京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

硬式野球部

友だち追加

《硬式野球部》大商大に4連覇許す…最後までチャンスで1本出ず

5月20日、関西六大学野球春季リーグ戦・第7節大商大2回戦が皇子山総合運動公園野球場で行われた。京産大は2回表に2点を先制するも、3回裏に一気に逆転を許し逆転負けを喫した。
DSC_2607


京産大 020 000 000 = 2
大商大 003 200 00 × = 5

スターティングメンバー
1 右翼手 山本
2 二塁手 川上
3 DH 杉野
4 一塁手 西元
5 三塁手 笹原
6 中堅手 田井中
7 遊撃手 徳永
8 捕手 横山
9 左翼手 川岸
先発投手 湯川
2番手 北山
3番手 紀本

【試合展開】
負ければ春季リーグ最終戦、さらには大商大の優勝が決まる。大商大の4連覇を止めるべく試合に臨んだ。2回表に先頭の4番西元がツーベースヒットで出塁する。一死3塁となり6番田井中がセンターへタイムリーヒットを放って先制点を奪った。その後、二死1,2塁から9番川岸の適時打で1点を追加。2回表に2点を先制した。しかし3回裏に1点を返されると、なおも二死2,3塁から先発の湯川が2点適時打を浴び逆転を許した。続く4回裏にも2点を失い、3点差とされてしまった。反撃したい京産大打線だったが、尻上がりに調子を上げてきた大商大の尾田から後半は得点することができなかった。
4季ぶりの優勝を目指してきた今春はチャンスであと一本が出ず悔しい試合が続いた。第六節では、京産大の試合はなかったものの神院大が大院大から勝ち点を奪ったため京産大の優勝はなくなった。優勝の可能性が残っていない中で臨んだ大商大戦。皮肉にも目の前でライバルの4連覇を目の当たりにすることとなった。
DSC_2510
_DSC1823
_DSC2003


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「続けて優勝を大商大に奪われ悔しさがある。まだまだ自分たちの力がだしきれていない。今春のことを言えば、ここぞという場面であと一本が出ず得点できなかった。なかなか1本が出ないのは大きな課題だと思う。京産大は投手中心の野球をしてきたが、守りのミスが
多くあった点も反省すべきところ。それで経験のない選手、若い選手が育ってきているのはいいこと。山本、川岸などでききたのはいいことだと思う。
昨日今日のどこかで北山を、と思っていた。緊張していた割には真っ直ぐが良かった。この経験を活かして欲しい。
多くの課題が残ったシーズンだったと思う、反省し分析して次の秋に繋げていきたい。目の前で何度も胴上げを見るのはいけない。しっかりとこの悔しさをかみしめて秋こそは優勝したい。」
_DSC2151


横山裕也主将
「自分たちのもっている力を出し切れなかった。勝っているときは力を出せているが、負けているときは特に出せていない。ミスをした選手に対するカバーや助け合いができていなかった。それがプレーの技術的な面なのか、メンタル面なのかをもっと追及していきたい。勝ちたいとう気持ちを6つの大学の中で一番もっていたい。4回生にとっては秋が最後になる。出ている選手も、出ていない選手も責任感をもって1回戦から大暴れするぐらいの気持ちでやっていきたい。秋は絶対優勝する。」
_DSC1858


河本優佑主務
「大学野球、強いチームにはいい主務がいる。今春は応援団やチアリーディング部などが第一節以外はすべて応援に来てくれた。勝ちという形で恩返しをしたかったが、、、本当に様々な人に支えてもらっているのに申し訳ない。監督、コーチ、いろいろな人と接するなかで、最上級生になって全体を見ることができるようになってきた。本当に感謝している。秋は一戦必勝で神宮に。」
_DSC2277


湯川翔太投手
「勝たないといけない試合を任されたが、全体的に球が甘めに入り打たれてしまった。ブルペンからそこまで調子は悪くなかったが、気持ちで負けた。大商大にはここまで2連敗し続けているのでなんとか勝ちたかったし、勝ち星が欲しかった。取り組みはよかったが、発揮することができなかった。大事な試合で勝てるよう、日常生活からメリハリをつけて取り組んでいこうと思う。
今季はほとんどよくなかった。序盤の入りから最後まで改善できない時があった。
秋リーグに向け4回生を中心にチームを引っ張るが、僕は大商大に勝ちたいので夏の練習をしっかりこなす。」
_DSC2057


長瀬フィジカルリーダー
「まずはリーダーとして率先して練習から全力で取り組んでいる。京産大の野球の基本となるアップ、体幹、ランニングで特にチームを引っ張っている。今季は龍大に2連敗、11連勝中ということもあり緩んでしまった。商大に勝たなければ優勝はない。もっと成長していきたい。」
_DSC2154


山本貴也選手
「リーグ戦では、全体的に自分らしさである積極的なスイングが出来た。だけど今日に関しては自分のスイングが出来なかった。そして、勝ちに貢献できなかったことが悔しい。
大商大のピッチャーはコントロールや緩急が上手く、予想外のところに投げられたり、狙っても打てない球があった。
春はがむしゃらにやっていたが、秋は結果を出した人間として見られる。与えられた打順で結果を出すが、一番では常に塁に出る意識で、自分の持ち味である積極的なスイングをしたい。」
DSC_2512


北山亘基投手
「夏の甲子園ぶりの登板だったので緊張したが、投げることが楽しいので、1球1球感謝しながら楽しみながら投げました。持ち味はストレートの球威とキレ。大学に入学してから監督さんからストレートの質を上げるように言われていた。それを毎日の練習で質の良いストレートをどれだけ連続で投げられるかを続けてきた。リーグ戦まではストレートだけを投げ続け、登板を告げられてから変化球を試した。川岸は高校から一緒にプレーしているので、リーグ戦で活躍して嬉しいし、負けられない。今日一緒に出場でき、助けられた。一番信頼しているからあのプレーにつながったのかなと思う。お互い褒めあい、ありがとうと声をかけ合った。今日の当番は緊張してしまったので秋季リーグでは緊張しないようメンタルを鍛え、ストレートをさらに磨いていこうと思う。」
DSC_2459










《硬式野球部》山本4安打の活躍を見せるも商大に完敗

 関西六大学野球春季リーグ第7節1回戦の大阪商業大学戦(19日、皇子山)が行われ、2-5で敗れた。攻撃陣は再三のチャンスを生かしきれず、2得点に終わった。先発の宮所は、初回3安打を浴びるも1失点で切り抜け、7回4失点の粘投。前節で神院大が勝利し、優勝の可能性がなくなった京産大。明日の2回戦に負ければ、目の前で商大の優勝が決まる屈辱を味わうことになる。商大の好投手を攻略し、総力戦で勝利を掴みたい。

スタメン

1(右) 山本  4打数4安打1打点
2(二) 川上  3打数2安打
3(D) 杉野  4打数0安打
4(一) 西元  3打数1安打1打点
5(三) 笹原  4打数0安打
6(中) 田井中 4打数1安打 
7(左) 川岸  3打数0安打
8(捕) 横山  4打数1安打
9(遊) 森   3打数1安打

H 酒井  1打数0安打
H 宇都宮 1打数0安打

先発・宮所 イニング:7 奪三振:3 被安打:10 失点:4
2番手・藤本 イニング:1回1/3 被安打:1
3番手・紀本 イニング:0回2/3

試合経過
 初回、先発の宮所は味方のエラーも絡み1死三塁のピンチをつくる。ここで、左前タイムリーを許し1点を失う。さらに2死満塁となるが、三振を奪い最少失点で切り抜けた。3回には、左越え2ランを被弾し3点のリードを許す。その裏、無死1塁から山本が2塁打を放ち差を2点に縮める。打ったのは甘く入ったスライダー。点を入れられた直後だけに大きな一打となった。4回からは両投手が好投し6回まで0が並ぶ。7回、追加点が入り再び3点差となる。8回には1死2.3塁から西元の犠牲フライで1点を返すが、反撃はここまで。9回にも追加点を許し2-5でゲームセット。

S_7983273051531
7回を4失点でまとめた宮所

S_7983269882701
8回からリリーフ登板した藤本

S_7983272429470


S_7983269991921
8回に2追加点となるホームを踏む山本

S_7983273397994


コメント

勝村監督「勝たないといけないので、勝つことに集中して臨んだ。優勝はなくなったが、最後まできっちりやりきるということと、来季にしっかり結びつくような戦いをしていかなければならない。宮所は点は取られたが、直球は良いボールを投げられていた。変化球が打たれているので、反省しなければならない。攻撃陣はチャンスこそ作れていたが、今季はずっとあと1本が出ない。チャンスで走塁ミスが出るのも改善しなければならない。守備は、エラーが点に結び付くシーンもあったので気を引き締めて明日もやっていきたい。明日は総力戦でやっていく。」

横山「優勝を逃したのは、自分達が持っているものを出し切れなかった結果。自分たちのせいで優勝を逃した。力を出しきれていない(50%)。力を出しきるために練習で120%の力を出す。守備で粘れたのが良かったが、攻撃の部分で一本が出ない。抑えれる失点を抑えないと勝てない。明日は積極的に行く。」

山本「3回のタイムリーは甘くきたスライダーを打った。狙い球を絞るのではなく、打てるボールに合わせた結果だと思うので良かった。格上相手でも勝てるよう明日もやっていきたい。」

宮所「一昨日、先発で行くことを告げられ、いつも通り準備して試合に臨んだ。今日は変化球が真ん中に集まってしまったことが課題。ストレートは良く、押すことができた。明日、明後日もいつでも投げられるよう準備をしっかりする。」


《硬式野球部》打線の繋がり欠き惜敗…龍谷大に勝点献上。自力優勝の可能性消滅

5月6日、関西六大学野球春季リーグ第5節・龍谷大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。産龍戦の連勝記録を11で止められた昨日から一夜明け、なんとしても勝ち点だけは奪いたかったが、最後まで打線がつながらず連敗を喫した。


龍谷大 100 000 001 = 2
京産大 000 001 000 = 1

スターティングオーダー
1.中堅手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.右翼手 川岸
7.DH 桧垣
8.捕手 横山
9.遊撃手 木村
先発投手 川辺

【試合展開】
 なんとか1勝1敗に持ち込み、3戦目で勝点獲得を目指す京産大だったが、7安打を放ちながらもなかなか打線がつながらない。終わってみれば6回裏の川上のソロホームランでの1点にとどまった。
 この試合、先発のマウンドに上がった川辺は初回に二死から龍谷大の4番に適時打を浴び、2試合連続で初回に先制点を奪われた。2回以降は今春初登板の紀本がマウンドへ。6回表途中まで投げ、被安打3で無失点投球を披露、完璧なリリーフを魅せた。6回表二死からは宮所が登板すると8回まではスコアボードに0を並べた。しかし9回表、先頭打者に出塁を許すと、一死2塁から決勝打を浴び惜敗を喫した。
HHHH0131


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「紀本がいいピッチングをして、6回に川上のホームランは本当に大きかった。それでもつないで得点するという本来のうちの野球ができていない。
早い回の交代なら紀本でいこうと考えていた。今春、初登板だが調子が良かった。川上の打球もとても良かった、うまくさばけていた。優勝への可能性はまだある。紀本もあれだけ投げられて、宮所も悪くない。つないで得点をして京産大らしさを出せるようにしたい。」
HHHH0010


光原コーチ
「(大商大を抑えるには)逃げ腰にならないようにしなければいけない。(ここ最近の試合では)カウントが悪くなり、四球を出したり、ストライクを取りにいったところを打たれたりとパターンが同じ。しっかり攻めていくことが大切。残り2週間あるが、今から技術的な部分よりもしっかりコンディションを整えて、当日しっかり勝負できるようにすることが大切。」

横山選手
「川辺が踏ん張り切れずに先制されてしまった。本当に悔しい。2年前に優勝した時は4年生が引っ張っていた。今は自分たちが引っ張らなければいけない。追い込まれるつもりでやっているわけではないが、もう後がない。すきであったりミスをなくして、優勝することだけを考えていく。」
HHHH0395


川上選手
「チーム全員優勝に向かってやってきたが、産龍戦11連勝しているというスキがあったのかもしれない。悔いが残る。自分が引っ張らなければいけない立場なのに、昨日は守備でミスが出てしまった。上級生のミスはチームに大きく影響する。
(ホームランについて)打ったのはインコース寄りのストレート。体の回転で打つことができた。商大はいい投手が多いので、何とか対応できるようにしたい。でも一番は守備。とにかく最少失点で抑えるのが一番。」
HHHH0089


紀本投手
「先頭バッターに対しては緊張したが、準備してきたので普段通りの投球ができた。後ろに投手もまだいたので最初から全力で投げることができた。次回登板する機会があれば、普段通りを心掛けて投球する。」
HHHH0164






【次戦の日程】
第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》今季一番の大観衆!伝統の一戦・産龍戦!!同点に追いつくも…龍谷大に惜敗

5月5日、関西六大学野球春季リーグ第5節龍谷大学1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。ゴールデンウィークということもあり、伝統の一戦・産龍戦を観ようと京産大の3塁側スタンドには多くの人が駆けつけた。試合は京産大が8回に同点に追いつくがあと一歩及ばず惜敗した。
DSC_6766


京産大 000 000 220 = 4
龍谷大 112 000 01 × = 5

スターティングメンバー
1(右) 山本
2(ニ) 川上
3(左) 杉野
4(一) 西元
5(三) 笹原
6(中) 川岸 
7(D) 梶谷 
8(捕) 横山
9(遊) 木村
先発投手 湯川
DSC_7277


【試合展開】
先発のマウンドに上がったのは、今春3勝をあげているエース湯川。しかし立ち上がりから不安定なピッチングが続く。初回に二死をとったあとに龍谷大3番の菅根に四球を与える。その後、盗塁を決められ二死2塁とされセカンドへ飛んだ不運なヒットから1点を先制されてしまった。2回にも二死から出した四球のランナーの生還を許した。さらに3回にも四球から満塁のチャンスを招き犠飛とエラーで2点。序盤で4点を失い京産大にとっては苦しい立ち上がりとなった。しかし4回以降は湯川が本来の投球を取り戻し徐々にリズムを作っていく。一方の打線は6回まで相手投手に3安打に抑えられる。なんとか湯川を援護したい打線は7回4番西元、5番笹原の連打でチャンスを作るとその後二死満塁とする。ここで打席には前節からスタメンを外れ悔しい思いをしていた田井中が代打でコールされる。2球で追い込まれるも、3球目になんとか食らいつき意地のレフト前ヒット。田井中のタイムリーで2点を奪った。8回には内野ゴロの間に1点を奪い、さらに二死3塁から代打・酒井がライトへタイムリーヒットを放って同点に追いついた。
このまま流れに乗って勝ちきりたいところだったが、8回裏に京産大がミスから1点を失い、逆転勝利とはならなかった。
DSC_6814


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「四球を簡単に与え、守りで崩れてしまった。4回以降、湯川は落ち着いて向かっていくことができていた。相手の波多野投手のスライダーとまっすぐに差し込まれ前半は中々思うように、できなかった。ここ最近スタメンを外れていた田井中が7回のチャンスでよく食らいついてくれた。酒井の同点タイムリーもあり、なんとか粘れたが、前半の気の緩みが勝敗を分けた。勝ち点を落としたわけではないので、反省すべきところはしていい準備をしたい。」

湯川投手
「立ち上がりがすべてだと思います。初回に1,2番から簡単にアウトを取ったのに、3番に四球を出してしまった。2回以降も修正できず、立ち上がりが改善されていない。4回以降特別変わったことはないが、ストライク先行で投げられたのは良かった。せっかく追いついてもらったのに本当に申し訳ない。勝ち点だけは取れるようにしたい。」
DSC_6968


田井中選手
「初回から準備はできていたので何も考えずリラックスして打席に臨んだ久しぶりの感触だった。チャンスを生かせて嬉しい。負けられない状況だが明日からも頑張りたい。」
DSC_7068


酒井選手
「相手投手が交代したので、これは代打あるなと思っていた。チャンスでの心構えは監督さんから言われていたので、準備できていた。打った球は変化球。ストレートを狙っていたが、上手く対応できた。チームのために打ててよかった。明日も実力を出しきり、勝利のために戦う。」
DSC_7249





【今後の日程】
第5節(わかさスタジアム京都)
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~










《硬式野球部》川岸が大暴れ3打点!初回タイムリーに初ホームラン

◆大経大2-7京産大(22日・ほっともっとフィールド神戸)

S_7840031338483
4回裏ソロホームランを放つ川岸

 フルスイングで高々と上がった打球は、左翼席中段に吸い込まれた。4回裏ランナーなし、追加点が欲しかった場面で飛び出した貴重な一発。「打った瞬間は入るとは思わなかった」。1年生川岸にとって大学初ホームラン。打ったボールはカーブだった。「変化球に狙いを絞ってスイングした」と狙い通りの球をしっかり捉えた。
 初回にも2点タイムリーを放った背番号23。神院大2回戦でもサヨナラ打を決めるなど無類のチャンス強さを見せている。高校通算20発の大砲候補。長打力を買われ、2試合連続6番で起用された。守備位置は高校では守ったことのないセンター。守備に多少の不安はあるが、そこまでして使いたい逸材だ。監督からは、「ボールを選ばず、とにかく積極的にスイングして欲しい」と1年生らしいがむしゃらなプレーを期待されている。「4.5番の先輩が打ってくれるので気楽に打席に立てた」と緊張とも無縁だ。
 チームは大経大に2連勝し勝点1を獲得。23日の試合で神院大が敗れたため、首位に浮上した。残り試合を全勝すれば文句なしの優勝となる。次節は産龍戦。「伝統のあるカードなので、良いプレーをみせたい」。勝負強い打撃で優勝貢献を目指す。

S_7840029676745

S_7835647091894

◇川岸裕太郎(かわぎし・ゆうたろう)
 枚方ボーイズから京都成章高校に進学。3年夏に甲子園出場。神村学園戦に4番ライトでスタメン出場し、3打数1安打。チームはサヨナラ負けを喫した。京産大に進学した理由は、所属人数が少なく練習に打ち込みやすい環境だと思ったから。

《硬式野球部》宮所完璧リリーフ!大経大から勝点

 関西六大学野球春季リーグ戦第4節2回戦が4月22日ほっともっとフィールド神戸で行われ、大阪経済大学と対戦した。初回に3点を先制し主導権を握ると、中盤以降も着実に追加点を上げた。先発の川辺は先頭打者を出す回が多くピリッとしなかったが、要所を締め勝利を掴んだ。

大院大 000 010 100 = 2
京産大 300 101 20× = 7

スタメン

1(右) 山本 5打数2安打
2(ニ) 川上 4打数2安打
3(左) 杉野 3打数0安打
4(一) 西元 2打数0安打
5(三) 笹原 4打数2安打3打点
6(中) 川岸 4打数2安打3打点1本塁打=勝利打点(1回2点タイムリー)
7(D) 梶谷 3打数2安打
8(捕) 横山 3打数2安打
9(遊) 木村 3打数0安打

先発・川辺
2番手・宮所

得点ハイライト

1回裏 笹原ライト前タイムリー、川岸2点タイムリー 0-3
4回裏 川岸1号ソロ本塁打 0-4
5回表 スクイズで1点失う 1-4
6回裏 相手エラーで1点追加 1-5
7回表 連打で1点失う 2-5
7回裏 笹原2点タイムリー二塁打 2-7

エキサイティングプレイヤー 
打|川岸裕太朗:4回に初ホームランを放つなど2安打3打点の活躍。
投|宮所広輔:7回のピンチで登板。これを切り抜け勝利を引き寄せる。2回2/3無失点。

S_7840030881379
好リリーフの宮所

試合経過 
 気温は25度近くまで上がり、春とは思えない日差しが照り付けるほっともっとフィールド神戸では、今日も熱い戦いが繰り広げられた。先発の川辺は、立ち上がり先頭打者を出すが後続を打ち取り無失点で切り抜ける。その裏、先頭の山本が中前ヒットで出塁すると、5番笹原のタイムリー、6番川岸の2点タイムリーが飛び出し初回3点を先制する。4回には、川岸が大学初ホームランを左翼席中段に運び追加点を上げる。5回表、下位打線に連打を許し無死1.3塁となったところで監督自らがマウンドへ。続く打者にスクイズを決められたが、後続を打ち取り最少失点で切り抜ける。7回表にも1点を失い、1死2.3塁で宮所にスイッチ。3番を二飛、4番を空三振に抑える好リリーフで、傾きかけた流れを断ち切り勝利を引き寄せた。

S_7840030983454
6回1/3を2失点の粘投を見せた川辺

S_7840030639197
川岸のタイムリーで2人が生還

コメント

勝村監督「勝点2を獲得したが試合内容は良くなかった。初回に相手投手を攻め先制できたのは評価したい。4回1死1.3塁で3塁ランナーが飛び出した場面はサインミス。そこで流れが相手に傾きかけた。今日の試合で一番反省しないといけないポイント。川辺はブルペンから調子が今一つで、先頭を切れず苦しい投球が続いてしまった。ホームランを放った川岸は積極性を期待していたので結果が出てよかった。プレッシャーのかからない6番で起用しているので、思い切ったプレーをしてほしい。これからも長打力に期待したい。7回裏の笹原のタイムリーは大きかった。点を入れられた後の攻撃だったので流れを戻したかった。2番手の宮所は球速以上にノビがあり安心して見ていられた。リーグ戦ですがトーナメントのように、負けることはほぼ許されない。ミスをしっかり見つめ直して戦っていきたい。」

川辺「情けないピッチングだった。調子が悪くても9回まで投げ切らないといけない。ストレートで押すのは無理だと思い、変化球で粘り強く打たせて取る投球を意識した。(1回生の活躍について)2回生の時全国大会に出場したが、その時は4回生が引っ張ってくれた。それを僕たちができるように頑張る。(産龍戦に向けて)2週間空くので、ストレートで押す、僕の本来のピッチングを出せるように準備する。応援はとても力になるので、プレーで恩返ししたい。」

宮所「ピンチでの登板でしたが、3点差ありランナーを返しても同点にならないため、緊張せず楽に投げられました。球の伸びやキレを意識しました。球の伸びは、全力でいかず8.9割で投げることで生まれます。」

川岸「4回の打席は強く低い打球を打つといいう気持ちでいった。ホームランは打った瞬間ではなく、見ていたら入ったという感じ。甘い球を見逃すことが多かったので、チームとして見逃さない練習をしてきた。初球にも執着心を持って、積極的に振っていきたい。高校時代は調子が悪い時に積極的にいけないことが多かった。大学では調子が悪い時でも、しっかり触れるようにしたい。打順は6番で気楽にやらせてもらっているので、結果を残していきたい。守備は高校でもやったことのないセンターでの起用で、守備範囲が広くまだ慣れていない。同じ1年生の山本とは役割は違うが、お互いに切磋琢磨しながらプレーしようと言っている。大学は変化球にキレがある投手が多く最初は慣れるのに時間がかかった。大商大は良い投手が多いので対戦が楽しみ。」

横山「6回表に先頭打者を出してしまい、流れが悪い状況でその裏にタイムリーが出たのはすごく大きかった。川辺が先頭打者を出す回が多かったが(4回と7回以外は先頭の出塁を許す)後続を切れたのは良かった。ただバッテリーとしては先頭を打ち取って楽に勝負したい。失投も多かったので次節に向けて改善していきたい。一戦一戦しっかり戦ってその先にある優勝を掴みたいです。」

笹原「相手が良い投手だったので、初回からしっかり振っていこうという意識がチームの中であった。7回にタイムリーが出たのは流れを戻す意味でも大きかった。次節の産龍戦でもチャンスで打てるようにしたい。ホームランを打ちます!」

【今後の日程】
第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ