9月23日(月)わかさスタジアム京都で伝統の産龍戦1回戦が行われた。前回大商大相手に悔しい配線をした打線が今日は爆発。1年生久木崎が4打点と爆発し6対0と圧勝。投げては北山、久木崎の京都成章バッテリーの活躍で龍大打線を圧倒し完封。大事な初戦を白星で飾った。
AAA_8868

龍谷大 000 000 000 = 0
京産大 000 200 130 = 6

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 5打数1安打1三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数2安打1打点1犠打
3.D 杉野(近江) 3打数0安打1死球2三振
4.9 川岸(京都成章) 3打数0安打1四球1三振
5.3 西元(福知山成美) 4打数0安打
6.5 笹原(福知山成美) 4打数3安打1三振
7.7 田井中(福知山成美) 4打数1安打
8.4 酒井(桜宮) 3打数0安打1三振
9.2 久木崎(京都成章) 3打数2安打1四球4打点1三振

先発投手 北山(京都成章) 9回 5安打0四球0死球6三振 失点0自責点0


試合展開
前日の試合が1回途中で雨天中止となり、少し不規則な形で仕切り直しとなった伝統の産龍戦第1ラウンド。先発に上がったのは前日と同様エース北山だった。ノーゲームとなった前日の試合では雨の影響からか連打を食らい2点を失っていたが「調整を工夫して試合に臨むことができた」(北山)と語るように今日の状態は抜群。初回にこそ安打で走者を許したもののその後は安定した投球で相手打線を寄せ付けない。同じ京都成章高校出身の1年生捕手久木崎の好リードもあり5回まで1安打ピッチングを続けた。
AAA_8189
龍大打線を抑え込む北山、久木崎バッテリー

打線は初回から山本の中前安打などで2、3塁のチャンスを作るなど北山の好投に呼応するかのようにつながりを見せる。そんな中、試合が動いたのは4回だった。一死から笹原が右前に安打を放ちチャンスメイク、田井中も続き一死1、3塁と先制のチャンスを迎える。酒井の投ゴロの間に田井中が進塁し二死2、3塁となったところで打席には好リードを続ける9番久木崎を迎えた。「自分が決めるつもりで積極的に打ちに行った」(久木崎)。甘く入ってきた初球のストレートを逃さず、走者二人を返す2点タイムリー。好投を続ける北山へ後輩からの最高のプレゼントとなった。
AAA_8844
公式戦初打点となる先制タイムリーを放つ久木崎

久木崎の勢いはこれで終わらない。7回と8回にそれぞれ1点を追加し、なおも二死1、3塁の場面で再び打席が回ってくる。「イケイケの雰囲気だったので思い切って打ちに行った」と語る久木崎はまたしても初球を左前にはじき返しダメ押しの2点タイムリーとなった。自他ともに守備の人と言われる久木崎。「タイムリーを打つとは思っていなかった」と勝村監督もびっくりの2安打4打点の大活躍となった。
AAA_9460
左前タイムリーでこの日4打点の活躍を見せた久木崎

後輩に援護をもらった北山はますます調子を上げ龍大打線を圧倒。9回を投げきり2塁ベースを踏まれたのは一度だけという圧巻のピッチングで今シーズン二度目の完封勝利。産龍戦初戦を白星発進し今季初の勝ち点に向けて好発進となった。【記事編集・写真 松田拓真】


コメント
勝村監督
「(先発の北山について)昨日は(1回ノーゲームで)10球ほどしか投げていなかったので明日も先発でいくぞということは伝えていた。落ち着いて投げることができている。成長した。
 久木崎は1戦1戦成長してくれたらという気持ちで起用している。守備の面の期待の方が大きかったのでタイムリーが出るとは思っていなかった。今は基本に忠実な打撃を身につけている最中。練習の取り組みはとても良いので野球の神様が見てくれていたのかなと思う。起用の理由のもう一点は北山に引っ張って投げてほしいという期待。北山もたくましくなってきた。(久木崎は)OP戦の頃はまだひ弱さもあったが練習もしっかりしているのでそんなに心配せずに起用できている。チームが強くなるにはキャッチャーがしっかりしないといけないので、他のキャッチャーと競争を続けていってほしい。
 守備の面では要所で併殺を取れたのは大きかった。宇都宮もよく守ってくれた。
 攻撃面はセーフティースクイズのミスなどもあった。あの場面は1塁側に転がさなければいけない。酒井もその部分を考えながらプレーできるようになってほしい。まだまだ若い選手が多いチームなので失敗しながら学んでいってほしい。色々選択肢があるということを知って成長することを望んでいる。次勝たないと意味がない。」
AAA_7942

北山投手
「昨日は雨でボールが滑るなどあったが調整を工夫しながら今日の試合に臨めた。今日はなんとしても勝つことを1番の目標として投げていたのでそれが達成できてよかったと思う。ボールにバラツキもあったが修正しながら投げることができた。
 久木崎とは自分が主体となって引っ張りっているがお互いにコミュニケーションをとってバッテリーを組んでいる。久木崎も自分なりに考えながらプレーしてくれているので、ピンチの時に逆に助けてもらう時もある。いいバランスでできていると思う。
 (勝ち点を取るために)次は誰が投げるかわからないが、もう一度気を引き締めながらしっかり準備していきたい。」
AAA_9567

久木崎捕手
「(北山さんは)昨日は雨の影響もあり腕も触れておらず、2点を取られてしまったので今日は初回からとびしていって、どう抑えるかということを話し合っていた。まっすぐが武器の投手なので、それをどう活かすかを考えて、変化球も使いながら的を絞らせないリードを心がけた。
 (打撃でも4打点の大活躍)どちらも打ったのはストライクを取りに来た直球。先制タイムリーは前の打席でチャンスを潰してしまっていたので、今度は自分が決めるつもりで積極的に打ちに行った。4打席目は押せ押せのムードだったのでそれに乗って打つことができた。
 自分はどちらかというと守備、特にボールを止める技術には自信を持っている。もっと上手くリードできるように考えながら心配を勝ち取って守備で誰にも負けないようになりたい。
 今日はいい形で勝てたので、次も今日と変わらずいつも通りの戦いをしたい。」
AAA_8172