9月14日(土)わかさスタジアム京都で大商大1回戦が行われた。前節勝ち点を逃し後がなくなった京産大だったが、投手陣が踏ん張り切れず7失点。打線の大幅な入れ替えも実らず無念の完封負けとなった。
AAA_5909

大商大 010 012 201 = 7
京産大 000 100 000 = 1

試合成績
1.D 杉野(近江) 4打数0安打1三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数0安打1犠打
3.5 笹原(福知山成美) 3打数0安打1犠打
4.9 川岸(京都成章) 3打数0安打1打点1犠飛1三振
5.3 西元(福知山成美) 3打数1安打1四球
6.7 材木(綾部) 4打数2安打
7.8 山本(鳥取城北) 2打数0安打1三振
H→8 田井中(福知山成美) 2打数0安打1三振
8.4 酒井(桜宮) 3打数0安打
9.2 曾根(綾部) 2打数0安打
H 小林(愛知) 1打数0安打
2 久木崎(京都成章)

先発投手 藤本(京都学園) 5回0/3 5安打4四球0死球1三振 失点3自責点3
二番手 紀本(富岡西) 1回1/3 4安打0四球0死球1三振 失点3自責点3
三番手 保澤(大津商) 1/3回 0安打1四球1死球1三振 失点0自責点0
四番手 長谷川(藤蔭) 1/3回 0安打1四球0死球1三振 失点0自責点0
五番手 宮所(関大北陽) 2回 1安打0四球0死球1三振 失点1自責点0


試合展開
関西六大学リーグ戦で18連勝と圧倒的強さを見せる大商大に挑んだ一戦。前節連敗で勝ち点を落とした京産大はスタメンオーダーを大幅に変更。1番に杉野を起用し打線のつながりを期待した。しかし、一度狂った歯車は簡単には戻らない。初回を3人で終えると、3回までに塁に出たのは西元の四球のみと苦しい展開が続いた。京産大の先発は藤本。先頭打者に安打を許すも、一死1塁から併殺打に打ち取り初回を3人で終わらせる。しかし、2回に四球からの2連打で一死満塁のピンチを招くと続く打者にセンターへ犠牲フライを放たれ1点の先制を許してしまった。
AAA_5285
先発で大商大打線に挑む藤本

同点に追いつきたい京産大がチャンスを作ったのは4回。先頭の宇都宮がセカンドエラーの間に2塁ベースをおとしいれる好走塁でチャンスを作ると、一死3塁から4番川岸のレフトへ犠牲フライを放ち試合を振り出しに戻した。
AAA_5606
同点の犠牲フライを放った川岸

しかし5回表、先頭打者に四球を与えると一死2塁から適時左前安打を打たれ再び1点のビハインドを背負う。さらに続く回も無死1、2塁のピンチを招いた藤本はここで降板。2番手の紀本に託した。なんとかピンチを脱したい紀本は自身のエラーで満塁にしたものの、続く打者をサードへの併殺打に打ち取り二死までこぎつける。続く打者も2ストライクとし、ピンチ脱出まであと1球としたが、3-2からの6球目を右線に運ばれ2点適時二塁打に。気迫のこもった投球を見せたもののチームを救うことはできず、リードは3点に広がった。
AAA_5890
気迫の投球を見せる紀本

7回以降も大商大ペースは続く。一死三塁から左中間に二塁打を浴び1点を失うと、3番手保澤の2つの四死球の後、4番手長谷川が押し出し四球を与えてしまいさらに1点。9回にも5番手宮所が犠牲フライで1点を失い7点目が入った。打線は7回に無死1、2塁のチャンスを作るも無得点。その後も好機を生かすことができず無念の完封負けとなった。 【記事編集・写真 松田拓真】


コメント
勝村監督
「点数が取れていなかったので打順を大幅に変更したがそれでもつながらなかった。左投手をずっと対応できていない。このままズルズルといっては行けないのでテコ入れをしていこうと思う。
 先発の藤本は初めはあまり調子が良くない印象だったが中盤あたりからボールがいきだした。6回あたりからコースが甘くなることがよくある。試合を作れるようにはなってきたのでここからもうひと成長を期待したい。紀本は調子が良い。ストレートに力があった。打たれたのは向かっていった結果なので仕方がない。もっと大事なところで投げるために、藤本同様もうひと成長して欲しい。宮所はもともとコントロールの悪くない投手なので安心して見れる。ただ、あの場面で1点も取られないような投球を目指して欲しい。山口も良くなってきているのでそれも頭に入れながら投手起用していく。
 材木はバッティングが良いので、もともと外野を守っていたこともあり思い切ってレフトで使った。
 打線は本来の力を発揮できずにいる。今日は下位打線から杉野に繋がることを期待したオーダーだったが機能しなかった。クリーンアップに当たりがではじめればもう少し点も入るようになると思う。ここを辛抱強く耐えてなんとかきっかけをつかんで欲しい。
 明日は総力戦になる。相手投手をどう崩していくかを考えて連勝を阻みたい。意地を見せる。」
AAA_5413

藤本投手
「調子は前の試合から維持できていたが少しボール先行になってしまい、甘いボールを狙われてしまった。無駄な四球も多かったと思う。(相手の打線について)あまり深く考えていなかったが少し丁寧にいきすぎてしまったかもしれない。次は強気の投球を見せて打線に流れをもってくるピッチングをしたい。」
AAA_5458

材木選手
「相手投手との力の差は感じていたが追い込まれてからも粘り強くいこうと思っていた。やはりストレートは速かったが自分のスイングができた。
 外野は高校時代に1年ほど経験しているが、大学では初。どちらかというと外野の方が守りやすい感じがした。バックホームの送球が逸れてしまう場面もあり、あそこでアウトにできていたら流れも変わっていたかもしれないと反省している。同じことを繰り返さないようにしたい。
 明日からも泥くさくつなぐ意識を持って出塁できるように頑張りたい。」
AAA_6163