京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

硬式野球部

《硬式野球部》ライバル大商大に惜敗

 9月18日(月)、関西六大学野球秋季リーグ第3節・大阪商業大学1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。京産大は3回に3点を先制するが、追加点を奪うことができず逆転負けを喫した。
DSC_1270


大商大 000 201 001 = 4
京産大 003 000 000 = 3

1(七)杉野
2(二)川上
3(三)笹原
4(指)西川
5(一)西元
6(中)田井中
7(捕)横山
  走 橋本
8(遊)森
9(右)間部
  打 梶谷
川辺、宮所ー横山
DSC_0891


【試合展開】
先取点を上げたのは京産大だった。3回裏、相手のミスから一死1,3塁のチャンスを作ると、3番笹原が難しい球にうまく反応しセンター前へ先制点をもぎ取った。この後4番西川、6番田井中にもタイムリーヒットが飛び出しこの回3点を奪った。投げては先発の川辺が7回3失点(4回に2点、6回に1点)と試合を作るが、打線が3回以降得点することができなかった。同点で迎えた9回表。二死から3連打を浴びて1点を勝ち越される。最終回、京産大は二死1,2塁のチャンスをつくるも得点することはできず惜敗を喫した。
DSC_1041
DSC_1052
DSC_1094
DSC_1099
DSC_1119
DSC_1113


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「立ち上がりは良かったが得点された回は力みが出てしまっていた。(打線は3点を先制した)3回は相手のミスから得点できたが、そのあとは押し切れることができず追加点が取れなかった。(追加点が取れなかった原因は)左打者が左投手をとらえられなかった。エラーとして記録されているわけではないがカットまで投げなかったことによって進塁を進めたりしてしまった。本当に紙一重だと思う。明日勝ってタイに持ち込みたい。」
DSC_1173


横山裕也捕手
「3回に3点を取って守りに入ってしまったかなと思う。投手も頑張っていたが得点を奪えなかった。相手は(大商大)9回二死から1点をもぎ取った。うち(京産大)は得点できなかった。少しの差だが1点が重かった。(横山選手は3安打)自分は打撃よりも守備。打撃ばかりに意識をおいているわけではないが、自分が打つことによってチームに点が入ればいい。今日は今日、明日は明日で、勝てるようにやっていきたい。」
DSC_1251


川辺凛投手
「先制されないよう攻めの気持ちで投げた。3点取ってもらった後は守りに入ってしまい、ボールを置きにいってしまった。
今日は変化球もストレートもよく、四球が無かった。これまでやってきた事がでた試合だった。」
DSC_1214




先発した川辺投手
DSC_0987


2番手で登板した宮所投手
DSC_1316


先制打を放つ笹原選手
DSC_1040


適時打を放つ西川選手
DSC_1097


3点目となる適時打を打った田井中選手
DSC_1115


3安打の活躍をみせた横山選手
DSC_0932



次戦は9月19日第3節大阪商業大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われます。12時30分試合開始予定です。
DSC_0872













《硬式野球部》完封勝利!連勝で大経大から勝ち点

9月13日関西六大学野球秋季リーグ第2節・大経大2回戦が明石トーカロ球場で行われた。湯川が完封勝利を飾って今秋3勝目。2連勝で大経大から勝ち点を獲得した。
湯川2


大経大 000 000 000 = 0
京産大 100 100  00× = 2
(京)湯川ー横山
(経)西、新谷ー小田、福田
【得点シーンハイライト】
〈1回裏〉
二死3塁から4番西川がセンターへ適時打を放って先制
〈4回裏〉
この回先頭の3番笹原がショートへの強襲ヒットを放つと、続く4番西川が送りバントを決める。さらに相手のミスがあり、一死3塁のチャンスを作る。ここで5番西元のタイムリーヒットで1点を追加した
西川
西元

スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.三塁手 笹原
4.指名打者 西川
5.一塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手 湯川
田井中

【試合展開】
8回二死までノーヒットピッチング、先発・湯川が素晴らしい投球を魅せた。
最大のピンチは8回、先頭打者を四球で出してしまう。二死まで漕ぎ着くもランナー2塁のピンチ。ここで大経大は代打を送り勝負にでる。打球はショートの横を抜けセンターへ、この試合初めてのヒットを許す。セカンドランナーは迷わず、ホームに突入。しかしセンター田井中が寸分の狂いもないバックホーム、タイミングはアウトかと思われたが捕手・横山のタッチでランナーをアウトにした。ヒットは許したものの得点は奪われず、湯川の完封劇を終わらせなかった。
一方の打線も1回に4番西川、5回に5番西元の適時打で1点ずつを奪った。春季リーグで2連敗を喫していた大経大から2連勝で勝ち点を獲得した。次戦はいよいよ大商大戦。近年、優勝を争うライバル大商大から勝ち点を獲得すれば、優勝が見えてくる。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「出だしは良くなかったが、3回からは上手く修正できていた。(8回途中までノーヒットで抑えれたのは)ここ最近、本人の取り組みがしっかりしているから。9回は気持ちのこもった投球だった。ナイスピッチングだったと思う。4番西川.5番西元はワンチャンスをものしてくれた。8回の田井中のバックホームは横山のタッチが上手かった。日頃から平山コーチがノックをしてくれているおかげ。練習の成果が出た場面だった。(大経大は春に負けている相手)やられっぱなしではダメだという話は選手にしていたが、自分たちのやるべきことをしっかりやるだけだった。(次は大商大)相手がどうこうよりも自分たちがいかに精度高くできるか。2日しかないがしっかり整えて臨みたい。」
監督


湯川翔太投手
「(8回二死までノーヒットピッチング)いつか打たれるとは思っていたが、8回までくると意識してしまった。意識しないほうが良かったのかもしれない。立ち上がりは変化球が抜け、ストレートがシュート回転していてよくなかったが修正できた。野手がしっかり守ってくれているので、安心できる。打たせてとることができた。(自分が)大商大からは勝星を挙げられていない。最少失点でいきたい。」
_DSC0036

湯川


横山裕也捕手
「ブルペンから状態が良くはなかった。修正できたので良かった。(8回田井中からのレーザービーム)捕手としてタッチの練習はしている。湯川が頑張っていたので絶対に得点されたくないと全員思っていた。その強い気持ちでアウトにできたと思う。神院大2回戦では同じ場面で自分がボールを後ろにそらして得点されてしまった。2度も同じミスはできない。(次戦について)相手は関係ない。一つ一つ自分の役割をこなしていくだけ。」
横山




次戦は、9月16日(土)わかさスタジアム京都で第3節大商大1回戦が行われます。10時試合開始予定です。
_DSC0101


《硬式野球部》9回猛追されるも逆転は許さず、大経大に勝利!

 9月11日関西六大学野球秋季リーグ第2節・大経大1回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は前半で5点のリードを奪って勝利!春季リーグで2連敗した大経大に雪辱を晴らした。
_DSC0232


大経大 000 000 003 = 3
京産大 001 400 00× = 5
(京)川辺、宮所ー横山
(経)平田、新谷ー小田
【得点シーンハイライト】
3回
8番横山が出塁し、9番森の犠打と1番杉野の犠飛で二死3塁のチャンス。ここで2番川上がライトへ適時打を放って先制する。

4回
二死満塁から1番杉野が死球を受け押し出しでまず1点。続く2番川上が2点適時打、3番笹原も適時打を放って4点を奪った。
_DSC0108


スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.三塁手 笹原
4.指名打者 西川
5.一塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手川辺
_DSC0231

_DSC0251

_DSC0125


【試合展開】
非常に早いテンポで進んだこの試合、京産大が序盤で試合を決定づける。4回に打者一巡の猛攻、4点を奪った。投げては先発の川辺が7回以外は毎回ランナーを出す展開だったが、粘りの投球で8回まで無失点で抑える。9回表途中、1点を取られた場面で降板となるが川辺には拍手が送られた。変わった宮所が2点を失い、猛追されるも逆転は許さず。試合所要時間1時間59分と高速試合で大経大からまず1勝を手にした。
_DSC0101

_DSC0118


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は8回までほぼ完璧だった。前回2回で降板させられて、ショックだったと思うがよく気持ちを切り替えて準備してきてくれた。9回は試合を締めることの難しさを痛感したと思う。
打線はきっちり繋いで得点できている。2番の川上が打点も上げているが、繋ぎ役としてやっている。明日、勝たなければ意味がない。しっかり戦っていく。」
_DSC0241


川上
「例年になく調子がいい。1,2番が出塁すれば、おのずと打線は繋がってくる。エラーが少し多いのはプレッシャーがあってのことだと思う。自分がもっとアドバイスしていければ。川辺は気持ちよさそうに投げていたので、守備から崩れないようにと思っていた。今日の勝ち方(9回に3失点)はあまり良くない。一戦必勝でやっていきたい。」
_DSC0182


川辺
 「前回の神院大戦で2回で降板してしまい、チームに申し訳ない投球だった。今日まで自分を見つめ直し、初心に戻りアップから集中して練習してきた。
9回に打たれたのは、集中が切れたわけではないが、甘さが出てしまった。
今日はカーブがよかった。また先頭打者、四球を出さなかったことがよかったところ。
明日勝ち2連勝で、大商大戦につなげたい。」
_DSC0017


次戦は9月12日(火)大経大2回戦が明石トーカロ球場で12:30試合開始予定です。
_DSC0066


神院大から勝点!エース湯川が完投で今秋2勝目

 9月8日、関西六大学野球秋季リーグ第1節・神院大3回戦が南港中央公園野球場で行われた。京産大は先発の湯川が9回を2失点でまとめ完投。今秋2勝目を挙げた。
湯川


京産大 110 000 020=4
神院大 000 000 020=2
(京)湯川ー横山
(神)大熊、岡本ー宮本

スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.三塁手 笹原
4.指名打者 西川
5.一塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手湯川
_DSC0059


【試合展開】
 リーグ4位に終わった春からワンランク成長したマウンドさばきを見せる湯川がチームを引っ張る。この試合も7回まで相手打線を3安打に抑える。
 一方の打線は初回に5番西元の犠飛で1点を先制すると、2回にも1番杉野のタイムリーで前半に2点を奪った。3回以降は投手戦が続き追加点を奪えない。しかし8回表2番川上、3番笹原がヒットで出塁しチャンスメイクすると4番西川の犠飛で1点。さらに5番西元が一死3塁からライトへしぶとく運びこの回2点を奪った。西元はこの試合2安打2打点と存在感を魅せた。
 先発の湯川は8回に甘さが出たか2点を失うが、9回は3人で抑えてゲームセット。湯川は今秋は2度目の完投勝利で2勝目。さらにチームは勝ち点を獲得した。
_DSC0039



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「湯川のボールは強さもキレもあるが、いつもつめの甘さがでる。今日も7回まで完璧に抑えながら、8回に2点を奪われた。湯川は夏の間、体幹トレーニングなどを積んで良くはなったが、まだ弱さが見え隠れする。
2回戦が終わってからの4日間はしっかりと勝ち点を取るために練習してきた。
前半にもう少し点を取ることができていればよかった。中押し点が取れなかった。」
_DSC0130


西元正輝選手
「リーグ戦が始まってから調子がいい。色々なポジションを守るのは難しいが、しっかり練習して守れるようにしたい。こないだ(3日に行われた2回戦)は一死満塁からダブルプレーだった。今日は決めに行くというよりは、後ろにつなごうと考えていた。外野フライで1点でもよいと思っていた。落ち着いて打席に立つことができた。春は4番ということもあって長打を意識したりもしていたが、今秋は自分の長所であるミート力を意識している。西川、田井中、笹原とみんな打っているので負けられない。1,2年生の若い力でチームを底上げしていきたい。」
西元


西川選手
西川


湯川投手
湯川(2)


この試合2安打を放ったリードオフマン杉野選手
杉野


主将代理としてチームを支える横山捕手
横山



次戦は9月11日、明石トーカロ球場で第2節・大経大1回戦が10時より行われます。
_DSC0001





延長タイブレークに持ち込むも、神院大に惜敗

 9月3日、関西六大学野球秋季リーグ第1節・神院大2回戦が南港中央公園野球場で行われた。最大6点差を追いつき、タイブレークに持ち込むも逆転することはできず惜敗。勝ち点獲得はは3戦目に持ち越しとなった。
_DSC0009


神院大 020 220 002 1=9
京産大 000 010 025 0=8
【得点シーンハイライト】
〈5回〉
3番笹原の犠飛で1点を返す。
〈8回〉
6番田井中のタイムリーヒット、7番岡村の犠飛で2点を奪う。
〈9回〉
2番川上、5番西元、6番田井中と3本の適時打を集め3点。さらに7番岡村の犠飛と相手のエラーで1点ずつをもぎ取って同点に追いついた。
_DSC0239


スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.遊撃手 笹原
4.一塁手 西川
5.三塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.指名打者 小薗
9.捕手 横山
先発投手川辺
_DSC0007


 京産大は序盤ミスから失点を許し、5回で6点差をつけられる。それでも簡単には負けないのが京産大。5点差で迎えた9回裏の攻撃は打者一巡で5点を奪って追いついた。延長10回タイブレークの末敗れはしたものの粘り強い戦いを魅せた。


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「前半の失点はいい形での失点ではなかったので反省したい。9回に追いつけたのは、粘れるようになってきている。負けて悔しいが力は出てきていると思う。次に繋げたい。西元は今日、1番当たっていた。最後は仕方ない。ミスがでた部分は今後修正していきたい。」
_DSC0034


横山裕也捕手
「守備でミスがでてしまった。バッテリー間でも立ち上がりが悪かった。それでもビッグイニングならなかったのは大きいと思う。雰囲気は悪くなくて、まだまだ逆転できると思っていた。打者も三者凡退は少なかったと思う。あと1本がでなかった。9回追いついたのに勝ちきれない。3回戦までの間で技術的に大きく進歩することはない。足元をしっかり見つめなおしていきたい。」
_DSC0023


西川寛崇選手
「(8回のヒット)自分が先頭で出て、後ろに繋ぐことを考えていた。ヒットで繋げられてよかった。
今日はみんなの気持ちが1つになったことを特に感じた試合だった。
しっかり準備し、次戦に臨む。」
_DSC0115


西元正輝選手
「点差が開き厳しい試合だったが、打線は繋ぐ意識を持っていた。同期や下級生に負けたくない気持ちがある。打撃の底上げができてきていると思う。
次戦を勝ち、勝ち点を取りにいく。」
_DSC0195


田井中選手
_DSC0221


1年生ながら2番手としてこうリリーフを魅せた紀本投手
_DSC0060


3番手としてマウンドに上がった宮所投手
_DSC0086


5回裏犠飛を放つ笹原選手
_DSC0090


9回裏の同点劇の流れを作った川上選手
_DSC0173


延長タイブレーク一死満塁のピンチを1点に抑えたエース湯川
_DSC0258



次戦は9月8日南港中央公園野球場にて第1節・神院大3回戦が行われます。
_DSC0002

INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ