京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

硬式野球部

友だち追加

《硬式野球部》連覇に黄信号...連敗で勝ち点逃がす

まさかの連敗スタートとなった。前日の試合に敗れ、あとがなくなった京産大は期待の2回生右腕北山がマウンドに。しかし、3回に1点を奪われるとその後も得点を許し6回途中5失点で降板。打線も3回に宇都宮の適時二塁打で先制するもその後は沈黙。6対1で敗れ、開幕カードの勝ち点を落とした。
DSC_0571

大院大 000 111 210 = 6
京産大 001 000 000 = 1

試合成績
1.7 山本(鳥取城北) 4打数0安打2三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数1安打1打点
3.D 杉野(近江) 4打数2安打1三振1盗塁
4.3 西元(福知山成美) 3打数0安打1四球
5.9 川岸(京都成章) 2打数0安打1犠打1三振
H→9 桧垣(奈良大附) 1打数1安打
6.2 楠田(福知山成美) 4打数1安打2三振
2 曽根(綾部)
7.5 徳永(紀央館) 4打数1安打2三振
8.4 酒井(桜宮) 3打数0安打1三振
H 田井中(福知山成美) 1打数0安打
9.8 遠藤秀(滝川第二) 2打数0安打2四球1三振2盗塁

先発投手 北山(京都成章) 6回3分の2 8安打2四球9三振 失点5自責点3
2番手 宮所(関大北陽) 1回3分の1 2安打1三振 失点1自責点1
3番手 保澤(大津商) 1回 0安打1三振2四球 失点0自責点0


先発は昨年鮮烈なデビューを果たした北山。立ち上がり、持ち前の直球で三振の山を築き3回5奪三振のスタート。本人も「球は上ずっていたが、修正しながら投げることができた」と振り返る。好投に応えたい打線は3回、この日公式戦初スタメンの遠藤秀が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決めチャンスを拡大。二死2塁から2番宇都宮がライトへ適時二塁打を放ち1点を先制した。
DSC_0368
上々の立ち上がりを見せた北山投手

DSC_0206
公式戦初スタメンの遠藤秀太外野手

DSC_0227
右線に適時二塁打を放つ宇都宮内野手

このまま流れに乗りたい京産大だったが4回、北山が先頭打者に安打を許すと、次打者にエンドランを仕掛けられ無死1・3塁のピンチを招く。なんとかしのぎ切りたい北山は次打者をサードゴロに打ち取るもその間に三塁走者が生還し早くも同点に追いつかれてしまう。後続を締めこの回を最少失点に切り抜けた北山だったが、5回、6回にも1点づつ失いじわじわとリードを広げられていく。7回には自らのボークもあり結果6回途中5失点で降板。今シーズン初登板は悔しい結果に終わった。
DSC_0387
連打を浴び悔しそうにマウンドへ戻る北山投手

打線は再三チャンスを作るもあと一本が出ず差を詰めることができない。北山の後をうけた宮所も8回に1点を失い流れを引き戻すことができないまま1対6で敗戦。大事なリーグ開幕節の勝ち点を落としてしまった。
DSC_0461
2番手で登板した宮所投手


コメント
勝村法彦監督
「(先発の北山投手について)1、2回は体が突っ込み気味でボールが高かったが、3,4回からは良くはなっていた。少し配球が単調になっていた部分がある。序盤からストレートが主体で、一回りしてから緩急がないということを伝えた。いいまっすぐと落差のある変化球も持っているのでもっと緩急を使っていってほしいと感じた。北山には一本の柱になってほしいので自分で修正しながら投げてほしいという思いで7回途中まで投げさせた。
(楠田捕手について)1、2球目に盗塁を仕掛けられている。エンドランや盗塁を決め切られてしまった。余裕がなかったかなと思う。
曽根も公式戦初マスクだったが落ちついて守れていた。保澤も初登板。スタメンで起用した徳永や遠藤も良かった。若いチームなのでまだバランスが整っていない。経験を積ませることで全体のバランスが整っていくと思う。宮所も復調の兆しがあり、保澤も無失点に抑えている。この一週間で整理して次節に臨みたい。2連敗して厳しい状況だが、一戦必勝の気持ちで一つずつ勝ち星を積み重ねていきたい。」
DSC_0309

西川主将
「雰囲気はあまり良いとは言えない。先制点をとれたのは今日の良かったところ。しかし、そのあとすぐに点を取られてしまって、そのあとに続けられなかった。昨日と違って守備のミスもあった。チャンスはあったのに最後押しきれなかったのが今日のダメなところだと思う。点差はあいたが逆転するという思いはベンチで感じることができていた。声掛けもできていたが100%かといわれるとそうとは言えない。いままでOP戦でやってきた雰囲気のマックスの時に比べると下回る。声掛けの質であったり、ベンチで押し切る雰囲気をもう一度作っていかないといけないと思った。
(先発の北山投手について)気持ちのこもった直球を投げていたと思うので、見ている側からしてもとても頼もしいピッチャー。2回生が頑張っている中で、3,4回生がもっと奮起しないといけないと感じた。
もう後ろを向いている暇はない。これから全勝するつもりでやるしかない。この一節で出た課題を確実につぶして、いままでやってきたことをリーグ戦で発揮できるように、基本の準備を見つめなおして気持ちを入れ替えて戦いたい」
DSC_0006

北山投手
「自分の中では納得のいく準備ができて試合に入れた。しかし、いざ試合に入ると球が上ずってしまったことが課題。その中で、3回まではイニングごとに修正して投げることができた。相手チームに流れが続いている中で、こちらに流れを呼び込む投球ができなかった。ボールが先行してストライクが欲しい時にエンドランを仕掛けられたりと、自分のスキを突いた戦術で攻撃されたのが痛かった部分。あとひと粘り、踏ん張りどころでもう少し踏ん張れていたら楽な展開になったのではないかと思う。1試合任せられる投手にと言われてきた中で、今日の投球はまだまだ1試合を投げ切るという面では頼りない投球だったので反省している。勝たせられるピッチャーにならないと意味がないと思う。最後まで投げ切って勝たせられるピッチャーになりたい。気持ちをもう一回作り直して、次はたくましい投球ができるように準備していきたい。」
DSC_0154

楠田捕手
「昨日リーグ戦初めてマスクをかぶり緊張した。昨秋優勝して、その時の捕手の横山さんがチームの大黒柱精神的にも大きな存在だったので、その人が抜けての自分ということでプレッシャーもあったが、それを楽しんでできるようにという気持ちでプレーした。
(連敗してしまったことについて)自分の経験不足ということもあったし、投手のいいボールを引き出すことができなかった。リードも単調になってしまった。
(正捕手争いについて)曾根とはタイプが違う選手だと思うが、自分のできることをやるだけなので、ライバル意識を持つというよりは、キャッチャーとして出たらチームが勝てるようにもっていくだけだと思っている。
今日は失点が多くなってしまい、チーム的にもエラーからの失点が多かった。リーグ戦はいい投手が投げてきて点が取りにくくなってくるので、こっちも点を与えないように意識して練習していきたい。」
DSC_0257

《硬式野球部》春季リーグ開幕 持ち味発揮できず黒星スタート...

V2を狙う春季リーグ初戦は厳しい試合となった。4月6日(土)に南港中央公園野球場で行われた大院大との1回戦は先発の藤本が3回に2本の本塁打を浴び2点を先制される。打線は5回まで1安打7三振と完璧に抑え込まれた。後半は好機を作るもあと一本が出ず結果的に5安打完封負け。2つの犠打失敗など持ち味の機動力を発揮できず、課題の残る結果となった。
DSC_0072

京産大 000 000 000 = 0
大院大 002 000 000 = 2

試合成績
1.8→7 山本(鳥取城北) 4打数1安打1三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数0安打1犠打1三振
3.D 杉野(近江) 4打数1安打1三振
4.3 西元(福知山成美) 4打数0安打
5.5 笹原(福知山成美) 3打数0安打1三振
6.9 川岸(京都成章) 3打数1安打1三振
7.7 田井中(福知山成美) 2打数0安打1三振
H 西川(龍谷大平安) 1打数0安打1三振
8 遠藤秀 (滝川第二)
8.2 楠田(福知山成美) 3打数1安打
9.4 酒井(桜宮) 3打数1安打

先発投手 藤本(京都学園) 5回 5安打1四球2死球1三振 自責点2
2番手 船槻(北稜) 3回 3安打4三振 自責点0


先発は昨季3勝を挙げ平古場賞を獲得した藤本。勝村監督からも「(投手陣は)藤本を中心に回していきたい」と期待を寄せられる左腕だ。その藤本は初回から安打と死球を与えるなどピリッとしない立ち上がり。「開幕試合を任され少し硬くなっている部分があった」と本人は振り返る。調子が悪い中試合を作っていた藤本だったが、3回に甘く入った直球を狙われ左スタンドに先制本塁打を許してしまう。さらに一死から再び本塁打を浴びこの回2失点。「変化球が入らず、入れにいったストレートを打たれた」(藤本)その後は走者こそ許すも粘りの投球で追加点を許さず、味方の反撃を待つ。
DSC_0162
DSC_0250
開幕試合の先発を任された藤本投手

一方の打線は初回に三連続三振を奪われる苦しいスタート。5回までに放った安打は酒井の1本のみとなかなか波に乗ることができない。流れを変えたい6回。先頭の楠田が左線にリーグ戦初安打となる2塁打を放ちチャンスを作る。確実に1点を返しておきたい場面。勝村監督は酒井に送りバントのサインをだした。しかし決めることができず1-2と追い込まれてしまい結果的にショートフライ。後続も倒れ得点することができなかった。7回も先頭の杉野が右前安打を放ち塁に出たものの、続く西元の送りバントが二塁で封殺され得点圏に走者を進めることができない。キャンプ時から意識していたチームの持ち味でもある機動力を発揮することができなかった。
DSC_0253
送りバントを試みる酒井内野手

DSC_0308
右前安打を放つ杉野外野手

苦しい展開のなか、輝きを放ったのが6回から2番手で登板した船槻だ。リーグ戦初登板となった船槻は、ランナーを出すものの要所を締める投球で追加点を与えない。初登板とは思えない堂々とした投球をした船槻は結局3回を投げ4つの三振を奪う好投。充実した投手陣の中にまた一人頼もしい選手が現れた。
DSC_0282
リーグ戦戦初登板で好投する船槻投手

しかし打線は最後までかみ合わず5安打完封で試合終了。連覇を狙うシーズンの開幕は不安の残る一戦となった。

コメント
勝村法彦監督
「今年は藤本を中心に回れればと思って開幕投手に抜擢した。今日は少し単調な投球になってしまっていた。変化球が入らず、ストレートも甘いところに入ってきていたのでそれを狙われてしまった。船槻はコントロールが良く、緩急をつけて的を絞らせずに投げることができていた。初登板にも関わらず落ち着いて投げることができていたので今後が楽しみ。打線には粘りを感じることができなかった。初回の三者連続三振で相手をのせてしまった。粘りを生むための工夫が欲しい。
(二つの送りバント失敗について)酒井の場面は一塁手、三塁手のチャージがなかったのでスリーバントと迷ったがバントの仕方が悪かったのでヒッティングに切り替えた。打った球も高めのボール球だった。しっかり見逃せていたら相手も苦しむのでそこの判断が甘い。西元の場面は7回で4番打者ということもあり打たせるか迷ったが、1点取ればというのがあったのでバントをさせた。ただ、走者が杉野だったので動かすという手もあったかなとも思う。
(捕手の楠田の起用理由について)キャッチャーがなかなか決まらず最後まで悩んだが、投手の良いところを引き出せるなど感性がいい部分を評価して起用した。打撃もパンチ力がある。曽根もOP戦で結果も残していたし、他のキャッチャーも期待できるので今後変わる可能性も十分にある。競争してほしい。
明日は積極的に動いて全力で勝ちにいきます」
DSC_0353


西川主将
「OP戦で取り組んでいた、粘り強さが発揮できず淡白になってしまった。自分たちの強みを活かしきれなかった。絶対に勝ってやろうという気持ちで試合には望めていた。声も出ていたし、一つ一つ集中して取り組めていた。そのなかでもっと相手投手に向かっていく気持ちを待たなければいけなかったと思う。いい投手と対戦するときはもっと相手の嫌がることをしていかないといけないと思うし、確実に送りバントを決めないといけない。そういった部分をもっと詰めていかないといけないと思う。今日の負けを受け止めて、引きづるのではなく新しいチームカラーを出していかないといけない。明日は初回から全力で全員野球で戦う。」
DSC_0408

藤本投手
「今日の先発は一昨日発表された。自分なりには上手く調整できていたと思う。自分の投球ができれば試合が作れるということを昨年学んだので、自分のできることをやろうとマウンドに登った。1戦目を任されていたので、チームの力になって勝てるように意識していた。そのなかで自分の力を100%出し切れば結果は付いてくると思っていた初めは硬さがあったが、投げている中で緊張感は解けていった。だが、今日は自分のピッチングが全部出し切れたとはいえない。
本塁打を打たれたのは2つとも直球。変化球が入っていなかったので直球を狙われた。感覚はそんなに変わらなかったが、抜ける球が多く試合で使える球ではなかった。いつもはカーブでカウントを取れたが今日はそれができなかった。
去年の秋は9回まで投げ切ることができていなかったので、投げきれる体力をつけるために走り込んだりしていた。
楠田とはあまりバッテリーを組んだことがなかったので、これからもっとコミュニケーションをとっていきたい。」
DSC_0129

船槻投手
「初登板ということもあって緊張もしていたが、自分の役割を果たすということとキャッチャーを信じて思い切って投げようと思っていた。去年から投げた時に結果が出せるよう準備していた。コントロールが良いことと大崩れしないことが自分のセールスポイント。すべてのボールに自信があるので決め球は特に決めていない。今日はカーブが良かったのでカーブを決め球に使った。これからもピンチの場面での登板はあると思うが、仲間を信じて、キャッチャーを信じて投げ込む。相手の流れを渡すにこちらに流れを呼び込む投球をしていきたい。」
DSC_0301

《硬式野球部》“愛され、応援されるチーム”神宮大会出場ならずも最後まで粘り強い野球 日本一は後輩に託された!

10月30日、関西地区代表決定戦が南港中央公園野球場で行われた。京産大は神宮出場へ最後の切符である第2代表の座をかけ関国大と激突した。
DSC_1535


京産大 001000001 = 2
関国大 000000021×= 3


【試合成績】
1中堅手 山本(鳥取城北) 3打数1安打1打点1四球
2遊撃手 宇都宮(宇和島東) 4打数0安打
3左翼手 杉野(近江) 3打数1安打
左翼手 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4一塁手 西元(福知山成美) 4打数0安打
5右翼手 川岸(京都成章) 4打数1安打
 代走 片山(高松商業)
 右翼手 間部(金光学園)
6捕手 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1打点
7.三塁手 笹原(福知山成美) 2打数1安打1四球
8二塁手 酒井(桜宮) 1打数0安打
9投手 川辺(東山) 2打数0安打
 投手 長谷川(藤蔭)
 投手 北山(京都成章)1打数0安打


 神宮行き最後の切符をかけ京産大は壮絶な試合を繰り広げた。相手は初戦で完封負けを喫している関国大。このときと同様、関国大の先発のマウンドには武次がいた。完封負けのリベンジを果たし、神宮行き決めると京産大の選手は気合十分。しかし簡単にはいかなかった。
 先制点を挙げたのは京産大。3回表に先頭の7番笹原がセカンドゴロで一塁へヘッドスライディング。判定はセーフ笹原が吠えた。気迫でもぎ取った無死1塁のチャンス。活かさないわけにはいかない。続く8番酒井は送りバント、9番川辺は進塁打を放って二死3塁とした。ここで打席には1番山本が入る。セカンドへの内野安打で1点を先制した。関西地区代表決定戦4日目にして初めての先制点。“神宮に行きたい”選手たちの強い思いでもぎ取った1点だった。試合前日に笹原は「トップレベルの投手」と語るなど、なかなか得点することが難しいのはわかっていた。外野まで打球が飛ばなくとも得点できるのが野球。選手は全力だった。
DSC_0191
DSC_0227

 京産大の先発マウンドにあがったのは川辺。「明日は任せるぞ」チームメイトに言われていた。粘りの投球を貫く。川辺は初回のピンチを凌ぐなど6回3分の1を無失点と試合を作る。3回表に先制点を奪ったもののその後はなかなか得点を奪うことができず、川辺、武次の投げ合いとなった。
 1-0のまま迎えた8回裏、京産大のマウンドにはリーグ戦からフル回転を続ける北山がマウンドに上がっていた。一死満塁からヒットと犠飛で2点を奪われ、逆転されてしまった。だが粘って粘って粘って追いついてここまできた京産大がこのまま終わるわけがない。1点を追いかける9回表二死から5番川岸がセンター前ヒットで出塁。勝村監督は迷わず、片山を代走に送る。アウトになればそこで試合終了。それでも初球に左腕・武次から完璧なスタートで盗塁を決める。「片山が決めて楽になった。もう一度北山をマウンドへ」と打席の主将横山は思っていた。横山はツーストライクと追い込まれてから、ここまで苦しめられてきたスライダーを捉える。片山は快足を飛ばして2塁から一気にホームへ。横山が意地の一打を放って土壇場で同点に追いついた。

DSC_1470
DSC_0689

DSC_1511

 9回裏を0に抑えて延長戦に持ち込みたい京産大。北山は二死までは順調にアウトを重ねた。だが野球の神様は神宮行きを認めてくれなかった。関国大の2番打者の大飛球はライトスタンドへ、サヨナラホームランを浴びた。マウンドでは北山が膝に手を置きうなだれ、選手の目からは涙がこぼれた。マウンドの北山に真っ先に駆け寄り「大丈夫だ」と声をかける湯川(投手リーダー)。「北山で打たれたなら仕方ない」と語る横山。4回生は最後の最後まで下級生を支えチームを引っ張った。
 春リーグ勝ち点2しか奪えなかったチームが、全国大会まであと一歩のところまで勝てるチームになった。実はこの秋(リーグ戦、関西地区代表決定戦)の12勝中7勝が逆転勝ち。先制されても最後まで絶対に諦めず逆転するマインドは結果にも現れていた。試合後勝村監督は「よくここまで成長した」と粘り強く戦った選手を称えた。
DSC_0746



勝村法彦監督
「厳しいゲームばかり、勝たせてやれなかった。悔しいですね。北山も厳しいところばかりに登板して抑えてくれていた。イニングはそんなに投げてないが、厳しい場面で出て行っている。長谷川も含め一年生がよくやってくれた。横山を中心にやってきて、リーグ戦も厳しいゲームばかりだったが、粘り強く戦うことができた。本当に成長した。関西地区代表選手権はラスト3戦、ここまで粘ることができた。
川辺はいけるとこまでと思っていた。ボールが浮き始めたので交代した。(初戦で完封負けしている相手)スライダーはだいぶ見切っていた。ストレートを狙っていこうと話していたが、2回からは変化球が多くなった。
片山には2球目までに行けと言ってあった。本当によく走った。横山もよく打ってくれた。最後は4回生がしっかり見せてくれた。リーグ開幕当初は怪我人が多くいて、、、よくここまで諦めずにやったと思う。力がついてきた。下級生はいまの4回生の姿をしっかり見ている。応援団など学校の関係者が全試合足を運んでくれた。最後は神宮に行けず申し訳ない。」
DSC_0044



河本優佑主務
「歴代で一番、監督さんに反抗した主務だと思う。それでも飽きずに何度も正面から向き合ってくれた。4シーズンも主務を務めさせてもらった。監督さんがよく誰からも応援されるチームになろうと言っている。監督や平山コーチ、光原コーチが学生自身がどんな場面でも必ず声をかけてくれて、あきらめずにやれるいいチームだと思う。
自分の下にはマネージャーがいなくて不安な部分もあったが、2人入ってきて成長してくれた。本当に今のマネージャー陣はしっかりしてくれている。人材を残していけと言われてきて、いいマネージャー陣になって優勝できたのは、いい経験できたと思う。自分が入った時、竹林さんがいた時はマネージャーのマの字もわからない状態だった。そのあと遠藤さんとはぶつかり合いながらも2人で見直していった。後輩の自分が言うのは変だが、お互い1:1で尊敬しあえる関係。いまは後輩マネージャーと尊敬しあえる関係になった。信頼している。」
DSC_0166


横山裕也主将
「(9回表同点打)北山にはずっと助けてもらっていた。8回に2点取られて、捕手としてもう一度北山を投げさせたいと思った。自分で決めてやろうと言うのではなく後ろに繋ごうと。片山が盗塁を決めてくれて気持ちが楽になった。打ったのはスライダー、狙っていたのではなく来た球に反応した。本当に無心で、スライダーを打ったことは覚えているが、、、声援が力になったんだと思う。同点にして9回に繋げられた。
(9回裏のサヨナラのシーン)二死取ってから北山のまっすぐをあれだけ完璧に捉えられたら仕方ない。北山はこれからもっとすごい投手になる。期待している。
春は勝ち点2で監督さんからは弱いチームということを言われてしまった。力と経験は十分ある。秋に向かう中で関東遠征はここまで強くなった1つの要因になった。同じ学生なのに動きが違う。自分たちのやれることをやっていこうと言うことでやってきた。
関西六大学野球の代表として最後は戦ったが、神宮に行けなくて申し訳ない。
(後輩へ)下級生に助けられた。また成長も見ることができた。メンバー内外関係なく激しい競争をして欲しい。素質はある。
自分たちの代はセンターラインが揃っていて、監督さんからもこの代で日本一ということを期待されてきた。神宮には行けなかったが、最低限のリーグ優勝はできてよかった。一番上の学年の力があった。あと今年から光原さんがコーチになり、練習から手を抜くなと言われてきた。成功者の体験としてビハインドの場面からひっくり返せる。粘り強く勝てる。いい部分を引き継いで欲しい。」
DSC_0251


川辺凛投手
「結構悪かった。変化球がいかないのでストレートしか投げられなかった。和歌山大戦の時に打たれ、横山から次は抑えられるようにしとけと言われていた。昨日関西国際大とのリベンジが決まり、明日は任すぞとチームメイトから言われた。(初回のピンチを無失点に抑える)先制点を与えたらだめと思っていて、西元のお陰で落ち着けたし、あのプレーはとても大きい。(横山選手の同点タイムリーヒット)片山が盗塁して、横山が打ってくれて、4回生が活躍してくれて4年間やってきてよかったと思った。僕はゲガもして、もうマウンドに立てないかと思っていたが、横山とバッテリーを組めてよかったし、本当に頼りになるキャプテン。(4年間を振り返って)2回生の時全国大会に出場し1回戦で敗退したが、マウンドに立たせてくれてありがとうとみんなには感謝している。(後輩へ)僕も先輩に全国大会へ連れて行ってもらったので、みんなを連れて行きたかった。この悔しさを忘れず、後輩たちには全国へ行ってほしい」
DSC_0738


長谷川希望投手
「関西選手権では自分の力を発揮できず、チームに迷惑をかけた。悔いが残る。これからは自分の取り組みを続けるとともに、もっと精度を上げていきたい。横山さんには迷惑しかかけていないが、横山さんのおかげで今の自分がいる。感謝しています。4回生が残したものを受け継ぎつつ、変えるところは変えていって、来年の春全国に行って4回生の方々に報告したい。」
DSC_1205









 神宮大会出場は叶わなかったが、京産大は誰からも愛されるチームになった。以前、勝村監督は「何も知らずに球場にきたお客さんが、京産大の選手をみて応援してくれるようなチームにしたい」と語っていた。今秋は全試合に大学の応援団が来るなど、硬式野球部はどこのチームよりも応援され続けてきた。応援団も決して誰かに言われて毎試合応援にきていたわけではない。「野球の日程が出たときに、全部いけるじゃん。行こ!って」と自分たちで決めていた。屋外で2時間近くも声援を送り続けることは簡単ではない。平日開催の試合でも、他の部活と日程がかぶっても行けるメンバーをかき集めた。最終戦、9回表横山の同点打は「無心で来た球を振った。声援が力になった」(横山)と応援が打たせた一打だったのかもしれない。“愛され、応援されるチーム”には野球の技術だけでない力が存在する。この力はどんなときでも手を抜かず全力プレーを魅せる選手たちが手に入れた最高の武器だ。どのポジションにも選手が揃っており、日本一を期待され入学してきた現4回生。4年間で全国大会出場は1回だけに留まるも、諦めず粘り強く戦うことで“愛され、応援されるチーム”を作った功績は大きい。チーム目標である日本一は4回生の姿をみてきた後輩に託された。
DSC_0886

《硬式野球部》神宮まであと1勝!!延長11回タイブレーク制す!

 粘りの京産の本領発揮や!関西地区大学野球選手権の敗者復活2回戦(=佛教大学戦)が南港中央野球場で行われた。初回の得点以降ロースコアの展開となった試合は、幾多のピンチをしのぎ続けた京産大が延長11回、笹原のサヨナラタイムリーで勝利。第2代表決定戦進出を決めた。
DSC_0550


佛教大 100 000 000 00 = 1
京産大 100 000 000 01 = 2
※10回以降タイブレーク制

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 3打数1安打1四球1犠打
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数1安打2四球
3.7 杉野(近江) 2打数0安打2四球
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打1三振
4.3 西元(福知山成美) 5打数0安打
5.9 川岸(京都成章) 5打数3安打1打点
6.2 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1犠打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数2安打2四球1打点
8.4 酒井(桜宮) 4打数0安打
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 H 桧垣(奈良大附属) 1打数0安打
 1 長谷川(桐蔭)
 1 北山(京都成章) 1四球

先発投手 藤本 6回 3安打1四球1死球2三振 自責点1
2番手 長谷川 2回 0安打1死球1三振 自責点0
3番手 北山 3回 0安打1四球5三振 自責点0

試合展開
 勝てば神宮大会出場に王手がかかるこの試合。先発は今大会2度目となる藤本だった。初戦の関西国際大戦で7回途中3失点の好投を見せるも敗戦投手となり、リベンジに燃える1戦だ。ところが立ち上がり、安打と四球で1死満塁のピンチを招くと、押出しの死球を与えてしまい早々に先制点を許してしまう。負けられない京産大はすぐさま反撃。先頭の山本から3者連続で四球を選ぶと、5番川岸の左前適時打で同点に追いつく。2回以降安定感を取り戻した藤本は6回まで被安打3無失点に抑え味方の勝ち越しを願う。しかし打線は、再三走者をためるもなかなか得点に結びつけることが出来ない。1対1の膠着状態のまま、試合は延長戦に突入する。タイブレーク方式となる延長戦は無死一・二塁からのスタート。10回表、送りバントを決められ1死二・三塁とされるも、3番手北山が気迫のこもった投球で後続を投ゴロ、空振り三振の無失点に切り抜ける。その裏、1点取ればサヨナラとなる絶対的有利な場面。正攻法通り送りバントのサインを出した勝村監督だったが、田井中が痛恨のスリーバント失敗。焦りが出たのか次打者の西元も遊飛、続く川岸も三振に倒れまさかの無得点。嫌な雰囲気が立ち込める。そんななか再び北山が流れを変える。送りバントでまたも1死二・三塁とされたものの、持ち味の直球の威力で押しまくり中飛、空振り三振に仕留めまたも無失点。するとその裏、横山の送りバントが内野安打となり無死満塁となると、最後は笹原が右前に放ちサヨナラ勝ち。リーグ戦同様粘りの野球を見せつけた京産大が第二代表決定戦進出を決めた。しかし、喜んでばかりもいられない。第一代表決定戦で関国大が近大に敗れ、明日の相手は関国大に決まった。関国大はエース武次を温存しており、登板してくる可能性が高い。初戦では武次の前に16三振と惨敗を喫した。それでもここ二2試合。厳しい戦いを制してきた京産大には勢いがある。初戦のリベンジを果たし、神宮大会進出を決めたい。
DSC_9851
DSC_9640
DSC_9682
DSC_0081

コメント
勝村監督
 「初回にチャンスで1点しか取れず、流れが悪くなった。藤本はボールの勢いが弱く、状態は良くなかったがよく持ち直したなというのが本音。北山の(投げる)イニングをなるべく少なくしたかったので、最小限にすんで良かった。リーグ戦では浮いていたボールが多かったが場数を踏んで成長している。長谷川は当初から2イニングの予定だったが、伝達ミスで1イニングと伝わっていた。それでも切り替えてよく投げてくれた。タイブレーク(無死1・2塁から)10回はバントミスで点が取れなかったが、11回は横山がいいバントを決めてくれた。(しかしもし一死2・3塁になり)ランナーが埋まっていなかったら笹原が敬遠される可能性もあったので酒井のところに代打も考えていた(実際には横山も1塁に残り無死満塁に)。笹原には外野に飛ばしてくれたら十分と思っていたのでよく打ってくれた。厳しい試合だったが、良くいえばうちらしい試合だったと思う。昨日同様、フライが多いということは変わっていない。明日は修正できるように。総力戦になると思うが、なんとか神宮に行けるようにしっかり準備していきたい」
DSC_0141


横山主将
 「今年はたくさんの投手が登板しているが、全員がしっかり役割を果たしてくれている。これまでは完投型が多かったが、夏から継投で戦っているので慣れてきた。監督さんの継投のタイミングもわかるようになってきて、気持ちに余裕も出てきた。いろんなタイプの投手がいるので、相手も絞りづらい。利点をうまく使えていて心強い投手陣だと思う。北山は調子が悪いとは僕は思わなかったが、リーグ戦から厳しい場面で投げ続けていて、メンタル面は1番強い思う。タイブレークでも2度二・三塁の場面ができたが、冷静に抑えてくれて助かった。リーグ戦を通じてビハインドからの展開が多いが、こつこつと点を取って勝つのがうちの野球。練習から粘り強く行なっている成果が出ている。フライが多いがそれは打たされているから。意識しすぎると返ってメンタル面が狂うので、つなぎの意識だけを持って行くようにしたい。反省点がたくさんあるが、今シーズンは試合を通して成長できている。今日試合に出ている4回生は自分だけなので、他の4回生を神宮に連れていくのが使命だと思っている。明日も総力戦になるが、全員がいいまとまりを持って戦っていく。」
DSC_0525


藤本投手
 「下半身と肩が張っていて状態はよくなかったが、その中でもしっかり準備してきた。肘が上がって指にボールがかからなかったのでボールがいかなかった。反省点。ベンチでしっかりストレッチをして、3回以降は修正できたのでよかった。今日の勝ちはとても大きい。あと1勝を全員で一丸となり戦う。投手も全員使っていいので、総力戦で勝つ。
(関西国際大になった場合)1回やられているので、データを見て、自分のピッチングをする。最少失点で抑え、野手には期待している。」
DSC_9623


北山投手
 「どうしても勝ちたかったので、苦しい展開だったが、勝てて嬉しい。今日のピッチング内容は70点。しっかり準備はできていた。連投で精神的な疲労があったが、リラックスして投げられた。入学してから「ストレートを磨け」と監督に言われ続け、ストレートに力を入れてきたが、形になってきた。一番自信のある球。切り替えて明日に臨む。」
DSC_0346


笹原三塁手
 「厳しい展開だったが、ピッチャーが最小失点で抑えてくれていた。(サヨナラ打)2球目、インコース低めのストレート。いつもはあのような場面になると体に力が入って、ガチガチになるが、今日はシンプルにバットに当てることだけを考えた。バットに当てれば飛んでいくと思っていた。(関国大の武次投手の印象)ストレートとスライダーを中心に攻めてくる。対戦した投手の中でもトップレベル。身長が低いのでリリースの位置も低く、ストレートは伸びてくる感じ。スライダーは途中までストレートと同じ軌道で、かなりキレがいい。コントロール良く決めてくる。明日ば勝たないといけない。個人的には野球を楽しみたい。とにかく勝つ。全力で全員で戦う。」
DSC_0614

《硬式野球部》激闘制し敗者復活2回戦進出!代打川岸の逆転2点本塁打!!

 劇的な展開で勝利を呼び込んだのは1年生コンビだった。関西地区大学野球選手権の敗者復活1回戦(=和歌山大学戦)が南港中央野球場で行われた。序盤からリードを許し苦しい試合展開だったが、7回に川岸の代打2点本塁打で逆転に成功。北山が3回3分の2を完璧に抑え5対4で勝利。敗者復活2回戦にコマを進めた。
DSC_9463


和歌山大 003 100 000 = 4
京産大  002 001 20× = 5

試合成績
1.9 山本(鳥取城北) 3打数1安打1打点
 H 9 川岸(京都成章) 1打数1安打1本塁打2打点
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数0安打
3.7 杉野 (近江)4打数3安打1打点
 7 間部
4.3 西元(福知山成美) 4打数1安打
5.8 田井中(福知山成美) 3打数1安打1四球
6.2 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1打点
7.5 笹原(福知山成美) 4打数0安打
8.4 酒井(桜宮) 4打数1安打
9.1 川辺(東山)
 H 桧垣(奈良大付) 1打数0安打
 1 長谷川(桐蔭)
 H 小薗(鳥羽) 1打数0安打
 1 紀本(富岡西)
 1 北山(京都成章) 1打数1安打

先発投手 川辺 3回 4安打2四球3三振 自責点3
2番手 長谷川 2回 4安打1三振 自責点1
3番手 紀本 3分の1 1安打1四球0三振 自責点0
4番手 北山 3回3分の2 1安打2四球4三振 自責点0

試合展開
 負ければ敗退が決定してしまう大事な一戦。先発のマウンドに上がったのは川辺だった。怪我の影響が響き秋リーグは2勝にとどまったが、四回生の経験にチームを託した。2回まで安定した投球を見せていた川辺だったが、3回に自らのミスも絡む4連打を浴び3点を献上。3回でマウンドを降りてしまう。しかし、京産大打線も負けられない。3回裏、8番酒井が左前安打で塁に出ると、1死二塁として1番山本の内野ゴロを二塁手が悪送球。1点を返すと、3番杉野が右中間を破る適時二塁打を放ち1点差に詰め寄る。4回、2番手でマウンドに上がった長谷川だったが、2死二塁から適時三塁打を浴びリードを広げられる。リーグ戦を無失点に抑え続けてきた長谷川。今秋初の失点だった。流れを引き戻したい京産大だったが、4回、5回と三人で攻撃を終える回が続きなかなか波に乗れない。その中で流れを変えたのは北山の投球だった。6回、3番手の紀本の後を受け1死一・二塁の場面でマウンドに上がった北山は、後続を二人できっちり仕留めピンチを脱すると、その裏2死一・二塁で横山が左前適時打を放ち1点差に詰めよる。7回も3人で抑えた北山にその裏打席が。普段は指名打者制を採用しているためこれが大学初打席だったが、快音を響かせた打球はフェンス直撃の二塁打となりチャンスメイク。その才能を改めて感じさせた。このチャンスをものにすべく、勝村監督は今大会当たりのない山本に代えて川岸を打席に送る。スタメンで出場することの多い川岸だが、この日は指名打者制を採用していないこともあり、ベンチスタートだった。「思い切っていこうと思っていた」と初球をフルスイングした打球は、レフトスタンドに突き刺さる値千金の代打逆転2点本塁打。ナイン総出で川岸を出迎え、一気に流れを手繰り寄せた。この流れを手放さぬまま北山が8回、9回を無失点に締め試合終了。京都成章コンビの活躍で敗者復活2回戦に進出し、神宮に望みをつないだ。
DSC_9360



コメント
勝村監督
 「北山は打撃もいいので、ベンチからも期待していた。川岸の使うタイミングを探していた。前の打者が塁に出ていたら、山本か宇都宮のタイミングで川岸を使おうと思っていた。平山コーチの助言で山本に代打を送ろうと決めた。もともと勝負強い打者だが、よく期待に応えてくれた。川辺は自分のミスから崩れてしまったので、そこを反省してほしい。3点取られた時は厳しいとも思ったが、全員でよく踏ん張った。北山は今日も落ち着いて持ち味を発揮できていた。打線はフライを打ち上げている選手が多いので修正したい。これは大きな1勝になると思うので、明日もコンデションを整えて、一戦必勝で戦っていく。」
DSC_9222


横山主将
 「初対戦の相手でデータも少なく序盤は苦戦した。リーグ優勝してるだけあってなかなか得点できなかった。それでも3回表に3点を取られたあとにすぐ裏の攻撃で2点を奪えたのは良かった。
 (6回裏のタイムリーヒットについて)2-4で負けていて流れも悪かった。田井中が追い込まれながらも粘って四球でつないでくれた。流れを変えるならここしかないと。自分で決めてやろうというきもちではなく、繋いでいこうと思っていた。
 (好投の北山くんについて)ストレートで空振りが取れる投手。緊迫した場面でしか投げてないが、堂々と一年生らしく怖いもの知らず。
 今日の試合はやるべきことがやれていなかった。(やるべきこととは?)打撃面では、つなぐことができていない。今日もフライアウトが多いことは反省点。フライは取って終わりだが、ゴロは取って投げるまである。守備面では、ダブルプレーが取れる場面で取り損ねたり、ライトセンターでお見合いしたりがあった。消極的な守備になっているので、積極的にやっていきたい。」
DSC_8871


北山投手
 「ピンチになったら登板というリーグ戦と同じ起用法だったので、ブルペンからしっかり準備はできていた。準備できていたのでバッターを抑えられたし、気持ちも切らさずいけた。今日の内容は60点。ボールが高めに入ったり、無駄な四球を出してしまったから。
 (7回の2ベース)大学では初打席。雰囲気がよくなかったので、ここで打てたらいいなくらいの気持ちで打席に立った。来た球を振ったらいいところに飛んでくれた。(2ランHRの川岸選手について)高校から一緒にプレーし、お互いに打撃・投球フォームの違いを教えあい、アドバイスし合う仲。僕が打ったので刺激を受けてHRを打ってくれたんだと思う。助けあっている。
明日の登板も僕の立ち位置は変わらないので、しっかり休んで気持ちと体、両方を準備する。」
DSC_9520


川岸外野手
 「打ったのはおそらくスライダー。打ってやろうという気持ちで思い切り振っていった。フルスイングが自分の持ち味だと思っているので、初めから長打を狙っていた。イメージ通りの打球が打てた。(北山と)二人で逆転できてうれしい。
 (スタメンを外れたことについて)悔しさというのはあまりなく、切り替えていつでも行けるように5回あたりから準備していた。初めは守備からと言われていたのでそのつもりでいたが、試合の流れが変わってきたのでそれに合わせて投手を見ながら準備した。これからも厳しい戦いが続くが全員で力を合わせて、リーグ戦同様つなぎの意識をもって戦う。」

DSC_9436


杉野外野手
 「調子事態はリーグ戦から良かった。その調子を崩さないように調整を続けた。
 (DHがないことについて)打つだけとはリズムが違う。もともと左投げ転向までは守備もしていたので打撃のリズムがつかみやすかった。転向当初はすべてが逆になるのでステップを踏むときなどに苦労したが、今では感覚をつかんだ。
 明日からも目の前の一戦一戦を一戦必勝で戦う。」
DSC_8992


先発した川辺
DSC_8889


2番手の長谷川
DSC_9130


3番手で投げた紀本
DSC_9206



《硬式野球部》関国大に完敗... 無念の完封負けで敗者復活戦へ

神宮へと続く道。関西地区大学野球選手権の1回戦(=関西国際大学戦)が南港中央野球場で行われた。関国大の好投手武次の前に放たれた安打は4本。投手陣も踏ん張りきれず4対0と痛い敗戦となった。

京産大 000 000 000 = 0
関国大 000 003 10× = 4

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 4打数0安打
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数1安打
3.7 杉野 (近江)3打数1安打
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4.3 西元(福知山成美) 3打数0安打1死球
5.9 川岸(京都成章) 3打数1安打
6.2 横山(龍谷大平安) 3打数0安打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数1安打
8.4 酒井(桜宮) 2打数0安打
 H 小薗(鳥羽) 1打数0安打
 4 川上(高知)
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 1 紀本(富岡西)
 1 湯川(久御山)
 H 梶谷(社) 1打数0安打
 1 北山(京都成章)

先発投手 藤本 5回3分の1 5安打1四球1死球5三振 自責点3
2番手 紀本 3分の2 1安打1死球 自責点0
3番手 湯川 1回 0安打1四球0三振 自責点1
4番手 北山 1回 1安打1死球3三振 自責点0

試合展開
完敗としか言いようのない試合だった。先発を任されたのは藤本。秋季リーグ中盤から調子を上げ3勝をマーク。平古場賞を受賞した期待の左腕だ。その期待通り5回まで4安打無失点と安定した投球を見せる。藤本を援護したい打線だったが、秋季リーグ7勝をあげた好投手、武次の前に5回まで2安打12三振と沈黙。試合が動いたのは6回。ここまで好投を続けてきた藤本が1死満塁のピンチを招くと、2番手の紀本がリリーフ。踏ん張りたい場面だったが犠飛と右中間を破る2点適時二塁打を許し3点を失う。7回から登板した湯川も1死三塁から犠飛で痛い失点。打線も直球と変化球を巧みに操る武次の前にに手も足も出ず、終わってみれば4安打16三振。三塁ベースを踏むことが出来ず4対0で敗北した。しかし落ち込んでもいられない。まだ神宮への道は残っている。4年前、京産大が初めて神宮大会に出場した時も、初戦に敗れてからの3連勝だった。この結果に気落ちすることなく、これまでのような粘りの京産の持ち味を発揮してもらいたい。
DSC_8652

DSC_4776

DSC_8748

DSC_8488



コメント
勝村監督
「なかなか打線が繋がらなかった。(相手の)武次君はいい投手。スライダーが低めに決まっており、その見極めができていなかった。中盤は直球も決まり出し、振り送れていたのでポイントを前にするよう指示を出したが、攻略することができなかった。藤本は5回までは良かったが、6回から球が浮き出した。継投は流動的だったが、紀本、湯川のリレーは決めていた。ロースコアだったので守りを固める為に杉野を交代させた。今日気持ちを整理して敗者復活から勝ち上がり代表をかちとりたい。」
DSC_8714


横山主将
「なんとか1点をと思っていたが、安打4本となかなか打ち崩せなかった。直球と思って打ちに行った球がスライダーやチェンジアップだったりと振らされていた。狙った球でも芯で捉えることができなかった。藤本に申し訳ない。
(先発の藤本について)5回まではいい投球だったが、80球を超えたあたりからどうしても球が上ずり抜け球も多くなってしまう。まだ2回生なので今後の課題。
4年前神宮に行った時も一度負けてから3勝した。一度負けたら終わりと気負うことなく、今まで通り粘りの野球で戦っていく。」
DSC_4578


藤本投手
「ストレートは走っていたが、変化球でカウントを取れず、ストレートに絞られて捉えられてしまった。中盤は変化球も決まるようになり、楽に抑えられた。6回は先頭打者に死球を与えてしまったことが反省点。(DH制なし)バント練習はしっかりしてきた。相手投手がいいので、バッティングはまっすぐ一本に絞り初球からどんどん振っていこうと思っていた。変化球は手が出なかった。0点で勝つことはないので、1.2点取ってもらって0で抑えられたらよかった。もう勝つしかないので、一丸となり守り勝つ野球で1つずつ勝っていく。」
DSC_8437


紀本投手
 「絶対に抑えないといけない。抑えないと次のチャンスがないと思ってマウンドへ上がった。1点でも取られたらヤバいと思って投げていた。リーグ戦終盤(調子が悪い時)から気持ちを変えることができなかった。ストレートで決めに行ったところをすみきれずに真ん中に入って。体の調子自体は良かったが気持ちの面で…リーグ戦は調子良くなくて最近はマシになってきていたが、気持ちの面で悪いところが出てしまった。もし出番があったら今までのミスは忘れて勝負できたら。」
DSC_8669
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ