京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

アメリカンフットボール部

《アメリカンフットボール部》和歌山大に圧巻の勝利

11月2日神戸の王子スタジアムで関西学生アメフトボールリーグが行われた。
今シーズン3勝1敗と好調な京産大は和歌山大学戦へ挑む。1部入れ替え戦に出場するためにはなんとしても勝たなくてはならない。試合にはサギタリウスの選手の保護者・OB・本校の学生も会場に足を運んだ。

PICT0117

PICT0108


試合の序盤から産大は攻めが勢いづき、いい流れをつくる。すると1Qの半ばで7点を獲得しリードする。2Qでは開始して直後にも7点を取る。勢いは止まることなくさらに点を積み重ねていき、和歌山大に6点を返されるものの前半終了時点で34-6と大差をつけた。
PICT0116 (2)
山崎選手からの的確なパス

ハーフタイムでも4回生のメンバーが絶え間なく声を出し集中力を高める。しかし、前半に比べ勢いが落ち、なかなか点をとることができない。そのまま両者ともに点が取ることができず3Qを終えた。4Qが始まる。このまま両者ともに得点できないかと思われたが、京産大サギタリウスが実力を見せつける。4Q中盤に点を取り、さらに数分後にも点を重ね、このクオーターで13点を取り試合を終えた。最終的に47-6と大差をつけ圧巻の勝利を手にした。

PICT0159 (3)
PICT0136 (2)

後半もさらに点をとりに積極的に仕掛ける選手達


主将の谷田選手「試合全体としてはいい流れを作れたし良い試合になったと思う。なにより前半に点がしっかり取れたことが良かった。途中から前半と選手を何人か入れ替えて試合に挑みましたが、前半の流れのようになかなか勢いづかず、後半から沈んでしまった点が反省点です。前半と同じように試合に挑んでいればもっと点が取れていたと思います。チーム全体としての精度が低かったのだと感じさせられました。次回の試合がどうなるかわかりませんが雰囲気づくりが課題かなと思います」と語った。

三ノ上選手は「今年は4回生中心でチームを作りあげてきて、誰もが納得して練習等をしてきた。その結果がこの試合で出たと思います。みんな本当によくついていきてくれたと思います。しかし、試合の勢いなどにむらがあるのがチームの課題だとおもいました。入れ替え戦にでれるか分かりませんが、もし試合できればチーム全員で勝利を掴みたいです」とかたった。

PICT0104

選手もマネージャーも全員でチームを盛り上げる

《アメリカンフットボール部》昇格への重要な一戦

昇格への重要な一戦

10月19日EXPO FLASH FIELD (エキスポフラッシュフィールド)で秋季シーズン4戦目が行われた。対戦相手は大阪産業大学。昇格を果たすためには、なんとしてもこの試合に勝ちたい。試合が始まり前15分にタッチダウン。トライフォーポイントでキック成功させ、先制点を決める。このままうまくリズムをつくりたいが、10分後に大産大にタッチダウンをきめられ7-7の同点で前半を終えた。続く後半は両者ともに無得点となり、第4Qに突入する。大産大の攻撃でピンチを迎えるもののなんとか阻止。すると今度は京産大がチャンスをつかみタッチダウンで13-7とし、トライフォーポイントでキックを決め1点を追加する。残り数分、大産大の攻撃権を奪い、リードしている京産大は時間を稼ぎ見事利をおさめた。

試合後、主将の谷田は「試合全体的に良い感じにプレーできた。シーズンに入り2戦目負けを喫したが1,3戦目と勝てていい流れもあった。選手全員が声をだし、試合を盛り上げる事ができた。流れが悪い時でもしっかり声が出せたのが特に良かった。しかし細かな不注意が試合に繋がることがあった。昨年はプロのコーチの指導のもと練習や試合に取り組んできたが、今年からはコーチなしでメンバー一人一人がら考えて行動することができている。次の試合(和歌山大学)でも声を出し合い絶対に勝ちます」と語った。


次回11月2日(王子スタジアム)で行われる和歌山戦に勝利を期待したい。


















《アメリカンフットボール部》猛攻実らず!

遅くなりましたが
京都産業大学課外活動サイトにて更新しました。

リンクはこちら
http://post.kyoto-su.ac.jp/s/club/news/?s=96

《アメリカンフットボール部》摂南大に辛勝。

5月19日に西日本学生アメリカンフットボール選手権大会 対摂南大がEXPO FLASH FEELDに於いて行われた。京産大は3部の摂南大相手に13-3というロースコアゲームで勝利した。

第1Qランを中心に敵陣に進んでいくも、時折見せるパスが通らずファーストダウンを更新する事ができない。一方でディフェンスが踏ん張り両者無得点のまま第2Qへ。インターセプトを許したのをきっかけにフィールドゴールで先制された京産大は直後の攻撃ですぐさまTD(タッチダウン)を奪い、なんとか逆転する。最終Qで追加点を加え勝利するも、内容の悪さだけが浮き彫りとなった試合となった。

藤田ヘッドコーチ「今日はQBがチャンスをつぶしていった。経験の少ないQBを育てる他に全体のまとまりなど課題が多い。リーグ戦まで時間がないがやることをしっかりやるしかない」

《アメリカンフットボール部》大教大ドラゴンズに敗れ、今季2敗目

 10月22日、関西学生アメリカンフットボールリーグ戦(対大教大戦)がEXPO FLASH FIELDにて行われた。
 相手は全勝中で波に乗っているドラゴンズ。入れ替え戦出場に向けて負けられないサギタリウスは気合いを入れてこの試合に臨んだ。試合は1QにQB2石田のパスが通り先制のTD(タッチダウン)。しかし、順調に攻めることは出来ず、一進一退の攻防が続く。21−24で差を開けられたまま最終Q(クォーター)へ。
 第4Q早々にRB仲がTDを決めひっくり返すも、自らのミスをきっかけにTDを決められ再び逆転される。27−31と差が広がる。終盤、WR29仲の27ヤードランをきっかけに、敵陣へ大きく攻め込んだ。エンドゾーンまで15ヤード、4thダウン京産大はFG(フィールドゴール)を選ばず、賭けに出るも、ボールをこぼしてしまい攻守交替。
 これが最後の攻撃となり、試合終了。京産大の一部昇格へ可能性が消滅した。

京産大 7  7  7 6|27
大教大 0 10 14 7|31


藤田ヘッドコーチ
「大事な場面でのミスが多かった。次の一戦にむけてやるしかない。」

LB49黒田主将
「目標の一部昇格の可能性が無くなってしまったのは残念。だがまだ一戦が残っているので、より厳しく練習して今季の最高の試合したい」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ