京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

準硬式野球部

《準硬式野球部》一歩及ばず、全日本選手権出場逃す

 5月27日に関西地区大学準硬式野球二次トーナメント大会準決勝・滋賀大教育学部戦が伊丹スポーツセンターで行われた。京産大は最終回2点差まで詰め寄るもあと一歩及ばず逆転負けを喫した。
DSC_4777


滋賀大 000 300 013 = 7
京産大 010 000 103 = 5

スターティングメンバー
1.中堅手 高野
2.遊撃手 中林
3.二塁手 西村
4.三塁手 上村
5.左翼手 田中
6.右翼手 本田
7.一塁手 木部
8.捕手 土井
9.投手 藤本

【試合開始】
 先制したのは京産大だった。2回、4番の上村が振り逃げで出塁。その後一死3塁のチャンスをつくる。ここで6番本田がセンターへタイムリーヒットを放って幸先よく1点を取った。
DSC_4517

 しかし4回守備のミスから1点を返され同点。さらに二死2,3塁から2点適時打を浴び逆転を許す。
7回に1点一死3塁から9番上村がセンターへタイムリーを放って1点差に詰め寄るが、9回表に3点を奪われ突き放された。
DSC_4830

 5点差で迎えた最終回、なんとか逆転したい京産大は二死満塁から1番高野が走者一掃のタイムリーヒットを放ち3点を奪う。だが反撃も及ばずここまで。全日本大学準硬式野球選手権大会出場を目指していたがあと一歩のところで涙を飲んだ。
DSC_4803

DSC_4799



【試合後コメント】
山田主将
「去年全国に行ってるから今年も行きたかった。リーグ戦より調子はよくて、勝てると思ってたけどミスや気持ちの面で悪いところが出てしまった。相手ピッチャーのボールに流れを掴ませてもらえず、ずっと相手の流れだった。ベンチの雰囲気はよかった。トーナメントに入って逆転されてからも声が出せるようになったのは成長。清瀬杯では優勝を狙う。
(監督がいないことについて)サインやスタメンは自分が決めている。選手を変えるタイミング等で失敗することも多い。下級生も思うところがあるかもしれないけど我慢してくれている。4回が意見を出したり協力をしてくれる。
(監督がいないことの利点)ふだん練習を頑張っている選手を自分の判断で試合に出してあげられること。」

藤本投手
「エラーもあったが自分が助けてあげられるような投球ができればよかった。ずるずるいってしまった。(監督がいないので)4回生を中心に話し合ってメンバーを決めている。投手のことに関してはほぼ自分が決めることができる。(7回のタイムリーは)低めのツーシームが何かだと思う。集中して打席に入ったので来た球を打った感じ。2点差だったのでまずは1点と思っていた。(あと2勝で全日本)昨年は出場することができたので今年も行きたかった。次の清瀬杯で4回生は最後の大会になる。今日のような試合はいや、全国制覇できるように頑張ります。」
DSC_4596


本田選手
「自分のエラーから失点につながった。野球はいつなにが起こるかわからない。1球1打の重みを感じた。決勝戦の相手はいつも試合をしてる大学だったので、今日はとりあえず勝つつもりでいた。(2回の先制打)強い打球を打とうと打席へ向かった。打ったのはツーシームだったと思う。次の清瀬杯ではチーム一丸となって優勝する。」
DSC_4516



DSC_4871

次戦は9月に行われる清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会です。




《準硬式野球部》運に見放され・・・3位決定戦、勝利ならず

 5月15日、第67回関西地区大学準硬式野球選手権の3位決定戦、対近畿大戦が舞洲ベースボールスタジアムで行われ、京産大は1対5で敗北した。

近畿大 010 010 120 5
京産大 001 000 000 1

 1回戦に勝ったものの、2回戦の相手である龍谷大に1対3で敗北してしまう。今回の3位決定戦に勝つと全国出場が決まり、敗北してしまうと6月に行われる決定戦で全国の出場権を争わなければならなくなる。


 試合開始から、近畿大の選手は京産大の選手に対し挑発的な言葉をかけてくる。このようなことはあまり珍しくはないのだが、今回は少し度が過ぎていた。その言葉は京産大の先発投手、藤本の負担となってしまった。


 2回表の近畿大の攻撃、二死満塁の場面。徐々に調子を崩し始めていた藤本の投球は、打者である近畿大の投手に当たり、押し出しで先取点を奪われる。その投手は治療をうけるも交代。この死球が理由で相手の怒声もさらに大きくなっていく。この回、最後の打者を右飛で抑えるも精神的に辛いイニングとなった。

 どうしてもこの流れを断ち切りたい京産大は3回裏、四球から犠打、内野ゴロで二死三塁とする。塩路の左前打で1点を入れ、次の今竹の打球を遊撃手がエラー、なおもチャンスを広げる。次の今野が右前打を放ち走者はホームへ帰ってくるが、好送球がきてしまいアウトに。もう少しで京産大の流れだったが、そう簡単にはいかなかった。


_DSC9560



 次の近畿大の攻撃から、藤本は前の試合のような好投が出来なくなってしまった。
コースを狙うとプレシャーからか四球、死球を出してしまい相手からの歓声、からかいの声が聞こえてくる。ついには、インコースに投げられなくなってしまった。しかし、仲間が声援で支え、打球を処理していき8回途中まで3失点に抑える。ベンチに戻った藤本を仲間は温かく迎え入れた。その後、無死一二塁で登板した三澤も近畿大打線に2点を取られてしまう。


_DSC9525



 7回裏の京産大の攻撃。相手の投手が二者連続の四球を出し、一死一二塁となる。このチャンスを逃さないよう、選手たちにも気合が入る。そんな中、岡田の打球は遊撃手の方向へ。打球を取ろうとした遊撃手と京産大の走者がぶつかってしまい、守備妨害をとられてしまう。その後の相手の声に苛立ちを隠せない京産大の選手たち、嫌な空気が漂っていた。

 9回裏の攻撃、京産大は死球、内野安打で一死一二塁、次の打者の山浦も死球で満塁とする。ここでなんとしてでも点を入れたい、山谷はそんな願いを背負い、打席に立った。しかし、結果はダブルプレー。最後まで自分たちの流れに持っていくことが出来ず、1対5で近畿大に敗北してしまう。山谷はすぐに立ち上がることは出来なかった。
選手たちにはまた気を切り替えて、次の戦いに向けて頑張って欲しい。

_DSC9787



 主将 山浦選手
「3位決定戦で勝ったら全国なので、熱くなるのは分かっていたのですが、向こうのヤジに対してこっちも冷静に出来なかったのが今日の印象です。相手の声の影響でこっちの投手がインコース投げられなくなってしまったので、もっと(藤本選手に)精神的に強くなってほしいと思います。ただ、打つ方に関しては悔いを残している選手はあまりおらず、守備妨害など運が無かったとしか言いようがないですね。勝てば全国にいける決定戦が6月にあるので、あと3週間くらいでチーム全体が1段階ずつレベルアップするために頑張っていこうと思います」

_DSC9316


《準硬式野球部》関西大会1回戦突破!全国へと一歩前進


5月11日、第67回関西地区大学準硬式野球選手権大会の1回戦、対摂南大学戦が舞洲ベースボールスタジアムで行われた。京産大は7回コールド、7対0で勝利を収めた。

昨年の秋季関西地区大学準硬式野球大会は延長12回の末、1対0で1回戦敗北してしまった。そのときの悔しさを胸に練習を積んできた選手たち。今回の大会が4回生の全国大会に行ける最後の挑戦となる。

_DSC9267


試合は、1回から両校得点圏にランナーを進めるがあと一打が出ず、無得点のまま。試合が大きく動いたのは3回裏、京産大の攻撃だ。

先頭打者の1番塩路の打球を二塁手がエラー、ここからチャンスが生まれる。盗塁、犠打で、一死三塁。次の3番岡田が左安打を放ち、待望の先取点。しかし、京産大は手を緩めず、5番小川幹の外野手の頭上を大きく超える2点タイムリーを放つ。宮本の左中間への打球もあり、この回一挙に4点を獲得し、流れは京産大に動いた。

_DSC9336


その後は、藤原直が相手を0点に抑える完璧な投球で力の差を見せつける。
京産大は5回にも相手の隙を見ての盗塁、ホームスチールなどにより3点を加え、結果は7対0で関西大会の初戦を突破し、全国大会へと一歩前進した。

_DSC9480


山浦主将
「今回の試合に勝ったことで、全国大会一歩手前の大会出場は決まったので、少しほっとしました。自分たち4回生は今回で最後なので、追い込まれずいつも通りのプレーをしようと思います」

_DSC9328


小川幹選手
「最初の打席でチャンスを潰してしまったので、2回目の打席は打てて良かったです。次の試合も勝てるように頑張ります」

《準硬式野球部》延長の末 惜しくも1回戦敗退

11月8日(土)に平成26年秋季関西地区大学準硬式野球大会1回戦・近畿大学対京都産業大学の試合がベイコム野球場で行われた。

両校チャンスがあったものの相手の好投、好プレーによってなかなか得点が取れず、無得点のまま延長戦へ。試合が動いたのは12回表、近畿大学の攻撃。1死2塁の場面で代打が左ヒットを打ち、その間にランナーがホームに。タッチアウトと思われたが判定はセーフ。これが決勝点となり京産大は1回戦敗退となった。

近畿 000 000 000 001=1
京産 000 000 000 000=0


スターティングメンバー

1 5 今竹
2 4 黒川
3 9 亀岡
4 7 岡田
5 2 山浦
6 3 山谷
7 8 小川
8 6 杉山
9 1 藤本直



試合は1回表、いきなり近畿大学の攻撃で3番打者に三塁打を放たれピンチを迎える。しかし、1年生投手の藤本直哉が4番打者を三振で抑え試合の流れを相手に掴ませなかった。

DSC_6927


そのまま両校一歩も譲らず無得点のまま迎えた7回裏、京産大にチャンスが訪れる。
4,5番の連続ヒットにより2死1・3塁となり一打出れば一気に勝利に近づく。しかし、三振してしまい惜しくも得点とはならなかった。そして次の近畿大学の攻撃、2死2塁で4番を迎えた。緊張感が漂う場面、藤本が投げた球は中ヒットに。得点を取られてしまうかと思われたが、センター小川の好送球により帰還を許さない。お互い相手に得点を与えず勝敗が全く分からない見応えのある試合が行われていた。

DSC_7280


その後も試合は動かず両校無得点のまま延長戦に突入する。
試合が動いたのは12回表、先頭打者の打球をサードがエラーしてしまう。
次の打者がバントし1死2塁となり、近畿大学は代打を投入する。
代打の竹村は左ヒットを放ち1・3塁となると思われた。しかしランナーは3塁を蹴ってホームへ。近畿大学側の学生でさえ暴走だと思い、誰もがアウトになると思っただろう。しかし、判定はセーフ。ランナーにタッチ出来ていなかったのだ。この1点は大きく試合を動かした。


DSC_7482


この回、これまで好投を続けてきた藤本直也から藤本悠太に交代。四球を出してしまうが、無失点でその後を抑える。12回裏、この回点を取らないと負けてしまうというプレシャーの中、先頭打者が出塁、相手の1塁への送球が暴投となり無死2塁。次の打者が送りバント失敗。3番が左ヒットで1・3塁、同点のチャンスを迎えた。4番が右フライで2死1・3塁、この場面で回ってきた5番、山浦衛主将。落ち着いてボールを見極め打った第3球、打球は高く上がり右フライ。ここで試合終了。1-0で惜しくも1回戦敗退となった。

DSC_7491



主将 山浦 衛

「全員がミスも無く良いプレーばっかり出て、新チーム始まって以来、多分1番良い試合でした。延長戦までやって結局勝てなかったのはやっぱり3年生がチャンスつぶしてしまったりしてしまったせいかなと思います。でも練習本気でやっている奴らが打てなかったので、全員悔いは無く、来年に向けて頑張ろうと思います。秋はこの大会で終わりなので、今回の悔しさをバネに春の大会で勝ち進んで全国に行きたいです。」


藤本直也 投手

「最初のほうはあまり良くなかったですが、先輩の負けられない試合なので、やっぱり自分も全力を尽くさないといけないなと投げました。負けてしまいましたが、その気持ちが良いピッチングにつながったと思います。最後1球自分のミスで打たれてしまったので、その球を無くしていこうと思います。目標はまずリーグ優勝をしてから全国大会に出られるように、今度は自分が引っ張れるようなピッチングをしていきたいです。」

《準硬式野球部》神戸大学に圧勝、全国大会まであと2勝

5月25日にあじさいスタジアム北神戸で準硬式野球の関西地区二次トーナメント大会が行われ京都産業大学が神戸大学に9-2で勝ち、準決勝進出を果たした。
DSC_6942

ナインが主戦川口の好投をたたえる

序盤の攻撃陣は初回に1死満塁のチャンスを作るが後続が打ち取られ得点できず。その後も走者が出ず0が続いた。守備では主戦川口が序盤に毎回走者を出す苦しい展開となったが要所要所で三振を取り、気迫あふれる投球が光った。攻撃は4回、四球からバントで送り6番のピッチャー川口が先制のエンタイトル左中間二塁打を放った。その後もヒットが続き、この回一挙3点を挙げた。後半にかけても効果的に加点し、7回には川口がこの日2本目となるタイムリーヒットを放ち、相手を突き放した。しかし8回、突如川口が乱れ1死1塁から左中間にヒットを打たれ中継がもたつく間に1塁ランナーがホームに帰ってきた。その後もパスボールや失策が重なり計2点を返された。ただ取られたら取り返すのが京産大のすごいところ。最終回に8番深井、1番増田のタイムリーヒットで3点を挙げ、またまた突き放した。最後は2番手の東島が失策と四球で2死1.2塁のピンチを迎えるが最後の打者をライトフライに打ち取り京産大が快勝した。

今日勝ったことで全国大会の一つ下の清瀬杯には出場することが決定した。4回生も夏まで仲間とともに野球ができることになる。しかし選手たちは清瀬杯のことは頭になく全選手が全国大会に照準を合わしている。もうすでに次の試合に向けて気持ちが切り替わっていた。あと2勝すれば全国大会なのでぜひ出場してすでに全国大会に出場を決めた硬式野球部とともに全国に京都産業大学の名前を轟かしてほしい。

試合後のコメント
石川主将「今日の試合は今までできなかったことができてよかった。いつもなら先制してから追いつかれるケースが多かったが、今日は先制した後に追いつかれることなく自分たちが追加点も取れたのでそこは良かった。しかし後半の8回などに劣勢になった時に相手の雰囲気にのまれることがあったので、しっかりベンチやスタンド全員で協力して自分たちの流れに持っていきたい。」

川口投手「(8回の得点を許してしまったとき)終盤はバテてしまった。球が浮いてしまい力がなかった。一戦必勝で次の試合も勝ち全国大会に向け全力で戦っていく。」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ