硬式野球部は9月10日(火)ほっともっとフィールド神戸で大経大との2回戦が行われた。連勝をねらう京産大は左のエース藤本が好投するも打線が振るわず完封負け。9回を1失点に抑えた藤本も犠牲フライの1球に泣いた。
AAA_3279

大経大 000 000 100 = 1
京産大 000 000 000 = 0

試合成績
1.8 遠藤(滝川第二) 3打数0安打1犠打3三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数1安打
3.D 杉野(近江) 4打数1安打1三振
4.9 川岸(京都成章) 4打数1安打1三振
5.5 小林(愛知) 3打数0安打
5 笹原(福知山成美) 1打数0安打
6.3 西元(福知山成美) 4打数0安打1三振
7.7 田井中(福知山成美) 1打数0安打2四球
8.2 曾根(綾部) 2打数0安打1犠打
9.4 材木(綾部) 2打数1安打
4 酒井(桜宮) 1打数0安打1三振

二塁打 宇都宮

先発投手 藤本(京都学園) 9回 7安打2四球5三振 失点1自責点1


試合展開
 前日の初戦に勝利し連勝で勝ち点を獲得したい京産大。先発は左のエースとして期待される藤本だった。藤本は初回から走者こそ許すも、ホームには返さない粘り強い投球。バックの守備にも助けられ無失点のまま試合を作った。打線は初回、一死から宇都宮のライト線への二塁打でチャンスを作るも3番杉野、4番川岸ともに倒れ先制点を奪えず。2回以降も単発の安打は出るものの後続が続くことができず得点できないまま試合は進んだ。
AAA_2181
二塁打でチャンスメイクする宇都宮

ピンチを迎えたのは4回。先頭打者をサード小林のエラーで出塁を許すと、左前安打などもあり一死1・2塁のピンチを迎える。しかし藤本は冷静に後続を遊ゴロ、二ゴロにしとめピンチを脱することに成功。6回にも一死2・3塁のピンチを招くも無失点に切り抜け0対0の投手戦のまま6回を終えた。
AAA_2258
無失点の好投を続ける藤本

試合が動いたのは7回。先頭打者の高く弾んだ二ゴロを材木がはじき出塁を許してしまう。「もう少し冷静にプレーできていればアウトにできていた」と材木も悔しさをにじませた。その後犠打と右前安打で一死1・3塁となると次打者にライトへ犠牲フライを放たれ先制を許した。
AAA_2830
先制を許し悔しさを表せる藤本

なんとか食らいつき逆転したい京産大は最終回に先頭の杉野が右前安打で出塁。その後WPなどもあって二死3塁と一打同点のチャンスを作るも6番西元の大きなあたりはセンターのグラブにおさまり試合終了。連勝とはならなかった。9イニングを1失点にまとめた藤本は「調子が良かっただけに犠牲フライの1球に悔いが残る」と試合を振り返った。打線は相手投手の変化球をとらえることができず単発4安打の悔しい完封負けとなった。 【記事編集・写真 松田拓真】
AAA_3151
最終回意地の一打を放つ杉野

コメント
勝村監督
「(打線について)相手投手の2種類のスライダーや低めのいい球をとらえきれず打線が繋がらなかった。少ないチャンスの中でエンドランなどが決めきれなかった部分もある。
 (藤本投手について)立ち上がりから直球が良かった。中盤少しバテていたが、ここにきてたくましさが出てきたように思う。
 (先制のきっかけになった材木二塁手のプレーについて)記録はヒットになったが球場の特性を考えて落ち着いてプレーしてほしかった。これを1つの経験にして次に生かしてほしい。
 明日は負けられない戦いになる。明日に向けて準備していく。」
AAA_2771

西川主将
「(今日の内容について)昨日と同じく粘り強く戦うことができたがやはり点を取れないと勝てない。1点を取るという執念をもっとチーム全体で出していくことが必要。
 (課題点などについて)小さいサインプレーをより確実に決めること。練習では対策をしてきたが、いざ本番となるとやはり練習と違うこともある。
 これからは1試合も落とすことはできない。よりプラスになるように勝ちにこだわることを意識する。一人ひとりが自分の持ち場で出来ることを全力でやることで結果はついてくると思う。」
AAA_2001

藤本投手
「ゾーンに投げ込めれば抑えられると思っていた。力強い直球を投げることができゲームを作ることができた。その分、不意に投げてしまった犠牲フライの一球に悔いが残る。
 夏の間は力のある直球で手元で伸びるキレのあるボールが投げられるように意識して取り組んだ。
リーグ戦が初めての一年生のミスは仕方のない部分ではあるが、先頭バッターがエラーで出塁するのは少しきつかったところもあった。
 今日のようなピッチングができればゲームを作ることはできると思うので、次は勝利につながれば良いなと思う。」
AAA_2572

材木二塁手
「春はベンチに入ることができずチームの力になることができていなかったので、秋からはチームの一員としての責任感が増した。
 (失点のきっかけになってしまった内野安打について)思い切って前に出たのは良かったが、強くグラブを振りすぎてしまい弾いてしまった。もう少し冷静にプレーできていればアウトにできていたと思う。切り替えが大事だと思うので、今日のことを考えすぎず勝つことだけを意識して、これからはこの失敗を取り返せるようなプレーをしていきたい。」
AAA_2460