10月2日、わかさスタジアム京都で行われた龍谷大との2回戦は終盤の追い上げも実らず敗北した。先発の北山は、2回までぴしゃりと相手打者を抑えるも3回に崩れて5失点。後続も悪い流れを断ち切れず、最終的に9失点を喫する。打っては、1回表の西元のタイムリーなどで点を稼ぐも5得点止まりだった。
DSC_0103b


京産大 201 100 100 = 5
龍谷大 007 011 00X = 9

試合成績
1 (中) 山本(鳥取城北)4打数1安打
2 (遊) 宇都宮(宇和島東)3打数0安打1三振1四球
3 (DH) 杉野(近江)4打数2安打1打点1四球
4 (右) 川岸(京都成章)5打数1安打
5 (三) 笹原(福知山成美)5打数1安打
6 (一) 西元(福知山成美)5打数3安打3打点1三振
7 (左) 田井中(福知山成美)2打数0安打1四球
H 材木(綾部)1打数0安打
(中) 遠藤(滝川第二)1打数0安打
8 (二) 酒井(桜宮)4打数2安打
9 (捕) 久木崎(京都成章)3打数2安打1四球

先発投手 北山(京都成章)2 2/3回 4安打1三振2四死球 失点5自責点5
2番手 宮所(関大北陽)0 0/3回 2安打0三振0四死球 失点2自責点2
3番手 山口(済美)2 1/3回 6安打2三振0四死球 失点2自責点2
4番手 紀本(富岡西)3回 1安打1三振0四死球 失点0自責点0

試合展開
雨天順延のため水曜日に開催されるというイレギュラーな日程となった一戦。1回戦では6-0で快勝し、この流れを維持していきたいと望んだ。1回表の攻撃から山本の内野安打、杉野の四球、川岸の中安打で一気に満塁とし、西元のセンターへの当たりで2点を先制。「(2点リードで)試合に入りやすくなった」と話した先発の北山。打線の援護に応えるべく、2回まで相手を完璧に抑えた。
DSC_0034

1回表に適時打を放つ西元

3回表に笹原が右安打を放ち、相手の守備がもたつく間に激走し三塁到達。このチャンスを西元がモノにし、左中間を破るヒットで1点を追加した。しかしその裏で試合は大きく動く。突如調子が崩れた北山は、2つの四死球を与えた後に3者連続タイムリーで一気に同点を許す。そして、相手の4番に2ランホームランを浴びて降板した。ここまでのことを、「安定感がなく、地に足がついていないような感じだった(北山)」と振り返る。
4点ビハインドのマウンドを任されたのは宮所。しかし勢いづく龍谷大打線を抑えることはできず、2点を献上してしまう。ここで宮所の継投として登板した山口はピンチの状態から打者を抑え、3回裏の猛攻に終止符を打った。
DSC_0106

2番手の宮所

DSC_0125

3番手の山口

4回表には打撃好調の久木崎が右安打を放つ。この試合で1年生捕手ながら3打数2安打の活躍を見せた。本人も、「自分の間合いに持ち込むことができていた」と評価する。その後杉野が一二塁間を破るタイムリーで1点を追加して3点差まで詰め寄る。しかし決して手を緩めない相手打線に5回、6回それぞれタイムリーを喰らい、山口はマウンドを降りる。4番手として上がった紀本はテンポの良いピッチングで8回までを打者8人に抑え、打線の奮起を待った。その打線は7回表に酒井がタイムリーを打ち5点目とするも、その後ホームベースは踏まれず試合終了。痛い敗戦となった。
【記事編集・写真 加藤 弦】

DSC_0110

4回表にライトへのヒットを放った久木崎

DSC_0113

久木崎に続き、タイムリーで走者を返し打点をあげた杉野

DSC_0150b

4番手の紀本

コメント
勝村監督
「今日は全体的にノックの時から少し動きが悪かった。北山は1、2回は緩急を使っておさえることができていたが、下半身が上手く使えていないように写った。体の軽さが逆に空回りしている感じ。調子は悪くなかったがピンチでもギアを上げることができず、リードも単調になってしまった。同じテンポで投げてしまい、ボールも高く浮いていたので打たれたのだと思う。マウンドに行って下を使っていくように声をかけたが、それでも高めに行ってしまっていた。
打線も北山が先発の試合で先制点を取ったことによってスキが生まれてしまった。相手のミスから先制できたが、そこから踏ん張ることができなかった。
その中で紀本がよく投げてくれた。変化球でカウントを取れ、緩急もつけて投げることができている。これからも今日と同じように投げていってほしい。
攻撃は西元にあたりが出だし、山本も持ち味を出してくれていた。(今日2安打の)酒井にはこれまで引っ張ってばかりで高めに手を出して打ち上げることが多かったのでそこを指摘した。杉野にも2本ヒットが出て気持ちも楽になっただろう。エンドランも成功することが多くなってきたし、点は取れるようになってきていると思う。
明日の試合は必死になって総力戦で勝ちを取りに行く。」
DSC_0092b


西川主将
「序盤に3点先制をしたが、このまま勝てそうな雰囲気ではなかった。気の緩みが出てしまったと思う。アップやノックの時から元気がなかった。もっと準備の面を大事にしていきたい。明日は初回から一球一球を大事にして、スキを見せず全力を尽くして戦う。気持ちで押し切ってこの状況を乗り越えていきたい。」


久木崎捕手
「(3回について)北山さんが突然崩れるのはらしくないので難しかった。変化球も決まらず焦ってワンテンポになってしまった。色んなことが考えられるのに、北山さんの持ち味である真っ直ぐに頼りすぎてしまった。早くこの回を終えたい気持ちが高すぎてストライクゾーンに集めてしまったところもある。この反省を生かして、これからはよりピッチャーとコミュニケーションをとったり、視野を広くするように心がけようと思う。
紀本さんは1点もやらない気持ちでマウンドに上がってくれたと思う。気持ちのこもったボールを投げ込んでくれてリードしやすかった。
バッテイングはタイミングが合っていて、自分の間合いに持ち込めていることが調子の良い要因だと思っている。この調子を続けていきたい。
明日は反省を生かしつつ、いつも通り戦いながらイニング間にピッチャーと会話をしてバッテリーで勝てるようにしたい。」
DSC_0053b



北山投手
「リーグ戦で初回2得点は滅多にないチャンス。打撃陣が初めにスタートを切ってくれたおかげで試合に入りやすくなった。いつもと同じ気持ちで完封も考えていた。
崩れた原因は変則的な日程での準備の面。試合が始まっても作ることが出来なかった。その上、下半身が軽くなっていてそれを抑えようともしていたがなかなか出来なかった。安定感も失い、地に足がついていないような感じだった。その流れを断ち切ることができなかった。HRのボールはストレート。3回裏はほぼ全てストレートで、相手に甘いボールを待たれていた。変化球はほぼなし。
改善としては今までの経験を思い出し、コンディショニングの面、今日帰ってからや明日朝の練習前などの気持ちの作り方をきっちりやっていきたい。アップの段階から気持ちなどをしっかり作っていく。
今日以外はしっかり抑えることができているので、今まで通りやることは変わらない。」
DSC_0094