京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

空手道部

《空手道部》個人選手権大会 男女組手で計6名が決勝進出

  第51回関西学生空手道個人選手権大会が4月29日、兵庫県立総合体育館で行われた。


 男子は組手競技の-60㌔級、-67㌔級、-75㌔級、+75㌔級で女子は-61㌔級、+61㌔級でそれぞれ決勝に進出した。
 女子-61㌔級で決勝に進出した竹田由彩奈は40秒に相手から中段突きを受け0-1とされると追いつくことが出来ず準優勝。+61㌔級に出場した中江真矢は相手から3連続で上段突きを受けて0-3と連取される。最後に上段突きで1ポイントを返したが及ばず準優勝となった。
 男子-60㌔級の村上志久摩は上段突きで1ポイント先取。しかし、相手の上段突きが2連続で有効判定となり1-2と窮地に立たされる。試合終了間際の土壇場になって上段突きが炸裂して同点に追いつき試合終了。先取点を取った村上に軍配が上がった。-67㌔級の中島啓太は積極的に攻めに出るもカウンターにより上段突き、上段蹴りを浴びて0-4で準優勝。-75㌔級の横井仁勇は相手からの猛攻を受け6連続で上段突きを受けると試合終了間際に上段蹴りをくらい0-9で準優勝となった。最終試合となった。男子+75㌔級には主将の杉本一樹が登場。決勝で敗れた男子選手二人の無念を晴らすかのような気迫で5点を連取。締めに上段蹴りを浴びせて8-0の完勝とした。

DSC_0590
男子主将・杉本

DSC_0474
竹田

DSC_0479
中江

DSC_0507
村上

DSC_0551
中島

DSC_0561
横井


結果
男子-60㌔級
優勝 村上志久摩
3位 細見瑠晟

男子-67㌔級
準優勝 中島啓太
3位 吉村文太

男子-75㌔級
準優勝 横井仁勇

男子+75㌔級
優勝 杉本一樹

女子-61㌔級
竹田由彩奈
3位 山本麻以

女子+61㌔級
準優勝 中江真矢

女子形
3位 佐尾瑠衣花


コメント
荒賀龍太郎コーチ
「キャプテンを大西から杉本へ引き継いで新チームとして1からのチーム作り。男子は全階級で決勝に進めたことはよかったが、最後の勝負強さ、勝ち切れないところが課題。京産として初の全日本2連覇に向けてこれからやっていくしかない」

杉本一樹選手
「毎年ケガで出れなかった大会。初めて出ることが出来た。みんなが頑張ってくれたのでキャプテンとして流れを切るわけにはいかなかった。個人の結果に関しては調子もよかったし気持ちの面で押していくことが出来た」

村上志久摩選手
「優勝はシンプルに嬉しい。調子は良かったからしっかり集中をした。ただそれだけ。相手に追い上げられたときは正直焦ったけど絶対に取りに行くという気持ちがあったから勝てたと思う」
                               

《空手道部》荒賀、アジアで3位!

 9月4日から3日間、横浜文化体育館にて第13回アジアシニア空手道選手権大会が行われた。京産大からは男子-60kg級で荒賀慎太郎と男子組手団体で釜口幸樹が日本代表として出場した。
 荒賀は1、2回戦でともに3-2の判定勝ちをおさめると、3回戦でイラン人選手と対戦。しかし、早い時間に上段突きを決められてしまう。すぐに追いつきたい荒賀だったが相手は元世界チャンピオンの実力者。「雑にいったら、やられると思った」と、相手のカウンターを警戒し、なかなか攻撃をしかけることができない。それでも試合中盤にすばやい動きから、中段突きを放つと有効技が決まったように見えたが、得点は認められず。怒涛の攻撃で相手を攻め続けるが、最後までスコアに動きはなく、0-1で惜敗。優勝の希望は途絶えたが3位入賞をかけて、敗者復活戦にまわった。
 3位をかけてサウジアラビア人選手と対戦した。高速のフットワークでコート全体を動き回る相手に苦戦するも残り1分から2つの有効と一本で5点を奪い逆転勝ち。「大学卒業後は、空手を続けない」という荒賀。最後の国際大会を3位入賞で締めくくった。

 DSC_2693


 釜口が出場した男子組手団体の日本代表は見事優勝を果たした。釜口は2回戦のヨルダン戦にのみ出場。日本リードの状態で中堅の釜口に出番が回ってきた。残り約30秒で奪った1点を最後まで守り抜き、日本の勝利に貢献した。


 また今大会で京産大OBの荒賀龍太郎が男子組手-84kg級と男子組手団体で優勝、同じくOBの中村しおりが女子組手-55kg級で3位入賞を果たした。

 DSC_3502
表彰式で金メダルを掲げる荒賀龍太郎

《空手道部》全日本選手権で団体V

12月6日に東京武道館で第42回全日本空手道選手権大会(団体戦)が行われた。
一瀬健太、荒賀慎太郎、京産OBの谷竜一さん、荒賀龍太郎さんが京都府代表選手として出場。7連覇を果たした。

7日には日本武道館で個人戦が行われた。男子組手の部には藤澤貴樹が大分県代表として出場。初戦は緊張からか消極的な姿勢となり、残り1分で忠告を受けてしまう。その後、再び忠告を受ける。これ以上忠告を受けるわけにはいかない藤澤は果敢に攻めに出る。しかし、残り10秒に有効を奪われ0-1。初めての全日本は惜しくも初戦敗退となった。666

学連代表として出場した中村しおり。初戦は残り40秒で上段突きを決められ、0-1と厳しい展開となる。このまま敗戦するかと思われたが終了間際に上段突きで1-1とふりだしに戻す。スコアはこのまま動かずタイムアップ。全体的に押していた中村が判定勝ちを収めた。2回戦はなかなか点の奪えない状況が続くも、1本技を皮切りに固め打ち。8-0と大勝した。そして3回戦、アジア・シニア大会で1位になったことがある実力者相手に、なかなか点を奪えない。終盤に上段突きを決められ、そこから猛攻するも一歩及ばず0-1で敗戦。試合後中村は「負けたとは思っていない」と負けたことに納得いかない様子だった。682

男子形の部に出場した京都府代表の久保弘樹は2回戦敗退。2回戦の相手は世界チャンピオンの喜友名。挑戦者の気持ちで臨んだという久保は「良い演技が出来た」と敗れはしたものの手応えを感じたようだった。726

《空手道部》女子準優勝! さらに男女ともに全日本出場決定

 10月19日、第57回全関西大学空手道選手権大会が大商大で開催された。女子団体組手の部では、エースの中村しおりを中心として決勝に進出。近大に惜しくも敗れたが、準優勝に輝いた。また、男子団体でも上位12大学以内に入ったため、男女ともに全日本出場権を獲得した。

 初戦から順調に勝ち上がり、準決勝では昨年準優勝の同大と対戦。先鋒・中村が2-0で勝利し、先手をとる。次鋒の山本は踏ん張り切れずに1―6で敗れるが、大将・小泉が最後まで攻めの姿勢を崩さずに3―1で相手を下し、決勝戦に進出する。決勝の近大戦では大将戦までもつれ込む大接戦を演じたが、最終的にポイント差で敗れ、惜しくも準優勝となった。

PICT5787


コメント
女子主将・中村「今回、試合内容も悪くなく、チームのみんなは自分のするべきことができたので良かった。全日本は出るからには決勝へ行って優勝を目指す」

《空手道部》全日本大会で中村しおりが準優勝、細見享祐が3位

 7月6日、大阪市中央体育館で第58回全日本学生空手道選手権大会が行われた。女子の部では中村しおりが準優勝、男子の部では細見享祐が3位という好戦績を残した。

【女子の部】
 世界大会から帰って間もない中村は「疲れが抜けきっていなかった」と語った。それでも初戦からテンポ良く勝利を収めていく。準々決勝も相手に1ポイントも取らせない堅守を見せ2-0で突破。準決勝では序盤に上段蹴りと中段蹴りを連続で決め、5-0とする。しかし、思うように体が動かない中村の隙を相手が攻め入り、5-4まで追い上げられた。最後は時間切れで何とか勝利し、決勝に進出する。決勝戦の対戦相手は帝京大の植草。互いに拮抗した状態が続くなか、一瞬の隙を突かれた中村は中段突きを打たれ、1ポイントを奪われる。これが決勝点となり、0-1で敗北。惜しくも準優勝となった。

コメント「変に欲を出さないように意識して試合に挑んだ。優勝はしたかったけど、去年の3位という成績を上回ったので満足している」

DSC_0356


【男子の部】
 優勝候補だった荒賀慎太郎が5回戦で敗れる番狂わせが起こった中で細見享祐は奮戦した。「間合いの取り方に注意した」という細見は初戦から快調に勝ち進み準々決勝に進出。相手の突きを中心とした攻めに苦戦し、0-3とリードを許す。しかし、後半から怒涛の技の打ち合いに発展。秒単位でのポイントの激しい取り合いが続き、残り2秒で5-5の同点になる。判定にもつれ込むと思われたその時、相手が二度目の忠告を受けて警告に。結果、細見に1ポイントが入り、6-5でかろうじて勝利した。準決勝では近大の池内と対戦。その強さに終始押されてしまう。細見は相手のフェイントに引っかかったところを狙われ2-7で敗北。しかし、3位という好成績を残した。

コメント「一戦一戦大事にしていこうという気持ちを持って試合に挑んだ。いつの間にかベスト4に進んでいて自分でも驚いたが、結果を残せてうれしい」

DSC_0320

INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ