京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

硬式野球部

友だち追加

《硬式野球部》大経大に完勝!

関西六大学野球春季リーグ戦・第4節・大経大戦第1戦が4月21日にほっともっとフィールド神戸で行われ、京産大は4-0で大経大に勝利した。

京産大 000100111=4
大経大 000000000=0

【得点シーンハイライト】
京産大
4回表 笹原のタイムリーヒットで1点
7回表 山本のタイムリーヒットで川岸が生還し1点
8回表 相手投手のミスで杉野が生還し1点
9回表 川上のタイムリーヒットで横山が生還し1点


スターティングメンバー
1(右翼手) 山本
2(二塁手) 川上
3(左翼手) 杉野
4(一塁手) 西元
5(三塁手) 笹原
6(中堅手) 川岸
7(遊撃手) 木村
8(D)  梶谷
9(捕手)  横山
投手 湯川

《試合展開》
両校三回までチャンスを広げられず無得点が続いたが、4回表の京産大の攻撃、笹原のタイムリーヒットで一点先制。4回裏の守備では、二死満塁のピンチを迎えるが湯川が粘り無失点に抑える。
その後は両校無得点が続いていたが、7回表の京産大の攻撃、山本のタイムリーヒットで川岸が生還し一点追加。勢いに乗った京産大はそのまま8回と9回の攻撃で連続得点。湯川のピッチングも終始大経大の攻撃を抑え込み、4-0と大経大を抑え込んで勝利した。

《試合後コメント》
勝村法彦監督
「序盤で球数が多くなり、粘られたが後半持ち直していたので安心してみていられた。ベンチからもいい声が出ていて、選手達が集中してできていた。一戦一戦良くなっている、流れを引き寄せていこうと話した」

笹原大虎選手
「(タイムリーについて)来た球を思いっきり打とうと思っていた。相手の内野が前進してきていたので、強い打球を積極的に狙っていた。序盤はボール球に手が出てしまっていたが、徐々に慣れ打てるようになった」

湯川翔太選手
「先頭打者に意識を向け、丁寧にしすぎて空回りしていた。6回からテンポを意識するようになり、うまくいった。立ち上がりも自分がしっかりと投げて勝てるようになりたい」

山本貴也選手
「結果は出ているが、そんなに自分に力があるわけではない。塁に出て1番バッターの仕事を果たすことが自信になっている。明日も絶対に落とせない。自分はまだ1年生。先輩に責任を果たしてもらい、自分は力を出し切るだけ」

川岸裕太郎選手
「当たりは良くなかったが強く打とうと考えていた。コーチからはしっかり決め球を振るように言われていた。初先発で力みがちだったが雰囲気は悪くなかった。チャンスで続けられなかった。流れを止めてしまった。流れを続けるように気楽にやっていけたらと思う。明日も勝って勝ち点1を取りチームに貢献できればと思う」

DSC_3866
三塁に回りチャンスをつくる

DSC_4120
生還し喜び合う

DSC_6327
大経大を抑えきる湯川投手

DSC_3986
京産打線が火を噴いた

【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》主将・横山が3安打猛打賞!大院大から連勝で勝ち点獲得

 4月16日関西六大学野球春季リーグ第3節vs大院大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。延長10回裏に京産大が相手のミスから得点を奪い、サヨナラ勝ちを収めた。
_DSC0108


大院大 000 010 010 0 = 2
京産大 000 010 010 1× = 3

【得点シーンハイライト】
大院大
5回表 8番安田のソロホームランで1点
8回表 二死1塁から8番安田のセンターオーバーの適時打で1点

京産大
5回裏 二死満塁から4番西元がデッドボールを受け1点
8回裏 一死から代打・川岸がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁。二死1,2塁となり、9番横山の適時打で1点


スターティングオーダー
1.右翼手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.中堅手 田井中
代打(中堅手) 川岸
7.DH 西川
代打(DH) 梶谷
代打 酒井
8.遊撃手 木村
代打 長瀬
(遊撃手) 森
9.捕手 横山
P 川辺(5回)→宮所(5回0/3)→湯川(1回)


【試合展開】
 15日は雨で順延となり、14日に行われた1回戦から1日空いて迎えた今日の2回戦、京産大は連勝での勝ち点獲得を目指していた。先発の川辺は立ち上がり緩急をつけた投球で相手打線を寄せ付けない。しかし5回表、高めに浮いたスライダーを大院大8番安田が見逃さず、ライトスタンドへ一直線。先制点を許した。すると直後の5回裏、一死から9番横山かツーベースヒットでチャンスメイク。その後、二死満塁となり4番西元がデッドボールを受け押し出しで同点に追いついた。
 6回表からは宮所がマウンドへ。8回表に二死から連打で1点を失うが、直後の8回裏に二死1,2塁から横山適時打で再び同点に追いついた。宮所は10回途中までに6つの四球を出すものの相手打線を1点で凌いだ。9回を終え同点、京産大は今季2度目の延長戦に突入した。10回表、無死一塁でマウンドへ上がった湯川も何とか無失点で切り抜けた。
 すると10回裏、ここまでノーヒットの4番西元は「チャンスで打てていなかったが、投手が変わっていたので切り替えることができていた」と無死から低めの球に上手く合わせ、サヨナラのランナーとなる。続く5番笹原は送りバントを決め一死2塁。さらに先ほどど打席レフトオーバーを放っている川岸は四球を選び一死1,2塁のチャンスを作る。ここで再び勝村監督が酒井を代打に送る。酒井の打球はショートへ、ダブルプレーかと思われた。しかし酒井は必死に1塁へ全力疾走。この酒井の足が相手セカンドにプレッシャーを与えたのか、ファーストに転送されたボールは1塁側ベンチの方へ転がる。その間に2塁ランナーの西元がサヨナラのホームを踏み、勝利を収めた。
 9番横山、1番山本、2番川上の調子がよく、チャンスでクリーンナップに打席が回ることの多い打順であるだけに、3,4,5番の一打に期待が大きくかかる。しかしどんな形であれ、大院大から連勝で勝ち点を取れたのは大きい。優勝するためにも2連勝で勝ち点を一つずつ獲得することが必須である。
_DSC0152



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「前半は相手投手を掴み切れなかった。右打者はチェンジアップに、左打者は外のボールに苦労した。川岸は長打力もあり、左投手にも強い打者、良く打ってくれた。川辺は前半は良かった。5回までホームランだけ最少失点で切り抜けた。宮所は少し力んでいた。前に行くしかないので、2連勝できたのは大きい。」
_DSC0123


横山裕也主将
「(2連勝)まずは安心した。(猛打賞について)打ってやろうというよりも、最少失点で切り抜けていた投手陣を援護したいという気持で打席に立っていた。川辺は入りは良く、粘りで抑えていた。優勝するためには勝ち点4が必要。このことはチーム全員がわかっている。次の土日に向けいい準備をしたい。」
_DSC0121

3安打猛打賞と大活躍
_DSC0128

_DSC0133


川辺凛投手
「変化球で打たせていくことを心掛けていたが、5回のホームランはスライダーが少し高めに抜けてしまった。1回戦は湯川が完投して、今日は自分と宮所でと思っていたができなかった。野手のおかげもありなんとか勝利できた。先発でも中継ぎでも任されたところをしっかり0で抑えることが全国につながっていくと思う。」
_DSC0011


宮所広輔投手
「審判にストライクをとってもらいたいところをとってもらえなかった。気持ちを切り替えればよかったけど力んでしまった。満塁になってからは思い切り投げようと切り替えた。8回は甘く入ってしまった。基本はまっすぐで変化球も混ぜながら。最後まで投げたかった。次からは湯川さんと川辺さんのあとに自分が出ると思うから最後まで投げきりたい。」
_DSC0111


西元正輝選手
「チャンスで打てなかったけど、ピッチャーが変わったから絶対出てやろうと切り替えた。1,2番がでてくれるけどそれ以降が出れないのは反省。チャンスだからとメンタル的にも力んでしまっているから克服したい。」
_DSC0141




【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~



《硬式野球部》大院大に完勝!

関西六大学野球春季リーグ戦・第3節・大院大戦第1戦が4月14日にわかさスタジアムで行われ、京産大は7-1で大院大に勝利した。

京産大 100004110=7
大院大 010000000=1

スターティングメンバー
1(右翼手) 山本
2(二塁手) 川上
3(左翼手) 杉野
4(一塁手) 西元
5(三塁手) 笹原
6(中堅手) 田井中
7(D) 西川
8(遊撃手) 木村
9(捕手) 横山
投手 湯川

《試合展開》
京産大の一回表の攻撃、笹原の犠牲フライで先制するが、満塁のチャンスを活かせず追加点を奪えない。
投手湯川も自身の決め球が入らず、二回裏で大院大に得点を許し、同点に追いつかれる。
両校無得点が続いていたが、六回表の京産大の攻撃、二死のピンチから四連続得点。試合を決定づける大量得点だ。
湯川のピッチングも調子が上がる。安定感が増し、大院大の攻撃を完全に抑え込む。
勢いに乗った京産大はそのまま七回と八回の攻撃で連続得点。7-1と大院大を抑え込んで勝利した。

《試合後コメント》
勝村法彦監督
「前半はチャンスを作ってもここ一本が出ず苦しんだ。京産らしさが出ず、拾ったような勝ちだった。しかし、笹原や杉野の打撃の調子が戻り、途中から安心できるゲームだった」

横山裕也主将
「一節落としたが、チーム全体で進むしかないという気持ちで入った。試合中先制してから逆転されることが多かったので、緩みや抜け、このまま負けるのではないかという雰囲気があったので、練習中から一切甘えを出さない、一つ一つの練習に出し切ることをテーマに挙げて取り組んできた。今は自分たちが最上級生なので、自分たちがやるべき役割をしっかりやっていきたい」

湯川翔太選手
「序盤は気持ちが空回りしていたが、六回からは自分のピッチングができた。練習ではアップなどトレーニングやランニング、体幹など基本的なところをしっかりとやってきた。最上級生として負けられない」

DSC_2855
試合前に円陣を組む選手たち

DSC_3371
生還し喜び合う

DSC_3532
大院大を抑えきる湯川投手

DSC_3113
京産打線が火を噴いた

【今後の日程】
第3節(わかさスタジアム京都)
4月15日 大院大2回戦 10:00~

第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》サヨナラ負けで勝ち点逃す

 関西六大学野球春季リーグ戦・第1節・神院大戦第3戦(3日、南港中央公園野球場)は、3-3の9回2アウト2塁から3番手川辺がセンターオーバーのサヨナラヒットを打たれ勝ち点を逃した。例年より長いキャンプを行い、守備力を強化して挑む今シーズン。開幕カードを落とし、4季ぶりの優勝に暗雲が立ち込める。

京産大 030 000 000 = 3   楠本
神院大 100 001 101 = 4×  川辺

京産大
1(右) 山本
2(ニ) 川上
3(D) 杉野
4(一) 西元
5(三) 笹原
6(中) 田井中
7(左) 桧垣
8(捕) 横山
9(遊) 木村

先発 湯川 1回2/3 1失点
2番手 宮所 4回1/3 1失点
3番手 川辺 3回2/3 2失点

【試合経過】

 1回裏 先頭打者に二塁打を許す。バントで三塁までランナーが進み、4番にタイムリーを打たれる。 京産大 0-1 神院大

 2回表 先頭の西元が出塁し笹原がバントで進める。続く6番田井中はライト前へタイムリーを放つ。初スタメンの7番桧垣はレフトへのヒットを打つとすかさず盗塁。1アウト2.3塁から横山のタイムリーで2人が還り、勝ち越しに成功。 京産大 3-1 神院大

 2回裏 2アウトから二塁打を打たれたところで、先発の湯川に代えて宮所をマウンドへ。後続を打ち取りこの回は無失点で切り抜ける。 京産大 3-1 神院大

 6回裏 1点を失い1点差に詰め寄られる。 京産大 3-2 神院大

 7回裏 この回から3番手川辺がマウンドへ。代わり端1点を失い同点に。 
     京産大 3-3 神院大

 9回裏 2アウト2塁から甘く入った球を打たれ、フェンス直撃のサヨナラヒット。
     京産大 3-4× 神院大


DSC_2522
△二盗を決める山本

DSC_2531
△ピンチで力投する川辺



【コメント】

 横山「9回表に得点できず流れが悪いのは分かっていた。先頭打者を三振で抑えたのは良かったが、次の9番打者に四球を出してしまった。攻めた結果の四球ではなかったので悔いが残る。今までやってきた取り組みは間違っていない。細かい部分を見直していきたい。相手はチャンスで打っていたが、うちのチームはチャンスで打つべき人が打てなかった。違いはそれだけだと思う。その差を埋めるには、技術なのか、気持ちなのか、個々で分かっていると思う。やるべきことをやっていく。」

川辺「湯川、宮所のあとでしっかり助けようと思っていた。打者を押して行って、しっかり投げようとしていたが、今日も出てきてすぐ得点されてしまった。四球が失点に絡んだのは良くない。力を込めて投げていたつもりだが、真ん中に行ってしまった。次まで間が空くのでしっかり準備して頑張る。」

杉野「上級生になって、背中で魅せていかないといけないと思い、意識していないつもりではいるが、プレッシャーがある。気負い、力みがあるのかもしれない。次からも引っ張っていけるように、勝ちます。」

勝村監督「守りを固めるために1年生の桧垣を初めてスタメンで起用した。中盤以降はもっと貪欲に点を取りに行くべきだった。湯川はコンディション不良で状態が悪かったので早めに交代した。次戦に影響はない。今日のMVPは2盗塁を決めた山本。3戦連続のスタメン起用で緊張が取れてきており、自分の持ち味を出せていたと思う。サヨナラ負けだが、ベンチの雰囲気は悪くない。優勝の可能性もまだまだあるので、次節もしっかり戦っていきたい。」


次戦は大阪学院大戦で4月14日12時30分プレーボールです。会場はわかさスタジアム京都に移ります。応援よろしくお願いします。

京産大アスレチック公式Instagram近日スタート!乞うご期待ください。




 

《硬式野球部》緊急会議‼京産大優勝への鍵は⁈

4月3日、関西六大学野球は第1節全試合が終了、どの試合も予想を大きく裏切られ、波乱の幕開けとなった。昨秋、全勝優勝を成し遂げ京産大のライバルである大商大は、大経大から勝点を落とした。京産大からすれば、優勝大本命と言われるライバル大商大がつまずき、優勝を掴むチャンスが転がり込んだ。しかし大商大同様、苦戦を強いられたのは京産大も同じだった。
_DSC0081

(湯川の信頼は今春も抜群。)
_DSC0095

(神院大2回戦では7回途中から好リリーフでチームを勝利に導いた。)


 川辺はマウンドから打球の方向を見つめ、茫然としていた。
 勝点を取るべく、勝たなければ意味がないと望んだ3回戦だったが、まさかのサヨナラ負け。2回表に逆転し勝っていたにもかかわらず、追加点が奪えない。9回表には四球と相手のミスで、二死ながら満塁のチャンスを作るも、席に入った4番西元のバットから快音を聞くことはできなかった。するとその裏二死2塁からセンターオーバーを打たれ、サヨナラ負けを喫した。
_DSC0108


 振り返れば1、2回戦も厳しい試合だった。神院大1回戦、序盤は先発のエース湯川が完璧な立ち上がりをみせ、試合を作った。3回表に1点を先制するもそれ以降得点ができない。逆に神院大は少ないチャンスをものにし6回に逆転。京産大は逆転負けを喫した。2回戦も序盤は1回戦と全く同じ展開、9回裏二死カウントツースリーまで追い込まれたが、なんとか1点をもぎ取り延長戦に持ち込む。延長15回タイブレークで1年生ルーキー川岸がサヨナラ打を放った。なんとか勝利したが、満足できる試合運びではなかった。
 神院大に1勝2敗で勝点を落とし、早くも優勝に黄色信号が灯った京産だが、決して投手陣や3,4番のクリーンナップだけが悪いわけではない。湯川や川辺も大量失点を喫し大崩れすることはない、杉野や西元もヒットは出ている。ではどうすれば勝てるのか。打開策はあるのか。

 神院大3回戦の試合後、インタビューを終え主将の横山選手が話してくれた。「ちょっとスコア見せてください。うーん、今日の試合序盤は、ヒットも出てて得点もできてるんですよね。でも後半がね…」。開幕3試合中2試合は京産大が先制点を挙げている。さらにここまでの総得点9点のうち、試合序盤の3回までに6得点している。こことから序盤は、試合を優位に進めながらも追加点が奪えず、逆転負けを喫している傾向にある。
 試合後半もチャンスを作れていないわけではない。あと1本がなかなか出ないだけなのだ。3回戦では6~9回まで毎回スコアリングポジションにランナーを置いておきながら、ことごとくあと1本が出なかった。「打つべき人が打てば勝てるんですよ」と横山、まさにその通りだった。2回戦から1番に座るルーキー山本の調子がよくチャンスメイクできる能力があるだけに、クリーンナップがいかに山本を返すかが試合後半に得点する鍵となってくる。

 チーム目標である日本一を成し遂げるにはこんなところで躓いている場合ではない。“負けに不思議な負けなし”というように一球の重み、一打席の重みが4季ぶりの優勝に大きく関わってくる。リーグ戦はまだまだ始まったばかり、京産大の巻き返しに期待したい。





2回戦で代打で出場すると、翌日の3回戦ではスタメンの座を勝ちとり初安打を放った桧垣。
桧垣


2回戦、延長15回タイブレークでサヨナラ打を放った川岸。
川岸


1年生ながら開幕スタメンを勝ち取ると、2回戦からは1番に座る山本
山本



【今後の日程】
第3節(わかさスタジアム京都)
4月14日 大院大1回戦 12:30~
4月15日 大院大2回戦 10:00~

第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~




石丸一真

《硬式野球部》川辺、気迫のリリーフ!ルーキー川岸サヨナラ打

 4月2日、関西六大学野球春季リーグ戦・第1節VS神院大2回戦が南港中央公園野球場で行われた。延長15回タイブレークとなった試合にルーキー川岸が終止符を打った。
_DSC0229


神院大 000 200 100 000 010 = 4
京産大 110 000 001 000 011 = 5×

スターティングメンバー
1右翼手 山本
2二塁手 川上
3左翼手 杉野
4一塁手 西元
 捕手 西元
5三塁手 笹原
6中堅 田井中
7DH 西川
 代打 桧垣
 代打 梶谷
 代走 片山
 代打 川岸
8捕手 横山
 代打 酒井
 一塁手 長瀬
9遊撃手 木村
先発投手 宮所

《試合展開》
3時間半にも及んだ試合の最後は、京産大の劇的なサヨナラ勝ちで幕切れとなった。
前日に行われた1回戦同様、京産大は1回に西元、2回には横山が適時打を放ち幸先よく先制点を奪った。しかし4回表に2点を失い同点、さらに7回表にも1点を奪われ逆転されてしまう。負ければ勝点を落とす大事な一戦、京産大ナインは諦めていなかった。9回裏ヒットと四球で二死満塁とし、打席には4番西元が入る。二死満塁カウントツースリー京産大は崖っぷちまで追い込まれていた。しかし西元が冷静に四球を選び同点、土壇場で延長戦に持ち込んだ。
投げては7回途中から宮所のあとを受けた川辺が気迫のピッチングを披露。三者連続三振を奪うなど、京産大に再び流れを呼び戻した。延長13回でも決着がつかずタイブレークに入る。今春から無死1,2塁、継続打順で始まるタイブレーク。延長15回裏、京産大は1塁ランナー西元、2塁ランナー杉野、打者笹原で攻撃を開始した。笹原はきっちりバントを決め、続く田井中は宣告四球を受け1塁へ。一死満塁のチャンスで打席には途中出場のルーキー川岸が入った。「前の打席でスライダーをサードゴロにしてしまったので、逆方向を意識していた」と川岸は狙い通りライトへサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。
試合後、勝村監督も「総力戦だった」と語るように7人もの選手が途中出場で役割を果たした。今日の勝利で神院大との対戦成績を1勝1敗の五分とし、勝点は明日の3回戦へ持ち越しとなった。
3連戦となるが、京産大には今日の試合で登板がなかった湯川や、リリーフで実績のある左の島西など十分余力を残している。優勝するには神院大から勝点を落とすわけにはいかない。V奪還へ戦いはまだ始まったばかりだ。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は気持ちがこもっていたし、川岸もよく頑張ってくれた。今日は総力戦だった。西元は普段から捕手の練習もしているので、横山がベンチに下がったときは西元と決めていた。宮所から川辺にスイッチするタイミングは難しかったが、平山コーチと光原コーチと相談し決めた。今日は全員で勝つことができた。明日勝たなければ意味がない。」
_DSC0167


川辺凛投手
「宮所が踏ん張ってくれていたので、7回は何とか抑えたかったが、ストレートが少し抜けてしまい高めに浮いたところを打たれてしまった。いままでは先発として投げることが多かった。中継ぎの難しさがわかった。試合前から、中継ぎで登板することが多い島西に作り方などを聞いて臨んだ。初回からキャッチボールはしていた。先発でも中継ぎでも打者を抑えることは同じ、チームに貢献できるようにしたい。」
_DSC0095


川岸裕太朗選手
「監督さんから思いっきり自分のスイングするように言われていた。1打席目は初打席で少し緊張してました。2打席目は犠牲フライでも1点と思って打席に入った。1打席目にスライダーを詰まらせてしまったので、2打席目は逆方向を意識していた。(同期の山本選手が活躍しているが)山本とはタイプが違うが、ライバルというよりお互い二人でチームに貢献できればと思っている。1年生同士で1年生からどんどん試合に出れるようにしようと話している。結果を残してチームの優勝に貢献できるようにしたい。」
_DSC0229


宮所投手
_DSC0023
_DSC0074


山本選手
_DSC0078


レフトオーバーのタイムリーヒットを放つ横山選手
_DSC0053


西元選手
_DSC0192




次戦は4月3日、南港中央公園野球場で神院大3回戦が行われます。試合開始は12:30です。






石丸一真


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ