっかりしてきた。藤本と二人でチームの柱になるようにひとつずつステップアップしていって欲しい。
(初スタメンの1年生について)小林は一般入部ながらよく頑張っている。材木はバッティングが良い。チーム内がより競争していってくれることを期待している。
(新4番川岸について)今後を考え育てていくつもりで4番に置いた。まだまだ努力不足なところもあるので自覚を持って取り組んで欲しい。
明日も集中してうちらしい野球をしていきたい。」
AAA_1937

西川主将
「初回から楽な回はなかったが北山が色々考えながら粘って投げてくれたおかげで流れを渡さずに試合を進めることができた。
 夏は取れるアウトをひとつひとつ確実にとる精度やムードを引き寄せる声を練習中から意識して取り組んだ。
 今日は相手を飲み込む声が出せており鳥肌が立つほどだった。チーム全員で戦う意識を持ってくれていたと思う。課題としてはピンチの時に継続して声が出せないところがあげられるのでチームを後押しできる声を意識して改善していきたい。
 試合に出ている四年生はすごく良くやってくれた。ベンチでは自分と石岡の2人を中心に目の前の役割を果たすことを意識していた。1年生は初めての公式戦のものが多いが思い切ってプレーをして欲しいし、そうできる環境を4回生を中心に作っていきたい。
 明日からも一戦一戦全員全力で勝つ気持ちを前面に出しながら戦っていきたい。」
AAA_0654

北山投手
「初完封のことは特に考えてはいなかった。開幕1戦目で試合に勝てるような投球をすることを意識していた。完封よりもチームの1勝の方が嬉しい。
 前半は直球で押していって、後半からカットボールのような小さい変化球を混ぜていった。すっといかないような展開もあり、後半は威力も無くなってきていたがキャッチャーと相談しながらバッテリーでカバーしあっていった。無駄な四球も多かったので修正を重ねていきたい。
 夏の間は最終回まで投げられるスタミナや直球の質や球威を意識して課題に取り組んだ。甘い部分を見直してスキをなくすようにも取り組んだ。OP戦で強いチームと試合ができバッテリー間で配給などを話し合うこともできた。春に比べて制球力がつき低めに強い直球を投げれるようになったと思う。
 今日は自分一人で抑えたというよりチーム全員で戦った。ベンチからも声をかけてもらって守備やバッティングでも助けてもらった。ピンチの場面でもメンタルを意識して落ち着いて投げることができた。まずは関西選手権に行って去年の借りを返せるようにリーグ優勝をしたい。そのために任された試合では全て勝てるように結果に一喜一憂せず戦っていきたい。」
AAA_0768

西元一塁手
「ピンチでエラーもあり、流れが悪い中でそれを変えようとした。スクイズ警戒などの内野での声かけがしっかりできていたからというのもある。際どかったが思い切っていくしかないと思った。このような守備は平山コーチにも言われていたのでそれが生かせられた。
北山の後押しを野手としても守備でできた。
春リーグ初戦はなかなか厳しいものだった。それを克服するために、夏のオープン戦などで追い込むことができた。」
AAA_1328

杉野外野手
「ホームランを打とうとは一ミリも考えていなかった。大経大の西投手の強い球をとりあえず返そうと思っていた。高めに入ったフォークを打ってホームランになった。奇跡といってもいい。
(タイムリーについて)相手投手の予想はついていた(先発予想は新谷)ので、左対左の練習、左のスライダー、背中からくるボールなど新谷投手の対策もしてきた。
(開幕戦について)スケジュール的に良く言えば体力温存ができるが、悪く言えば第1節を戦った相手は自分たちより経験値をつんで戦いに来る。
(一回生について)
小林や材木など、今日は結果が出なかったが期待ができる。
(秋リーグについて)
春が3位という結果に終わったため秋はその借りを返すために戦いたい。一戦必勝。」
AAA_1205