京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

サッカー部

《サッカー部》姫獨大を3発撃破でリーグ初勝利!!

第95回関西学生サッカーリーグ前期第8節姫獨大戦が5月28日、三木総合防災公園第2陸上競技場で行れた。前半に先制に成功すると後半に2得点を追加しリーグ戦初白星を手にした。

DSC_0873
2点目を挙げた松田

DSC_0872
守屋が松田のアシストを記録

DSC_0599


スタメン
GK・射庭康太朗(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(4年=神戸U-18)
DF・谷川由来(2年=守山北高)
DF・橋本侑紀(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・木原豪(4年=東山高)
MF・立石和真(2年=セレッソ大阪U-18)
MF・松田岳(4年=日章学園高)
MF・橋本和征(2年=東福岡高)
MF・守屋諒(2年=東山高)
FW・高橋佳(3年=阪南大学高)
FW・和田健太郎(3年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・寺地一貴(4年=神戸国際大附属高)
DF・湯田京志(3年=阪南大学高)
MF・細見航己(4年=東山高)
MF・園部凌平(3年=ガンバ大阪ユース)
MF・大原俊輔(2年=ガンバ大阪ユース)
FW・堤原翼(1年=京都橘高)
FW・ベハラノナオキ(2年=神戸弘陵高)

選手交代
後半19分 守屋→園部
後半25分 高橋→堤原
後半41分 橋本和→大原

京産大3-0姫獨大
前半28分 高橋(松田)
後半11分 松田(守屋)
後半43分 和田

上位校との対戦を一通り終え、残すは中堅から下位チームとの試合のみとなった。今節の相手である姫獨大は今季2部から1部に昇格したチームで未だ勝ち点はなし。京産大としては絶対に負けられない相手だった。ボール支配率は序盤から京産大が上回る。左右からのクロスに加え、中央からの突破で相手の守備を翻弄させる。近大戦の時のように攻撃に集中するあまり守備が手薄にならないようにケアも十分。相手に決定機を与えない。前半28分に相手ペナルティエリア手前から和田、松田とつなぎ、最後は高橋が冷静に振り切りゴール右隅に決めて先制に成功。1-0で前半を折り返した。
後半に入り更なる追加点を狙いに前半よりも積極的に左右からクロスを上げるようになる。後半11分にはペナルティエリア手前でボールを持っていた守屋が松田へとパス。松田はしっかりと左隅に納めて追加点を挙げた。後半20分に差し掛かろうかという頃には選手を交代してボール回しを緩めない。後半43分にゴール前の密集地帯のこぼれ球を和田が相手選手と交錯しながら頭で押し込み3点目を追加。3-0で今季初勝利を挙げた。

DSC_0669
いたるところでボールに絡んだ橋本和

DSC_0694
身体を張った守備を見せた谷川

DSC_0751
橋本侑が相手の攻撃の芽をつぶした

DSC_0765
前節に続き2試合連続での得点となった高橋

DSC_0894
和田は2人につかれ未動きが取れない状況の中で追加点を挙げた

コメント
古井裕之監
「ここまで長かった。勝てるゲームだったから勝ちにこだわった。ボールを持つ展開になるのは予想通り。どこで仕掛けるか。両サイドから仕掛けることは出来ていた。相手のカウンターには警戒していてリスク管理がしっかりできていた。もっと点は取れたと思うが勝つことが大事な試合だったからミッションは達成できた。上位との試合は戦えても負けていた。残りは勝ちにこだわる」

高橋佳選手
「コーチに意地でも2点を取らないといけないと言われていたからもう1ゴール欲しかった。リーグ戦でまだ(自身)3点しかとっていないからもっと点を決めたい。出る試合でしっかりチャンスはつかめている。FWらしく得点にこだわりたい」

松田岳選手
「前の試合で勝ち切れなかったからチームの一体感を出すために声掛けを意識した。1点取れてからは気持ちが楽になったけど失点しないように我慢をした。今回の得点は4年間でリーグ初ゴール。しっかり狙って打った。勝ちはしたけど内容はひどく納得がいかない。残りは全勝で終えたい」

和田健太郎選手
「阪南大戦以来ずっと点を取れていなくてやばいと思っていた。得点を決めはしたけどそれ以外でミスが多くチームに迷惑をかけてしまった。チームとしてはやっと勝てたという気持ち。今までもそれなりにいいサッカーは出来ているから今回の波に乗って連勝したい」

現在京産大は勝ち点6、得失点差-3の10位と降格圏内。
次戦は6月4日に三木総合防災公園第二で11位・大経大戦。

《サッカー部》立命大相手にドロー 第2節以来の勝ち点獲得

 第95回関西学生サッカーリーグ前期第7節立命大戦が5月21日、山城総合運動公園陸上競技場で行れた。試合開始早々に失点を許したが、36分に高橋がシュートを決めて同点に。その後は両者無得点で京都ダービーはドローとなった。

DSC_0338
DSC_0336
劇的ボレーを決めた高橋

スタメン
GK・射庭康太朗(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(4年=神戸U-18)
DF・谷川由来(2年=守山北高)
DF・橋本侑紀(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・木原豪(4年=東山高)
MF・竹之下修弥(4年=セレッソ大阪U-18)
MF・立石和真(2年=セレッソ大阪U-18)
MF・橋本和征(2年=東福岡高)
MF・守屋諒(2年=東山高)
FW・高橋佳(3年=阪南大学高)
FW・和田健太郎(3年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・寺地一貴(4年=神戸国際大附属高)
DF・湯田京志(3年=阪南大学高)
MF・松田岳(4年=日章学園高)
MF・園部凌平(3年=ガンバ大阪ユース)
MF・大原俊輔(2年=ガンバ大阪ユース)
FW・堤原翼(1年=京都橘高)
FW・ベハラノナオキ(2年=神戸弘陵高)

選手交代
後半23分 高橋→堤原
後半26分 守屋→園部
後半41分 竹之下→松田

京産大1-1立命大
前半2分 立命大
前半36分 高橋

 昨年3月の京都選手権以来の立命大との公式戦。前回は0-3で敗れておりリベンジを期したいところだった。しかし、前半2分にクリアミスから早々と失点を許してしまう。前半3分に左サイドから上がっていた守屋のパスを受けた和田がシュートを打つが惜しくもキーパーの正面。サイドから守屋、守安がボールを持って上がりクロスを仕掛けるが決定機まではいかないが積極的にシュートを打つ。同点に追いついたのは前半36分。クリアボールをペナルティエリアの外側にいた高橋がボレーシュート。相手キーパーの頭上をすり抜けてゴールネットに吸い込まれた。
 後半に入ると動きが活性化。相手にシュートを打たせないディフェンスを意識しつつもこっちはしっかりと攻めるプレーを展開。途中出場で入った堤原も積極的にボールに絡んだ。後半33分に竹之下のパスに和田が反応して抜け出したが、オフサイド。後半41分には和田、橋本和とつなぎ堤原がフィニッシュしたがこれもオフサイドを取られてしまった。後半45分に橋本和のクロスに守安が詰めたが相手にクリアされてしまった。
 結局、後半は両チーム無得点だったが、立命大のシュート4本に対して京産大は12本と強豪相手試合を優位に進めた。勝利とはならなかったが、第2節以来の引き分けで勝ち点を獲得。残り4節全勝で順位を一つでも上げたい。

DSC_0226
持ち前の技術で相手をほんろうした守屋

DSC_0299
ここ数試合、スタメンとして出場している木原

DSC_0242
和田はチーム最多シュートを記録

DSC_0516
堤原は前線でしっかりボールに絡んだ

DSC_0308
攻守で豊富な運動を見せた立石

DSC_0543
こぼれ球に反応する松田

コメント
古井裕之監督
「立ち上がりは些細な失点。同じことを繰り返しているということは失敗を選手間で共有していないこと。ペースはうちが作れていたが、決定機にかけるから練習で精度を上げなければ。今のサッカーは悪くないのでモチベーションを上げて勝ち点3を獲るとあとは上がっていくはず。残りの試合勝てる可能性があるものばかりだから、過信せずにしっかりと勝って去年のようなことにならないようにしたい」

高橋佳選手
「(ボールが来たときは)トラップをしようと思ったけどシュートが打てていなかったかったから何も考えずに足を振ったらゴールになった。同点弾は打てているけど、チームが勝てていないからチームを勝たせるゴールが必要。立命大は去年はやれていなかった部分も多かったけど今回はしっかりやれた。次はしっかり勝って残りを全勝したい」

木原豪選手
「最初は守備的に入ったけど、陸が上がっていたから自分も上がるよう心掛けた。立命大との実力差はそこまで感じなかった。残りを全勝で上位にいきたい。そのためにも守備でミスを失くして攻撃陣を活性化させる」

守屋諒選手
「ずっと立ち上がりに失点を許してしまうのが課題だけど、チームとしてしっかり戦えている。勝ち点3を取りたい。自分が入ることでキープ力があがる自負はある。フィニッシュの精度を上げたい」

現在京産大は勝ち点3、得失点差-6の10位と降格圏内。
次戦は5月28日に三木総合防災公園第二で最下位・姫獨大戦。









京産大アスレチックでは現在新入部員を募集中!
スポーツやマスコミ関係に興味がある人はぜひ!
学部学年は問いません。人手不足で困ってます

《サッカー部》得点奪えず、関学大に惜敗

 5月13日に第95回関西学生サッカーリーグ前期第6節関西学院大学戦がJグリーン堺で行われた。ディフェンス陣が踏ん張りリーグ上位の関学大を最少失点に抑えるが、最後までゴールネットを揺らすことができず惜敗を喫した。
DSC_0111


スタメン
GK射庭
DF守安、谷川、橋本侑、木原
MF竹之下、立石、園部、守屋
FW久保、高橋

サブ
GK寺地
DF湯田
MF田中、大原、橋本和
FW堤原、ベハラノ

選手交代
後半23分 MF園部→MF橋本和
後半29分 FW高橋圭→FW堤原
後半36分 MF竹之下→FWベハラノ
DSC_0058
DSC_0063


関学大 1 0 = 1
京産大 0 0 = 0
前半38分 関学大

いまだ勝利のない京産大は今季初勝利、勝ち点3獲得を目指して関学大戦に臨んだ。前半はリーグ4位の関学大に攻め込まれることが多い展開。しかしディフェンス陣がふんばる。それでも前半38分にサイドから崩され失点を許す。京産大もFW久保を中心にゴールに迫るが得点することができず0-1で前半を終える。
後半に入ると試合は京産大が関学ゴールへ襲い掛かる。後半38分にはDF橋本からパスを受けたFW久保がシュートを放つが惜しくもゴールの外。後半に入ってFW陣を増やし得点を奪おうとするが最後まで得点することができなかった。
DSC_0300


【試合後コメント】
古井 裕之
「京産大なりにチャンスの時に決めきれていれば流れに乗っていける。なかなか得点を奪えなかった。守備に関しては我慢できている。今日も1点を取られたが、サッカーでは最小失点。ボールを持っていないときのポジショニングを90分間選手には頭を使って考えてほしい。一つ勝って勝ち点3をとれれば波に乗っていけると思う。ここまではリーグ上位との試合ばかりだった。次は京都ダービーとなる立命館、選手権大会で負けているのでリベンジのつもりでも全員の力で勝ち点3をもぎ取る。」
DSC_0165 (2)



DSC_0302
DSC_0305
DSC_0092


DSC_0003

《サッカー部》首位・阪南大の力を前に屈す

 第95回関西学生サッカーリーグ前期第4節阪南大戦が5月3日、キンチョウスタジアムで行れた。ここまでリーグ全勝中の首位・阪南大の力を見せつけられた。前半に2失点を許すと後半の立ち上がりに3点目を許す。後半22分に和田健太郎が1点を返したが、その後は追加点が奪えず1-3で敗れた。

DSC_1057
アシストを記録した美馬

スタメン
GK・射庭康太朗(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(4年=神戸U-18)
DF・谷川由来(2年=守山北高)
DF・橋本侑紀(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・美馬和也(2年=神戸U-18)
MF・竹之下修弥(4年=セレッソ大阪U-18)
MF・田中聖也(2年=滝川第二高)
MF・橋本和征(2年=東福岡高)
MF・高橋佳(3年=阪南大学高)
FW・久保吏久斗(3年=セレッソ大阪U-18)
FW・松井慎太朗(4年=神戸U-18)

サブ
GK・西川駿一郎(1年=京都橘高)
DF・湯田京志(3年=阪南大学高)
MF・立石和真(2年=セレッソ大阪U-18)
MF・園部凌平(3年=ガンバ大阪ユース)
MF・守屋諒(2年=東山高)
FW・堤原翼(1年=京都橘高)
FW・和田健太郎(3年=ガンバ大阪ユース)

選手交代
後半0分 松井→和田
後半19分 高橋→園部、橋本和→守屋

京産大1-3阪南大
前半2分 阪南大
前半22分 阪南大
後半3分 阪南大
後半22分 和田(アシスト 美馬)

首位の力は伊達ではなかった。重廣卓也、山口一真、脇坂泰斗ら全日本大学選抜選手をはじめタレント揃いの阪南大の攻撃に苦しんだ。キックオフ後の主導権を握ったのは阪南大。序盤こそはスローなボール回しだったが、徐々にスピードアップ。パス回しと相手の個人技に押されて中々ボールを奪えず、クリアを余儀なくされる状況だった。前半3分にCKから失点を許すと21分にゴール前の密集地帯から押し込まれ0-2とされる。京産大は自陣前でのボールカットとなるがパスでつなぎ前線へボールを運ぶ。パスを受けた高橋がシュートを打つ場面が何度かあったが相手の守備に阻まれ得点はならず2点のビハインドを背負って試合を折り返した。
後半に入り、和田を投入。後半1分に和田のパスを橋本が納めてシュートを狙うも得点ならず。後半3分に再び失点を許してしまい窮地に立たされた。決定機が訪れたのは後半22分。左サイドから上がってきた美馬のクロスを和田が頭で合わせて1点を返す。この1点で勢いが増した。橋本侑、谷川のCBの二人を起点に両サイドからの攻撃で相手を動揺させる。途中交代の守屋、園部が好機をつくり攻撃の手を緩めない。後半38分に園部のFKを谷川が頭で合わせに行くが惜しくも枠外。その後もゴールを狙ったが相手の守備を崩せず1-3で敗れた。

DSC_0871
抜け出して果敢に得点を狙った高橋

DSC_0852
最後尾からチームを鼓舞した射庭

DSC_1027
攻撃のリズムを変えた守屋

DSC_1044
橋本侑はCBとして相手の攻撃の芽を摘み取った

DSC_0009
園部今回は途中からの出場となったが見せ場を作った

DSC_1012
和田が高さを活かして同点弾を叩き込んだ

DSC_0056
攻撃にも参加して豊富な運動量を見せた谷川

コメント
古井裕之監督
「園部と和田がベンチスタートだったのは連戦の疲労等を考えての事。決して調子が悪い等ではない。今回の阪南大戦は山口といった全日本クラスがボールに絡みに行った時に辛抱できるかだった。立ち上がりは自滅してしまったようなもの。守屋と園部を投入してから攻撃は活性化してきた。ボール際にアグレッシブに行くということは後半、機能した。次節のびわこ大は調子がいいチーム。最初に失点をするのをなくしたい。選手たちは慎重に行き過ぎてビビってしまっているので前半からチャレンジしていってほしい」

射庭康太朗選手
「相手は最後に崩してくるより、山口や脇坂のミドル、重廣の飛び出しでくるイメージをもっていた。ミドルシュートに対応する準備はやった。試合展開としてはもたれるだろうなとは思っていたし全員でオーガナイズして守備を心がけた。試合全体を見れば守備は出来ていたのかもしれないけど・・・。前半はチャレンジして相手のミスを待ってかカウンターを仕掛ける感じだった。今は健太郎の高さに頼らず周りがボールを持てるのでサイドチェンジをしたり、サイドハーフがチャンスを作ることが出来る。ボランチがもう少しボールを持てるといい。今季は後ろから見ていても点が取れないというイメージがなく安心して守備が出来る。守備が安定すれば前の選手も結果を残してくれるはず」

橋本侑紀選手
「山口、脇坂、重廣の3人にボールが入ったら一気にスピードアップすると分かっていたけど実際に来たら慌ててしまった。最初は受け身で自分たちのリズムを作れなかった。後半に流れを変える目的で選手を変えてから前からいけるようになった。次節以降は立ち上がりを意識して神経質に入りつつ大胆にプレーしていきたい」

谷川由来選手
「試合前は強力な3人を止めてやろうと思ったけど全体的にビビってしまうところがあった。ペースを握られると思っていたからリトリートしようと考えていた。正直、やれない相手ではないと思う。今年は個人でも結果を残したいしインカレにも出場したい。そのためにはもう負けるわけにはいかない」

現在京産大は勝ち点2、得失点差-4の10位と降格圏内。
次戦は5月7日に皇子山陸上競技場で2位・びわこ大戦。

《サッカー部》得点力を欠き、近畿大に敗戦

第95回関西学生サッカーリーグ前期第3節が4月30日、西京極陸上競技場で行われ、近大と対戦。1,2節で上位校に引き分けた勢いを持ってきたかったが、前半終了間際にPKで失点を許すと後半に入り再び失点。0-2で今季初黒星となった。

DSC_0595
右サイドから相手を崩しにかかった守安

スタメン
GK・射庭康太朗(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(4年=神戸U-18)
DF・谷川由来(2年=守山北高)
DF・橋本侑紀(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・美馬和也(2年=神戸U-18)
MF・竹之下修弥(4年=セレッソ大阪U-18)
MF・田中聖也(2年=滝川第二高)
MF・園部凌平(3年=ガンバ大阪ユース)
MF・橋本和征(2年=東福岡高)
FW・久保吏久斗(3年=セレッソ大阪U-18)
FW・和田健太郎(3年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・西川駿一郎(1年=京都橘高)
DF・湯田京志(3年=阪南大学高)
MF・立石和真(2年=セレッソ大阪U-18)
MF・大原俊輔(2年=ガンバ大阪ユース)
MF・守屋諒(2年=東山高)
FW・高橋佳(3年=阪南大学高)
FW・松井慎太朗(4年=神戸U-18)

選手交代
後半23分 園部→大原
後半31分 竹之下→高橋
後半37分 橋本和→守屋

京産大0-2近畿大

 これまでの試合と違いこちらのボール支配率が上回る展開になり、積極的に仕掛けた。久保、両サイドの園部、橋本和が前へボールを運ぶが相手の守備を崩すことが出来ない。和田も今回は徹底的にマークを受け思うようなプレーが出来ないでいた。前半31分にペナルティエリア前でFKを獲得するが失敗に終わる。前半44分に相手のカウンターからペナルティエリアへの侵入を許すとファウルをおかし、PKを献上。これを決められ0-1とされて前半が終わった。
後半は前半以上に攻めに出た。ディフェンスラインもハーフライン付近まで上がってくる場面も見受けられ全員で1点を取りにいこうという気持ちが出ていた。しかし、その気持ちを逆手に取られカウンターを許す。後半22分に裏を取られて再び失点。同23分に守安がシュートを打つがおしくもクロスバー。ボール支配率は低くないが得点力を欠き、敗戦となった。

DSC_0431
和田は相手からの徹底的なマークにより高さを封じられた

DSC_0206
外から中から切り込んだ園部

DSC_0164
チーム最多シュートを打った橋本和

DSC_0120
守備と攻撃の両方に積極的に顔を出した田中

DSC_0197
前に出て攻撃に絡んだ美馬

DSC_0554
途中出場の大原がクロスの機会をうかがう

DSC_0562
同じく途中出場の守屋がボールを前線へ運ぶ

コメント
古井裕之監督
「1、2節と格上に対して勝ち点をとれた。今節の近大戦は負けでもダメだし、引き分けでもダメという試合。前期は毎年悪いのでこれまでの流れを変えるための大事な試合だった。長い間ボールを持っていたため攻めるのに時間がかかった。打つシュートよりも打たされるシュートが多かったと思う。最後にPKを与えてしまったが、DFを責めるわけにはいかない。彼らはよくやってくれた。ボールを持っていることで相手にカウンターで来られてしまう。普段とはリズムがくるっていた。ボールを持てることを想定していた試合。ボールは持てているけどスピードアップが出来ていなかった。個々の能力は高いので組織として団結して守備からのカウンターでやっていきたい」

中村聡コーチ
「前に上がれば失点のリスクは上がる。これが次の課題。ボールを持てるようになったことが一つの壁になっている。相手に守られてということはあまりやったことがない。いい意味でリスクを背負えたけど、そこを越えなければ今まで通り。今季は去年やってきたことことに加えて新たな上積みが出来ている。次節の阪南大戦は半分以上押し込まれることを想定してやってきたし、今から特別何か変えることはない」

守安陸選手
「ボールを持てた分、相手に引かれてしまった。中盤で引かれてどう崩すかを統一できなかった。暑さもあって崩しきれずに終わった。阪南大は真ん中の3人がうまいからサイドを使って攻めていきたい」

美馬和也選手
「ボールを持つ時間が長かったけど決めきれず、失点を許してしまった。相手にボールを持たされていたという感じも否めない。攻撃への参加が自分の持ち味。そこを活かしつつチームが勝っていければベストだと思う」

田中聖也選手
「今まで押し込まれることが多く、自分たちが回す立場だった。自分も含めてゆっくり回してしまう場面が多かったと思う。そこをもう少し速くできていたら。次の阪南大戦では守備をしっかりやって今まで以上に気持ちを出したい。今までは降格圏での試合が多かったから今年は上に行けるようにしたい」

現在京産大は勝ち点2、得失点差-2の9位と降格圏内。
次戦は5月3日にキンチョウスタジアムで首位・阪南大戦。
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ