京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

自転車競技部

《自転車競技部》 インカレロード 樋口4位入賞!最終学年の意地

9月3日に長野県大町美麻地区で行われた文部科学大臣杯第73回全日本大学対抗選手権自転車競技大会ロードレースの部。

秋田謙監督が掲げた今大会の目標は、10位以内に1人と20位以内に2人。

1周12.6キロのコースを14周。計176.4キロを走る。
京産大からは
樋口峻明(4)
中井唯晶(3)
松下綾馬(3)
曽我部厚誠(2)
溝口智貴(2)
藤田俊輔(2)
吉岡衛(1)
岡本篤樹(1)
以上の8名が出走した。

レース1周目。
パレードランが終わりアクチュアルスタート後、すぐさま動きを見せた。
吉岡を含む数名の逃げが決まり、レースは進んでいく。
DSC_8955
スタート後、集団後方に位置取る中井

周を重ねるごとに先頭5名からメイン集団の差は広がっていく。
5周目中盤には先頭は3名に絞られ、メイン集団から6分近くのタイムを奪う。
DSC_9113
マネージャーから補給を受け取る吉岡

最大で6分半の差をつけるなど、メイン集団がペースを上げ下げする中、11周目には先頭は吉岡を含む2名となった。
DSC_9399

しかしここでアクシデントが起こる。
12周目途中で吉岡が落車。もう一度走り出そうとするも、ドクターストップがかかり無念のリタイアとなった。

すると単独先頭となった選手を、樋口を含む3名の選手が追走を始めた。
先頭をかわした3名だったが、樋口がここから遅れる。

後方では中井と藤田がペースを上げ、上位を狙う。

ラスト1周。3位につけていた樋口だったが、1つ順位を落としゴール。4時間35分01秒で4着となった。
DSC_9452
4着でゴールした樋口

続いてメイン集団から上がってきた中井が8着でゴール。
藤田は中井のアシストに回ったため29位となったが、チームに貢献した。
DSC_9463
4時間35分36秒でゴールした中井

試合終了後、4位入賞の樋口は「大学4年間のロードではじめて入賞できた。うれしいが、最後先頭についていけず4位になったのは悔しい。次のオムニアム(トラック)ではさらにいい結果を残したい」と、さらに上を見据えていた。

今大会で主将を終える中井は「わかってはいたがマークを振り切れなかった。優勝を狙っていただけに悔しい。だが、チーム全体では結果を残せた。主将として今年はいい1年だった」と、最後に主将としての活躍を振り返った。

上位20名の成績を合計して出される大学対抗のロード総合順位では京産大は3位入賞。
トラックも合わせた総合順位では7位となった。
秋田謙監督は、「(トラックも含め)悪いこともあれば、いいこともあるということを思い知った大会になった。ロードでは結果だけを見ると想像以上だった」と振り返ったが、その表情は厳しいままであった。

DSC_9538
4位で表彰される樋口

DSC_9536
同じく8位で表彰される中井






《自転車競技部》 インカレトラック 個人追い抜き松下優勝 スクラッチ山田8位

8月31日から9月2日にかけて長野県松本市美鈴湖自転車競技場で行われた第73回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権自転車競技大会トラックの部。
同じ高校で自転車競技をはじめた、松下綾馬(3)と山田康太(3)の2人が、この大舞台で揃って結果を残した。

京産大がトラック競技、目玉の1つとしてあげていた大会2日目のスクラッチに、山田が出場した。
最終着順で順位を決めるこの種目。「レース展開は読めていた」。(山田)そう語ったように、後半のアタックに反応し、集団前方に位置取る。最後のスプリントで先頭に追いつけず6着でフィニッシュするも、反則を取られ8位に降格となった。
DSC_7815

入賞を果たした山田だったが、試合後「優勝を狙っていたのでこの結果は悔しい。国体のスクラッチでは必ずリベンジしたい」と更なる目標を見据えていた。


続く3日目、1日目のインディヴィデュアルパーシュート予選をトップで通過した松下綾馬(3)は決勝に挑んだ。

1周333メートルのトラックを12周。計4kmを1人で走り、そのタイムを競うこの競技。
「相手選手には個人戦で勝っていたので自信はあったが、初めての1,2位決定戦で、開始直前は不安ばかりだった」。そう語った松下だったが、1周目から松下は相手選手をじわじわと離していく。
DSC_8336


松下有利のままレースは進む。ラスト1周を告げる鐘がなると、会場全体に大きな「松下コール」が響く。
その声援に後押しされ、リードを保ったままフィニッシュ。インカレの大舞台で、自身初となる全国優勝を果たした。

レース後、「とりあえず一安心、競技人生で初の全国優勝だったので大学まで自転車を続けて本当によかった」と、安堵の声を漏らした。
DSC_8608



秋田謙監督は「松下はスポーツ推薦ではなく一般入試で入学してきた。その選手がインカレで優勝したことに大きな意味がある」と語った。
DSC_8471



高校時代から互いに高めあってきた2人は京産大を牽引する存在に成長した。
今後もこの2人から目が離せない。
DSC_8738
左スクラッチ8位の山田 右個人追い抜き優勝の松下







《自転車競技部》史上最多、ポイントレース4人入賞

 7月1日・2日の2日間に渡って行われた、全日本学生選手権トラック自転車競技大会。会場は、オリンピック会場にもなる伊豆ベロドローム(屋内250m)。男子ポイントレースでは京産大史上3人目の優勝を果たし、最多となる4人が入賞した。

 1日目に行われた男子ポイントレース。序盤から5、6人が逃げ集団をつくる展開。
 曽我部が優勝し決勝に出場した5人のうち4人が入賞を果たした。曽我部は全国初優勝、藤田は全国初入賞となり今後さらなる飛躍が期待される。優勝した曽我部は「法政大の荒井をマークしていた。荒井が動いた時には自分も動くようにし、差を広げられないようにしたのが勝因」と振り返った。秋田監督は「ポイントレース優勝は史上3人目。2009年の木守望と僕」と自慢げに話した。

 2日目に行われた男子インディヴィデュアル・パーシュート3・4位決定戦には松下が出場。予選を上回るタイムでゴールし見事勝利。表彰台に立つ権利を手にした。
DSC_8981


 2日目午後から行われたマディソン決勝には、樋口・中井ペアと曽我部・吉岡ペアが出場した。秋田監督が「上出来」と話すほど素晴らしい走りでそれぞれ優勝と3位を勝ち取った。
DSC_9185

DSC_9351

DSC_9544

DSC_9645


 またスクラッチ決勝にも山田と吉岡の2人が出場したが、山田が12位、吉岡が20位と不本意な結果に終わった。
DSC_9179


【入賞者一覧】

男子ポイントレース
優勝 曽我部厚誠(2年) 
3位  安田京介(4年)  
4位  藤田俊輔(2年)  
6位  中井唯晶(3年) 
DSC_8425
 

男子インディヴィデュアル・パーシュート
3位  松下綾馬(3年)
S_6344832943036


マディソン  
優勝 樋口峻明(4年)&中井唯晶
3位  曽我部厚誠&吉岡衛(1年)
DSC_1875


DSC_1838



【試合後コメント】

秋田謙監督「今大会の結果にはとても満足している。100点満点。スクラッチは水物で結果は運に左右されることもある。インカレまでの期間、毎年調子が落ちる時期もあるが、本番には本調子にもっていってくれている。インカレも好成績を期待してね」
DSC_8450

DSC_9061


樋口峻明「昨年は優勝できたので、今年も優勝しなければいけないという強いプレーシャーがあった。その中で今年も優勝できたのはすごく大きい。8月のインカレでもチームの力になりたい」

曽我部厚誠「インカレでもてっぺんに立つ」

松下綾馬「相手の選手はジュニア世界チャンピオンの今村で持ちタイムは学連の中で一番。正直、勝てるか心配だったが自己ベストを出すことができ勝てたので良かった」



【競技種目解説】

ポイントレース
20~30名の選手によって競う。成績はレース中に設けられている得点ライン(2kmごと)の通貨順位で与えられる得点の合計で決められる。(1位通過=5点、2位通過=3点、3位通過=2点、4位通過=1点)その他、周回UPした選手には20点が与えられる。得点合計が同じ場合、ゴール時の着順で勝者を決定する。なお250m以下のトラックにおいては中間スプリントは10周ごとに行う。

マディソン
この種目はポイントレースを2人1組で交代しながら行う。ポイントレースの迫力にプラスして、マディソン・チェンジオーバーといわれるレース途中にタッチして交代しながら行うチームプレーが十分に楽しめるレースだ。走路を上段と下段を分割して、下段はレースを展開するエリア、上段は休憩のためのエリアとし、自分たちのスピードを落とさないように交代しながら得点やラップを重ねていく。

DSC_9365 - コピー
DSC_9483
DSC_9316
DSC_9282
DSC_9212
DSC_9200
DSC_9192
DSC_9189

《自転車競技部》 全日本学生選手権個人ロードレース大会 中井準優勝 ツール・ド・北海道出場決定!

6月11日に岩手県紫波町で行われた、第33回全日本学生選手権個人ロードレース大会。
今大会は9月に開催される「ツール・ド・北海道」大学出場推薦枠を争う最後の大会となる。

1周9,4キロのコースを15周、計141キロの戦いとなる。
昨年まで使用されていた長野県木祖村奥木曽湖周回コースががけ崩れにより使用不可能になったため、今年度は紫波町の周回コースとなった。そのため、昨年度までとはコースレイアウトが大幅に変更。走行距離が181キロから141キロに短縮され、アップダウンも平坦基調の距離が伸びるなど、登りを得意とする京産大の選手には少し不利なレイアウトとなった。

どんよりとした厚い雲が空を覆う中、選手がスタートラインに並ぶ。
昨年のこの大会、準優勝の安田京介(4)が最前列の真ん中に位置取る。
肌寒い6月の岩手県紫波町にスタートを告げるピストル音が鳴り響くと、一斉に選手がスタートした。
DSC_49482
時折笑顔をこぼす前回準優勝の安田


大会前日、秋田謙監督による綿密なミーティングが行われ、今大会の作戦を選手たちに伝えた。
平坦基調が多いコースのため、集団が有利になる。そのため集団でのゴールスプリントが予想される。
ゴール前で勝負ができるように、スプリント力のある安田と曽我部厚誠(2)をエースに据え集団に置く。その他の選手が積極的に仕掛けてエースを勝負所まで温存するというものだ。

その作戦通り、1周目から中井唯晶(3)が逃げ集団に入ると、3周目には樋口峻明(4)と藤田俊輔(2)を含む7人の逃げ集団が形成される。
DSC_5220


周を重ねるにつれ徐々に人数が減っていき、最大2分20秒程度に広がった差も9周目には5名が逃げ、1分10秒程度まで詰められる。

10周目目にさしかかる直前、樋口が鹿屋大の選手を連れ2人で飛び出し、藤田を含む3名の集団と徐々に差をつけていくが、この逃げは10周目のうちにメイン集団に吸収される結果となった。
DSC_5385
飛び出しを図った樋口
DSC_5398
遅れる藤田グループ

11周目にさしかかるところで、すかさず吉岡衛(1)が仕掛ける。
DSC_6230


このアタックが吸収され、11周目から13周目までは日体大の選手が逃げるが、15周目にさしかかる頃には吸収し、大集団で通過。ここで中井が前方に位置取り、最終周回に入った。
DSC_5588


飛び出した中井に日大の選手が反応し、2人で逃げる。差は徐々に開き、メイン集団と20秒の差をつけたところで、この2人のどちらかが勝者となるのが確定的になった。
そこからはお互いけん制状態になり、ラスト数100メートル、中井が前を引き、後ろを振り返った瞬間に日大にかわされ、先行を許してしまう。
DSC_6507

ラストの登り、最後の力を振り絞り追うも、一歩届かず準優勝となった。
DSC_5680
ゴール直前、ハンドルを叩いて悔しさをあらわにする中井

その後ろから集団が続々とゴール、曽我部が9位、安田は14位でフィニッシュとなった。
準優勝という結果もさることながら、京産大は8人で出走し、全員が完走するという快挙を成し遂げた。
更に、このレースの成績により、ツール・ド・北海道に今年も出場することが決定。主将中井が掲げていた目標を果たした。

レース終了後、秋田監督は「選手は戦略どおりにレースを進めてくれた。最後に中井が逃げに乗ったということ自体がまず100点。結果的に負けてしまったけど、よくやった。全員完走というのは選手全員が細心の注意を払ってレースに挑んだということなので、これは最も誇って良いことだ」と胸を張って語った。
ツール・ド・北海道出場については「既に来年の北海道の予選に向けての準備期間も始まっている。毎年当たり前に北海道に出ることによって、北海道で戦えるチームになってくる。しかし、それはまた別の話」と、笑顔で答えた。

準優勝となった主将中井は「この大会でツール・ド・北海道が決まるのでチームの作戦通りに走ろうと思っていた。終盤抜け出して、日大の選手と逃げれば追ってこれないと思っていたので、逃げるところまでは綺麗に決まっていた。けん制状態から振り返りざまに抜かれたときは、しまったと思ったが、時既に遅しという感じだった。今年は個人では2位ばかりなので、次のインカレでは優勝を狙う。チームとしても、個人というより全員で強くなっていきたい」と力強く語った。

9位でゴールした今レース、エースの一人曽我部は「最後に集団の頭を取ることだけを考えて挑んだ、結果的に9位だったが、切り替えてここから始まるトラックシーズンに照準を合わせていきたい」と語った。

もう一方のエース、安田は「今日の出来は悪くなかった、だんだんちょうしが上がってきているので、ここからはロードに絞り、9月頭に行われるインカレで優勝を取りに行く」と力強く意気込んだ。

序盤から中盤にかけてレースを作った樋口は「アタック合戦の隙を見て飛び出したら上手く決まった、個人的にはペースがもっと早くても良かったので、追いつかれそうになってから飛び出したが吸収されてしまった。これからは切り替えて去年優勝したトラックの連覇と、青森で行われる全日本での好成績を狙う」と応えた。

もう一人のペースを作った立役者、藤田は「最後のほうは着いていくのが精一杯だった、インカレではもっと力をつけてしっかりと結果を残したい」と語った。

ツール・ド・北海道出場を決めた京産大。更なる高みを目指す彼らの活躍から目が離せない。

DSC_5940


DSC_5873



《自転車競技部》 西日本トラック 優勝ラッシュ! 秋田監督「完勝」

5月5日・6日の二日間にわたって岸和田競輪場で行われた、西日本学生選手権トラック自転車競技大会。
大会二日目は京産大の優勝ラッシュとなった。

1チーム4人で走り、3人目のゴールタイムを競うチームパーシュートをはじめ、最終着順を競うスクラッチ。5周回ごとに得点が加算されるポイントレース。先導車とスタートし、スピードに乗ってからスタートするケイリンなど様々な種目の競技が行われた今大会。
京産大が力を入れているチームパーシュートは2日目に行われた。

チームパーシュート予選。試合前に秋田謙監督が選手に告げた目標タイムは4分25秒。
しかし試合前「選手には4分25秒と伝えているが、欲を言えば4分23秒台を出して欲しい」と語っていた。
DSC_0129
試合前、選手とコミュニケーションを取る秋田監督
 
1周400メートルのトラックを10周。計4キロの短期決戦。
中井唯晶(3)松下綾馬(3)曽我部厚誠(2)吉岡衛(1)の4人がスタートラインに並び、スタートの合図を待つ。
DSC_0143

ピストル音が鳴り響くと、4台のバイクが徐々にスピードを上げ、1列の隊列を作る。
5周目には松下が先頭を引き、24秒台を叩き出す。
その後も7周目を除く全ての周を25秒台で回るなど安定した走りを見せ、ゴールラインを駆け抜ける。
結果は4分23秒566。選手に伝えられていた目標タイムを切るだけでなく、監督の目標としていたタイムも達成した。
予選は1位で通過、午後から行われる決勝へ進出となった。
DSC_0169



間に1種目を置き、行われたポイントレース決勝。
中井、松下、曽我部、藤田俊輔(2)溝口智貴(2)伊藤皓平(1)の6名が出場した。
距離は400メートルを60周、計24キロとなる。
5周回ごとに1位5ポイント、2位3ポイント、3位2ポイント、4位1ポイントが与えられ、最終的なポイントの合計を競う。
5周目に中井が1位で通過すると、10周目は松下が1位で通過。15周目から25周目にかけて松下、藤田、溝口、伊藤が4人で逃げを決め、ポイントを独占した。
DSC_0284

その後も、全てのポイント周回で京産大の選手がポイントを獲得し、最終周回へ。ここまで1位は24ポイントの松下、2位は19ポイントの中井、3位は16ポイントの曽我部という順。
最後のポイントは通常ポイントの倍が与えられるため、1位の10ポイントを獲得すれば曽我部、中井も一気に首位に躍り出ることが出来る。
飛び出したのは中井と曽我部の2名。激しいスプリントは曽我部が制した。
DSC_0609


松下は後方に沈んでいたため、順位が逆転。26ポイントで曽我部が優勝を果たした。2位の中井は25ポイント、3位の松下は24ポイントと、大接戦を演じた。
しかし入賞者はこれだけではない、4位に藤田、5位に伊藤、6位に溝口と6人全員が上位を独占。
最高の形でポイントレースを終えた。


次に行われたのは、午前最終種目のスクラッチ決勝。
樋口峻明(4)山田康太(3)吉岡の3名が出場した。
最終着順を競うスクラッチ。序盤から朝日大の選手が逃げると、そのチームメイトが集団のペースを落とし逃げを成立させようとする。しかし、山田が積極的に集団を引き、ペースを上げる。逃げの選手から数秒タイム差があった吉岡。最終周回にペースアップ、ぐんぐん選手を抜いて行き、全力のスプリント。優勝をもぎ取った。
DSC_0805

試合後吉岡は「最後まで落ち着いてスプリントで決めるというプラン通りだった。山田先輩が集団のペースを上げてくれたので、それに着いていったのも良かった」と語った。
その山田も6位入賞。「逃げの朝日大に対して数的不利だったため、誰かが前を追わなければならなかった。吉岡も着いてきていたので、自分が追わなければならないと思った」と振り返った。
DSC_0702


そして迎えたチームパーシュート決勝。
昼ごろから本格的に振り出した雨の中、再び4人がスタートラインに並ぶ。
DSC_0862


雨の影響もあり、思うようにタイムが出ない京産大だったが、周を重ねるごとに朝日大との差を開いていく。
DSC_0948

最後まで大崩れすることなく10周回を終え、約10秒の差を付けゴール。圧倒的な強さで優勝を果たした。

チームパーシュート試合後
主将中井は「今大会は優勝にこだわるというより、自分たちの実力を知ることに重点を置いた。それが結果的に優勝につながった。全日本トラックのための良い調整になった」と、全日本への意欲を見せた。

秋田監督は「完勝です。チームパーシュートでは目標タイムを出し、スクラッチとポイントレースでも優勝でき、とても良い形で西日本トラックを終えられた。次は全日本でしっかりと結果を出したい」と力強く語った。

次の舞台は全日本トラック。そして6月に行われるチームタイムトライアルに向けて、さらに勢いをつける結果となった。

DSC_1007
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ