京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

硬式野球部

友だち追加

《硬式野球部》“愛され、応援されるチーム”神宮大会出場ならずも最後まで粘り強い野球 日本一は後輩に託された!

10月30日、関西地区代表決定戦が南港中央公園野球場で行われた。京産大は神宮出場へ最後の切符である第2代表の座をかけ関国大と激突した。
DSC_1535


京産大 001000001 = 2
関国大 000000021×= 3


【試合成績】
1中堅手 山本(鳥取城北) 3打数1安打1打点1四球
2遊撃手 宇都宮(宇和島東) 4打数0安打
3左翼手 杉野(近江) 3打数1安打
左翼手 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4一塁手 西元(福知山成美) 4打数0安打
5右翼手 川岸(京都成章) 4打数1安打
 代走 片山(高松商業)
 右翼手 間部(金光学園)
6捕手 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1打点
7.三塁手 笹原(福知山成美) 2打数1安打1四球
8二塁手 酒井(桜宮) 1打数0安打
9投手 川辺(東山) 2打数0安打
 投手 長谷川(藤蔭)
 投手 北山(京都成章)1打数0安打


 神宮行き最後の切符をかけ京産大は壮絶な試合を繰り広げた。相手は初戦で完封負けを喫している関国大。このときと同様、関国大の先発のマウンドには武次がいた。完封負けのリベンジを果たし、神宮行き決めると京産大の選手は気合十分。しかし簡単にはいかなかった。
 先制点を挙げたのは京産大。3回表に先頭の7番笹原がセカンドゴロで一塁へヘッドスライディング。判定はセーフ笹原が吠えた。気迫でもぎ取った無死1塁のチャンス。活かさないわけにはいかない。続く8番酒井は送りバント、9番川辺は進塁打を放って二死3塁とした。ここで打席には1番山本が入る。セカンドへの内野安打で1点を先制した。関西地区代表決定戦4日目にして初めての先制点。“神宮に行きたい”選手たちの強い思いでもぎ取った1点だった。試合前日に笹原は「トップレベルの投手」と語るなど、なかなか得点することが難しいのはわかっていた。外野まで打球が飛ばなくとも得点できるのが野球。選手は全力だった。
DSC_0191
DSC_0227

 京産大の先発マウンドにあがったのは川辺。「明日は任せるぞ」チームメイトに言われていた。粘りの投球を貫く。川辺は初回のピンチを凌ぐなど6回3分の1を無失点と試合を作る。3回表に先制点を奪ったもののその後はなかなか得点を奪うことができず、川辺、武次の投げ合いとなった。
 1-0のまま迎えた8回裏、京産大のマウンドにはリーグ戦からフル回転を続ける北山がマウンドに上がっていた。一死満塁からヒットと犠飛で2点を奪われ、逆転されてしまった。だが粘って粘って粘って追いついてここまできた京産大がこのまま終わるわけがない。1点を追いかける9回表二死から5番川岸がセンター前ヒットで出塁。勝村監督は迷わず、片山を代走に送る。アウトになればそこで試合終了。それでも初球に左腕・武次から完璧なスタートで盗塁を決める。「片山が決めて楽になった。もう一度北山をマウンドへ」と打席の主将横山は思っていた。横山はツーストライクと追い込まれてから、ここまで苦しめられてきたスライダーを捉える。片山は快足を飛ばして2塁から一気にホームへ。横山が意地の一打を放って土壇場で同点に追いついた。

DSC_1470
DSC_0689

DSC_1511

 9回裏を0に抑えて延長戦に持ち込みたい京産大。北山は二死までは順調にアウトを重ねた。だが野球の神様は神宮行きを認めてくれなかった。関国大の2番打者の大飛球はライトスタンドへ、サヨナラホームランを浴びた。マウンドでは北山が膝に手を置きうなだれ、選手の目からは涙がこぼれた。マウンドの北山に真っ先に駆け寄り「大丈夫だ」と声をかける湯川(投手リーダー)。「北山で打たれたなら仕方ない」と語る横山。4回生は最後の最後まで下級生を支えチームを引っ張った。
 春リーグ勝ち点2しか奪えなかったチームが、全国大会まであと一歩のところまで勝てるチームになった。実はこの秋(リーグ戦、関西地区代表決定戦)の12勝中7勝が逆転勝ち。先制されても最後まで絶対に諦めず逆転するマインドは結果にも現れていた。試合後勝村監督は「よくここまで成長した」と粘り強く戦った選手を称えた。
DSC_0746



勝村法彦監督
「厳しいゲームばかり、勝たせてやれなかった。悔しいですね。北山も厳しいところばかりに登板して抑えてくれていた。イニングはそんなに投げてないが、厳しい場面で出て行っている。長谷川も含め一年生がよくやってくれた。横山を中心にやってきて、リーグ戦も厳しいゲームばかりだったが、粘り強く戦うことができた。本当に成長した。関西地区代表選手権はラスト3戦、ここまで粘ることができた。
川辺はいけるとこまでと思っていた。ボールが浮き始めたので交代した。(初戦で完封負けしている相手)スライダーはだいぶ見切っていた。ストレートを狙っていこうと話していたが、2回からは変化球が多くなった。
片山には2球目までに行けと言ってあった。本当によく走った。横山もよく打ってくれた。最後は4回生がしっかり見せてくれた。リーグ開幕当初は怪我人が多くいて、、、よくここまで諦めずにやったと思う。力がついてきた。下級生はいまの4回生の姿をしっかり見ている。応援団など学校の関係者が全試合足を運んでくれた。最後は神宮に行けず申し訳ない。」
DSC_0044



河本優佑主務
「歴代で一番、監督さんに反抗した主務だと思う。それでも飽きずに何度も正面から向き合ってくれた。4シーズンも主務を務めさせてもらった。監督さんがよく誰からも応援されるチームになろうと言っている。監督や平山コーチ、光原コーチが学生自身がどんな場面でも必ず声をかけてくれて、あきらめずにやれるいいチームだと思う。
自分の下にはマネージャーがいなくて不安な部分もあったが、2人入ってきて成長してくれた。本当に今のマネージャー陣はしっかりしてくれている。人材を残していけと言われてきて、いいマネージャー陣になって優勝できたのは、いい経験できたと思う。自分が入った時、竹林さんがいた時はマネージャーのマの字もわからない状態だった。そのあと遠藤さんとはぶつかり合いながらも2人で見直していった。後輩の自分が言うのは変だが、お互い1:1で尊敬しあえる関係。いまは後輩マネージャーと尊敬しあえる関係になった。信頼している。」
DSC_0166


横山裕也主将
「(9回表同点打)北山にはずっと助けてもらっていた。8回に2点取られて、捕手としてもう一度北山を投げさせたいと思った。自分で決めてやろうと言うのではなく後ろに繋ごうと。片山が盗塁を決めてくれて気持ちが楽になった。打ったのはスライダー、狙っていたのではなく来た球に反応した。本当に無心で、スライダーを打ったことは覚えているが、、、声援が力になったんだと思う。同点にして9回に繋げられた。
(9回裏のサヨナラのシーン)二死取ってから北山のまっすぐをあれだけ完璧に捉えられたら仕方ない。北山はこれからもっとすごい投手になる。期待している。
春は勝ち点2で監督さんからは弱いチームということを言われてしまった。力と経験は十分ある。秋に向かう中で関東遠征はここまで強くなった1つの要因になった。同じ学生なのに動きが違う。自分たちのやれることをやっていこうと言うことでやってきた。
関西六大学野球の代表として最後は戦ったが、神宮に行けなくて申し訳ない。
(後輩へ)下級生に助けられた。また成長も見ることができた。メンバー内外関係なく激しい競争をして欲しい。素質はある。
自分たちの代はセンターラインが揃っていて、監督さんからもこの代で日本一ということを期待されてきた。神宮には行けなかったが、最低限のリーグ優勝はできてよかった。一番上の学年の力があった。あと今年から光原さんがコーチになり、練習から手を抜くなと言われてきた。成功者の体験としてビハインドの場面からひっくり返せる。粘り強く勝てる。いい部分を引き継いで欲しい。」
DSC_0251


川辺凛投手
「結構悪かった。変化球がいかないのでストレートしか投げられなかった。和歌山大戦の時に打たれ、横山から次は抑えられるようにしとけと言われていた。昨日関西国際大とのリベンジが決まり、明日は任すぞとチームメイトから言われた。(初回のピンチを無失点に抑える)先制点を与えたらだめと思っていて、西元のお陰で落ち着けたし、あのプレーはとても大きい。(横山選手の同点タイムリーヒット)片山が盗塁して、横山が打ってくれて、4回生が活躍してくれて4年間やってきてよかったと思った。僕はゲガもして、もうマウンドに立てないかと思っていたが、横山とバッテリーを組めてよかったし、本当に頼りになるキャプテン。(4年間を振り返って)2回生の時全国大会に出場し1回戦で敗退したが、マウンドに立たせてくれてありがとうとみんなには感謝している。(後輩へ)僕も先輩に全国大会へ連れて行ってもらったので、みんなを連れて行きたかった。この悔しさを忘れず、後輩たちには全国へ行ってほしい」
DSC_0738


長谷川希望投手
「関西選手権では自分の力を発揮できず、チームに迷惑をかけた。悔いが残る。これからは自分の取り組みを続けるとともに、もっと精度を上げていきたい。横山さんには迷惑しかかけていないが、横山さんのおかげで今の自分がいる。感謝しています。4回生が残したものを受け継ぎつつ、変えるところは変えていって、来年の春全国に行って4回生の方々に報告したい。」
DSC_1205









 神宮大会出場は叶わなかったが、京産大は誰からも愛されるチームになった。以前、勝村監督は「何も知らずに球場にきたお客さんが、京産大の選手をみて応援してくれるようなチームにしたい」と語っていた。今秋は全試合に大学の応援団が来るなど、硬式野球部はどこのチームよりも応援され続けてきた。応援団も決して誰かに言われて毎試合応援にきていたわけではない。「野球の日程が出たときに、全部いけるじゃん。行こ!って」と自分たちで決めていた。屋外で2時間近くも声援を送り続けることは簡単ではない。平日開催の試合でも、他の部活と日程がかぶっても行けるメンバーをかき集めた。最終戦、9回表横山の同点打は「無心で来た球を振った。声援が力になった」(横山)と応援が打たせた一打だったのかもしれない。“愛され、応援されるチーム”には野球の技術だけでない力が存在する。この力はどんなときでも手を抜かず全力プレーを魅せる選手たちが手に入れた最高の武器だ。どのポジションにも選手が揃っており、日本一を期待され入学してきた現4回生。4年間で全国大会出場は1回だけに留まるも、諦めず粘り強く戦うことで“愛され、応援されるチーム”を作った功績は大きい。チーム目標である日本一は4回生の姿をみてきた後輩に託された。
DSC_0886

《硬式野球部》神宮まであと1勝!!延長11回タイブレーク制す!

 粘りの京産の本領発揮や!関西地区大学野球選手権の敗者復活2回戦(=佛教大学戦)が南港中央野球場で行われた。初回の得点以降ロースコアの展開となった試合は、幾多のピンチをしのぎ続けた京産大が延長11回、笹原のサヨナラタイムリーで勝利。第2代表決定戦進出を決めた。
DSC_0550


佛教大 100 000 000 00 = 1
京産大 100 000 000 01 = 2
※10回以降タイブレーク制

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 3打数1安打1四球1犠打
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数1安打2四球
3.7 杉野(近江) 2打数0安打2四球
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打1三振
4.3 西元(福知山成美) 5打数0安打
5.9 川岸(京都成章) 5打数3安打1打点
6.2 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1犠打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数2安打2四球1打点
8.4 酒井(桜宮) 4打数0安打
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 H 桧垣(奈良大附属) 1打数0安打
 1 長谷川(桐蔭)
 1 北山(京都成章) 1四球

先発投手 藤本 6回 3安打1四球1死球2三振 自責点1
2番手 長谷川 2回 0安打1死球1三振 自責点0
3番手 北山 3回 0安打1四球5三振 自責点0

試合展開
 勝てば神宮大会出場に王手がかかるこの試合。先発は今大会2度目となる藤本だった。初戦の関西国際大戦で7回途中3失点の好投を見せるも敗戦投手となり、リベンジに燃える1戦だ。ところが立ち上がり、安打と四球で1死満塁のピンチを招くと、押出しの死球を与えてしまい早々に先制点を許してしまう。負けられない京産大はすぐさま反撃。先頭の山本から3者連続で四球を選ぶと、5番川岸の左前適時打で同点に追いつく。2回以降安定感を取り戻した藤本は6回まで被安打3無失点に抑え味方の勝ち越しを願う。しかし打線は、再三走者をためるもなかなか得点に結びつけることが出来ない。1対1の膠着状態のまま、試合は延長戦に突入する。タイブレーク方式となる延長戦は無死一・二塁からのスタート。10回表、送りバントを決められ1死二・三塁とされるも、3番手北山が気迫のこもった投球で後続を投ゴロ、空振り三振の無失点に切り抜ける。その裏、1点取ればサヨナラとなる絶対的有利な場面。正攻法通り送りバントのサインを出した勝村監督だったが、田井中が痛恨のスリーバント失敗。焦りが出たのか次打者の西元も遊飛、続く川岸も三振に倒れまさかの無得点。嫌な雰囲気が立ち込める。そんななか再び北山が流れを変える。送りバントでまたも1死二・三塁とされたものの、持ち味の直球の威力で押しまくり中飛、空振り三振に仕留めまたも無失点。するとその裏、横山の送りバントが内野安打となり無死満塁となると、最後は笹原が右前に放ちサヨナラ勝ち。リーグ戦同様粘りの野球を見せつけた京産大が第二代表決定戦進出を決めた。しかし、喜んでばかりもいられない。第一代表決定戦で関国大が近大に敗れ、明日の相手は関国大に決まった。関国大はエース武次を温存しており、登板してくる可能性が高い。初戦では武次の前に16三振と惨敗を喫した。それでもここ二2試合。厳しい戦いを制してきた京産大には勢いがある。初戦のリベンジを果たし、神宮大会進出を決めたい。
DSC_9851
DSC_9640
DSC_9682
DSC_0081

コメント
勝村監督
 「初回にチャンスで1点しか取れず、流れが悪くなった。藤本はボールの勢いが弱く、状態は良くなかったがよく持ち直したなというのが本音。北山の(投げる)イニングをなるべく少なくしたかったので、最小限にすんで良かった。リーグ戦では浮いていたボールが多かったが場数を踏んで成長している。長谷川は当初から2イニングの予定だったが、伝達ミスで1イニングと伝わっていた。それでも切り替えてよく投げてくれた。タイブレーク(無死1・2塁から)10回はバントミスで点が取れなかったが、11回は横山がいいバントを決めてくれた。(しかしもし一死2・3塁になり)ランナーが埋まっていなかったら笹原が敬遠される可能性もあったので酒井のところに代打も考えていた(実際には横山も1塁に残り無死満塁に)。笹原には外野に飛ばしてくれたら十分と思っていたのでよく打ってくれた。厳しい試合だったが、良くいえばうちらしい試合だったと思う。昨日同様、フライが多いということは変わっていない。明日は修正できるように。総力戦になると思うが、なんとか神宮に行けるようにしっかり準備していきたい」
DSC_0141


横山主将
 「今年はたくさんの投手が登板しているが、全員がしっかり役割を果たしてくれている。これまでは完投型が多かったが、夏から継投で戦っているので慣れてきた。監督さんの継投のタイミングもわかるようになってきて、気持ちに余裕も出てきた。いろんなタイプの投手がいるので、相手も絞りづらい。利点をうまく使えていて心強い投手陣だと思う。北山は調子が悪いとは僕は思わなかったが、リーグ戦から厳しい場面で投げ続けていて、メンタル面は1番強い思う。タイブレークでも2度二・三塁の場面ができたが、冷静に抑えてくれて助かった。リーグ戦を通じてビハインドからの展開が多いが、こつこつと点を取って勝つのがうちの野球。練習から粘り強く行なっている成果が出ている。フライが多いがそれは打たされているから。意識しすぎると返ってメンタル面が狂うので、つなぎの意識だけを持って行くようにしたい。反省点がたくさんあるが、今シーズンは試合を通して成長できている。今日試合に出ている4回生は自分だけなので、他の4回生を神宮に連れていくのが使命だと思っている。明日も総力戦になるが、全員がいいまとまりを持って戦っていく。」
DSC_0525


藤本投手
 「下半身と肩が張っていて状態はよくなかったが、その中でもしっかり準備してきた。肘が上がって指にボールがかからなかったのでボールがいかなかった。反省点。ベンチでしっかりストレッチをして、3回以降は修正できたのでよかった。今日の勝ちはとても大きい。あと1勝を全員で一丸となり戦う。投手も全員使っていいので、総力戦で勝つ。
(関西国際大になった場合)1回やられているので、データを見て、自分のピッチングをする。最少失点で抑え、野手には期待している。」
DSC_9623


北山投手
 「どうしても勝ちたかったので、苦しい展開だったが、勝てて嬉しい。今日のピッチング内容は70点。しっかり準備はできていた。連投で精神的な疲労があったが、リラックスして投げられた。入学してから「ストレートを磨け」と監督に言われ続け、ストレートに力を入れてきたが、形になってきた。一番自信のある球。切り替えて明日に臨む。」
DSC_0346


笹原三塁手
 「厳しい展開だったが、ピッチャーが最小失点で抑えてくれていた。(サヨナラ打)2球目、インコース低めのストレート。いつもはあのような場面になると体に力が入って、ガチガチになるが、今日はシンプルにバットに当てることだけを考えた。バットに当てれば飛んでいくと思っていた。(関国大の武次投手の印象)ストレートとスライダーを中心に攻めてくる。対戦した投手の中でもトップレベル。身長が低いのでリリースの位置も低く、ストレートは伸びてくる感じ。スライダーは途中までストレートと同じ軌道で、かなりキレがいい。コントロール良く決めてくる。明日ば勝たないといけない。個人的には野球を楽しみたい。とにかく勝つ。全力で全員で戦う。」
DSC_0614

《硬式野球部》激闘制し敗者復活2回戦進出!代打川岸の逆転2点本塁打!!

 劇的な展開で勝利を呼び込んだのは1年生コンビだった。関西地区大学野球選手権の敗者復活1回戦(=和歌山大学戦)が南港中央野球場で行われた。序盤からリードを許し苦しい試合展開だったが、7回に川岸の代打2点本塁打で逆転に成功。北山が3回3分の2を完璧に抑え5対4で勝利。敗者復活2回戦にコマを進めた。
DSC_9463


和歌山大 003 100 000 = 4
京産大  002 001 20× = 5

試合成績
1.9 山本(鳥取城北) 3打数1安打1打点
 H 9 川岸(京都成章) 1打数1安打1本塁打2打点
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数0安打
3.7 杉野 (近江)4打数3安打1打点
 7 間部
4.3 西元(福知山成美) 4打数1安打
5.8 田井中(福知山成美) 3打数1安打1四球
6.2 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1打点
7.5 笹原(福知山成美) 4打数0安打
8.4 酒井(桜宮) 4打数1安打
9.1 川辺(東山)
 H 桧垣(奈良大付) 1打数0安打
 1 長谷川(桐蔭)
 H 小薗(鳥羽) 1打数0安打
 1 紀本(富岡西)
 1 北山(京都成章) 1打数1安打

先発投手 川辺 3回 4安打2四球3三振 自責点3
2番手 長谷川 2回 4安打1三振 自責点1
3番手 紀本 3分の1 1安打1四球0三振 自責点0
4番手 北山 3回3分の2 1安打2四球4三振 自責点0

試合展開
 負ければ敗退が決定してしまう大事な一戦。先発のマウンドに上がったのは川辺だった。怪我の影響が響き秋リーグは2勝にとどまったが、四回生の経験にチームを託した。2回まで安定した投球を見せていた川辺だったが、3回に自らのミスも絡む4連打を浴び3点を献上。3回でマウンドを降りてしまう。しかし、京産大打線も負けられない。3回裏、8番酒井が左前安打で塁に出ると、1死二塁として1番山本の内野ゴロを二塁手が悪送球。1点を返すと、3番杉野が右中間を破る適時二塁打を放ち1点差に詰め寄る。4回、2番手でマウンドに上がった長谷川だったが、2死二塁から適時三塁打を浴びリードを広げられる。リーグ戦を無失点に抑え続けてきた長谷川。今秋初の失点だった。流れを引き戻したい京産大だったが、4回、5回と三人で攻撃を終える回が続きなかなか波に乗れない。その中で流れを変えたのは北山の投球だった。6回、3番手の紀本の後を受け1死一・二塁の場面でマウンドに上がった北山は、後続を二人できっちり仕留めピンチを脱すると、その裏2死一・二塁で横山が左前適時打を放ち1点差に詰めよる。7回も3人で抑えた北山にその裏打席が。普段は指名打者制を採用しているためこれが大学初打席だったが、快音を響かせた打球はフェンス直撃の二塁打となりチャンスメイク。その才能を改めて感じさせた。このチャンスをものにすべく、勝村監督は今大会当たりのない山本に代えて川岸を打席に送る。スタメンで出場することの多い川岸だが、この日は指名打者制を採用していないこともあり、ベンチスタートだった。「思い切っていこうと思っていた」と初球をフルスイングした打球は、レフトスタンドに突き刺さる値千金の代打逆転2点本塁打。ナイン総出で川岸を出迎え、一気に流れを手繰り寄せた。この流れを手放さぬまま北山が8回、9回を無失点に締め試合終了。京都成章コンビの活躍で敗者復活2回戦に進出し、神宮に望みをつないだ。
DSC_9360



コメント
勝村監督
 「北山は打撃もいいので、ベンチからも期待していた。川岸の使うタイミングを探していた。前の打者が塁に出ていたら、山本か宇都宮のタイミングで川岸を使おうと思っていた。平山コーチの助言で山本に代打を送ろうと決めた。もともと勝負強い打者だが、よく期待に応えてくれた。川辺は自分のミスから崩れてしまったので、そこを反省してほしい。3点取られた時は厳しいとも思ったが、全員でよく踏ん張った。北山は今日も落ち着いて持ち味を発揮できていた。打線はフライを打ち上げている選手が多いので修正したい。これは大きな1勝になると思うので、明日もコンデションを整えて、一戦必勝で戦っていく。」
DSC_9222


横山主将
 「初対戦の相手でデータも少なく序盤は苦戦した。リーグ優勝してるだけあってなかなか得点できなかった。それでも3回表に3点を取られたあとにすぐ裏の攻撃で2点を奪えたのは良かった。
 (6回裏のタイムリーヒットについて)2-4で負けていて流れも悪かった。田井中が追い込まれながらも粘って四球でつないでくれた。流れを変えるならここしかないと。自分で決めてやろうというきもちではなく、繋いでいこうと思っていた。
 (好投の北山くんについて)ストレートで空振りが取れる投手。緊迫した場面でしか投げてないが、堂々と一年生らしく怖いもの知らず。
 今日の試合はやるべきことがやれていなかった。(やるべきこととは?)打撃面では、つなぐことができていない。今日もフライアウトが多いことは反省点。フライは取って終わりだが、ゴロは取って投げるまである。守備面では、ダブルプレーが取れる場面で取り損ねたり、ライトセンターでお見合いしたりがあった。消極的な守備になっているので、積極的にやっていきたい。」
DSC_8871


北山投手
 「ピンチになったら登板というリーグ戦と同じ起用法だったので、ブルペンからしっかり準備はできていた。準備できていたのでバッターを抑えられたし、気持ちも切らさずいけた。今日の内容は60点。ボールが高めに入ったり、無駄な四球を出してしまったから。
 (7回の2ベース)大学では初打席。雰囲気がよくなかったので、ここで打てたらいいなくらいの気持ちで打席に立った。来た球を振ったらいいところに飛んでくれた。(2ランHRの川岸選手について)高校から一緒にプレーし、お互いに打撃・投球フォームの違いを教えあい、アドバイスし合う仲。僕が打ったので刺激を受けてHRを打ってくれたんだと思う。助けあっている。
明日の登板も僕の立ち位置は変わらないので、しっかり休んで気持ちと体、両方を準備する。」
DSC_9520


川岸外野手
 「打ったのはおそらくスライダー。打ってやろうという気持ちで思い切り振っていった。フルスイングが自分の持ち味だと思っているので、初めから長打を狙っていた。イメージ通りの打球が打てた。(北山と)二人で逆転できてうれしい。
 (スタメンを外れたことについて)悔しさというのはあまりなく、切り替えていつでも行けるように5回あたりから準備していた。初めは守備からと言われていたのでそのつもりでいたが、試合の流れが変わってきたのでそれに合わせて投手を見ながら準備した。これからも厳しい戦いが続くが全員で力を合わせて、リーグ戦同様つなぎの意識をもって戦う。」

DSC_9436


杉野外野手
 「調子事態はリーグ戦から良かった。その調子を崩さないように調整を続けた。
 (DHがないことについて)打つだけとはリズムが違う。もともと左投げ転向までは守備もしていたので打撃のリズムがつかみやすかった。転向当初はすべてが逆になるのでステップを踏むときなどに苦労したが、今では感覚をつかんだ。
 明日からも目の前の一戦一戦を一戦必勝で戦う。」
DSC_8992


先発した川辺
DSC_8889


2番手の長谷川
DSC_9130


3番手で投げた紀本
DSC_9206



《硬式野球部》関国大に完敗... 無念の完封負けで敗者復活戦へ

神宮へと続く道。関西地区大学野球選手権の1回戦(=関西国際大学戦)が南港中央野球場で行われた。関国大の好投手武次の前に放たれた安打は4本。投手陣も踏ん張りきれず4対0と痛い敗戦となった。

京産大 000 000 000 = 0
関国大 000 003 10× = 4

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 4打数0安打
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数1安打
3.7 杉野 (近江)3打数1安打
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4.3 西元(福知山成美) 3打数0安打1死球
5.9 川岸(京都成章) 3打数1安打
6.2 横山(龍谷大平安) 3打数0安打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数1安打
8.4 酒井(桜宮) 2打数0安打
 H 小薗(鳥羽) 1打数0安打
 4 川上(高知)
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 1 紀本(富岡西)
 1 湯川(久御山)
 H 梶谷(社) 1打数0安打
 1 北山(京都成章)

先発投手 藤本 5回3分の1 5安打1四球1死球5三振 自責点3
2番手 紀本 3分の2 1安打1死球 自責点0
3番手 湯川 1回 0安打1四球0三振 自責点1
4番手 北山 1回 1安打1死球3三振 自責点0

試合展開
完敗としか言いようのない試合だった。先発を任されたのは藤本。秋季リーグ中盤から調子を上げ3勝をマーク。平古場賞を受賞した期待の左腕だ。その期待通り5回まで4安打無失点と安定した投球を見せる。藤本を援護したい打線だったが、秋季リーグ7勝をあげた好投手、武次の前に5回まで2安打12三振と沈黙。試合が動いたのは6回。ここまで好投を続けてきた藤本が1死満塁のピンチを招くと、2番手の紀本がリリーフ。踏ん張りたい場面だったが犠飛と右中間を破る2点適時二塁打を許し3点を失う。7回から登板した湯川も1死三塁から犠飛で痛い失点。打線も直球と変化球を巧みに操る武次の前にに手も足も出ず、終わってみれば4安打16三振。三塁ベースを踏むことが出来ず4対0で敗北した。しかし落ち込んでもいられない。まだ神宮への道は残っている。4年前、京産大が初めて神宮大会に出場した時も、初戦に敗れてからの3連勝だった。この結果に気落ちすることなく、これまでのような粘りの京産の持ち味を発揮してもらいたい。
DSC_8652

DSC_4776

DSC_8748

DSC_8488



コメント
勝村監督
「なかなか打線が繋がらなかった。(相手の)武次君はいい投手。スライダーが低めに決まっており、その見極めができていなかった。中盤は直球も決まり出し、振り送れていたのでポイントを前にするよう指示を出したが、攻略することができなかった。藤本は5回までは良かったが、6回から球が浮き出した。継投は流動的だったが、紀本、湯川のリレーは決めていた。ロースコアだったので守りを固める為に杉野を交代させた。今日気持ちを整理して敗者復活から勝ち上がり代表をかちとりたい。」
DSC_8714


横山主将
「なんとか1点をと思っていたが、安打4本となかなか打ち崩せなかった。直球と思って打ちに行った球がスライダーやチェンジアップだったりと振らされていた。狙った球でも芯で捉えることができなかった。藤本に申し訳ない。
(先発の藤本について)5回まではいい投球だったが、80球を超えたあたりからどうしても球が上ずり抜け球も多くなってしまう。まだ2回生なので今後の課題。
4年前神宮に行った時も一度負けてから3勝した。一度負けたら終わりと気負うことなく、今まで通り粘りの野球で戦っていく。」
DSC_4578


藤本投手
「ストレートは走っていたが、変化球でカウントを取れず、ストレートに絞られて捉えられてしまった。中盤は変化球も決まるようになり、楽に抑えられた。6回は先頭打者に死球を与えてしまったことが反省点。(DH制なし)バント練習はしっかりしてきた。相手投手がいいので、バッティングはまっすぐ一本に絞り初球からどんどん振っていこうと思っていた。変化球は手が出なかった。0点で勝つことはないので、1.2点取ってもらって0で抑えられたらよかった。もう勝つしかないので、一丸となり守り勝つ野球で1つずつ勝っていく。」
DSC_8437


紀本投手
 「絶対に抑えないといけない。抑えないと次のチャンスがないと思ってマウンドへ上がった。1点でも取られたらヤバいと思って投げていた。リーグ戦終盤(調子が悪い時)から気持ちを変えることができなかった。ストレートで決めに行ったところをすみきれずに真ん中に入って。体の調子自体は良かったが気持ちの面で…リーグ戦は調子良くなくて最近はマシになってきていたが、気持ちの面で悪いところが出てしまった。もし出番があったら今までのミスは忘れて勝負できたら。」
DSC_8669

《硬式野球部》悲願の秋季リーグ制覇!!全員野球で掴んだ頂点!!

秋季リーグ最終節大阪経済大との2回戦が10月14日(日)、皇子山球場で行われた。2回に川岸の適時三塁打で先制すると、川辺、北山、長谷川のリレーで完封に抑え試合終了。平成28年春以来5季ぶりの優勝を勝ち取った。
DSC_0409


大経大 000 000 000 = 0
京産大 010 000 000 = 1

試合成績
1.8 山本 3打数0安打1四球
2.6 宇都宮 4打数0安打
3.D 杉野 3打数1安打1四球
4.3 西元 4打数1安打
5.7 田井中 3打数0安打
6.2 横山 3打数0安打
7.5 笹原 2打数1安打1四球
8.9 川岸 3打数2安打1打点
9.4 酒井 1打数0安打1四球1犠打

先発投手 川辺 7回 2安打1四球6三振0失点
2番手 北山 1回3分の2 2安打1四球2三振0失点
3番手 長谷川 0回3分の1 0安打0四球1三振0失点

試合展開
マウンドに歓喜の輪が咲き、全員がおもむろに抱き合う。紙テープは乱れ飛びスタンドで涙する応援団。誰もが待ち焦がれた悲願の優勝だった。優勝をかけた大一番で先発を任されたのは4回生右腕の川辺。この日まで1勝2敗と負け越していた川辺だったが、この大舞台で完璧な投球を見せ試合のリズムを作る。試合が動いたのは2回、一死から7番笹原が右線への二塁打でチャンスを作ると、続く川岸が左中間を破る適時三塁打を放ち1点を先制する。援護をもらった川辺は7回を被安打2、1四球6三振と大経大打線を寄せ付けない。8回からは今大会抑えの切り札として登板してきた北山がマウンドに。持ち味のストレートを存分に活かした投球で8回を抑え、迎えたラストイニング。優勝に向けてマウンドに立ったが北山だったが、四球と安打で2死1・3塁と一打同点、長打を浴びれば逆転という絶体絶命の場面に。ここで京産大ベンチは昨日に引き続き厳しい場面を長谷川に託す。その長谷川が持ち味のコントロールと緩急で最後のバッターを高めのストレートで空振り三振にしとめ試合終了。平成28年春以来5季ぶりの優勝の味。上級生と下級生がかみ合い、全員野球でつかんだ栄光だ。喜びをかみしめながら勝村監督は3度宙をまった。
DSC_1050

DSC_0376

DSC_0577

FullSizeRender


コメント
勝村監督
「ベンチに入った選手だけでなく、部員全員が一丸となって良く踏ん張ってくれた開幕時は春のメンバーの内人が怪我で戦線を離れている状態だったが、ピンチはチャンスに変えることができると伝えていた。序盤は苦しい試合が多く、なんどか無理かもと思う試合もあったが、試合に向けての準備をどれだけやれるかを意識させ、徐々に選手が自立していき、横山を中心に粘りのあるチームになった。今日の試合も粘り強く、京産らしい試合だった。やることはやっていたので、自分は選手を信じるだけだった。それに選手がよく答えてくれた。今年の夏初めて関東に遠征に行き、それがすごく刺激になった。一球に対する集中力の違いや、試合前からノックで圧倒してくる関東のチームを見て、チームに足りない部分が多くあり、良い勉強になった。帰ってきてから選手の行動も変わり、チームが成長した。今大会は川辺が大きなカギになってくると思っていた。リーグ戦直前まで怪我をしており、OP戦最後の2試合に1イニングずつ投げただけだった。しかし、その投球を見てリーグ戦中盤以降は投げてくれるだろうと思っていた。不安な部分もあったが、今日は前回の優勝時にプレーオフで投げた経験のある川辺でいこうということになった。力みがなくバッターに集中して投げ込んでいたので安心して見ていた。本人は8回も行きたがっていたが、ここは割り切って北山に託した。北山も今リーグは厳しい場面での登板が多かったがよく踏ん張ってくれた。長谷川にはピンチの場面で登板させても、動じない強い心があるので信頼できた。他にも昨日先発した藤本も先発の中心として大きく成長してくれた。野手も下級生が力をつけてきて、若い力と上級生の力が噛み合ったことが優勝できた大きな要因だと思う。しかし、選手だけではここまでたどり着くことはできなかった。平山・光原両コーチが練習時から厳しく指導し、試合に向けての準備をしっかりしてくれた。学生コーチやマネージャーも自分が何か言う前にすでに動いてくれて、おかげでスムーズに動くことができた。他にも毎試合応援に駆けつけてくださった応援団や記者の方々の力も励みとなった。応援してくださった全ての方々の見えない力が大きな活力となった。優勝することしか考えていなかったので、まだ先のことは考えれていないが、関西選手権で神宮のキップを勝ち取って神宮で勝つことができるように、これからもう一度気を引き締めなおしたい。」
DSC_7950


横山主将
「素直に嬉しい。目の前で胴上げされ続けてきたので、ようやく一矢報いることができた。昨日も今日も無失点で勝てたことは大きかったと思う。川辺は前節から調子を上げてきて、今日も力が抜けて自分の持ち味を出せていたし、自分もその持ち味を引き出すリードができてよかった。川辺はいいときは堂々としていて大きく見えるが、状態が悪いときは萎縮してしまって小さく見えることがあった。そうならないように、どんなときでも堂々と胸を張れということを伝えていた。今日4回生でグランドに立てているのは僕と川辺だけだったので2人で引っ張っていこうと話していた。北山はわかっていても空振りが取れるストレートが武器。今日もいいボールがいっていたが、最後ボールが浮いてきて、バッターの1番振りやすいゾーンに集まってきた。迷ったが、監督から長谷川に代えるかというジェスチャーが出たので切り替えて長谷川に託そうとなった。長谷川は堂々としていてピンチにも強いメンタルが持ち味。最後三振に取ったのはボール球の高めのストレート。振ってくれればと思ってサインを出した。うまく投手と意思疎通ができていたと思う。夏休みでの関東遠征が僕たちの転機だった。同じ大学生なのに細かい部分や試合前のノックで圧倒され完敗だった。それ以降特に送球の強さやタッチの強さ、ポジションまでダッシュで行くということを真似してチームに取り入れていった。初めは意識がバラバラだったが、何度もミーティングをして、徹底してきたことが成果となって現れた。リーグ戦が始まる頃はけが人も多かったがピンチをチャンスにということをミーティングで言った。戦力は落ちると思っていたが、代わりの選手がたくましく成長してくれた。まだ神宮行きを決めたわけではない。関西選手権に向けて今日から切り替えて練習していきたい。」
FullSizeRender


川辺投手
「監督から「最後はしっかり投げろ」と言われ、次投げられなくなってもいいと思って投げた。怪我をしてチームに貢献できなかったので、今日は貢献したい一心だった。気持ちで負けないようにした。優勝できて嬉しい。今季は変化球で打たせてとるピッチングにシフトした。バックを信じて投げ、助けられた。2ストライクに追い込み、取れそうなら三振を狙いにいった。声や態度で4回生が引っ張ることで、チームが一つになったと思う。万全の状態で関西地区に臨む。」
DSC_0927


長谷川投手
「優勝できて嬉しい。厳しい場面での登板でもその場を楽しんで、自分の持ち味を出すことができた。今リーグではいい結果を出すことができたので、この状態を継続していきたい。自分は関東遠征に行っていないが、遠征後横山さんを中心にチームがいい雰囲気になっていった。関西選手権でも自分の持ち味を生かし、チームに貢献できるよう、一球一球を大事にしていきたい。」
DSC_7770


北山投手
「優勝は嬉しいが最後ピンチを作ってしまったので悔いが残る。長谷川に助けてもらってありがたい。今日の反省を活かして、課題を次に持ち越さず試合の中で成長して次につなげていきたい。関東遠征では見たこと無い全国のレベルを体感すると同時に、負けられないという気持ちが芽生えた。これからもチームをまとめていく手助けが出来るように積極的に盛り上げていって力になりたい。」
DSC_0323


西元一塁手
「4年生と一緒に戦う最後のシーズンだったので優勝することが出来て嬉しい。夏の遠征でひとつひとつのプレーの質が良くなったように感じる。個人成績は意識していなかった。もっとチャンスで打てるような打者になりたい。関西選手権はどの大学も良い投手を揃えてくると思うが、攻略して一戦必勝で戦いたい。最優秀賞を取れたのは自分の力だけではない。チャンスでまわしてくれた仲間やスタンドの応援があったおかげ。関西選手権では自分の力で勝利に導けるようなバッティングをしたい。」
DSC_0087


酒井二塁手
「リーグ戦前から緊迫した場面を想定しての守備練習を重点的に行ってきた。その成果が昨日のような厳しい場面で好プレーにつながった。自信にしたい。自分の打者としての役割は上位打線にいい場面でつなぐことだと思っている。守備だけでなく打撃でも貢献できるように練習していきたい。関東遠征ではノックの姿勢やプレーで、レベルの違いを身に感じた。その後、チームで言い合っていい練習を積み重ねてきた。これからも9番としてチームに貢献できるように頑張りたい。」
DSC_0902


笹原三塁手
「優勝できてよかった。今リーグは少ない点数で抑えてくれた投手に感謝したい。今日の試合は緊張しなかった。試合に出れないメンバーが声をかけてくれているからかと思う。サードでは投手に対して「球走ってるぞ」とか勇気づけるような声をかけるようしている。関東1球に対する想いが全然違った。例えば、2ストライク後に三振しないようにする粘りとか。ここから関西の強いところとあたる。後悔しないようなプレーをする。」
DSC_1022


宇都宮遊撃手
「優勝できて嬉しい。野球人生で優勝は初めてなので味わえてよかった。今日もチームの雰囲気がとても良く、勝とうという気持ちが勝ちに繋がった。
(リーグ戦を振り返って)投手陣は粘って最少失点に抑えてくれたが、僕がエラーして迷惑をかけてしまった時があった。助けられるようにならないといけない。
(関東遠征)声出し、1球への集中力が高くて違いを感じた。良いところを真似して高めて練習してきた。
(関西地区に向けて)相手どうこうじゃなく、自分たちがやるべきことをやれば結果は出てくると思う。」
DSC_0943


田井中左翼手
「優勝することが出来て嬉しい。秋は春と比べて体重を65キロから74キロに増やして臨んだ。さらに夏の遠征で素振りをしっかり行った。その結果、パワーがつきスタメンで使ってもらえるようになった。関西選手権は楽しみながら一戦必勝で頑張りたい。」
DSC_0977


山本中堅手
「(優勝して)最高です!今日の試合はいつもと違う雰囲気の試合だった。個人としてそのプレッシャーに対して勝てなかったが、チームが勝てたので結果的によかった。このリーグはマークもあり、厳しい所を突かれた。けどいいピッチャーと対戦をして、自分の実力もわかったし、面白かった。この秋リーグは楽な試合はなかった。神戸学院の須本?さんはチャンスでも点にならなかったりきつかった。関東遠征ではケガ明けの試合で目もあまり慣れてない中でだったが、ストレート、変化球共にキレが違った。レベルの高い投手とやって、現状を知ることができた。リーグ戦では全然打てなかった。次は勝ちに貢献できるように頑張る。」
DSC_0037


川岸君右翼手
「当たっていない中、チームに迷惑をかけていた。4回生が後押ししてくれた。
(2回のタイムリーについて)打ったのはインコースのストレート。データからストレート入りが多かった。初球から狙っていこうとコーチと話していた。 低めに集まっていた分、浮いたストレートを狙っていた。
先輩には三振が多かったりして悩んでいるときも、声をかけてもらって守備に気持ちを切り替えたりできた。
ベンチワークのすごい先輩達。楽しかった。 関東に行ってスイングスピードや攻守交替の速さに驚いた。同じ大学生か?と思った。悔しかった。 うちはシートノックまでの準備をしっかりしようと全員で言ってきた。 神宮には憧れがある。先輩と一緒に勝ち上がる。 今日の一打が自身になる。主力になってできるように頑張る。」
DSC_1035


杉野外野手
「今年の春に比べて粘り強く戦えた結果が優勝だと思う。夏の遠征で創価大学と対戦してレベルの違いを感じた。関西、神宮からはそういった大学ばかりになる。まずは関西選手権でチームに貢献できるように頑張りたい。負けられない戦いにプレッシャーは感じるが、それも含めて4年生と一緒に野球ができることを楽しみながら戦いたい。」
DSC_0075


藤本投手
「優勝に貢献できて嬉しい。今リーグ戦では産龍戦の2試合が1番印象深い。1試合目に負けて後がない中での先発を任され、勝つことができた。そこから安定感が増し、試合を作ることができるようになった
(平古場賞受賞について)3勝を挙げることが受賞の基準になるので、最後の最後に勝つことができ、受賞することができて嬉しかった。北山と長谷川に助けられた。
(関東遠征について)創価大戦に先発をさせてもらったが3回7失点と自分の投球ができず、強いチームとの違いを感じることができ、成長することができた。
(関西選手権について)関西選手権まで時間もあまりないので、成長するということは難しいかもしれないが、今の力を出せるようにしっかり準備していきたい」

紀本投手
「優勝できて嬉しい。とる点は取った、最少失点に抑えれたので優勝に繋がったと思う。リーグ前半はきちんと投げられていたが、後半はだめだった。最後までまで投げ切らないとメンバーに入っている意味がないと思う。自分のピッチングはまだまだ。僕以外のピッチャーは活躍してくれた。先輩としてしっかりしないといけない。
(関東遠征)レベルの違いを感じた。戻ってきてからリーグ戦まで時間が無かったが、投げ込みはしっかりやってきた。
(関西地区)まずは新人戦勝って、その流れで勝っていく。DH制が無いので、バッティングでも役に立てるよう練習する。」

湯川投手
「今までチームでやってきたことが結果として出た。個人としては開幕から不甲斐なかった。後輩を頼ってばかりだったが、投手リーダーとしては後輩の成長を見ることができた。投手は自分たちで考えてトレーニングしてきた。
(調子悪かった理由は、)それがわからないんだよな、急に投げ方がわからなくなったというか、ストライクを取るのがしんどかった。ストライクが投げられるかと考え過ぎた。いい時覇ストレートにキレがあって、思っていたところにボールがいく。シュートしたりスライダーしたりしていた。
(関東遠征について)創価大と試合をして、、、本当に強かった。チーム全員で何事にも取り組んでいかないといけないことを学んでまずはそれをみんなに伝え共有するところから始めた。
(代表決定戦について、)ここまでも継投で勝ってきたし、継投になると思う。任された投手がしっかりとやればいい。」

川上内野手・長瀬内野手
*優勝おめでとうございます
川:最高です!試合には出れて無いけど最終リーグで優勝できたのは感動した
長:結果を聞いて最高です!感動しました
*4年生がチームを盛り上げています
長:間部、僕、川上でベンチを盛り上げて、雰囲気を良く、波がないようにしている。これが勝利にも繋がったと思う。
*フィジカルリーダーとして
しんどい練習をしているので、しんどいし、しんどいと思ってもいいけど、下を向いたらだめ。プラスに考え、踏ん張るように言っている。
*下級生の活躍が大きかった
長:下級生は本当に頑張ってくれた。それは僕たち上級生がサポートし声かけを行う環境を作ったことも大きいと思う。
*関東遠征を経て
川、長:遠征にいくまでは取り組みや、意識の持ち方がよくなかったと思う。強い相手と戦い刺激を受けた。やらないといけないと思った。今まで通りでは成長できないと思った。
*関西地区に向けて
長:アップの精度、質を上げる。声かけも行い
4回生が引っ張っていく。
川:試合に出られるよう頑張ります。

片山内野手
「嬉しい。勝てなかった龍大、商大に勝って、、さっこっからだと思って戦っていた。言い表せないぐらい嬉しい。(2年半前とは違ううれしさ?)自分たちの代でというところで気持ちが入ってる。自分たちの力でやってきた。前は4回生の力が大きかったから。フィジカルリーダーの長瀬、主将の横山が中心となって練習から厳しい声をかけてきた。雰囲気が良かった。目標は日本一だから!なんとしてでも勝ちたい。一戦一戦です。」

間部内野手
「今日は優勝したから嬉しい!でもまだ次があるから。下級生を4回生が支えていた。横山や副キャプテン、長瀬、近藤を中心に引っ張ってきた。やってやるんだ!という気持ちが全員に伝わっていた。
(代表決定戦は、)いつもと変わらない。3連勝して神宮行きます。」

河本主務
「ほっとしている。正直今季は勝点0も覚悟していた。勝てない時期もあり苦しいと思っていた。春も勝点2で状況を変えたかった。監督さんとも相談して、立命館の主務とも連絡を取りながら関東遠征を行った。創価大と試合をして少しは変わるかなと、はじめは上手くいかなかったが、少しずつ変化していった。投手の役割分担が今季は明白になった。川辺、湯川とそれまで主戦で投げていた2人がいて、先発完投じゃなくても。
応援団が他のクラブもある中、全て来てくれたことものすごい後押しになった。
主務というより、マネージャーがしっかりしてたら勝てる。今年は1回生が男女2人入ってきてくれた。上川も下の2人をしっかり教えてくれていた。竹林さん、遠藤さんと良い流れがあって、遠藤さんとはお互いがお互いを信頼しあっていていい関係だった。今はそれに次ぐぐらい。上川には助かっている。マネージャーは選手を影で支える。選手は勝利という形で支えてくれている。」
DSC_7879


平山コーチ
「(Vできた要因)8月に関東遠征に行って、東京のチームと試合をしてかなり違いを感じた。試合前ノックから全力、手を抜いてなかった。まだまだうちには甘さがあったので普段から全力でやるという方向に進んだのは良かった。全国で勝つためにはここまでしなくていけない。というのを横山や副キャプテンを中心に遠征に行ってないメンバーにも伝えた。
(代表決定戦勝つためには)1つもミスは許されない。このリーグ戦ってきて、目の前の試合、自分たちがやってきたことを考え、自分たちの野球をやることが大切。」
DSC_0007


光原コーチ
「少しずつ選手が自主的になってきた。
(下級生の投手陣の活躍が目立った)それまでは湯川、川辺、宮所あたりが投げていた。だがその3投手の状況が上がって来ない中で、夏のオープン戦色々な投手がチャンスをものにしていった。タイミングが良かったのだと思う。投げていく中で、力も粘りもつけていけたのは選手たちの成果、課題に繋がった。
(選手とのコミュニケーションについて)横山とはバッテリーのことを中心に、フィジカルリーダーの長瀬ともよくフィジカルのことについて話をした。選手がそれでやりやすさを感じてるのであれば、コミュニケーションはどんどんとっていきたいし、いこうと思う。このリーグ戦でもそうだったが、調子が上がってきた子もいれば、下がった子もいる。今後上がってくる選手もいる。当然実績などもコンディションを重視してその時いい選手を使いたい。調子はチームとしての取り組みや表情、練習への姿勢でわかる。練習からしっかりみたい。」
DSC_0620


近藤学生コーチ
「チーム内で温度差があり、状況は良くなかった。でもリーダーを中心に背中で見せて引っ張ってしんどい練習を乗り越えてきた結果だと思う。2年秋に学生コーチになって、チームの指導者と選手のパイプ役になった。選手の立場と指導者の考えが合わないこともある。チームの意識改革というのは大変だった。新チームになってからの目標は日本一。まだまだ通過点。勝っててっぺん取ります。」



なお、今大会の成績により西元内野手が最優秀選手賞、藤本投手が平子場賞、ベストナインに西元内野手(一塁手)、杉野外野手(指名打者)が選ばれました。
DSC_0542

DSC_0532

DSC_0551



次戦は10月27日(月)、10時より神宮大会をかけ関西地区代表決定戦の1回戦が南港中央球場で行われます。対戦校は阪神学生連盟代表、関西国際大学です。応援よろしくお願いします。
DSC_0564

DSC_0436

《硬式野球部》田井中値千金の本塁打!大経大に先勝で優勝に王手!!

秋季リーグ最終節大阪経済大との1回戦が10月13日(土)、皇子山球場で行われた。3回に杉野の犠牲フライで先制すると、8回には田井中に本塁打が飛び出し大経大を突き放す。投手陣は藤本、長谷川、北山が無失点でつなぎ2対0で勝利。平成28年春以来5季ぶりの優勝に王手をかけた。
DSC_0698


京産大 001 000 010 = 2
大経大 000 000 000 = 0

試合成績
1.8 山本 2打数0安打3四球
2.6 宇都宮 3打数1安打1四球
3.D 杉野 3打数1安打1打点1犠飛
4.3 西元 4打数1安打
5.7 田井中 4打数2安打1本塁打
6.2 横山 3打数0安打1犠打
7.5 笹原 4打数0安打
8.9 川岸 4打数2安打
9.4 酒井 2打数0安打2犠打

先発投手 藤本 6回3分の0 5安打1四球3三振0失点
2番手 長谷川 0回3分の1 0安打0失点
3番手 北山 2回3分の2 0安打3四球6三振0失点

試合展開
先発は今季7度目の先発となる藤本。初回に二死1・3塁のピンチを作るも無失点に抑える。試合が動いたのは3回。先頭の川岸が中前ヒットで出塁すると、送りバントののち山本、宇都宮が連続四球で満塁となり、次打者の杉野が犠牲フライを放って1点を先制する。初回以降安定感のある投球を見せていた藤本だったが、7回2つの安打と自身の送球エラーで無死満塁の大ピンチを招く。ここで京産大ベンチが動く。今大会好投を続ける長谷川をマウンドに送り二ゴロに打ち取ると、打者1人で北山にスイッチ。代わった北山は持ち味のストレートで打者を圧倒。浅い中フライで二死目を奪うと、次打者の中前に抜けるかと思われる打球を遊撃手宇都宮が好捕。大ピンチを切り抜けナインの士気も高まる。その勢いのまま迎えた田井中の第4打席。「4回にも二塁打を放っていたので、バットは振れていると思っていた。」(田井中)。1ストライクからの2球目を豪快に振り抜いた打球はレフトスタンドに飛び込む値千金の本塁打。喜びを爆発させる田井中と京産大ナイン。優勝に大きく近づいた一発だった。2点のリードをもらった北山は四球でピンチを作るなどもあったものの、8回以降奪ったアウトは全て三振という圧巻の投球をみせ2対0のまま試合終了。悲願のリーグ制覇に王手をかけた。

DSC_0681
DSC_0544
DSC_0465
DSC_0355

コメント
勝村監督
「藤本が7回まで投げきって、8回から北山に代える予定だったが厳しい状況になったので継投した。藤本は経験が浅かったので、8月のOP戦に多く投げさせて自信をつけさせた。今日はバント処理のミスなどもあったが、春に比べてストレートのノビやキレが良くなった。投手陣の踏ん張りも大きいが、野手が1試合ごとに粘り強くなり、自分の役割を理解して自立してプレーできているのが勝てている理由だと思う。明日も優勝を意識せず、今シーズンのテーマでもある「1球に集中」を徹底して、普段通り平常心で戦っていきたい。」
DSC_0570


横山主将
「投手陣が完投せず継投で抑え、打線もコツコツと繋げていき、チーム全員で戦うという意識がが噛み合って強さになっている。今シーズンは初戦の神院戦が1勝1敗となり、第3戦が雨で流れたことによってチームが緩むことなく闘えたことが大きかった。1敗してもチームの雰囲気が悪くなることもなかった。下級生もどっしりとしていて頼もしいが、もっと上級生が引っ張っていかなければいけないと思う。まだチームで優勝という言葉は使っていない。目先の優勝を意識せず、明日も今まで通り戦っていきたい。」
DSC_0606


藤本投手
「準備できていた。今日はボールはいっていたし、コーナーをつけたのでよかった。以前は、先頭打者はゆっくり抑えないとと思ってしまい塁に出してしまっていたが、その考えを無くすことで力強く投げられた。長谷川、北山に今日は助けられた。明日はチーム一丸となり勝つ。」
DSC_0383


長谷川投手
「光原コーチからランナーがたまったら行くぞと言われていた。なので試合中は気持ちを切らさないようにしていた。緊張というより点を取られたくないと思って。
(前回登板から少し期間空いた)試合勘がなくなると思っていたので、ブルペンで捕手にサインを出してもらって、試合を想定して投げた
(明日に向け、)意識せず一球一球投げていきたい。」
DSC_0599


北山投手
「7回の初めに準備をしておけと言われていたので、良い状態で集中してマウンドに上がることはできた。7回のピンチは全てストレートで押した。良いプレーにつなげる投球ができてよかったと思う。自分の持ち味を発揮し、ゾーンにボールが決まれば抑える自信がある。明日も終盤での登板になると思うが、回の初めからでもピンチでの登板でも、自分の役割を果たせるように頑張りたい。」
DSC_0636


田井中外野手
「(8回の本塁打について)打ったのは真ん中高めのストレート。大学通算2本目の本塁打です。最初はレフトフライかと思ったが、きれいに回転がかかってくれてボールが伸びてくれた。2打席目の二塁打からバットが振れていると思っていた。今シーズンの途中からクリーンナップを打たせてもらっているが、前に良い打者が揃っているので気楽に打つことができている。明日も勝つことだけを考えて、チームに貢献できるように頑張りたい。」
DSC_0665
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ