京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

準硬式野球部

友だち追加

《準硬式野球部》初戦突破も優勝には手が届かず...

8月21日、第70回全日本準硬式野球選手権大会の二回戦、22日に三回戦が行われた。2年ぶりの全日本の舞台。京産大は初戦を突破するも、甲南大に敗れ準々決勝敗退となった。
DSC_0417


2回戦
群大荒牧 000 000 110 =2
京産大   320 020 00x =7

スタメン
1(右) 中林紘夢(福井商)
2(遊) 磯野幹大(報徳学院)
3(三) 西村昴(東海大大阪仰星)
4(一) 上村直輝(交野)
5(中) 高野航平(明徳義塾)
6(捕) 土井敬太(乙訓)
7(D)  河合壮太(高田商)
8(左) 黒川弘輝(京都成章)
9(二) 井上博喜(京産大附)

先発 吉井稜央佑(滝川第二)
   西村太希(比叡山)
   山下晴樹(岡山芳泉)

試合展開
全日本を決めて以来、約二ヵ月ぶりの公式戦となった今試合。1回の表、二死を取った後、先発吉井はエラーとヒットで2、3塁のピンチを背負ってしまう。しかし続くバッターを見逃し三振に切って取る。これで勢いに乗ったチームは二番磯野、三番西村昴の連続ヒットで、2、3塁のチャンスを作る。二死となった後、5番高野がレフトの横を抜ける2点タイムリー三塁打を放った。続く6番土井の2球目、捕らえた打球は高く舞い上がり、左翼フェンス直撃のタイムリー二塁打となった。初回に3点を先制し、試合を優位に進める。2回には押し出し四球と上村の犠飛で2点を加えた。5回には高野のこの日2本目の三塁打でチャンスを作ると、相手のエラーと井上博喜のタイムリーで7点目を取る。先発の吉井はランナーを出しつつも粘り強く投げ、7回4安打1失点の好投。打線も11安打7得点で吉井をもりたて、全日本の初戦突破を果たした。
DSC_0080

DSC_0153

DSC_0230

DSC_0442

 
選手コメント

上村主将
「初戦ということで難しい試合になるかなと思っていたが、序盤から打線がつながってくれた。投打がかみ合った結果、勝つことができたと思う。下級生は新人戦、四回生は就活があり、全日本を決めてから二か月は、モチベーションを保つのは大変だった。けれども練習で常々「全日本のために」と口にして、意識付けをしてきた。試合でこうやって結果を出してくれて、チームはいい状態にある。明日の相手も強い相手が来るかと思うが京産らしい打ち勝つ野球で次に進めたらいい。」
DSC_0401


吉井選手
「初戦は大事だと思っていた。いい形で勝てて勢いがついた。今まで自分の課題を見つけて練習を続けてきた。おかげでランナーを出しても粘り強く投げることができたと思う。そんな意識し過ぎず、数日前くらいから気を入れて大会に臨んだ。その調整がうまくいったと思う。明日以降強いチームが来ると思うが、今日以上のいいピッチングをできるように頑張りたい。」
DSC_0334


準々決勝
京産大 000 000 120 =3
甲南大 105 100 10x =8

スタメン
1(右) 中林紘夢(福井商)
2(遊) 磯野幹大(報徳学院)
3(三) 西村昴(東海大大阪仰星)
4(一) 上村直輝(交野)
5(中) 高野航平(明徳義塾)
6(捕) 土井敬太(乙訓)
7(D)  河合壮太(高田商)
8(左) 黒川弘輝(京都成章)
9(二) 井上博喜(京産大附)

先発 吉井稜央佑(滝川第二)
    山下晴樹(岡山芳泉)
    木村悠斗(川西緑台)

試合展開
準々決勝は関西選手権2次トーナメントで勝利し全日本選手権進出を決めた相手でもある甲南大。先発の吉井は初回先頭バッターにヒットを許すと、1死1・2塁から味方のエラーで1点を先制される。3回には連投の疲れからか制球が乱れ、5つの四死球を与え2点を奪われる。なおも一死満塁となったところで2番手の山下をマウンドに。しかし、代わった山下も制球が定まらず四球と2つの暴投でさらに3点を追加される。打線は毎回ランナーを出すも後続が続かず無得点。4回にも犠牲フライで1点を追加され、6回を終えた時点で0対7と大きくリードを許す展開。しかし7回、9番井上博が相手のエラーを誘う打球を放ち塁に出ると、二死2塁から3番西村昴の執念の右前ヒットで1点を返す。その裏1点を奪われたものの8回に京産大が再び粘りを見せる。一死から6番土井が相手のミスで塁に出ると7番河合のところで代打木部が打席に立つ。1ボール1ストライクからの三球目、鋭く振り切った打球は右スタンドに吸い込まれる2点本塁打。ベンチからナインが一斉に飛び出し木部を祝福。反撃ムードが高まり始める。続く8番黒川弘も三遊間を破り塁に出ると、代打の福井も内野安打で二死1・2塁とチャンスを作り今日2安打の磯野に打順が回る。ベンチの期待を背負って打席に立った磯野だったが、初球を打ち上げた打球は無情にもフェンスの手前でレフトのグラブに。9回にも先頭の西村昴が四球で塁に出るも反撃はここまで。3対8で敗れ、優勝を目指した京産大はベスト8という結果で大会を終えた。
DSC_0575

DSC_0662

DSC_0644

DSC_0682


選手コメント

上村主将
「四球の数で勝負が決まってしまったと思う。(甲南大とは)公式戦で2戦2勝していたが気持ちよく勝てた試合はなかったので、先制点をとられてからも嫌な予感はしていたがスキを突かれてやられてしまった。2年前は初戦で負けていたので(全日本で)1勝という目標は達成できた。これより上の成績を残すために後輩たちにはもう一度全日本の舞台に戻ってきてほしい。キャプテンをやってきてこの1年間後輩には何度も怒ったり嫌なことも言ってきたが、最後に結果を出して数少ない4回生を全国まで連れてきてくれてうれしく思う。悔いはたくさんあるがやり切れた大会でした。」
DSC_0664


土井捕手
「(先発の吉井は)もともとばらつきのある投手だが、だんだんストライクが入らなくなっていって甘い球を狙われた。吉井も山下も全国の舞台で堂々と投げていた。まだ2回生なのでこれから一緒に頑張っていきたい。(甲南大は)予選でも当たりお互いを知り尽くしている同士なのでやりにくかった。秋リーグでは今日負けた甲南や関西選手権で負けた同志社にリベンジしたい。」
DSC_0576


木部選手
「大量失点でベンチの雰囲気が崩れかけていたので元気付けようと打席に入った。代打は一打席しかないので後悔しないスイングを心がけた。甲南大学は同じ地区で、春にも勝っていたので少し油断した部分もあった。この負けを生かして来年もここに帰ってきたい。」
DSC_0636

《準硬式野球部》関西地区大学2次トーナメント優勝!

6月23日、関西地区2次トーナメントの決勝戦が伊丹スポーツセンターで行われた。西村昴の3ランなどもあり、13対9で甲南大に勝利した。これにより8月に開かれる第70回全日本大学準硬式野球選手権への出場が決まった。

京産大 071 000 203=13
甲南大 140 000 211=9

スタメン
1(遊) 磯野幹大(報徳学院)
2(三) 西村昴(東海大大阪仰星)
3(一) 上村直輝(交野)
4(右) 高野航平(明徳義塾)
5(捕) 土井敬太(乙訓)
6(D) 河井壮太(高田商)
7(左) 黒川弘樹(京都成章)
8(中) 前田大地(比叡山)
9(二) 井上博喜(京産大附)

 先発・吉井稜央佑(滝川第二) 2回 5失点
2番手・木村悠斗(川西緑台)   4回3分の2 2失点
3番手・山下晴樹(岡山芳泉)   1回3分の2 1失点
4番手・片山環(大商学園)    3分の2  0失点

 全日本出場に大手をかけて挑んだ決勝戦は両チームの打線が爆発する乱打戦となった。京産大の先発は吉井。初回、四球と不運なポテンヒットで1点を失う。2回表先頭の土井が四球で塁に出ると、相手のエラーを含む3連打で逆転に成功、なおも2死1・3塁で2番西村昴が右スタンドに飛び込む特大の3ランを放ち一挙7点。甲南大を突き放したがその裏、吉井が4点を失うと7-5の3回から2番手の木村が登板。木村が3回から6回までを完璧に押さえると7回表、前田のスクイズなどで2点を追加する。7回に2点、8回に1点をとられた京産大だったが、9回に高野の犠牲フライなどで3点を追加し再度甲南大を突き放す。9階裏、強くなった雨が3番手の山下を襲う。制球を乱し4つの四死球で1点を取られたところで4番手の片山にスイッチ。厳しい場面での登板になった片山だったが後続をピシャリと押さえる完璧なピッチングをみせ試合終了。2年ぶりに全日本出場を決めた。

<コメント>
上村主将
DSC_0138

 「決勝だからといって固くならずにいつも通りの野球をしようと言っていた。1点は先制されたが焦らずせめて行けば勝機はあると思っていた。9回は打たれてもせめることができない天候だったので思い切っていけとピッチャーには伝えた。全日本出場は決めたが、精神面では点をとったあとに気持ちがゆるんで失点したり、技術面では守備の部分でまだ課題は残っているので全日本までに改善して全国で勝てるチームにしていきたい。2年前に果たせなかった優勝を目指して全日本も戦っていきたい。」

右越3ランを打った西村昴内野手
DSC_0116

 「打ったのは内低めのスライダー。1打席目がよくなかったので修正して打つことができた。残りの期間で課題を修正して関西大会で負けた同志社に全日本で勝って優勝したい。」

4人の投手を巧みにリードした土井捕手
DSC_0036

 「先発の吉井はあまり調子が良くなかったのでテンポよく自分のペースで投げるように言っていた。2番手の木村はストレートとスライダーが良く、気持ちをぶつけて投げてくれたのでキャッチャーとして嬉しかった。最後はストライクが入れば充分な状況だったので配球はあまり意識させず投げさせた。強いチームに勝つためにはミスを減らしていかないといけないと思うので修正できるように練習していきたい。全日本は4回生と一緒にできる最後の大会なので悔いの残らないように戦っていきたい。」

逆転タイムリーの井上博内野手
DSC_0097

 「打ったのはストレート。新チームになってからバッティングで貢献できていなかったので何とか貢献できるようにという気持ちで打席に立った。関西大会で同志社に負けているのでいい舞台でもう一度同志社と戦いたい。」

《準硬式野球部》全日本まであと1勝!決勝23日10時~

 関西地区大学2次トーナメントの近畿大学戦(9日、伊丹)が行われ、6-4で勝利した。初回、土井の2点タイムリーで先制すると5回には4点を追加し突き放した。投げては、先発・吉井が6回1/3を3失点の粘投。2次トーナメント決勝進出が決まり、23日に甲南大学と対戦する。

近畿大 010 000 300 =4
京産大 200 040 00× =6

スタメン
1(右) 中林紘夢(福井商業)
2(遊) 磯野幹大(報徳学園) 
3(三) 西村昴(東海大仰星) 
4(一) 上村直輝(交野)   
5(中) 高野航平(明徳義塾) 
6(捕) 土井敬太(乙訓)   
7(D) 河井壮太(高田商業) 
8(左) 前田大地(比叡山)  
9(二) 井上博喜(京産大附) 

先発・吉井稜央佑(滝川第2)   6回3分の1 3失点
2番手・西村太希(比叡山)     0回3分の1 1失点
3番手・山下晴樹(岡山芳泉)   2回3分の1

 1回戦の関大戦を完封で下し、2年ぶりの全日本出場に一歩前進した京産大。準決勝の近大戦も好調の吉井が先発マウンドに上がった。関西大会では課題と話していた初回を三者凡退で切り抜ける上々の立ち上がり。その裏、2死満塁から土井の2点タイムリーで先制。リードをもらった吉井だったが、2回2死3塁のピンチでセンター前へのタイムリーで1点差に迫られる。5回裏、先頭の西村昴がセンターオーバーの二塁打で出塁すると、そこから4安打の集中砲火で4点を追加し大きくリードを広げる。しかし、7回に守備が乱れ4つの四球と3つのエラーで3点を失う。 2点差となったが、3番手山下が好リリーフを見せ6-4で勝利した。23日に甲南大との決勝戦に挑む。

DSC_7739
力投する吉井

コメント
上村主将「持ち味の打線を生かして良い試合ができたと思う。点差が開けば勝てるという慢心が出てしまう。その油断が7回の失点につながってしまった。23日までにはしっかり改善したい。次も必ず勝って全日本選手権に進みたい。」

土井「先制タイムリーは高めに浮いた変化球を狙った6回の好守備。(1死1,2塁から2塁ランナーが盗塁。3塁への送球間に1塁ランナーが2塁へ進塁しようとしたが、捕手・土井が3塁へ投げる直前で2塁への送球に変え、2塁タッチアウト)は三塁が間に合わないと思ったので、迷わず2塁に送球しアウトにすることができた。チームが勝つために自分ができることをしていきたい。」

DSC_7766


西村 「5回の二塁打は狙っていた甘いまっすぐをしっかり振りぬくことができた。今日はエラーが多く連携の確認をしなければならない。全日いけるように準備していきたい。」

磯野「次戦は力負けせずに自分たちのプレーを見せて必ず勝ちたい」




試合予定
6月23日(土)10時~ 対戦校:甲南大 開催地:伊丹スポーツセンター

《準硬式野球部》関西大会二次トーナメント初戦突破!

5月19日、第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会二次トーナメント1回戦、関西大学戦が寝屋川第一野球場にて行われた。京産大は吉井-山下の完封リレーにより、1-0で勝利した。この結果、二回戦進出と同時に、清瀬杯の出場権を得た。

関大  000 000 000 =0
京産大 100 000 00x =1

〈スタメン〉

1(右) 中林
2(遊) 磯野
3(三) 西村昴
4(一) 上村
5(中) 高野
6(捕) 土井
7(DH) 河井
8(左) 前田
9(二) 井上博

先発投手 吉井
  二番手 山下



〈試合展開〉
 初回、一死1・3塁のピンチを迎えた先発の吉井。しかし、次の打者をセカンドへのライナーでダブルプレーに打ち取り、初回を0点に抑えた。その裏、京産大の一番、中林がセンターの頭を越す三塁打を放つと、次の磯野のセカンドゴロの間にホームインし、京産大が1点を先制する。その後、両チームともランナーを出しつつも、両投手の懸命のピッチングで点が入らない状況が続く。8回表、一死2塁から二番手山下が登板。山下はヒットで1・3塁とされ、この日最大のピンチを迎えるも、そこから、圧巻の二者連続三振で切り抜けた。
 京産大は、再三ランナーを出しながらも吉井、山下の粘り強くピッチングと堅い守備で初回の1点を守り切り、二次トーナメント初戦突破を果たした。




〈試合後コメント〉

_DSC1056

上村主将
「トーナメントという後がない状況。そして、負けたら引退という試合だったが、みんなが気合を入れて試合に臨めたのがよかった。四回生が少ない中で、下級生が点を取ったり、抑えてくれたりして力を貸してくれた。感謝しているし、嬉しい。関西大会の時は足りてなかった、ベンチの雰囲気だったり、野球をやってない人や裏方の支えが今日はあった。全員が試合には入れてた。新チームから言ってきた『みんなで野球をやろう』姿勢が大事な試合で出てきた。チームはいい状態にある。次の試合も厳しい試合になると思うが、みんなで力を合わせて、支えてくれる人のためにも勝ちたい」




第一打席で三塁打を放ち、決勝点のホームを踏んだ中林選手
_DSC1028

「清瀬杯につながり、よかった。四回生と共にまだ野球が出来ることに満足している。とにかく一打席目は集中して、何でもいいから塁に出ることを一番打者として意識している。チームはまだ、いい時の持ち味が出し切れていないので、次戦の6月9日までしっかり練習して次に臨む。」

吉井投手
_DSC1258

「勝ちたかったので良かったです。四回生の引退関係なく、みんなで楽しく野球ができたらいいと思った。1点差だったので緊張感を持ちながらも、気負いすぎず、楽に投げれたのは良かった。次以降も一試合一試合勝って、全国に行きます。」

山下投手
_DSC1515

「勝っててほっとしている。ランナーを絶対に返さないという気持ちで、マウンドに上がった。終盤の流れを見ながら、いつでも行けるようにしている。あと2勝して全日本選手権に行きたい。」


〈試合予定〉
6月9日(土)午前10時~  対戦校:近畿大学   会場:伊丹スポーツセンター

《準硬式野球部》関西大会、宿敵・同大に敗れる

 第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会1回戦の同志社大学戦(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)が行われ、1-5で敗れた。この結果、チームは19日より行われる2次トーナメントにまわることが決まった。

同大 020 000 102 = 5
京産 010 000 000 = 1

スタメン

1(右) 中林紘夢(福井商業) 4打数2安打
2(遊) 磯野幹大(報徳学園) 4打数0安打
3(三) 西村昴(東海大仰星) 4打数1安打
4(一) 上村直輝(交野)   4打数0安打
5(中) 高野航平(明徳義塾) 4打数3安打
6(捕) 土井敬太(乙訓)   3打数0安打
7(D) 河合壮太(高田商業) 4打数0安打
8(左) 前田大地(比叡山)  4打数1安打1打点
9(二) 井上博喜(京産大附) 2打数0安打

先発・吉井稜央佑(滝川第2)   6回3分の2 3失点
2番手・山下晴樹(岡山芳泉)   2回3分の1 2失点

DSC_6530


試合経過
 2回表、制球の定まらない先発・吉井がエラーもからんで2点を失う。「立ち上がりは苦手で今日も悪いところが出た」と苦しいスタートになった。追いつきたい京産大はその裏、先頭の高野が中前打で出塁。続く土井が送りバントを決め1死2塁のチャンスをつくる。7番河合の内野ゴロの間に3塁までランナーを進めると、前田のタイムリー2塁打で1点差に迫る。1-2で迎えた6回表、1死満塁のピンチを招くと背番号20の山下にスイッチ。「腕を振ってしっかり投げた」と4-6-3のダブルプレーに打ち取り、追加点を許さない好リリーフを見せた。ピンチをチャンスに変えたい京産大だが、終盤チャンスを作ることが出来ず、1-5で敗退が決まった。

DSC_6538


DSC_6504


DSC_6547


コメント
上村主将「相手の配球に対応できず良いところを見せられなかった。初回2点を失ったのが痛かった。就職活動で抜けている4年生が多い中、後輩が自分たちのために頑張ってくれていたが、僕がもう一押しカバーできなかったのが敗因だと思う。ターニングポイントは、7回に追加点を許した場面と最終回に僕がエラーをした場面。流れが完全に同志社にいってしまった。相手が昨秋負けた同志社だと分かっていたので、いつも以上に気を引き締めて練習からやってきた。どうしても勝ちたくて頑張ったが、結果が出なくて残念。同志社の集中力が自分達を上回っていた。次戦まであまり時間はないが、精神的な部分も含めてしっかりと準備したい。」

吉井「立ち上がりが不安定なところとスタミナ不足が露呈した。暑いのが苦手なので、しっかりスタミナをつけて夏を乗り切りたい」

山下「6回のピンチを抑えることができ、ほっとした。きっちり抑えて流れを変えたい中で、7回、9回に打たれてしまったのは反省点。変化球のコントロールが悪くなってしまった結果なので、しっかり修正したい。」

試合予定
5月19日(土)午前10時~ 対戦校:関西大学 会場:寝屋川第一野球場

《準硬式野球部》清瀬杯 ベスト4で幕

 9月6日、清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会2回戦対東北学院大戦、準決勝対明治大戦が大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲ベースボールスタジアム)で行われた。京産大は2回戦で東北学院大から完封勝利を収める。しかし、準決勝で明治大に完封されて4年生最後の大会をベスト4で終えた。 

_DSC0430


<2回戦>
京産大   402 000 000=6
東北学院大 000 000 000=0

2回戦スタメン
1.8高野
2.6中林
3.5西村
4.7本田
5.3上村
6.9田中
7.DH山田
8.2土井
9.4井上
先発投手.飯田

【試合展開】
 1回戦と打って変わり1回表から打線が爆発した。高野がヒットで出塁すると、中林がバントでつなぎ一死二塁。西村が四球を選ぶと本田のヒットで一死満塁になる。続く上村、田中、山田が三者連続ヒットで4人のランナーを返してリードを獲得した。3回表には一死一、二塁の場面から山田の左越え二塁適時打で6-0にリードを広げた。この試合で13本のヒットが生まれた。投げては飯田がリードをしっかり守り切り、被安打4に抑える活躍を見せて完封勝利を飾った。





<準決勝>
明治大 101 011 100=5
京産大 000 000 000=0

準決勝スタメン
1.8高野
2.6中林
3.5西村
4.7本田
5.3上村
6.9田中
7.DH山田
8.2土井
9.4井上
先発投手.藤本

【試合展開】
 9回表二死1,2塁のピンチ。マウンドに立つのは4年生エース藤本だった。4年間マウンドを守ってきた絶対的エースが最後の力を振り絞る。「(前日に完投した)疲れが残っていた」といいながらもスリーボールから力のこもった球を投げ込み三振を奪った。

 京産大は初回にいきなり1点を先制されると、その後も3,5,6,7回に1点ずつを取られてしまう。しかしいずれの回も先発のエース藤本が1点に抑え打線の援護を待つ。なんとか反撃したい京産大だったが、9安打を放ちながらもあと1本がでず最後までホームベースを踏むことができなかった。
 



【試合後コメント】
今大会、大車輪の活躍を見せた主将山田
「悔しさはあまりない。ここまで野球ができてよかった。高校野球を引退した時とは全く違う。主将として自分が中心のチームだった。みんなをまとめるのは大変だったが、やるときはやってくれる。(4年生とは)色々あったがありがとうと言いたい。自分たちが抜けて不安になることが多いが、いい選手が揃っているので頑張って欲しい。」

2回戦で完封勝利を収めた飯田
「昨晩ごはんの時に先発投手を言われた。(準々決勝)4年生最後の試合にしてはいけないと思って投げた。嬉しいというより、ほっとしてました。藤本さんは頼れる先輩で、お手本となる選手。先輩から見習うことも多かったので、それをいかせるようにしていきたい。またリーグ戦に戻るので清瀬杯での経験を生かしていきたい。」

2回戦で3安打の活躍を見せた本田
「去年の秋まで4番を任されていたけど、春リーグは就職活動などで練習に行けなかったため4番ではなかった。夏に練習を積んで4番を任されるようになった。1年生の時から使ってもらってキャプテンや監督に感謝している。1回戦で結果が出なかったので2回戦では体を張る気持ちで結果を残そうと思った。自分は先輩や同期、後輩に一番迷惑をかけてきた。今回結果で感謝の気持ちを表せたと思う。後輩たちにはチームワークを良くして自分たちよりいい成績を残してほしい」

1回戦と準決勝で完投した藤本
「(準決勝は)昨日の疲労が残っていた。2回戦で後輩たちが頑張ってくれてからエースとして後輩の期待に応えようとおもった。優勝が目標だったから達成できなくて残念だけど、京産らしい楽しい野球が出来て満足している。ずっと投げさせてもらって先輩、同期、後輩に感謝している。4年生が抜けるので後輩たちにはのびのびとやってもらいたい。そして、全日本で優勝してほしい。」

山田
主将としてチームを引っ張った山田

本田
本田は4番らしく打撃でチームに貢献した

飯田
飯田が2回戦で完封

藤本
仲間たちに迎えられる藤本

土井
投手陣をリードした土井

井上
好プレーを連発した井上



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ