京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

硬式野球部

《硬式野球部》延長11回、劇的勝利!大院大から勝ち点

 4月16日関西六大学野球春季リーグ戦第3節 大阪学院大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。8回に6点を奪い一時は5点あった点差を、最終回に同点とされ延長戦に突入した。決着は11回表、京産大が再び4点を奪って勝負あり。劇的な勝利を収めた。
DSC_71451


京産大 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 4 =10
大院大 0 1 0 0 0 0 0 0 5 0 1 = 7

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元→代走 片山→一塁手 西川
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 川辺→熊山→湯川→宮所
DSC_6565


【試合展開】
 前半は緊迫した投手戦となり、5回まではパーフェクトに抑えられる。1点を追う京産大の打線が繋がったのは8回。ショートのレギュラー争いを勝ち抜き上位打線への繋ぎ役を果たす森が、この回の先頭打者として打席に立つ。するとヒットで出塁しチャンスメイク。その後、無死1,3塁から1番杉野がタイムリーヒットを放って同点に追いつく。さらに3番岡村にもタイムリーヒットが飛びだし逆転に成功した。その後も押し出しなどで、4点を奪った。この回一挙6得点で勝利かと思われたが、簡単には勝てない。
DSC_1190

 勝利まであとアウト3つとなった9回裏、京産大に再び試練が襲いかかる。得点差が5点あったにもかかわらず、この回だけで4本のタイムリーヒットを浴び土壇場で同点とされ、延長戦へ突入する。
 しかし京産大ナインは延長戦に入り、もう一度スイッチを入れなおす。試合が動いたのは延長11回。6番笹原、7番田井中の1年生コンビが1,3塁のチャンスを作る。すると続く8番森が三塁線へタイムリーヒットを放って1点を勝ち越す。さらにその後、満塁となって3番岡村に打順が回る。常にコツコツと一生懸命、取り組む男のバットからとどめの一打。走者一掃のタイムリースリーベースヒットで3点を追加した。
 11回裏に1点を失うも宮所が後続をきっちり打ち取り3時間以上にも及ぶ激闘に終止符をうった。
DSC_7154

DSC_1132


 先発の川辺は3回に1点を失うも8回途中1失点と試合を作る。「完投したかった」と少し悔しそうな顔の川辺だったがベンチからは「ナイスピッチング」と拍手で迎えられた。
川辺に勝ち星はつかなかったものの大院大に2連勝で勝点を獲得した。
DSC_6926


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「本当は最後まで川辺でいくつもりだった。延長10回に簡単に勝てないのは、自分たちに甘さがあるからだ、という話をした。笹原の2塁打、森がうまくつないでくれたのは大きかった。笹原は思い切りがあって左右関係なく、しっかりとたたける選手。湯川、熊山は今までいろいろな経験を積んできた選手なので今日はふがいなかったが、宮所はよく踏ん張ったと思う。本人にとってもいい経験になった。今日で勝つ難しさが分かった。次戦に向けてメンタル面もしっかり準備して一戦一戦積み重ねていく。」
DSC_6569


佐野主将
「8回に得点した後、気のゆるみもあってチームにスキができてしまった。森の持ち味は粘り強さ、上位が当たっているのでそこへつないでくれた。(次戦の龍谷戦まで)少し期間は空くが負けることは許さない。立て直してあと節戦いたい。」
DSC_6766


岡村選手
「よかった。9回同点に追いつかれたので何点あって足りないと感じた。同じ外野手の間部に『何も考えなかったら打てますよ』と言われ、11回表の打席は何も考えずに打席に入った。(好調を維持する秘訣は)普段通りやること。いつもと変わらない生活を送って、しんどいから手を抜くことはありえない、常に一生懸命やること。産龍戦は色々な方が応援に来てくれる。2連勝したい。」
DSC_6976


森選手
「8回先頭バッター 出塁することだけを考えて打席に立った。それが結果に繋がった。
勝ち越し打 甘いストライク狙いだった。おもいっきり打つことを意識し、いい所に抜けてくれてよかった。
守備について 守備が一番大切だと考えている。ゴロ捕球など、特に力を入れて練習している。エラーはできない。 産龍戦 お客さんもたくさんくると思う。チームは連勝中で勢いがあるので、もっていきたい。自分にできることをやっていくだけ。」
DSC_7127


宮所投手
「6対4の場面、終わっていないといけない場面で打たれてしまった。腕を振ることだけを考えて切り替えた。
点を取ってもらった後、打ち取ることを意識したが、入れにいき甘く入った球を打たれた。
1年間ストレートを磨いてきたから、今変化球が活きてきている。産龍戦について、リリーフでの登板となると思うが、点を取られないように低めを意識して投げる。」
DSC_1042


次戦は伝統の産龍戦!5月4日に龍谷大学とわかさスタジアム京都で激突します。試合当日は京都産業大学から応援バスツアー開催されます。参加特典として京産大オリジナルTシャツが配布されます。
参加希望の方は申込用紙に必要事項を記入のうえ10号館1F学生部まで
DSC_1391

《硬式野球部》大院大に快勝!リーグ戦中盤、巻き返しをはかる

 4月15日関西六大学野球春季リーグ戦第3節 大阪学院大学1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。京産大は3回に4点を先制するが、その後はなかなか追加点が奪えない。しかし8回表2点を取られたあとの裏の攻撃で2点を奪う。終わってみれば6-2と快勝した。
DSC_6182


大院大 0 0 0 0 0 0 0 2 0 = 2
京産大 0 0 4 0 0 0 0 2 × = 6

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 湯川→熊山

【試合展開】
 先制したのは京産大。3回裏ノーアウトランナーなしからヒットと四球でチャンスを作ると3番岡村のレフト前タイムリーヒットで1点を先制する。さらに1点を追加したあと、満塁から6番笹原が2点タイムリーヒットを放って初回に4点をもぎ取った。
DSC_6305

 3回に先制して以降なかなか追加点の遠い京産大。しかし2点を返された直後の8回裏には一死満塁から8番横山がセンターへはじき返し、2点を奪った。この一打で再び4点差と相手を突き放した。
 先発の湯川はランナーこそ出すものの要所を抑えるピッチング。8回に二死から四球のランナーをホームに返してしまったものの9回途中2失点で試合を作った。
DSC_6267


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「あまり内容のいい試合ではなかった。2,4,7回とチャンスで得点することができなかった。8回に得点することができてよかった。湯川に入りを気をつけろと言っていたが、8回に得点されてしまった。9回まで投げないといけない投手なので、自覚を持って欲しい。走塁に関しては積極的に狙って行くよう日頃から言っている。やっと上位打線と下位打線が繋がるようになってきて、京産大らしさが出てきた。明日勝つことが大事。主将の佐野がしっかりしてきて、チーム全体が機能し始めている。もっともっとチーム力を上げていきたい。」
DSC_6458 1


湯川投手
「序盤は変化球も真っ直ぐも低めに集めることができていたし、ストライクを取れていたので悪くはなかった。後半はしっかり右足に体重を乗せて投げることができていなかった。だから8回に2点を失ってしまった。次戦もしっかり練習を怠らず自分の投球をしたい。」
DSC_6263


笹原選手
「調子はいい。最初の打席で三振していたので、3回の打席ではなんとか当てようと思ってました。低めは捨てて高めに浮いた球を打つことを意識していました。先輩方が声をかけてくれるのでプレーしやすい。サードも慣れてきたので、その分打席もリラックスして入れます。後ろを打つ田井中は高校も一緒でいい刺激になっています。6番は上位打線と下位打線を繋ぐ役割。気持ちが前に出過ぎないように頑張ります。」
DSC_6231
DSC_6320


田井中選手
「思い切ってフルスイングすることだけを考えている。2塁からホームに滑り込んだときは、回り込んでタッチされないようにした。笹原は同じ高校、今日は自分が打てなかったので悔しい、自分も打ちたい。反省することも多い。」
DSC_6252



熊山選手
DSC_6543


次戦は4月16日(日)大阪学院大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われます。
DSC_6473

《硬式野球部》待ってました。今春、初勝利!神院大に快勝

 4月9日関西六大学野球春季リーグ戦第2節 神戸学院大学2回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は初回に1点を先制され、昨日に続き追いかける展開。しかし直後の1回裏に6点を取って逆転すると、その後も順調に得点を重ねる。終わってみれば9-2で快勝。ようやく今春、初勝利を手にした。
DSC_6015


神院大 1 0 0  0 0 0  1 0 0 | 2
京産大 6 0 0  2 0 1  0 0 × | 9

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森→高瀬
9.捕手 横山
先発投手 川辺→島西→熊山

【試合展開】
 京産大、先発の川辺は初回にいきなり1点を奪われ4試合連続で追いかける展開となる。しかし今日の京産大は違った。直後の1回裏に二死1,2塁から5番中北、6番笹原の連続タイムリーヒットで3点を奪い一気に逆転する。その後、満塁となり押し出しで1点。打順が1番に返って杉野にも2点適時打が飛びだし、この回一挙に6点を奪った。
DSC_5660

4回裏には二死2塁から4番西元、5番中北が連続タイムリーを放って、相手を突き放した。6回にも1点を奪った京産大は9得点で今春初勝利を収めた。
先発の川辺も2回以降は粘りピッチングを見せ7回途中2失点と試合を作った。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は調子自体あまり良くなかったが、緩急をつけてよく6回まで行ってくれた。初回に先制されて、裏の攻撃でも送りバントが決まらず少し嫌な雰囲気だったが、みんなで何とかつないだ。あの場面、笹原が打ったのは大きかった。笹原は思い切りのいい選手で、投手が左投げ右投げ関係なく打つことができる。杉野も少しずつ調子が上がってきている。ここからが勝負だと思う。」
DSC_6022


佐野裕明主将
「勝ち点をとったわけではないが、やっと勝つことができて、気持ち的に少しは楽になった部分がある。クリーンナップの打つべき人が打ったのはで得点力が上がった。テーマであった先制点がまだ取れていない。オープン戦から追いかける展開が多い。これは今後の課題であり無くして行きたい。後半以降は中押し点、だめ押し点を取ることができた。しかし8回の攻撃で、2,3,4と好打順だったにもかかわらず打撃が淡白になってしまったのは反省すべきところ。明日も勝ってなんとか勝ち点が欲しい。」

川辺凛投手
「初回、調子悪かったが、1点に抑えることができた。監督さんのアドバイスの後は変化球をうまく使い、フライを打たせ取るピッチングができた。横山ともコミュニケーションを取り、うまく組み立てられた。味方の6点の援護は心強かった。
悪いなりにいいピッチングができて、ピッチングの幅が広がった。」
DSC_5907


杉野翔梧選手
「打席に立つ時は、1打席を大切にいつも心がけている。1節は調子が良くなく、良くないなりに割り切るようにしていた。
調子が戻ったのは、いつも野球ノートをつけていて、それを1から見直したこと。また、試合のビデオも見直し、反省している。素振りもしている。
打ちにいく時、体が浮いていると注意されたので、そこに気をつけてバッティングに取り組んでいる。
明日勝ち、勝ち点を取りに行く。」
DSC_5556


西元正輝選手
「(今日は4番に入った)打順に関係なく自分のバッティングをするだけだった。チャンスで打ててよかった。センターを中心に強く叩くことを意識している。昨年まで捕手で今年からサードやファーストに挑戦している。低く動くことはサードもファーストも同じ、とにかく前に止めればアウトにできる。まだ勝ち点がないので明日、勝てるように準備して行きたい。」
DSC_5977


笹原大虎選手
「今日もファーストスイングからフルスイングすることを意識していた。初回、打ったのはインコースのストレートだと思う。手ごたえも良かった。初回に先制されて悪いムードだったが、すぐに取り返せたのが良かった。1回生らしく思い切ったプレーをしたい。第2,3打席は消極的な打撃になってしまった。明日までに修正したい。」
DSC_6008


島西投手
DSC_6033


熊山投手
DSC_6114



次戦は4月10日(月)に第3節・神戸学院大学3回戦が明石トーカロ球場で行われます。
DSC_6123


《硬式野球部》1年生の活躍実らず、悔しい開幕3連敗

 4月8日関西六大学野球春季リーグ戦第2節 神戸学院大学1回戦が明石トーカロ球場で行われた。雨が降るなか行われたこの試合は途中、京産大が勝ち越すも、すぐに逆転され開幕から3連敗となった。
DSC_5207


京産大 0 0 0  1 0 0  4 0 0 = 5
神院大 0 0 2  0 2 0  2 0 × = 6

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西川→三塁手 笹原
5.左翼手 中北
6.三塁手 西元→一塁手 西元
7.指名打者 田井中
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手 湯川→宮所


【試合展開】
 京産大の先発、湯川翔太(3年)の粘りの投球が続いていたが、3回裏2点を先制されてしまう。直後の4回表に一死3塁から7番田井中秀虎(1年)がフルスイング。野手の間に落ちるタイムリーヒットで1点差に詰め寄る。
しかし5回裏にエラーから再び2点を失い、3点差とされる。
それでも京産大は諦めない。7回表、一死から連続四球でチャンスを作ると3番岡村遼(4年)のセンター前タイムリーでまずは1点を返す。なおもチャンスで打順は4番へ。ここで勝村監督が動く。4番西川のところへ代打・笹原大虎(1年)。勢いよく振り抜いた打球は左中間を破る適時打で同点に追いついた。さらに相手のミスで1点を奪い逆転した。
このまま逃げ切れると思われたが、7回裏に神院大に再び2点を奪われ試合終了。これで京産大は開幕から3連敗。第2節の初戦を勝利で飾ることができなかった。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「湯川は短い期間ではあったがよく調整してきた。今後、もっとあがってくると思う。守備での失点の仕方が悪すぎる。ダブルプレーを取れていれば失点することはなかった場面であったりして、少しのことだができていない。4回は田井中がしぶとく打ってくれた。西川は前節から調子が上がってきていなかったので7回の場面で笹原にかえた。どうしても4番はチャンスで回ってくるので、得点したかった。
少しずつ状態は上がってきている。前を向いて明日、もう一度しっかり勝てるようにしたい。」
DSC_5330


佐野裕明主将
「いつも練習でやっていることを出していこうとしていた。7回3点差あったが、監督からワンチャンスをものにするように言われていたので、一気に逆転で来たのは良かった。この節からベンチのメンバーが少し変わって、エネルギーのある選手を入れている。
自分たちの形で勝つことができていない。しっかりとこの後から準備する。なかなか先制点を取ることができていないので、明日は先制して自分たちの流れにもっていけるようにしたい。」
DSC_5036


湯川翔太投手
「 ストレートは伸びがあり、内外の投げ分けが出来ていた。真っ直ぐで押せたのはよかった。先制点を与えてしまったのは、反省点。
投手がピッチングで粘り、野手を助けるようにならないといけない。明日勝って、次に繋げる。」
DSC_5198


笹原大虎選手
「ファーストストライク狙いでいくと決めていた。フルスイングで叩けてよかった。前の回から準備はしていたが、代打を告げられ驚いた。
全体練習の後、自主練習でバッティングは取り組んでいる。今日の試合、いいことは吸収していく。」
DSC_5372

DSC_5405 2


田井中秀虎選手
「(初タイムリーについて)一死3塁だったので、速く低い打球を打つか、最低でも外野フライと考えて打席に立った。打った瞬間はフライを上げてしまったと思いやってしまったと思ったが何とか落ちてくれてよかった。そろそろ勝ちたい。次も出ることができたら全力でプレーしたい。」
DSC_5286
DSC_5146


宮所広輔投手
DSC_5434


次戦は4月9日(日)第2節 神戸学院大学2回戦が明石トーカロ球場で行われます。
DSC_5505

《硬式野球部》まさかの連敗スタート。勝ち点獲得ならず

 4月2日関西六大学野球春季リーグ戦第1節2回戦 大阪経済大学戦が南港中央公園野球場で行われた。試合は同点のまま延長戦へ。延長10回表に勝ち越され、まさかの開幕2連敗で勝ち点を落とした。
DSC_4789


大経大 0 4 0 0 0 0 0 0 0 1 = 5
京産大 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 = 4

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西川
5.左翼手 中北
6.三塁手 西元
7.指名打者 田井中
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手 川辺

【試合展開】
 昨日の勢いそのままに大経大打線が襲い掛かる。2回先発の川辺がヒットと四球で一死満塁とされると、次打者にタイムリースリーベースヒットを浴び3点を先制される。さらにこの回1点を追加され序盤で4点のビハインドとなる。川辺は3回表にも無死満塁のピンチを背負うが、勝村監督のアドバイスもあり、なんとか無失点で切り抜ける。
 京産大の反撃は4回裏。無死満塁のチャンスで8番捕手の横山がライトへ2点タイムリーヒットを放つ。さらにこの試合、初スタメンの9番森がセーフティースクイズを決め1点差に詰め寄る。続く1番杉野のセンターへ犠飛で同点に追いつく。
DSC_4742

DSC_4307

 その後、試合は両者一歩も譲らず、延長戦へ。延長10回表二死1,2塁から守備のミスが出て1点を勝ち越される。京産大は10回裏二死から3番岡村がヒットで出塁し、反撃を試みるもあと一歩及ばず、惜敗を喫した。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「守備に関しては最初から準備不足のところがあった。三塁手の西元もサードをはじめてからまだ日が浅い。攻めることはできない。森(遊撃手)も西元(三塁手)も打つ方はしっかりやってくれた。(2回に)4点を先制されてもベンチは声が出ていてだれも諦めていなかった。先発の川辺もいいボールを投げていた。3回満塁の場面ではしっかり立って投げるように伝えた。今日の落としたことはしっかり受け止めて、次戦まで時間は短いが立て直していきたい。」
DSC_4443


佐野主将
「ベンチの雰囲気は悪くなかった。(攻撃)いい形には持っていけていたが、チャンスで1本が出ず、1点が遠かった試合。
(守備)オープン戦での負けた試合がリーグ戦に出てきていた。レギュラーが定着していないのも要因。守備が乱れ、点を与えてしまうのはチームの弱さ。
今日はアップから100%以上の準備ができていたのでよかった。
今節のミスを次節までに修正し、切り替える。次はミスが出ないように取り組んでいく。」

川辺投手
「先制されないようにと思っていたが、先制点を与えてしまった。それでも0で抑えようと考えていた。冬場から低めに強く投げることを意識してやってきたが、まだまだ。いいボールが行くときもあるが、少し浮くと今日のように打たれてしまう。優勝の可能性がなくなったわけではない。一つも落とせないのでみんなでまとまってやっていきたい。」
DSC_4106


この試合4安打を放った岡村選手
DSC_4592

DSC_4989


宮所投手
DSC_4688


西元選手
DSC_4072



次戦は4月8、9日 第2節 神戸学院戦が明石トーカロ球場で行われます。 


INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ