6月5日 第73回関西選手権大会 3位決定戦
5日、伊丹スポーツセンター野球場にて第73回関西選手権大会の3位決定戦が行われた。摂南大枚方校を相手に9-2(7回コールド)で勝利し、関西選手権3位と全日本選手権の出場を決めた。

摂南大枚方 2000000=2
京産大   002304×=9

試合成績
野手
1.6 大崎(3年=東山高)2打数1安打
2.5 木本(2年=神戸国際大学付属高)4打数4安打1打点
3.97幡中(3年=上宮高)2打数0安打2打点
4.D 前川(2年=洲本高)4打数2安打3打点 1本塁打
5.7 金谷(2年=星稜高)2打数0安打
9 大西(3年=須磨学園高)2打数0安打
6.4 遠藤(4年=徳島城南高)2打数1安打
7.3 難波(4年=金光学園高)1打数0安打
8.8 高柴(3年=金津高)2打数1安打
9.2 服部(4年=名古屋高)1打数0安打2打点
投手
石田(4年=金沢高)2回32球2安打1本塁打1三振2失点(自責2)
武口(3年=城東高)4回39球1安打1三振無失点
小川(4年=盈進高)1回10球1安打1三振無失点

試合展開
先発予定だった武口に代わって石田がマウンドに上がって始まった試合。初回、ヒットと犠打で1死2塁のピンチを作り、3番増田にレフトへの2ランホームランを浴びてしまう。しかし、後続を力のこもった投球で断ちきり、石田は2回2失点でマウンドを2番手武口に託した。
DSC_7765

▲力投する石田

2番手で登板した武口は、安定した投球を見せた。相手の芯を外しながら、巧みに打たせて取る投球が目立った。2回には2塁への内野安打を浴びるものの、4投球回で出塁はこのヒットのみに抑え無失点。強力な打線の援護を待った。
DSC_8271

▲安定した投球を見せた武口


踏ん張る投手陣を助けたい打線は序盤にチャンスを作るものの、相手先発中西の好投に阻まれ、2回まで無得点でゲームが進む。だが、3回先頭の1番大橋が四球を選ぶと、これを皮切りに打線がつながり、3番幡中の犠飛、4番前川のタイムリーヒットでついに同点に追いつく。DSC_8050

▲3回に同点タイムリーを放つ前川

4回裏には無死1、2塁のチャンスを作ると、相手1塁手のエラーで勝ち越すことに成功する。さらに、9番服部のスクイズ、2番木本のタイムリーでさらに2点を加える。
DSC_8138

▲スクイズを決める服部

6回裏には、犠飛、内野ゴロの間に1点ずつ追加点が入る。なおも2死2塁のチャンスで、前川が「」ライト越えの2ランホームランを放ち、試合を決定づけた。
DSC_8403

▲前川の打球はライトフェンスを高らかと超えていった

7回表は3番手の小川が登板。キレのあるボールをテンポよく投げ込み、3アウトを取って試合終了。この試合を9-2(7回コールド)で勝利した。
DSC_8517

▲完璧なリリーフをこなした小川

京産大は、関西選手権で3位に輝き、全日本選手権の出場権を掴んだ。リーグ戦では無敗、関西選手権では初戦、3位決定戦と勝利を収めてのものだ。しかし、関西選手権の準決勝では同志社大に悔しい敗戦を喫し、関西優勝での進出とはならなかった。「関西選手権を優勝したかったので、悔しいですが、3位になって全国が決まったので、もう一度全国大会に向けて練習したい」と難波主将。課題となったところを修正し、全国の頂点を目指す。

コメント
難波主将
試合を振り返って
―試合の入りが悪くて、自分達のペースではなかったですが、投手が変わってからしっかりテンポを作ってくれたのは良かったかなと思います。
投手陣はいかがでしたか?
―(石田について)準備が悪くて、試合の入りが悪かったので、もう一度試合の入りについて意識させたいと思います。
 (武口について)テンポよく、ストライク優先で投げてくれて非常に良かったと思います。
今日は様々な形での得点シーンがあったが、その点はいかがでしたか?
―元々そこまで打てるチームではないですが、相手の投手の状態をしっかり見ながら、相手の捕手のあまり肩強くないことも考慮して盗塁をしかけたり、バントをしたり、いつも練習でしていることができたのだと思います。
全日本選手権への出場が決まりました。今後の目標などをお願いします!
―自分たちは、関西選手権を優勝して全日本へ行きたかったので、そこは悔しいのですが、しっかり3位になって全国が決まったので、関東の強いチームとやれると思うので、もう一回全国大会に向けて頑張っていきたいです。


前川選手
今日の試合を振り返って
ーもっと初回から点を取らないといけないと思ったのでそこは現時点ではまだあまいところだと思いました。
6回裏のホームランの感触はどうでしたか?
ー完璧な打球でした。
次の全国大会に向けて意気込みお願いします。
ーまずは自分自身試合に出れるように頑張って、一勝でもできるように、頑張りたいです。
全国ではどんなバッティングしたいですか?
ーすごいピッチャーがたくさんいるので、自分の持ち味の強いスイングをして、力を試したいです。胸を借りるつもりで頑張りたいです。
【取材 小田海斗、藤田稜介 記事・写真 藤田稜介】