平素より京産大アスレチックをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

本団体が本年4月1日付で発行いたしました、「京産大アスレチック」第197号3面の男子バレーボール部記事において、一部誤った表現がございましたので、お詫びして訂正いたします。
男子バレーボール部記事の表題上の記事にあります飲料に関して、「現代社会学部の吉岡教授が大正製薬と連携して開発した」という表現になっておりますが、吉岡教授は当該商品のサンプル品提供について紹介しておられただけで、開発には一切関わっておられませんでした。
真実とかけ離れた内容を紙面に掲載してしまったことに関して、吉岡教授をはじめとする関係者の皆様、そして読者の皆様には深くお詫び申し上げます。このような事態は、当該内容取材時における本団体の事実確認が徹底していなかったことに起因するものです。今後は部員個人・団体全体で取材における事実確認、記事発行前の部員全員による校閲等を厳しく徹底し、再発防止に努めます。

このたびは、本団体の紙面において誤った情報を掲載してしまったことを重ねて深くお詫び申し上げます。

京都産業大学体育会本部編集局
編集局長 松田拓真
編集長 加藤弦