京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

女子バレーボール部

《女子バレーボール部》実力発揮できず、金蘭大に敗北

 4月17日、関西大学 堺キャンパスで2016年度関西大学バレーボール連盟 女子バレーボール春季リーグ戦1部Aブロック 第3日目が行われた。結果は千里金蘭大学相手にセットカウント0-3で敗北、今季リーグ3連敗となってしまった。

 今季リーグ戦は関西大に3-2、1部1位の京都橘に3-1と勝利を逃してきた京産大。今回こそは、と選手らは試合前の練習から大きな声を出し続ける。

_DSC6219


 第1セット、いきなり金蘭大の勢いのあるスパイクが京産大を襲う。ラリーから得点を重ねていくのが得意な京産大だが、自分たちのペースに持ち込むことが出来ない。連続失点で11点差と大きく離されてしまう。澁谷沙羅、前谷汀紗を中心に反撃するも届かず、13-25で第1セットを落としてしまう。

_DSC6103


 第2セットで巻き返しを図るも、どうしても流れを変えられない。序盤は僅差で試合が進み接戦になる思われたが、中盤相手のブロックにより点が取れなくなってしまった。その焦りからか、京産大にミスが少しずつ出てきてしまう。相手は順調に点数を重ねていき、16-25。このセットも落とし、厳しい試合となった。

_DSC6222


_DSC6254


 第3セットでは選手たちが金蘭大の攻撃に喰らいつき、ボールをつないでいく京産大らしいプレーが見られた。試合終盤には薮木真由らの活躍により得点を重ね、11点あった点差を一気に6点差まで追い上げる。しかし、タイムアウトから相手は勢いを取り戻し、結果17-25で試合終了。
セットカウント0-3で京産大の敗北が決定した。

_DSC6351


塩谷 勇 監督
「自滅でした。自分たちがしなくてはならないことが始めから出来ていなかった。ミスして、そこからレシーブフォーメーションも崩れた。前の2試合はなかなか良い感じだったのに、一番悪いところが全部出てしまった。うちのチームは元々優れたチームではないので、攻守を2回、3回と続けてやっと点が取れるチーム。今回はラリーが少なく自分たちのバレーが出来なかった。そのため、どんどんペースが崩れていった。どんなに泥臭く1点を取りに行くことが大切だ。このチームはサーブが弱いので、攻めきれていない。もっと強く打つ、相手の隙を突くことを次の試合までに練習する」

_DSC6220


千木良 捺実 コーチ
「今日は相手の問題ではなく、自分たちのミスで雰囲気も悪くなったし流れも呼び込めなかった。実力がミスなどであまり発揮出来ず、レシーブも雑になってしまった。次の試合までには特にブロックを強化していきたい。ブロックを上手く使えればコースが決まりレシーブの負担も少なくなる。そして、理想としている決まったコースに撃たせてレシーブで拾って、良い形で攻撃に繋げていけたらいいなと思っている」

_DSC6358


澁谷 沙羅
「自分らのミスが多いことと相手の完成度に対応しきれなかったのが今回負けた原因だと思っている。全般的に守備が悪かったし、そこからのチーム点の取り方も良くなかった。次の二次リーグにつながる試合をしていこうと思う」

《女子バレーボール部》最終戦に敗れ下位リーグへ

今月22日、京都橘大学にて関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦女子1部1次リーグBブロック最終戦の大阪体育大学戦が行われた。第4節までを終えて両校とも勝ちがなく、互いに初勝利を目指して熱い戦いが繰り広げられた。

〈第1セット〉
序盤から点の取り合いが続き、迎えた23-21の場面。相手の追い上げを振り切りたい京産大はここでサービスエースを奪い流れに乗り、一気に第1セットをものにした。

DSC_0196


〈第2セット〉
主将の松本曰く、「一番弱いローテーション」で迎えた試合中盤はスパイクやレシーブのミスが重なり連続失点。タイムを要求し変化を図るも流れは変わらず、このセットを落とす。

〈第3セット〉
第4節終了時で得点ランク3位タイの澁谷やアタック決定率2位を誇る橋本を中心とした攻めで、序盤から相手に主導権を握らせず、このセットを奪った。

DSC_0130
攻撃を牽引した澁谷(13)と橋本(5)

(第4セット〉
澁谷の角度をつけたスパイクと力を抑えて軽く前に落とす技ありスパイクなどでリードを奪う。しかし、相手の高い打点からの強烈なスパイクに、レシーバーが対応に苦戦しこのセットを落とす。

(第5セット〉
互いに初勝利が目前とだけあって、選手たちのプレーや観客席からの声援に熱がこもる。選手らはあきらめずにボールにくらいつき、勝ちたいという闘志を見せるも7-10とリードを許し、タイムを要求。ここから怒涛の反撃を見せて、12-12の同点となる。しかし、ミスやスパイクで連続失点を許すと、1点を返すが最後も強烈なスパイクを決められ惜しくも初勝利とはならなかった。

DSC_0159


1次リーグBブロックを最下位で終え、次は残留をかけてA、Bブロックの下位3チームと残留をかけて下位リーグを戦うこととなった。

松本主将
「ここまで全敗だったので1勝はして、次につなげるために全力でやっていこうと試合前、チームメイトに話した。失点が多いので、失点を減らすことが今後勝っていく上で大事になる。相手の流れに持っていかれず、自分たちの流れに持っていけるようにしたい。軽率なプレーをなくし、ていねいなバレー、基本通りのバレーをしていきたい。下位リーグでは1位を目指してがんばりたい。」

《女子バレーボール部》粘り見せるもあと一歩届かず

関西女子バレーボール春季リーグ戦、第2日Aブロック 関西大戦が千里金蘭大学で行われた。

 関西大 - 京産大
   25 - 23
   22 - 25
   18 - 25
   25 - 17
   15 - 9

粘りのバレーを続けるも、関西大の勢いに押され
あと一歩のところで敗戦を喫する悔しい一戦となった。

第1セットでは、序盤に4点連取し京産大が先行した。
途中、逆転されるもすぐ取り返す。23点を先取し完全に京産大の流れかと思われたが、
ここで関西大の反撃にあい、このセットを落とす。

第2・3セットでは、繋げるバレーで点を少しずつ獲得する。
京産大のサービスエース、相手のミスもこうじて2セット連取しリードを奪う。
DSC_0145

DSC_0043


第4セットでは、関西大の頑丈なブロックに苦しめられ、
このセットを獲得できず勝負は最終セットまでもつれ込む。
DSC_0086


運命の最終セット。8対4で関西大のリードのまま、コートチェンジ。
勢いづいた関西大のリズムを打ち破れず、15対9でこのセットを落とし、
セットカウント3対2で敗戦となった。

松本キャプテンは、
自分たちの実力がまだまだ足りないと悔しさをにじませた。
次戦は絶対に勝つ!と意気込む松本キャプテンを中心に、
京産大のリズムを掴み、仲間の声援を力に変えてほしい。

《女子バレーボール部》 秋季リーグ開幕、白星発進

9月8日に2013年度関西大学バレーボール連盟女子秋季2部リーグ戦が帝塚山大学体育館で開幕した。
京産大は3-0で大阪大谷大学を下し、幸先良いスタートを切った。
DSC_0001

DSC_0058

第1セットでは、背番号7番の山本由佳(3・営)などの活躍もあり、25-15と快勝。
その後も調子よく試合を進め、第2セットも取る。
第3セット終盤に、一時は追いつかれるものの25-20と逃げ切り、ストレート勝ちを収めた。



コメント
塩谷勇 監督
率直に無事3-0で勝ててよかった。良いスタートが切れたと思う。チームの雰囲気に問題はない。いつも通り明るく元気にやっていくのが、うちの良いところです。今回は2部リーグで始まったが、春には1部リーグにしっかりと戻れるようにしていきます。

《女子バレーボール部》リーグ戦一勝もできず順位決定戦へ

 関西大学バレーボール連盟女子春季リーグ、最終戦天理大学との試合が京都橘大学で行われた。1セット目を先取するも、逆転でセットカウント1-3で敗れた。リーグ戦全敗で下位リーグへ進むことになった。




DSC_0430


京産大ー天理大
25-20
16-25
21-25
23-25

セットカウント1-3

 最終戦、天理大学・京産大両チーム勝ち星のないまま迎えた裏天王山。この試合敗れると入れ替え戦以下が濃厚になる。勝ちたい気持ちが全面的にプレーに表れ、橋本のアタックなどで得点を重ねる。サーブミスなどの単純なミスもなく第一セットを終え、20-25で先取する。
 
 勢いに乗って2セット目を取りたかったが、京産大の歯車が徐々に狂い出す。特にサーブミスが目立ち始め、相手に得点を献上してしまう。6連続ポイントを許し、16-25で第二セットを落としてしまう。一度狂い出した歯車はなかなか元には戻らない。その中でも第三セット中盤18-15でリードし、このままこのセットを取りたかったが、追いつかれ21-21のタイにされてしまう。またしても、接戦になると勝ちきれず、そこから4連続ポイントで21-25でこのセットも落としてしまう。続く第4セットもセット中盤のリードを守りきれず逆転で取られてしまう。セットカウント、1-3の逆転負け。試合後、涙する選手もいたがまだ終わったわけではない。険しい道だが、下位リーグの結果次第では一部残留も見えてくれる。最後に流星のごとく輝いて今シーズンを締めくくるために、次なる戦いに向けて気持ちを切り替えてほしい。

コメント
祝夕紀乃
「昨日の試合と同じような展開でセットを取られてしまった。4回生がもっと引っ張って、いけたらよかった。1セット目に集中しようと試合前に声をかけた。二段トスの精度をもっと上げていきたいと思う。サーブキャッチはよくなってきたが、サーブでポイントを失ってしまっている。ミスも多かった。下位リーグ3戦全勝して絶対残留する。一部のプライドも持って戦う」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ