京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

友だち追加

硬式野球部

《硬式野球部》宮所完璧リリーフ!大経大から勝点

 関西六大学野球春季リーグ戦第4節2回戦が4月22日ほっともっとフィールド神戸で行われ、大阪経済大学と対戦した。初回に3点を先制し主導権を握ると、中盤以降も着実に追加点を上げた。先発の川辺は先頭打者を出す回が多くピリッとしなかったが、要所を締め勝利を掴んだ。

大院大 000 010 100 = 2
京産大 300 101 20× = 7

スタメン

1(右) 山本 5打数2安打
2(ニ) 川上 4打数2安打
3(左) 杉野 3打数0安打
4(一) 西元 2打数0安打
5(三) 笹原 4打数2安打3打点
6(中) 川岸 4打数2安打3打点1本塁打=勝利打点(1回2点タイムリー)
7(D) 梶谷 3打数2安打
8(捕) 横山 3打数2安打
9(遊) 木村 3打数0安打

先発・川辺
2番手・宮所

得点ハイライト

1回裏 笹原ライト前タイムリー、川岸2点タイムリー 0-3
4回裏 川岸1号ソロ本塁打 0-4
5回表 スクイズで1点失う 1-4
6回裏 相手エラーで1点追加 1-5
7回表 連打で1点失う 2-5
7回裏 笹原2点タイムリー二塁打 2-7

エキサイティングプレイヤー 
打|川岸裕太朗:4回に初ホームランを放つなど2安打3打点の活躍。
投|宮所広輔:7回のピンチで登板。これを切り抜け勝利を引き寄せる。2回2/3無失点。

S_7840030881379
好リリーフの宮所

試合経過 
 気温は25度近くまで上がり、春とは思えない日差しが照り付けるほっともっとフィールド神戸では、今日も熱い戦いが繰り広げられた。先発の川辺は、立ち上がり先頭打者を出すが後続を打ち取り無失点で切り抜ける。その裏、先頭の山本が中前ヒットで出塁すると、5番笹原のタイムリー、6番川岸の2点タイムリーが飛び出し初回3点を先制する。4回には、川岸が大学初ホームランを左翼席中段に運び追加点を上げる。5回表、下位打線に連打を許し無死1.3塁となったところで監督自らがマウンドへ。続く打者にスクイズを決められたが、後続を打ち取り最少失点で切り抜ける。7回表にも1点を失い、1死2.3塁で宮所にスイッチ。3番を二飛、4番を空三振に抑える好リリーフで、傾きかけた流れを断ち切り勝利を引き寄せた。

S_7840030983454
6回1/3を2失点の粘投を見せた川辺

S_7840030639197
川岸のタイムリーで2人が生還

コメント

勝村監督「勝点2を獲得したが試合内容は良くなかった。初回に相手投手を攻め先制できたのは評価したい。4回1死1.3塁で3塁ランナーが飛び出した場面はサインミス。そこで流れが相手に傾きかけた。今日の試合で一番反省しないといけないポイント。川辺はブルペンから調子が今一つで、先頭を切れず苦しい投球が続いてしまった。ホームランを放った川岸は積極性を期待していたので結果が出てよかった。プレッシャーのかからない6番で起用しているので、思い切ったプレーをしてほしい。これからも長打力に期待したい。7回裏の笹原のタイムリーは大きかった。点を入れられた後の攻撃だったので流れを戻したかった。2番手の宮所は球速以上にノビがあり安心して見ていられた。リーグ戦ですがトーナメントのように、負けることはほぼ許されない。ミスをしっかり見つめ直して戦っていきたい。」

川辺「情けないピッチングだった。調子が悪くても9回まで投げ切らないといけない。ストレートで押すのは無理だと思い、変化球で粘り強く打たせて取る投球を意識した。(1回生の活躍について)2回生の時全国大会に出場したが、その時は4回生が引っ張ってくれた。それを僕たちができるように頑張る。(産龍戦に向けて)2週間空くので、ストレートで押す、僕の本来のピッチングを出せるように準備する。応援はとても力になるので、プレーで恩返ししたい。」

宮所「ピンチでの登板でしたが、3点差ありランナーを返しても同点にならないため、緊張せず楽に投げられました。球の伸びやキレを意識しました。球の伸びは、全力でいかず8.9割で投げることで生まれます。」

川岸「4回の打席は強く低い打球を打つといいう気持ちでいった。ホームランは打った瞬間ではなく、見ていたら入ったという感じ。甘い球を見逃すことが多かったので、チームとして見逃さない練習をしてきた。初球にも執着心を持って、積極的に振っていきたい。高校時代は調子が悪い時に積極的にいけないことが多かった。大学では調子が悪い時でも、しっかり触れるようにしたい。打順は6番で気楽にやらせてもらっているので、結果を残していきたい。守備は高校でもやったことのないセンターでの起用で、守備範囲が広くまだ慣れていない。同じ1年生の山本とは役割は違うが、お互いに切磋琢磨しながらプレーしようと言っている。大学は変化球にキレがある投手が多く最初は慣れるのに時間がかかった。大商大は良い投手が多いので対戦が楽しみ。」

横山「6回表に先頭打者を出してしまい、流れが悪い状況でその裏にタイムリーが出たのはすごく大きかった。川辺が先頭打者を出す回が多かったが(4回と7回以外は先頭の出塁を許す)後続を切れたのは良かった。ただバッテリーとしては先頭を打ち取って楽に勝負したい。失投も多かったので次節に向けて改善していきたい。一戦一戦しっかり戦ってその先にある優勝を掴みたいです。」

笹原「相手が良い投手だったので、初回からしっかり振っていこうという意識がチームの中であった。7回にタイムリーが出たのは流れを戻す意味でも大きかった。次節の産龍戦でもチャンスで打てるようにしたい。ホームランを打ちます!」

【今後の日程】
第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》大経大に完勝!

関西六大学野球春季リーグ戦・第4節・大経大戦第1戦が4月21日にほっともっとフィールド神戸で行われ、京産大は4-0で大経大に勝利した。

京産大 000100111=4
大経大 000000000=0

【得点シーンハイライト】
京産大
4回表 笹原のタイムリーヒットで1点
7回表 山本のタイムリーヒットで川岸が生還し1点
8回表 相手投手のミスで杉野が生還し1点
9回表 川上のタイムリーヒットで横山が生還し1点


スターティングメンバー
1(右翼手) 山本
2(二塁手) 川上
3(左翼手) 杉野
4(一塁手) 西元
5(三塁手) 笹原
6(中堅手) 川岸
7(遊撃手) 木村
8(D)  梶谷
9(捕手)  横山
投手 湯川

《試合展開》
両校三回までチャンスを広げられず無得点が続いたが、4回表の京産大の攻撃、笹原のタイムリーヒットで一点先制。4回裏の守備では、二死満塁のピンチを迎えるが湯川が粘り無失点に抑える。
その後は両校無得点が続いていたが、7回表の京産大の攻撃、山本のタイムリーヒットで川岸が生還し一点追加。勢いに乗った京産大はそのまま8回と9回の攻撃で連続得点。湯川のピッチングも終始大経大の攻撃を抑え込み、4-0と大経大を抑え込んで勝利した。

《試合後コメント》
勝村法彦監督
「序盤で球数が多くなり、粘られたが後半持ち直していたので安心してみていられた。ベンチからもいい声が出ていて、選手達が集中してできていた。一戦一戦良くなっている、流れを引き寄せていこうと話した」

笹原大虎選手
「(タイムリーについて)来た球を思いっきり打とうと思っていた。相手の内野が前進してきていたので、強い打球を積極的に狙っていた。序盤はボール球に手が出てしまっていたが、徐々に慣れ打てるようになった」

湯川翔太選手
「先頭打者に意識を向け、丁寧にしすぎて空回りしていた。6回からテンポを意識するようになり、うまくいった。立ち上がりも自分がしっかりと投げて勝てるようになりたい」

山本貴也選手
「結果は出ているが、そんなに自分に力があるわけではない。塁に出て1番バッターの仕事を果たすことが自信になっている。明日も絶対に落とせない。自分はまだ1年生。先輩に責任を果たしてもらい、自分は力を出し切るだけ」

川岸裕太郎選手
「当たりは良くなかったが強く打とうと考えていた。コーチからはしっかり決め球を振るように言われていた。初先発で力みがちだったが雰囲気は悪くなかった。チャンスで続けられなかった。流れを止めてしまった。流れを続けるように気楽にやっていけたらと思う。明日も勝って勝ち点1を取りチームに貢献できればと思う」

DSC_3866
三塁に回りチャンスをつくる

DSC_4120
生還し喜び合う

DSC_6327
大経大を抑えきる湯川投手

DSC_3986
京産打線が火を噴いた

【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》主将・横山が3安打猛打賞!大院大から連勝で勝ち点獲得

 4月16日関西六大学野球春季リーグ第3節vs大院大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。延長10回裏に京産大が相手のミスから得点を奪い、サヨナラ勝ちを収めた。
_DSC0108


大院大 000 010 010 0 = 2
京産大 000 010 010 1× = 3

【得点シーンハイライト】
大院大
5回表 8番安田のソロホームランで1点
8回表 二死1塁から8番安田のセンターオーバーの適時打で1点

京産大
5回裏 二死満塁から4番西元がデッドボールを受け1点
8回裏 一死から代打・川岸がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁。二死1,2塁となり、9番横山の適時打で1点


スターティングオーダー
1.右翼手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.中堅手 田井中
代打(中堅手) 川岸
7.DH 西川
代打(DH) 梶谷
代打 酒井
8.遊撃手 木村
代打 長瀬
(遊撃手) 森
9.捕手 横山
P 川辺(5回)→宮所(5回0/3)→湯川(1回)


【試合展開】
 15日は雨で順延となり、14日に行われた1回戦から1日空いて迎えた今日の2回戦、京産大は連勝での勝ち点獲得を目指していた。先発の川辺は立ち上がり緩急をつけた投球で相手打線を寄せ付けない。しかし5回表、高めに浮いたスライダーを大院大8番安田が見逃さず、ライトスタンドへ一直線。先制点を許した。すると直後の5回裏、一死から9番横山かツーベースヒットでチャンスメイク。その後、二死満塁となり4番西元がデッドボールを受け押し出しで同点に追いついた。
 6回表からは宮所がマウンドへ。8回表に二死から連打で1点を失うが、直後の8回裏に二死1,2塁から横山適時打で再び同点に追いついた。宮所は10回途中までに6つの四球を出すものの相手打線を1点で凌いだ。9回を終え同点、京産大は今季2度目の延長戦に突入した。10回表、無死一塁でマウンドへ上がった湯川も何とか無失点で切り抜けた。
 すると10回裏、ここまでノーヒットの4番西元は「チャンスで打てていなかったが、投手が変わっていたので切り替えることができていた」と無死から低めの球に上手く合わせ、サヨナラのランナーとなる。続く5番笹原は送りバントを決め一死2塁。さらに先ほどど打席レフトオーバーを放っている川岸は四球を選び一死1,2塁のチャンスを作る。ここで再び勝村監督が酒井を代打に送る。酒井の打球はショートへ、ダブルプレーかと思われた。しかし酒井は必死に1塁へ全力疾走。この酒井の足が相手セカンドにプレッシャーを与えたのか、ファーストに転送されたボールは1塁側ベンチの方へ転がる。その間に2塁ランナーの西元がサヨナラのホームを踏み、勝利を収めた。
 9番横山、1番山本、2番川上の調子がよく、チャンスでクリーンナップに打席が回ることの多い打順であるだけに、3,4,5番の一打に期待が大きくかかる。しかしどんな形であれ、大院大から連勝で勝ち点を取れたのは大きい。優勝するためにも2連勝で勝ち点を一つずつ獲得することが必須である。
_DSC0152



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「前半は相手投手を掴み切れなかった。右打者はチェンジアップに、左打者は外のボールに苦労した。川岸は長打力もあり、左投手にも強い打者、良く打ってくれた。川辺は前半は良かった。5回までホームランだけ最少失点で切り抜けた。宮所は少し力んでいた。前に行くしかないので、2連勝できたのは大きい。」
_DSC0123


横山裕也主将
「(2連勝)まずは安心した。(猛打賞について)打ってやろうというよりも、最少失点で切り抜けていた投手陣を援護したいという気持で打席に立っていた。川辺は入りは良く、粘りで抑えていた。優勝するためには勝ち点4が必要。このことはチーム全員がわかっている。次の土日に向けいい準備をしたい。」
_DSC0121

3安打猛打賞と大活躍
_DSC0128

_DSC0133


川辺凛投手
「変化球で打たせていくことを心掛けていたが、5回のホームランはスライダーが少し高めに抜けてしまった。1回戦は湯川が完投して、今日は自分と宮所でと思っていたができなかった。野手のおかげもありなんとか勝利できた。先発でも中継ぎでも任されたところをしっかり0で抑えることが全国につながっていくと思う。」
_DSC0011


宮所広輔投手
「審判にストライクをとってもらいたいところをとってもらえなかった。気持ちを切り替えればよかったけど力んでしまった。満塁になってからは思い切り投げようと切り替えた。8回は甘く入ってしまった。基本はまっすぐで変化球も混ぜながら。最後まで投げたかった。次からは湯川さんと川辺さんのあとに自分が出ると思うから最後まで投げきりたい。」
_DSC0111


西元正輝選手
「チャンスで打てなかったけど、ピッチャーが変わったから絶対出てやろうと切り替えた。1,2番がでてくれるけどそれ以降が出れないのは反省。チャンスだからとメンタル的にも力んでしまっているから克服したい。」
_DSC0141




【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~



《硬式野球部》大院大に完勝!

関西六大学野球春季リーグ戦・第3節・大院大戦第1戦が4月14日にわかさスタジアムで行われ、京産大は7-1で大院大に勝利した。

京産大 100004110=7
大院大 010000000=1

スターティングメンバー
1(右翼手) 山本
2(二塁手) 川上
3(左翼手) 杉野
4(一塁手) 西元
5(三塁手) 笹原
6(中堅手) 田井中
7(D) 西川
8(遊撃手) 木村
9(捕手) 横山
投手 湯川

《試合展開》
京産大の一回表の攻撃、笹原の犠牲フライで先制するが、満塁のチャンスを活かせず追加点を奪えない。
投手湯川も自身の決め球が入らず、二回裏で大院大に得点を許し、同点に追いつかれる。
両校無得点が続いていたが、六回表の京産大の攻撃、二死のピンチから四連続得点。試合を決定づける大量得点だ。
湯川のピッチングも調子が上がる。安定感が増し、大院大の攻撃を完全に抑え込む。
勢いに乗った京産大はそのまま七回と八回の攻撃で連続得点。7-1と大院大を抑え込んで勝利した。

《試合後コメント》
勝村法彦監督
「前半はチャンスを作ってもここ一本が出ず苦しんだ。京産らしさが出ず、拾ったような勝ちだった。しかし、笹原や杉野の打撃の調子が戻り、途中から安心できるゲームだった」

横山裕也主将
「一節落としたが、チーム全体で進むしかないという気持ちで入った。試合中先制してから逆転されることが多かったので、緩みや抜け、このまま負けるのではないかという雰囲気があったので、練習中から一切甘えを出さない、一つ一つの練習に出し切ることをテーマに挙げて取り組んできた。今は自分たちが最上級生なので、自分たちがやるべき役割をしっかりやっていきたい」

湯川翔太選手
「序盤は気持ちが空回りしていたが、六回からは自分のピッチングができた。練習ではアップなどトレーニングやランニング、体幹など基本的なところをしっかりとやってきた。最上級生として負けられない」

DSC_2855
試合前に円陣を組む選手たち

DSC_3371
生還し喜び合う

DSC_3532
大院大を抑えきる湯川投手

DSC_3113
京産打線が火を噴いた

【今後の日程】
第3節(わかさスタジアム京都)
4月15日 大院大2回戦 10:00~

第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》サヨナラ負けで勝ち点逃す

 関西六大学野球春季リーグ戦・第1節・神院大戦第3戦(3日、南港中央公園野球場)は、3-3の9回2アウト2塁から3番手川辺がセンターオーバーのサヨナラヒットを打たれ勝ち点を逃した。例年より長いキャンプを行い、守備力を強化して挑む今シーズン。開幕カードを落とし、4季ぶりの優勝に暗雲が立ち込める。

京産大 030 000 000 = 3   楠本
神院大 100 001 101 = 4×  川辺

京産大
1(右) 山本
2(ニ) 川上
3(D) 杉野
4(一) 西元
5(三) 笹原
6(中) 田井中
7(左) 桧垣
8(捕) 横山
9(遊) 木村

先発 湯川 1回2/3 1失点
2番手 宮所 4回1/3 1失点
3番手 川辺 3回2/3 2失点

【試合経過】

 1回裏 先頭打者に二塁打を許す。バントで三塁までランナーが進み、4番にタイムリーを打たれる。 京産大 0-1 神院大

 2回表 先頭の西元が出塁し笹原がバントで進める。続く6番田井中はライト前へタイムリーを放つ。初スタメンの7番桧垣はレフトへのヒットを打つとすかさず盗塁。1アウト2.3塁から横山のタイムリーで2人が還り、勝ち越しに成功。 京産大 3-1 神院大

 2回裏 2アウトから二塁打を打たれたところで、先発の湯川に代えて宮所をマウンドへ。後続を打ち取りこの回は無失点で切り抜ける。 京産大 3-1 神院大

 6回裏 1点を失い1点差に詰め寄られる。 京産大 3-2 神院大

 7回裏 この回から3番手川辺がマウンドへ。代わり端1点を失い同点に。 
     京産大 3-3 神院大

 9回裏 2アウト2塁から甘く入った球を打たれ、フェンス直撃のサヨナラヒット。
     京産大 3-4× 神院大


DSC_2522
△二盗を決める山本

DSC_2531
△ピンチで力投する川辺



【コメント】

 横山「9回表に得点できず流れが悪いのは分かっていた。先頭打者を三振で抑えたのは良かったが、次の9番打者に四球を出してしまった。攻めた結果の四球ではなかったので悔いが残る。今までやってきた取り組みは間違っていない。細かい部分を見直していきたい。相手はチャンスで打っていたが、うちのチームはチャンスで打つべき人が打てなかった。違いはそれだけだと思う。その差を埋めるには、技術なのか、気持ちなのか、個々で分かっていると思う。やるべきことをやっていく。」

川辺「湯川、宮所のあとでしっかり助けようと思っていた。打者を押して行って、しっかり投げようとしていたが、今日も出てきてすぐ得点されてしまった。四球が失点に絡んだのは良くない。力を込めて投げていたつもりだが、真ん中に行ってしまった。次まで間が空くのでしっかり準備して頑張る。」

杉野「上級生になって、背中で魅せていかないといけないと思い、意識していないつもりではいるが、プレッシャーがある。気負い、力みがあるのかもしれない。次からも引っ張っていけるように、勝ちます。」

勝村監督「守りを固めるために1年生の桧垣を初めてスタメンで起用した。中盤以降はもっと貪欲に点を取りに行くべきだった。湯川はコンディション不良で状態が悪かったので早めに交代した。次戦に影響はない。今日のMVPは2盗塁を決めた山本。3戦連続のスタメン起用で緊張が取れてきており、自分の持ち味を出せていたと思う。サヨナラ負けだが、ベンチの雰囲気は悪くない。優勝の可能性もまだまだあるので、次節もしっかり戦っていきたい。」


次戦は大阪学院大戦で4月14日12時30分プレーボールです。会場はわかさスタジアム京都に移ります。応援よろしくお願いします。

京産大アスレチック公式Instagram近日スタート!乞うご期待ください。




 
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ