京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

硬式野球部

《硬式野球部》大商大に連敗、優勝逃す

 5月21日関西六大学野球春季リーグ戦第7節 大阪商業大学2回戦が皇子山総合運動公園野球場で行われた。負ければ大商大の優勝が決まる大一番。一時は逆転するも終盤、点差を離され1回戦に続き連敗を喫した。
DSC_4398 (2)


京産大 002 000 000 = 2
大商大 012 003 00× = 6

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.指名打者 西川
6.三塁手 笹原
7.左翼手 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 川辺

【試合展開】
前日に行われた1回戦とは違い序盤はロースコアで試合が進む。2回裏に1点を先制されるが、直後の3回表。一死2,3塁から1番杉野がセンターへ適時打を放って逆転する。しかしその裏に2点を返され逆転を許した。1点差のまま試合は中盤へ。6回に大商大に3点を奪われ4点差とされる。しり上がりに調子を上げた相手投手から3回以降得点を奪うことができず逆転負けを喫した。
DSC_3965


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「3連敗からここまでこれたが、1勝の重み、1敗の重みを感じた。川辺は調子こそ悪くなかったが、前回の龍大戦に比べ低めの球の伸びがなかった。相手打線は単打でつないで得点を重ねてきた。投手も5回以降は変化球中心の配球に変えてきていたのでなかなか打ち崩すことができなかった。(1年生2人の活躍)田井中は外野手で貴重な右打者。試合に出せば結果も出てくると思っていた。笹原が(第2節神院大1回戦での)左中間に放った適時打で(開幕3連敗中の)チームの流れが変わったと思う。2人はいい経験になった。リーグ戦中は主将の佐野がチームをうまくまとめていた。湯川、川辺には今日のような試合で1試合すべて任せられるぐらいの投手になってもらいたい。どのような状況でも最少失点で、最後まで投げきれるように。」

佐野裕明主将
「完全に負けているわけではないが、強い何かを感じた。リーグ期間中は一人一人が役割を果たし、チームが勝つ雰囲気になっていっていた。自分がやり切るというワードを使う中でみんながついて来てくれた。夏は秋に向けてしっかりとやっていきたい。選手にはそれぞれ役割があると思う。力のある選手が試合にでることは当たり前で、それ以外の選手は試合に出てなくてもやれることはある。」


川辺凛投手
「先制されたら負けると思っていたので、0点で抑えることを意識して投げた。3点取られた時点で負けた。4、5回は1点差だったので逆転を信じてした。
春季リーグでの成長は、龍大戦で完投したこと。
秋季リーグの目標は完投と、優勝すること」
DSC_4098



宮所投手
DSC_4306


DSC_3710






現在、体育会本部編集局(京産大アスレチック)では新入部員を募集しています。このブログに載っている写真は新しく入ってきた1年生に撮影してもらったものも含まれています。最初は慣れないカメラですが少し教えてもらうだけでこんなに上手な写真を撮ることができるようになります。
スポーツに少しでも興味のある人はぜひ京産大アスレチックへ!
ホームページ↓ぜひチェックしてみて下さい。
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/circle/press/
















(硬式野球部)優勝へ向け落とせない戦い!大商大1回戦、敗戦

 5月20日関西六大学野球春季リーグ戦第7節 大阪商業大学1回戦が皇子山総合運動公園野球場で行われた。京産大は2回に先制されると終始リードを許し1回戦を落とした。
DSC_3280


大商大 050 010 002 = 8
京産大 000 100 000 = 1

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.指名打者 中北
6.三塁手 笹原
7.左翼手 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 湯川

【試合展開】
 最終節である大商大戦で2連勝すれば優勝が決まる、という大事な試合。京産大は1回戦のマウンドに湯川が上がる。先頭打者から三振を奪って上々の立ち上がりを見せた。しかし2回表、先頭打者を四球で歩かせると流れは少しずつ大商大へ。二死まで漕ぎつくもランナー2塁の場面で野手の間に落ちるヒットを許し1点を先制される。ここからこの回一気に5失点。序盤で5点のリードを許す。
 京産大は4回、死球で出塁した5番中北が3塁まで進み、内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯。終わってみれば7点差をつけられて敗戦を喫した。
DSC_3436



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「湯川はブルペンでは悪くなかった。2回がすべて。先頭打者を四球で出しランナーをためてから打たれてしまった。2回は少し単調な投球になってしまっていた。緩急をつけて丁寧に投げることを心がけてはいたと思うが、大事な試合だっただけに湯川はメンタルの弱さが出てしまった。もう一皮剥けてもらわないといけない。打線の方も高めの球を打ちに行ってしまい、打ち損じが多かった。点差が開いてからは相手投手の球も低めに決まり出し打つことができなかった。
とにかく最後までやるしかない。どうなるかはわからない。最後の最後まで狙っていきたい。」
DSC_3412


佐野裕明主将
「緊張とかはあまりなく、いつもどおり試合に入ったが、先制点を取られてしまい相手に流れが行ってしまった。チャンスで全員がもう少し集中していれば、
明日に向けしっかり準備したい。より集中して次に繋がるようにする。」

横山裕也捕手
「2回がすべてというわけではないが、2回で決まってしまった。先頭打者の四球から始まり二死からポテン(野手の間に落ちる)ヒットで先制された。あそこで抑えたかった。初回は調子が良かっただけにもったいない。湯川は真っ直ぐを狙われることが多い。真っ直ぐを狙わせないリードを心がけていた。
今日の試合は終わった。切り替えてもう一度しっかりやって行く。」
DSC_3411


湯川翔太投手
「初回は球が走っていたし、状態は悪くはなかった。2回の入りは先頭打者を四球で出してしまい、ストライクが入らずリズムを崩した。(日下部)高めに浮いた甘い球を打たれた。アンラッキーなヒットだった。追い込むことはできめいるが、決め球で決められない。練習していく。」
DSC_3118


島西投手
DSC_3423


熊山投手
DSC_3557


〈京産大優勝の条件〉
第7節 大商大2,3回戦に2連勝しなおかつ龍谷大が今日(5/21)神院大2回戦に勝利する必要があります!

京産大もう1敗もできません。優勝するための負けられない一戦‼︎
5月21日
vs大阪商業大学
皇子山総合運動公園野球場
12:30試合開始予定です!
DSC_3110

《硬式野球部》川辺・初完封勝利!龍谷大から勝ち点

 5月5日関西六大学野球春季リーグ戦第5節 龍谷大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。緊迫した投手戦となったこの試合、京産大が6回に奪った2点が決勝打となり2-0で勝利を収めた。
_DSC0160


龍谷大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0
京産大 0 0 0 0 0 2 0 0 × = 2

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 川辺
DSC_7650


【試合展開】
 この試合、序盤は両者一歩も譲らない投手戦となる。ようやく試合が動いたのは6回、1番杉野のライト前ヒットから始まる。2番川上はバント、3番岡村の進塁打だ二死3塁のチャンスを作る。4番西元、5番中北は四球を選び二死満塁。1年生とは思えない落ちついた雰囲気の笹原に打席が回る。初球のストレートをライトへはじき返し待望の先制点を奪った。
_DSC0464

_DSC0485

 先発の川辺は9回を投げ被安打2の10奪三振で初完封勝利を飾った。伝統の一戦として盛り上がりをみせた産龍戦は湯川、川辺の両投手が9回を投げ抜き2連勝で勝点を奪った。次戦は事実上の決勝戦である大商大戦。二枚看板である両投手なしには勝てない。
_DSC0161



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は辛抱した。低めに決まっていたので安心して見られた。初完投は日頃の成果。
守備陣もよく守ってくれた。1点勝負になると話していた。全員が自分の役割を考えてプレーしてくれた。
1つずつ勝っていく。勝ち続けるだけ。」
_DSC0411


佐野裕明主将
「今日の試合は流れがどっちに転がるかわからなかった。なのでワンチャンスで決めに行かないと勝てない試合だった。川辺は昨年以上にマウンドで投げ抜く力がついた。笹原は勝負強い打者で、笹原に回せば得点できる雰囲気があった。(商大戦は事実上の決勝戦となるが)1週間あくと思うので取り組みの精度をしっかり上げて臨みたい。」
_DSC0413


横山裕也副主将
「(初完封の川辺について)スタミナがないと言われてきた投手だったが、本当にたくましくなった。ストレートだけだと張られるので、途中からカーブを織り交ぜていた。少しでも打者の頭にカーブがあればストレートが生きてくる。頼りになる存在。次節の大商だ戦でも湯川、川辺で勝ち切れるようにしたい。」
_DSC0256


川辺凛投手
「後ろにも投手がいるので、いつも通り1回を全力で投げた。それがたまたま9回まで続いただけ。
今日は捕手の構えたところに決まってくれた。低めに強く投げられた。三振を狙い、リズムを作り、攻撃へ繋いだ。去年はストライクを取るのに必死だったが、今年は考えて投げられるようになった。成長した。
次戦も全力でストレートを投げ、後ろの投手に繋ぐピッチングをする。」
_DSC0335


笹原大虎
「みんなが繋いで自分に回ってきたので、自分が返さないといけないという気持ちで打席に立った。プレッシャーも感じず、打つことだけに集中した。ストレート狙いだった。
打った瞬間は思い通りになり、嬉しさが爆発して思わずガッツポーズした。
次戦は勝ちきるだけ。」
_DSC0319


次戦は5月20日皇子山総合運動公園野球場にて大阪商業大学1回戦が行われます。
_DSC0629

《硬式野球部》龍谷大に逆転勝ち!見えてきた優勝の二文字

 5月4日関西六大学野球春季リーグ戦第5節 龍谷大学1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。伝統の一戦”産龍戦”一時は龍谷大にリードを許すも7回に逆転し勝利を収めた。
DSC_9690


京産大 0 0 0 1 1 0 3 0 0 = 5
龍谷大 0 0 0 2 0 0 0 0 0 = 2

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 湯川

【試合展開】
 先制したのは京産大だった。4回表、相手のミスから二死1,2塁のチャンスを作り7番田井中秀虎(1年)がしぶとくセンター前へ運んで1点を先取した。しかし4回裏に先発の湯川翔太(3年)が2点を失い逆転を許してしまう。それでも京産大は直後の5回表、ヒットと四球で一死満塁のチャンスを作ると、4番西元正輝(2年)が犠飛を放って同点に追いついた。
 逆転に成功したのは7回。先頭の杉野がヒットで出塁するし、その後一死2,3塁のチャンスを作ると4番西元正輝(2年)がタイムリーヒットを放って逆転。さらに相手のミスで1点を追加、なおも1,3塁から6番笹原大虎(1年)の犠飛でこの回3点を奪って相手を突き放した。
DSC_9863

DSC_9881

 先発の湯川翔太(3年)は4回に2点を失って以降は粘りのピッチングでスコアボードに0を刻み続けた。湯川は9回を投げ抜き11奪三振でチームを勝利に導いた。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「湯川は前回リリーフで登板したときはあまり調子がよくなかったが、今日はしっかり修正して粘りのある投球だった。8回ミスがでた後にマウンドに行ったときは弱気にならず、気持ちで相手に負けるなと伝えた。
5回逆転されたあとすぐに追いつくことができて良かった。西元は状況に応じた打撃ができている。とにかくあとがない。勝つしかない。積極的にミスを恐れずにどのゲームも全力を尽くしてやっていきたい。」
DSC_9896


佐野裕明主将
「一つも落とせないと思って戦っている。1点ずつ取るためにも、低い打球を打つことで相手へのプレッシャーにもなる。産龍戦はたくさんの方に来てもらってモチベーションが上げやすい。チーム内でもより集中してスイッチを入れることができている。落とせる試合はないのであと3試合しっかり勝ち切る。明日も自分たちの力を出し切るだけ。」
DSC_9458


西元正輝選手
「(7回のタイムリーは)自分の前の岡村さんが三振してあまりいい雰囲気ではなかった。追い込まれていたので何とか食らいついていった。1打席目からスライダーが多く外中心の攻め方だった。4番という気負いはないがチャンスで回ってくる打順。昨年は代打での出場がほとんどで1打席1打席が勝負だった。去年、代打で出場した経験があるのでより1打席1打席集中して臨むことができている。三振しないことなど状況に応じた打撃ができている。1番の杉野がよく出塁してくれているので自分が返さなければというプレシャーがあるが、杉野がチャンスを作ってくれるということは自分にとってもチャンスだと思っている。田井中、笹原はおなじ高校の後輩なので負けてられない。まだまだ優勝の可能性があるので何とか2連勝で商大戦を迎えられるようにしたい。」
DSC_9823


湯川翔太投手
「序盤はリズムを作れず、先制していたのに逆転を許してしまった。5回以降は変化球が低めに決まり、ストレートで追い込み、三振を取ることができた。
今日はスタンドも一体となって、徐々にチームの雰囲気は良くなってきている。
目指すところは優勝だけ。準備をしっかりしていく。」
DSC_9346


杉野翔梧選手
「4番西元とは寮が同じで仲が良く西元まで回せば何とかしてくれると信じていた。
相手投手のビデオを観ていた感じストレート主体だった。1打席立ってみるとスライダーも織り交ぜていた。2打席目以降は狙い球を絞って打席に立てた。
下級生が活躍出来ているのは良い意味で上下関係があるからだと思う。
一戦必勝で丁寧に戦っていく。」
DSC_9440


次戦は5月5日わかさスタジアム京都で龍谷大2回戦(16時試合開始予定)が行われます。
DSC_9872
DSC_9592





《硬式野球部》延長11回、劇的勝利!大院大から勝ち点

 4月16日関西六大学野球春季リーグ戦第3節 大阪学院大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。8回に6点を奪い一時は5点あった点差を、最終回に同点とされ延長戦に突入した。決着は11回表、京産大が再び4点を奪って勝負あり。劇的な勝利を収めた。
DSC_71451


京産大 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 4 =10
大院大 0 1 0 0 0 0 0 0 5 0 1 = 7

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元→代走 片山→一塁手 西川
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 川辺→熊山→湯川→宮所
DSC_6565


【試合展開】
 前半は緊迫した投手戦となり、5回まではパーフェクトに抑えられる。1点を追う京産大の打線が繋がったのは8回。ショートのレギュラー争いを勝ち抜き上位打線への繋ぎ役を果たす森が、この回の先頭打者として打席に立つ。するとヒットで出塁しチャンスメイク。その後、無死1,3塁から1番杉野がタイムリーヒットを放って同点に追いつく。さらに3番岡村にもタイムリーヒットが飛びだし逆転に成功した。その後も押し出しなどで、4点を奪った。この回一挙6得点で勝利かと思われたが、簡単には勝てない。
DSC_1190

 勝利まであとアウト3つとなった9回裏、京産大に再び試練が襲いかかる。得点差が5点あったにもかかわらず、この回だけで4本のタイムリーヒットを浴び土壇場で同点とされ、延長戦へ突入する。
 しかし京産大ナインは延長戦に入り、もう一度スイッチを入れなおす。試合が動いたのは延長11回。6番笹原、7番田井中の1年生コンビが1,3塁のチャンスを作る。すると続く8番森が三塁線へタイムリーヒットを放って1点を勝ち越す。さらにその後、満塁となって3番岡村に打順が回る。常にコツコツと一生懸命、取り組む男のバットからとどめの一打。走者一掃のタイムリースリーベースヒットで3点を追加した。
 11回裏に1点を失うも宮所が後続をきっちり打ち取り3時間以上にも及ぶ激闘に終止符をうった。
DSC_7154

DSC_1132


 先発の川辺は3回に1点を失うも8回途中1失点と試合を作る。「完投したかった」と少し悔しそうな顔の川辺だったがベンチからは「ナイスピッチング」と拍手で迎えられた。
川辺に勝ち星はつかなかったものの大院大に2連勝で勝点を獲得した。
DSC_6926


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「本当は最後まで川辺でいくつもりだった。延長10回に簡単に勝てないのは、自分たちに甘さがあるからだ、という話をした。笹原の2塁打、森がうまくつないでくれたのは大きかった。笹原は思い切りがあって左右関係なく、しっかりとたたける選手。湯川、熊山は今までいろいろな経験を積んできた選手なので今日はふがいなかったが、宮所はよく踏ん張ったと思う。本人にとってもいい経験になった。今日で勝つ難しさが分かった。次戦に向けてメンタル面もしっかり準備して一戦一戦積み重ねていく。」
DSC_6569


佐野主将
「8回に得点した後、気のゆるみもあってチームにスキができてしまった。森の持ち味は粘り強さ、上位が当たっているのでそこへつないでくれた。(次戦の龍谷戦まで)少し期間は空くが負けることは許さない。立て直してあと節戦いたい。」
DSC_6766


岡村選手
「よかった。9回同点に追いつかれたので何点あって足りないと感じた。同じ外野手の間部に『何も考えなかったら打てますよ』と言われ、11回表の打席は何も考えずに打席に入った。(好調を維持する秘訣は)普段通りやること。いつもと変わらない生活を送って、しんどいから手を抜くことはありえない、常に一生懸命やること。産龍戦は色々な方が応援に来てくれる。2連勝したい。」
DSC_6976


森選手
「8回先頭バッター 出塁することだけを考えて打席に立った。それが結果に繋がった。
勝ち越し打 甘いストライク狙いだった。おもいっきり打つことを意識し、いい所に抜けてくれてよかった。
守備について 守備が一番大切だと考えている。ゴロ捕球など、特に力を入れて練習している。エラーはできない。 産龍戦 お客さんもたくさんくると思う。チームは連勝中で勢いがあるので、もっていきたい。自分にできることをやっていくだけ。」
DSC_7127


宮所投手
「6対4の場面、終わっていないといけない場面で打たれてしまった。腕を振ることだけを考えて切り替えた。
点を取ってもらった後、打ち取ることを意識したが、入れにいき甘く入った球を打たれた。
1年間ストレートを磨いてきたから、今変化球が活きてきている。産龍戦について、リリーフでの登板となると思うが、点を取られないように低めを意識して投げる。」
DSC_1042


次戦は伝統の産龍戦!5月4日に龍谷大学とわかさスタジアム京都で激突します。試合当日は京都産業大学から応援バスツアー開催されます。参加特典として京産大オリジナルTシャツが配布されます。
参加希望の方は申込用紙に必要事項を記入のうえ10号館1F学生部まで
DSC_1391

INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ