京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

射撃部

《射撃部》全国での戦い、次への経験

10月30日~11月3日まで埼玉県長瀞射撃場で第61回全日本学生ライフル射撃選手権大会、第27回全日本女子学生ライフル射撃選手権大会が行われた。

この全国大会は9月10~13日に行われた秋季関西学生大会の得点により選ばれた選手のみ出場できる。京都産業大学からは男子4名、女子3名が出場した。


~結果一覧~
50mライフル三姿勢120発競技( 伏射・膝射・立射 各40発)
29位 松田 真吾 373 385 349 1107

10mエアライフル立射40発競技
44位 植本 有子 398.6
78位 吉本 菜月美 390.3
108位 山口 友紀 369.1

10mエアライフル立射60発競技
55位  岸本 賢哉 595.2
70位  髙原 康輝 590.2
132位 田上  諒 577.6

50mライフル伏射60発競技
60位 松田 真吾 593.6
74位 岸本 賢哉 577.2

_DSC5990



_DSC5923



吉本 菜月美
「今日はいつもより飛ばしてしまったので、自分的には満足出来ない結果になりました。練習のせいではなく心の持ち様かなと思います。公式試合は今回で2回目ということもあり、場馴れしておらず緊張がなかなかとけなかったです。全日本はやはり周りの人が上手いので、関西よりは頑張ろうと思えました。今日の試合は上手くいかないこともあり、あまり楽しめなかったです。結果はついてこなかったですが、今回の大会は自分の身になったと思います。これからも試合や大会の経験を積んでFINALに出られるような射手になりたいです。」


髙原 康輝
「最近点数が良くなかったのですが、今回は今年の中では一番良かったです。最近朝練を始め、朝の7時40分くらいから授業始まるまでの少しだけ練習したりしました。そのおかげか、ちゃんと練習したらやっぱり点数が上がりました。個人的には紙ではない的を撃つのが楽しかったです。成績は上がってきているのでこのままの調子で少しずつ上げていきたいです。」


松田 真吾
「初日に3種目中の2種目が終わったのですが、1日に2種目やるというのはけっこうしんどくて、特に射撃のフルマラソンと呼ばれる120発を3時間半かけて撃つ50mの3×40はとてもしんどかったです。3×40が終わった後にP60をしたのですが、ちょっと今日は狙い込んでしまったかなと思います。狙っている時間は息を止めていて、今日はその時間が長かったから3×40の後の時点で頭が痛くなってしまいました。秋の全関西の試合から今回まで1か月半あったのですが、その期間で自分のかまえも変えて、今日の3×40は今までで1番良い点数を出すことが出来たのですが、もっと撃てたなと思います。今まで射撃5年半やって1番悔しかったと言っても過言では無いくらい後悔もあります。膝撃と伏撃が終わった時点では、自分の中でベストなパフォーマンスが出来ていて凄く良い流れで来ていたのですが、最後の立射で今まで出したこと無いくらい悪い点数を出してしまいました。結果的には自己新でしたが最後の結果をP60でも引きずってしまったので、点数が良くなかったです。今回は楽しめたというより後悔のほうが大きいです。」


岸本 賢哉 主将
「僕はボーダーぎりぎりでSBに出ていたので良い点数を出すというよりは、あまり良い点数じゃなくても全国大会楽しもうと思いながら撃てました。ARは出られると思っていたのですが、まさかSBで出られるとは思っていなかったので出られてよかったなと思うと同時に気持ちを新たにする機会になりました。基本的伏射は緊張してもそんなに影響はないですが、スタンディングのときは緊張したら心拍数とかでダイレクトに揺れがきます。今回はあまり緊張しなかったので、影響が少なく出来ました。出場者は今回男子4名、女子3名の計7名出場しましたが、女子ではもっと出られた人はいるので、もっと人を増やしていきたいなと思います。男子もまた1回生が入ってくるので、その1回生にも活躍してもらって10名くらいは全国に出せるようにしたいなと思います。」




《射撃部》デジタルピストルで男女ともにFINAL出場



9月10~13日
第61回 秋季全関西学生ライフル射撃選手権大会(10mS60M・50m3×40M・50mP60M)
第20回 秋季全関西女子学生ライフル射撃選手権大会 (10mS40W・50m3×20W・50mP60W)
第11回 秋季全関西学生デジタルスポーツピストル射撃選手権大会(10mBPDS40M・10mBPDS40W)
第5回 秋季全関西学生エアピストル射撃記録会 (AP60M・AP40W)
が能勢町国体記念スポーツセンターで行われた。

エアライフル・スモールボアライフルは公安委員会の許可が必要であるため、試験に合格しないと持つことが出来ないが、ビームライフル・デジタルピストルなどは許可が要らないため初心者の1回生から大会に出場出来る。
そして、射撃では足の位置・銃の向きが少しでもずれると点数が大幅に変わってしまうスポーツであるため、競技中は集中力が最も大切な要素となる。
全国大会の出場を決める大切な大会でもある今回、選手たち競技している会場には緊張感が漂っていた。

結果は10mBPDSで男女ともにFINAL出場し田上選手が1位を獲得、松田選手が3競技でFINAL出場するなど素晴らしい成績を残した。


結果一覧


DSC_0292

・10mS60M(男子 エアライフル 立射 60発)
12位 松田 真吾 601.9   31位 田上 諒  586.0  33位 岸本 賢哉 585.2
34位 髙原 康輝 584.7   83位 藪内 一希 560.0  99位 北村 尚大 545.6
103位 高橋 尚三 541.5      西村 友孝 590.1  FU失格
10mS60M・団体 京都産業大学(岸本・松田・髙原) 4位




DSC_0089

・10mS40W(女子 エアライフル 立射 40発)
17位 植本 有子 400.8  33位 吉本 菜月美 388.9  43位 山口 友紀 377.6
45位 平中 史華 372.6  46位 衛藤 晶愛 364.8  47位 平井 伶衣良 364.7
10mS40W・団体 京都産業大学(吉本・植本・平井) 7位


DSC_0266

・10mBPDS40M(男子 デジタルピストル 立射 40発)
田上 諒358 FINAL出場 松田 真吾342 FANAL出場
18位 髙原 康輝 321  26位 西村 友孝 314 40位 上野 幹士 293
49位 岸本 賢哉 271  52位 物部 雄太 264 56位 桝谷 大貴 256
58位 藪内 一希 252  59位 北村 尚大 250 68位 高橋 尚三 223
69位 大西 敬太 222  71位 田島 理博 221 75位 生島 修 212
76位 外村 昌大 211  78位 山口 匠  207 80位 山口 裕樹 197
宮下 旺D.N.S.
10mBPDS40M・団体 京都産業大学(田上・西村・松田) 2位
FINAL結果 1位田上 諒 189.4    2位松田 真吾185.3

DSC_0181

10mBPDS40W (女子 デジタルピストル 立射 40発)
平中 史華 296 FINAL出場
13位 植本 有子 278  25位 山口 友紀 235 27位 吉本 菜月美 232
28位 平井 伶衣良 228 37位 衛藤 晶愛 152
10mBPDS40W・団体 京都産業大学(山口・植本・平井) 4位
FINAL結果 6位 平中 史華 87.3

・50m3×40M(男子 スモールボアライフル 3姿勢 120発(各姿勢40発))
松田 真吾 1102 FINAL出場
FINAL結果 6位 松田 真吾 405.4


DSC_0487

・50mP60M(男子 スモールボアライフル 伏射 60発 1時間)
松田 真吾 604.1  FINAL出場
21位 岸本 賢哉 580.9
FINAL結果 5位 松田 真吾 136.7


岸本賢哉 主将
「正直なことを言うと、胃腸炎とスライドドアに指を挟んでしまったり、いろいろあった中で点数も585点、素点という小数点以下を含まない点数なら多分550後半は出ているので、いつもと同じように打てたのはよかったかなと。ちょっと無理して撃ったので、それは良くないなと思いました。前半のほうは緊張とかで点数が落ち込んでしまって、素点でいうと第1シリーズが91で第2シリーズが88、いつもの平均なら93とかなので平均よりちょっと低いなと思っていたけど、そのあとくらいから94とか96とかで出て第3シリーズからはよかったかなと思います。目標としてはこの秋の大会で全国出場が決まるので、部員達の目標としては全国出場です。出来れば、全国で入賞、結果を残せる戦いをしたいと思います。」


植本 有子
「今日の出来はこないだ大会があってけっこう良い成績残していたので今回もちょっと期待していたけど、そんなに良くなかったです。今回は403点取れたらいいなと思っていたけど、最初があまり点数とれなくて後半はよかったですけど400点しか無かったです。
また大会があるのでそのときには403か405を取れたら良いなと思います。」

田上 諒
「いつもと違う銃を使ったりして最初は調整に時間かかりましたけど、最終的に本番までにはいつもの自分の射撃ができたかなと思います。他大学の強い人にも負けないくらいに出来て良かったです。」

松田 真吾
「50mはFINALに出られるので良かったですけど、エアーのほうはもう少し頑張れたかなと思います。頑張ったつもりでいましたし、自分の中では手ごたえはあったというかよかったですけど、集中しているとあんまり撃っている時の記憶とか無くて、入り込んでいるので、いざ開けてみたら自分が思っているより点数が悪くて、ちょっと落ち込んでいるというかもう少し撃てたなと思います。点数的にもいつもより低いです。今後の目標としては全日本出場と関西大会で優勝したいです。今3回生であと2回ありますけど、今射撃やっている中で関西大会優勝っていうのが1番大きな目標ですね。全日本で活躍するよりは関西で優勝したいです。」


INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ