京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

サッカー部

友だち追加

《サッカー部》0-0で強豪関学を抑え6位に

関西学生サッカーリーグ後期第3節が山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場で行われた。インカレ出場に向け負けられない試合が続く中、強豪の関学大を無失点で抑え0-0の引き分けとなった。

DSC_0007


スタメン
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・美馬和馬(4年=ヴィッセル神戸Uー18)
DF・中西樹大(2年=作陽高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
MF・田中聖也(4年=滝川第二高)
MF・田尻京太郎(3年=東福岡校)
MF・立石和真(4年=C大阪U?-18)
MF・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)
FW・堤原翼(3年=京都橘)
FW・橋本和征(4年=東福岡高)

サブ
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・福田玲央(1年=金光大阪校)
MF・出原怜(4年=大阪桐蔭)
MF・石川貴登(2年=流経大柏高)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
FW・守谷諒(4年=東山高校)
FW・原田烈志(1年=ガンバ大阪ユース)


第2・3節と負けが続き、チームで話し合いを重ね切り替えて臨んだ第4節。主将の谷川が不在の中、個人の役割を果たし負けられない試合だった。
関学大のキックオフで試合が始まった。前半12分、CKを獲得しFW陣がシュートを狙うも相手DFに阻まれゴールならず。その後は関学大のペースで試合が進んだ。同24分、GK田中が相手シュートを連続で阻止し粘る。関学大がパスを回し攻められ続けたが無失点で抑え後半を迎えた。
後半も関学大の勢いは止まらなかった。しかしDF陣とGK田中の落ち着いた守備や、FW橋本が守備でも活躍し計12本の相手シュートを阻止した。京産大の得点の機会はなく0-0で試合終了。攻撃の機会は少なかったが、強豪関学大に粘りのプレーを見せ続け勝ち点1を取る。


DSC_0223
シュートを守る田中


DSC_0109
ドリブルで攻めていく堤原



コメント
古井監督
「負け方が悪い第2・3節だったので一週間、選手たちで話し合いそのことを意識して練習した。今日の結果つながり、強度のあるゲームができた。関学大相手に0で抑えれたのは京産大にとって大きな自信につながった。キーパーの田中だけでなく前線から橋本らがすごくいい守備をしていた。11人全員がいい守備をした結果が0で抑えれたことにつながった。相手がどこであろうとしっかり準備をして次の阪南戦勝ち点3を取りに行く。」

田中選手
「皆、精神的に自信がなくなっていたので安心感を与えられるようなプレーや声掛けを意識した。関学大はいいチームなので受け身にならないように自分達主導で動くための声をかけた。上に行くために落とせない試合、0で抑えた自信を次の阪南戦につなげる」

河井選手
「主将でDFリーダーの谷川選手がいなかったので今日はDFリーダーをした。キャプテンが不在で不安な点もあったが意識して声を出した。0点に抑えることができてよかった。」

橋本選手
「たくさん走って攻守に関わり、チームで決めたやるべきことを意識して試合に臨んだ。相手が上手いのはわかっていたので、走って相手の嫌がることをしようとした。まだ1度も全国大会にいってないので最後いい形で終わりたい。今年が1番のチャンスだと思うので4回生としてチームを引っ張って行きたい。順位の近い阪南大に勝ち点3をシッカリとる。」



                                         

                           





《サッカー部》後期リーグ開幕 関西大撃破で白星発進

関西学生サッカーリーグ後期第1節が西京極総合運動公園陸上競技場で行われた。前日に上位3校が勝点を積み重ねプレッシャーのかかる試合だったが、2-1で関西大から黒星を勝ち取り5位に浮上した。

DSC_0076
京産大スターティングメンバー

スタメン
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・美馬和馬(4年=ヴィッセル神戸Uー18)
DF・谷川由来(4年=守山北高)
DF・福田玲央(1年=金光大阪校)
MF・中西樹大(2年=作陽高)
MF・出原怜(4=大阪桐蔭)
MF・立石和真(4年=C大阪U?-18)
MF・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)
FW・堤原翼(3年=京都橘)
FW・原田烈志(1年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
MF・杉田迅(1=京都両洋高)
MF・石川貴登(2年=流経大柏高)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
FW・守谷諒(4年=東山高校)
FW・橋本和征(4年=東福岡高)

前季リーグを6位で終え、勝点・得失点差ともに拮抗している今リーグ。1節の相手である関西大は順位は1つ下だが、負ければ関大の勝点が17に上昇し順位変動が起こる可能性が高く、絶対に負けるわけにはいかない試合だった。
試合は京産大からのキックオフで幕を開けた。前季と同様つなぐサッカーで関西大を翻弄し、サイドからの攻撃で得点を狙う。幾度もクロスで厚みのある攻撃を展開するも相手DF・キーパーにシュートを阻まれる。前半20分、Pエリア中央からのシュートで関西大に先制点を許してしまうが同29分に堤原のクロスを出原が合わせて同点に。試合を振り出しに戻して前半を折り返した。
前半の勢いに乗り後半は京産大のペースで試合が進んだ。パスを回して攻め続けるもなかなかゴールが決まらない。しかし後半31分、堤原が相手のSBのミスを見逃さず前線でボールを奪いGKをかわして逆転ゴール。追加点を狙い右サイドから立石がシュートするもGKの手にかすり惜しくもクロスバーに当たる。その後は1点のリードを守り切り試合終了。後期第1節を勝利しインカレ出場に向け良いスタートを切った。

DSC_0246
先制弾を決めた出原

DSC_0332
アシストと逆転弾で大活躍の堤原

コメント
古井監督
「去年も同じ順位で折り返して勝ち点を伸ばせずt中途半端な順位で終わってしまった。その教訓をリーグに活かしていこうと話してきた。関大も関西選手権から調子が上がり総理大臣杯もいいサッカーをしてた。順位が下とか関係ないと考えている。結局試合内容は素晴らしい内容ではなかったかもしれないが、勝利に対するこだわりや執着心に選手たちがこだわってやってくれたと思う。相手も引き分けではダメだという意識もあったと思うし、暑い中での処理ミスもあると思ってた中で集中して狙っていけてたからこそ堤原がやってくれたと思う。後期はインカレを狙う中で勝ち点最低でも40。最低でも8勝はしないといけない。選手たちの技術は全く劣っていると思ってない。勝者のメンタリティは京産にないところだと思う。何故ならばインカレに20数年行けてないから。11分の1という考え方というよりも1分の1の考え方でやっていかなければいけない。だからこそ「負けたら終わり」と考えなければ8勝には到達できない。第3代にはしっかり勝てたが、そこまでの差はない。勝ちにこだわった試合をしていきたい」
谷川選手
「攻守の切り替えや二次三次の攻撃、後ろからつなぐことなど夏やったことをイメージした。特に前半守備がはまらなかった。左SBが本職ではない新しい選手が入っていたので自分がもっとコントロールし無失点で抑えたかった。悔しい結果となった昨年と同じ順位で後期を迎える、楽な試合は一つもない」

堤原選手
「前半失点してしまったけど、走りこんだ夏の成果が出たと思う。次の試合も順位を気にせずやっていきたい」

出原選手
「前半自分たちのサッカーが上手くいかず失点となったので、副キャプテンとして雰囲気を変えたいという気持ちゴールにつながった。夏は攻守の切り替えやボールを取り返す気持ちの面を厳しくした。目標のインカレ出場に向けて負けられない試合が続くがどんな内容でも勝ち切りたい」

《サッカー部》無失点に押さえ4回戦に進出

 6月15日に立命館大学原谷グラウンドで関西選手権3回戦天理大戦が行われた。雷が鳴り試合が中断するアクシデントもあったが、4-0の快勝で4回戦に進出した。

DSC_0006
京産大スターティングメンバー

スタメン
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・尾崎優樹(1年=京都サンガF .C .U ー18)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・谷川由来(4年=守山北高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
MF・守屋諒(4年=東山高)
MF・中西樹大(2年=作陽高)
MF・出原怜(4年=大阪桐蔭)
FW・今岡陽太(2年=大阪桐蔭)
FW・原田烈氏(1年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・岸龍太郎(4年=徳島ヴォルティスユース)
DF・石川蒼大(4年=今治東教育高)
MF・杉田迅(1年=京都両洋高)
MF・石川貴登(2年=流経大柏高)
MF・田中聖也(4年=守山北高)
FW・橋本和征(4年=東福岡高)
FW・立石和真(4年=セレッソ大阪U-18)
FW・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)

 開始直後から京産大のペースで試合は進んだ。前半3分河井がこぼれ球を押し込み先制。この流れに乗って同24分原田が追加点を押し込んだ。ボール支配率は天理大を上回り、簡単には攻めさせない展開で前半を進めた。前半を2‐0でリードし試合を折り返すも後半11分、突然の雷により試合は中断。約1時間の中断で試合が再開したが左サイドの裏を取られるなど危ない展開が続いた。その後も相手のペースで試合が続いた。後半22分左サイドからの相手のFKでゴールに迫られるもキーパーの西川が押さえピンチを凌ぐ。後半27分津野が右サイドからのグラウンダーのパスを送り、原田が3点目を決めた。同34分石川貴のクロスボールを出原が頭で叩き込んだ。その後も守りきり無失点で押さえ4‐0で試合終了。4回戦進出を決めた。

DSC_0009
キープ力をみせる津野

DSC_0302
相手のチャンスを幾度も潰した河井


コメント
河井選手
「トーナメント戦なので一発勝負は緊張するが全国に行くためにはどの試合も負けられない」

《サッカー部》最終節ドローで6位に 

 6月8日に関西学生サッカーリーグ前期第11節立命大戦がヤンマーフィールド長居で行われた。序盤に先制するも同点弾を決められ1−1で最終節を終えた。その後の試合で阪南大が勝点3を獲得したことにより前期は6位で幕を閉じた

スタメン
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・美馬和馬(4年=ヴィッセル神戸Uー18)
DF・谷川由来(4年=守山北高)
DF・吉木大喜(1年=ガンバ大阪ユース)
MF・田中聖也(4年=滝川第二高)
MF・杉田迅(1=京都両洋高)
MF・橋本和征(4年=東福岡高)
MF・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)
FW・堤原翼(3年=京都橘)
FW・立石和真(4年=セレッソ大阪U-18)

サブ
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
MF・中西樹大(2年=作陽高)
MF・石川貴登(2年=流経大柏高)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
FW・出原怜(4=大阪桐蔭)
FW・原田烈志(1年=ガンバ大阪ユース)

 数年ぶりの3連勝目を勝ち取り、第10節時点で勝点は16で5位。4位の立命大と勝点・得失点差共に同じ状態で最終節を迎えた。勝てば4位に順位を上げることが出来る重要な一戦。京都FA杯決勝戦以来の立命戦となったが目標の勝点19に向けて気合いは十分だった。
 試合開始直後からの激しい攻めで前半7分にCKを獲得。橋本のドンピシャなボールを主将の谷川が頭で合わせて先制。試合開始10分以内の先制ゴールで試合の流れをつかんだ。しかし相手は強豪立命大。簡単に勝つことを許すことはない。同37分、左サイドからの侵攻を許すと相手の左クロスを頭で合わせられ1−1の同点に。さらに同39分にはPエリア付近での直接FKのピンチを迎えるなど立命大の攻撃が続いてしまうが、なんとかピンチを守りきり試合を折り返した。
 後半開始1分にCKを獲得するなど堤原や渡部等を中心に激しい攻撃を展開した。後半26分に原田、同35分には中西を投入し攻撃の意思を示し追加点を狙った。試合終盤には責められる展開が多くなるがGK田中や谷川らDF陣の厚い守備で失点を防ぎきり試合終了。4連勝とはならなかったが京都FA杯以降負けなしで前期リーグを終えた。

コメント

古井監督
「勝点1で満足してはいけない。もっと攻撃面でFWに厚みを持たせたかった。勝点17で前期を終えたことと引き分けで終えれたことは良い所だと思う。トレーニング次第で昨年との違いが出てくる。勝ちにこだわっていきたい。原田や中西らは攻撃に対するメッセージとして投入した。
 1年生はゲームでしっかりと絡めている。いろんな意味でいろんな局面でクレバーになってくれたらと思う。得点ランキングやアシストランキングに入れたのは精一杯やった結果だと思う。攻撃の起点として渡部や美馬が崩せている。この勢いに周りもついていける奴がいれば良い。
 昨年、大体大に0−1で負けて全国を逃してしまっている。リーグ戦のようではなく勝ちきれるタスクを持ちたい」

堤原選手
「インカレで同じ順位。チームが底上げ出来てて良くなっていると思う。チームはもっと上に行けると思う。一人一人の距離感を縮めて練習していけたら。次の目標としては総理大臣杯に行くこと。後期はインカレを目指す」

渡部選手
「勝ちたかったけど負けなかった。チームを良くしていきたい。もっと上の人に食いついていきたい。自分も上にいけたらチームも上に行けると思う。チームが困ってる時に活躍しないといけないと思う。チームはもっと上位に行けると思う。勝ちにこだわっていきたい。目指すはインカレ出場。関西選手権は全国に出れるように次につなげたい」

田中選手
「前の選手から後ろの選手まで90分間保ってくれたと思う。もっと勝てると思うし内容も目標ももっと上にある。自分たちが主導権を握れてる時はいいけど、その時間をもっと増やせたらと思う。そこが課題だと思う。1年生が熱意を持って入ってきた奴が多いからすごいやりやすさを感じる。結果がついてきてるし自信もついてきてる。どのチームに対しても自分たちのサッカーができればと思う」

中村ヘッドコーチ
「お互いに勝ちたいけど負けたくはない状態の試合だったと思う。1−0で帰ってきてほしかったけど、ハーフタイムに話し合ってへこまずに気持ちを保ててたのは良かったと思う。なぜ点を取れたのかという理解力がまだないのが課題かなと思う。1年生がしっかりやってくれている。2・3・4年生は「くそっ」という気持ちになってくれたらと思う。桃山大に4−0で負けて京都FA杯で立命大に負けてから話し合って出来ることと出来ないことをしっかり整理できている。
 トーナメント戦はリーグ戦とは別物。失うものはない分持てるものを出し切ってほしい」

DSC_0022
得点ランキング2位の堤原

DSC_0008
先制点を決めた谷川

DSC_0324のコピー
アシストランキングにランクインした美馬

DSC_0311JPEG
アシストランキングにランクインした渡部

DSC_0288JPEG
ファインセーブ連発の田中

《サッカー部》9節 大経大に2連弾で連勝 5位に

関西学生サッカーリーグ前期第9節大阪経済大学が万博記念公園球技場で行われた。渡部のサイドからの攻撃が得点を生み出し2−0で2連勝。5位となった。

DSC_0539
スターティングメンバー

スタメン
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・美馬和馬(4年=ヴィッセル神戸Uー18)
DF・谷川由来(4年=守山北高)
DF・吉木大喜(1年=ガンバ大阪ユース)
MF・田中聖也(4年=滝川第二高)
MF・杉田迅(1=京都両洋高)
MF・橋本和征(4年=東福岡高)
MF・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)
FW・堤原翼(3年=京都橘)
FW・立石和真(4年=セレッソ大阪U-18)

サブ
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
MF・中西樹大(2年=作陽高)
MF・出原怜(4=大阪桐蔭)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
FW・石川貴登(2年=流経大柏高)
FW・原田烈志(1年=ガンバ大阪ユース)


試合当日は晴天に恵まれたが、気温も高く蒸し暑い中での試合となった。勝点は8節時点で10で7位。上位の順位に入るには負けるわけにはいかない試合だった。大経大は上位チームとも渡り合い並みに乗っているチーム。油断はできない相手だが勝利に対する思いは京産大の方が上だった。
 前半から攻めの姿勢をみせるも相手の堅い守備になかなかシュートに結びつかなかい。同25分、美馬が中に切り込みシュートを放つも相手キーパーに弾かれてしまう。河井と橋本がこぼれ玉を押し込もうとするがクリアされ得点にはならなかった。攻めの姿勢を保ったまま試合を折り返した。
 後半開始から失点のピンチを迎えるが谷川をはじめとするDF陣の堅い守りで幾度も失点を防いだ。同15分、渡辺の右クロスを堤原がPエリア中央で受けて先制弾を決めた。さらに同22分、またも渡辺の右クロスを橋本が頭で合わせて追加点を決め2−0で大経大を突き放し試合を決めた。
 勝点13となり順位は5位。最高の形で前期リーグを終えたい。

コメント
古井監督
「勝てたことに満足してるしよく頑張ったと思う。ネックなのは中盤の守備の強度。今回前半粘って後半で得点するという京産大の勝ちパターンで勝てたが、全てがいいことという訳ではない。得点は流れの中で得点できていると思う。今年はFWがしっかりFWの役目を果たせていることが大きい。渡辺のサイドから仕掛けるという得意の形で攻めれたことが勝利に結びついたと思う。相手が大産大であろうがやることは変わらない。目標である勝点19まで勝点を積み上げて関西選手権につなげたい」

渡部選手
「得意な形で攻めれたと思う。どんどん得点を狙っていきたい。守備の面ではピンチを減らしていけるようになれば。全勝すればインカレが見えてくる。頑張りたい」

堤原選手
「前半決めれなかった分後半で決めようという気持ちが強かった。制度よりシュート数を増やしていく意識だった。今年は得点王を目指している。その意識は強い。あとは自分のシュートで全勝していきたい」

橋本選手
「やっと連勝できたことに安心している。いいボールが来たから合わせるだけだった。現状のチームの課題は前後半の入りが悪いこと。入りがよくなればもっと楽になれると思う。打てるところでしっかりと打てるようになったのが得点力アップに繋がってると思う。自分が入部してから初の3連勝を目指していきたい」

DSC_0621
2アシストで勝利の立役者となった渡部

DSC_0607
先制点を決めた堤原

DSC_0604
決勝点を決めた橋本

DSC_0684
得点に沸き立つ京産大メンバー

《サッカー部》8節 3連弾で関福大に圧勝

関西学生サッカーリーグ前期第8節が5月18日にJ-green境天然芝フィールドで行われた。立石の2得点に続き堤原のダメ押しの追加点で関西福祉大に圧勝。勝ち点3を掴み取った。

DSC_0013
京産大スターティングメンバー

スタメン
GK・田中颯(2年=東京ヴェルディユース)
DF・河井哲太(1年=ガンバ大阪ユース)
DF・美馬和馬(4年=ヴィッセル神戸Uー18)
DF・谷川由来(4年=守山北高)
DF・吉木大喜(1年=ガンバ大阪ユース)
MF・田中聖也(4年=滝川第二高)
MF・杉田迅(1=京都両洋高)
MF・橋本和征(4年=東福岡高)
MF・渡部快斗(1年=サンフレッチェ広島ユース)
FW・堤原翼(3年=京都橘)
FW・立石和真(4年=セレッソ大阪U-18)


サブ
GK・西川駿一郎(3年=京都橘高)
DF・河原賢史郎(4年=摂津高)
DF・中西樹大(2年=作陽高)
DF・守屋諒(4年=大阪桐蔭高)
MF・出原怜(4=大阪桐蔭)
MF・津野絢世(1年=京都サンガF .C .U ー18)
FW・原田烈志(1年=ガンバ大阪ユース)


5月12日に行われた京都FAカップ決勝戦から1週間も経たないうちに8節が行われた。GW中に選手や監督と共に話し合い、「勝てるサッカー」をするために繋いでいくサッカーへとシフトチェンジした京産大。1年生を始め、上回生たちは負けた悔しさをバネに前を向いていた。
 序盤は昨年まで2部でプレーしていた関西福祉大を相手にどのようなプレーをするのか様子を見る形だったが、繋ぐことを意識したプレーで幾度もチャンスが生まれた。前半22分、美馬のクロスを立石が頭で合わせて先制点を決めるとペースは完全に京産大に。同31分にFKを吉木が合わせるもキーパー正面。惜しくも追加点とはならなかった。前半終了間際に橋下がPエリア内に切り込みシュートを放つもCKに。結果得点には繋がらなかったが最高の出だしで試合を折り返した。
 後半開始早々堤原の積極的な攻めの姿勢でCKを獲得。その後も攻撃は止まらず同12分、渡部がサイドを駆け上がりクロスを放つと、またも立石が頭で合わせて2点目を獲得。同20分には得点ランキングに3位の堤原が杉田のパスを落ち着いてゴールに押し込み3点目を獲得。結果3ー0で関西福祉大に圧勝。順位は7位となった。


コメント

古井監督
「立ち上がりが心配だったが攻撃もすごくいい形だった。(関西福祉大は)どういう相手かわからなかったが、粘り強く守ることができていた。FAカップの経験がいい感じに生きてきている。残り3節が本当に大事になってくる。全勝を狙っていきたい。大経大は弱いチームではない。中盤からしっかり合わせて、守備もしっかり固めていきたい」

吉木選手
「前半の先制がよかった。危ないシーンもしっかり守りきれた。後半は京産大らしいサッカーができたと思う。粘り強さを意識してプレーした。課題はコーチング。周りは見えているが、うまく表現できていない。残りの試合は全勝して上位に食い込みたい。第一に失点をさせないようにしたい」

立石選手
「失点せず前半を終えてよかった。今日負けたら終わりだという気持ちだった。繋ぐ意識でのプレーだったと思う。もっとフル出場したい。残りは全勝したら上位に食い込める。頑張りたい」


DSC_0464
2得点決めた立石

DSC_0035
得点ランキング3位の堤原

DSC_0469
果敢にゴールを狙う橋本
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ