京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

卓球部

友だち追加

【卓球部】インカレ女子団体戦 決勝T1回戦敗退も、見せた粘り強さ

第90回全日本大学総合卓球選手権(団体の部)(2021年7月2日~4日)

 7月2日~4日、京都府体育館(島津アリーナ京都)にて第90回全日本大学総合卓球選手権が行われた。
試合結果
予選リーグ第1試合 VS中央大学
京産大〇-●中央大(棄権)

 2日の予選リーグ第1試合は相手チームが棄権したため、3日の第2試合が初戦となった。コロナ禍において目標とする大会が激減した中で迎えた全国の舞台。「この試合に向けて頑張ってきた」という松田の言葉通り、今までの練習の成果を十二分に発揮するプレーを見せつけ、ストレートで勝利を収めた。

予選リーグ第2試合 VS中京学院大学
〇京産大3-0中京学院大●
〇中島花(京産大)3-1北野智陽(中京学院大)●
〇平野朝日(京産大)3-2金本彩加(中京学院大)●
〇平野朝日・松田伊織(京産大)3-0岡野弥咲樹・金本彩加(中京学院大)●

第1試合
第1試合は中島が北野と対戦。トップバッターは全体の試合の流れや雰囲気を作るため「雰囲気を良くとか、次の人にどうつなげるかとか」を重要視してコートに立った。取りつ取られつの展開ながらも相手のミスで勢いをつけて最終セットまで有利に進め、1勝目を勝ち取った。
DSC_0762

第2試合
平野は高校時代の後輩である金本と戦う。互いを知る中での対戦ということもあり、「変な焦りを無くそう」(平野)と意識して挑んだ。1ゲーム目は相手のペースで進み3-11となるが、その後は一気に2ゲームを取り返す。その後1ゲームは取られるも台を広く使って相手を揺さぶることで主導権を握り、3-2で勝利した。
DSC_0771

第3試合
先ほど出場した平野と松田がペアを組み、3試合目に臨む。1ゲーム目はデュースに持ち込まれるも耐え抜き、14-12で1ゲーム目を取る。それ以降は相手に流れを渡すことなく3-0でストレート勝ち。緊張せず、「良いように力を抜いたまま(試合が)できた」という一戦だった。
DSC_0802



 3日には決勝トーナメントが行われた。前日の予選リーグ2戦目では中京学院大を相手に圧勝した京産大。大会1日目の不戦勝と合わせてリーグを2勝0敗とし、決勝トーナメントに駒を進めてきた。決勝トーナメントの1回戦は関東の強豪・青学大とのマッチアップ。計5試合・試合時間は約2時間半となる熱戦を演じたものの、最後は相手の総合力に押し切られ、1回戦敗退となった。「いろんな人たちの試合を観れたり対戦出来たりしたので、自分にとっていい経験になったと思う」と試合後に平野。コロナ禍において試合数や規模が限られることの多い中、インカレでの経験は選手たちにとって大きな財産となった。

試合結果
1回戦 VS青山学院大学
●京産大2-3青学大〇
●中島花(京産大)0-3秋山星(青学大)〇
〇平野朝日(京産大)3-2庄易(青学大)●
●平野朝日・松田伊織(京産大)0-3秋山星・杉本恵〇(青学大)
〇松田伊織(京産大)3-2杉本恵(青学大)●
●篠原範香(京産大)0-3宮崎翔(青学大)〇

試合内容

第1試合
第1試合は中島が青学大のエース、秋山と対戦。「自分との差を感じた」と終始相手のペースから脱却できず、ストレートで敗れた。
第2試合
続く第2試合は平野が庄と対戦。互いにリードを譲らず、勝負は最終ゲームに。「関東の選手は癖があまりないので、それを利用してタイミングを掴んで、振られてもとることだけを意識した」とラリーで粘り続け、11-6で最終ゲームを取り勝利。1勝1敗で続くダブルスへとつなげた。
第3試合
ダブルスでは平野と松田がペアを組み、秋山・杉本組と対戦。青学大のエース・秋山の強烈なショットに苦しみ、ストレートで敗れた。
第4試合
第4試合は松田が第3試合でダブルスを戦った杉本と対戦。ゲームカウント1-2で迎えた4ゲーム目は、あと1ゲームを取られると敗退となる緊迫した展開に。相手の驚異的な粘りに苦しみながらも、15-13でなんとかこのゲームを取りきった。続く最終ゲームは長身の相手の弱点を突きながら流れを渡さず、接戦を制した。
第5試合
総力戦となった第5試合。京産大は篠原をテーブルに送り出した。しかし、「相手が強くて、自分のプレーができなかった」と篠原が振り返るように、相手の強烈なショットに圧倒され続けた。結果的には一度も流れをつかむことができず、ストレートで敗戦となった。


試合後コメント
中島花 (写真は1日目に撮影)
tt incare21

(1日目)
―今回の試合を振り返って
トップバッターということで、団体戦(全体)の試合の流れとか雰囲気とか、一番重要になってくると思うので、勝つことは絶対なんですけど、雰囲気良くとか、次の人にどうつなげるかとかを意識してやっていました。
―「自分がつなげる」とは、良い雰囲気を他にもたらすというものですか。
特に気持ちの面で、ですね。やっぱり勝てばその次の人も気楽に試合ができますし、負けたら2番手・3番手にとってプレッシャーがあるとないとでは全然違うと思います。
―チーム全体でみて今日の試合はいかがでしたか。
勝つべきところでちゃんと勝てたのが良かったと思います。
―今回の試合で、自分の良い点や課題点などは見つかりましたか。
ちょっとリードした時に気持ちに余裕ができてしまって、リードしているのにもかかわらず相手に連続得点を許してしまう場面があったので、そこのセットを取っていればもうちょっと簡単に勝てたので、リードしたときの自分の気の持ちようが、今回の課題点です。
―同じように、技術面などでの気づきはありましたか。
相手より先にコースを突いて、(相手を)動かせてチャンスボールを狙いにいくとか、相手に振られる前に振るという点です。
―ここからどのような目標を持ってこれからの試合に臨んでいきますか。
全国大会ということで、自分より格上の選手が多いと思うので、「勝つこと」を目標に1戦1戦チーム一丸となって頑張っていきたいです。

(2日目)
試合を終えて
―相手のエースと対戦したので、自分との差を実感しました。自分に足りないことが見つかったので、そのことはこれから頑張っていきたいです。団体戦なので、もう少し雰囲気良く次につなげられたら良かったかなと思います。
「足りなかったこと」とおっしゃっていましたが、具体的にはどの様な点ですか?
―対応能力が欠けているなと思って、向こうからやられる展開ばかりだったので、こっちからもっと仕掛けられる選手になるべきだなと思いました。
インカレ2日間を戦って
―技術やメンタルの面で差を感じたので、今までよりも練習の質を上げて、トップの選手たちとも競れるように試合をしたいです。

平野朝日
DSC00607

(1日目)
―今日の試合を振り返って
チーム全体では無事に3-0で、個人個人の流れはどうであれ、結果的に勝てたのでよかったと思います。
―今回の試合での良い点・課題点などはありましたか。
私が当たった相手が高校の後輩で、変な焦りとかをなるべく自分の中で無くそうと意識して、そういう「負の感情」が出なかったので、それは良かったと思います。逆に悪かったところは、苦手意識が強いので、それを一球一球に出してしまったところが自分の中では良くないと思いました。
―高校の後輩というと、関わりがあったということですか。
そうです。同じ部で一緒にやってきたので。(年齢が)1つ下なのですが、しっかり(一緒に)2年間過ごしてきたので、それなりにお互いやりなれている部分とかもありますが、お互い違う大学へ行くと、それぞれの練習でやってきたことも違うと思うので、緊張しました。
―技術面で注意していたことなどはありますか。
相手の身長が低いので、それをうまく使って台を大きく使うことを意識しました。前後左右どこかに偏らないように広く使って相手を揺さぶることができたかなと思います。
―次の試合に向けて
明日からトーナメントに入るので、今までよりもっと周りのレベルが上がってくると思うので、自分もその勢いに負けないように今日は少しずつ調整して、明日に向けて頑張りたいと思います。
(2日目)
試合を終えて
―トーナメントというのもあって、相手が格上だったので、自分から向かっていくという気持ちで、やる事が試合の中で全部できたので良かったと思います。
シングルスでは接戦を制しましたが、勝てた要因はどの様なことだと感じていますか?
―関東の選手は癖があまりないので、それを利用してしっかり早いタイミングを掴んで、振られてもとることだけを意識していたことだと思います。
インカレ2日間を戦って
―コロナで試合がなくなって、あっても関西のみでの開催が多い中、こうしてインカレ予選を通って、いろんな人たちの試合を観れたり対戦出来たりしたので、自分にとっていい経験になったと思います。

松田伊織
DSC00792

(1日目)
―今日の試合を振り返って
ダブルスだけ出場したのですが、相手が右・左だったのでコース取りを一番考えてやっていました。
―チーム全体ではいかがでしたか。
試合が全然ない中でも練習は結構ずっとしていて、本当にこの試合に向けて頑張ってきました。
―いつ頃から試合がない状況でしたか。
予選などはちょくちょくあったのですが、上につながらない大会などはすべてなくなってしまって、「この期間ずっとない」というよりは、間の試合が抜けていったという感じです。
―今回の試合での良い点・課題点などはありましたか。
高校から上がって2年目になるのですが、1年の時は全然試合が無かったので、本当に試合をしていないような状況でした。高校の頃は緊張するタイプだったので、あまり良い試合ができなかったのですが、大学ではもうちょっと気を抜いて頑張って、落ち着いてできるようになりました。自分よりも相手をしっかり見て試合ができるようになったと思います。悪い点は、ちょっとミスが増えたりすると、そのミスに対して「何でだろう」と考えてしまうところです。あまり良くないとは思っているのですが、やっぱり試合になったらそうなってしまうことがあります。
―明日の試合に向けての目標などはありますか。
明日は全部どこも有名な大学ばかりなので、勝ち負けよりも自分のプレーをしっかりして楽しめるようにしたいです。
―「自分のプレー」について伺ってもよろしいですか。
自分はそこまで攻撃的なプレーはしないので、コースを狙って相手のミスを誘ったり、チャンスで「行ける」と思ったボールだけしっかり決める、という感じです。

(2日目)
試合を終えて
―相手が強いと分かっていたので、向かっていこうと思っていました。ダブルスは何もできませんでしたが、シングルスがんばろうと思いました。シングルは自分のプレーを考えずに、相手の嫌なところを考えて、狙っていい試合が出来たと思います。
シングルの試合は競った展開となりましたが、勝ち切れたことについて
―相手が身長が高く、手足も長いのでサイドに打っても絶対帰ってくるので、そのことだけを考えてやりました。このことが良かったのだなと思います。
今後への目標
―今まで試合が無くて、これから増えていくと思うので、きょうで課題が次に出ないように、試合のための試合をしたいです。

篠原範香
DSC00857

試合を振り返って
―相手が強くて、自分のプレーがあまりできなかったです。
インカレを2日間戦っての感想を教えてください
―周りがみんな強いなかで、ボールについて行ったり戦術を考えたりしていたから、頑張ろうと思っていました。今後の練習も頑張ろうと思える大会でした。
今後の目標
―自身は結構ガツガツいく卓球をしますが、相手に合わせられるような卓球をしていきたいなと思いました。

片山陽主将(1日目)
―今回の試合を振り返って
苦しい場面とかも何回もあったと思いますが、苦しい場面になったときこそ、後輩たちが普段以上の力を発揮してくれたので勝つことができたと思います。
―3試合あったうち、特に良かった試合などはありますか。
1人ひとり良かったと思いますが、2番目の平野の出場した試合で、点数の取り合いですごく接戦だったのですが、最後の1本を落ち着いて取れたので、冷静に試合ができているなと思い、そこが良いと思いました。
―逆にチーム全体でみて課題点などはありますか。
結構多かったのは、自分たちのチームが4点差などでリードしている時に1本取られて、そこから(相手に)挽回されてしまう場面が見えたので、リードしているときほど流れはこちらにあるので、そのまま勢いをつけていけたほうが良いので、そこが課題点でした。
―3日目に向けて
今日もストレートで勝てたので、いい勢いのまま明日もみんなで頑張りたいと思います。


【取材 加藤弦・藤田稜介・亀本皐介】

《卓球部男子》 秋季リーグ開幕!VS前期2位・立命大 大接戦の末に…

9月7日に横大路運動公園で開幕した、関西学生秋季卓球リーグ戦。
前期を2部優勝で飾り、1部昇格を果たした卓球部男子は、前期1部2位の立命大との1戦に臨む。

試合前、村上監督は「1部上位に入るためには倒さなければならない相手、格上だが勝ちに行く」と語った。

今リーグの展開を占う大事な初戦。オーダーは以下の通りとなった。

T 小泉 勇貴 (3)
2 小池 雄太 (2)
3 福井 翔也 (3)
W 小泉 吉兼 ペア
5 吉兼 豊 (1)
6 大東 純 (1)
L 青木 良磨 (2)

1番手は小泉。
「トップで出るのは初めてで緊張していた」と語ったが、序盤からドライブで相手を翻弄し、自分のペースで試合を進める。11-4で1セット目を奪うと、その勢いで2セット目も11-2で圧勝した。
このままいくと思われたが、相手の反撃に遭い2セットを巻き返され、勝負はフルセットに持ち込まれた。
DSC_4407
力強いドライブを放つ小泉

運命の最終セット。小泉自慢のドライブが決まり4-1とすると、立命大はたまらずタイムアウトを要求。
再開後も小泉は自分のペースを守りきり、11-5でこのセットを奪い、貴重な1勝をあげた。
DSC_4536
接戦を制し、安堵の表情を浮かべる

この勢いに乗りたい京産大は、2番手にチームの主軸の小池を送る。
第1セットから相手に連取を許さない安定感のあるプレーを見せ、11-7で勝利。
続く第2セットはデュースの末11-13で敗れたが、第3セットは優位にゲームを進める。
10-4としたところで3連続失点を許すも、タイムアウトを要求し、最後の1点をきっちりと奪う。
DSC_4650


セット数2-1とし王手をかけた小池は第4セット。いきなり4-0とし、相手にタイムアウトを取らせる。
しかし小池の勢いは全く衰えず、このセットは終始圧倒。11-2で勝利を収めた。
DSC_4713
勝利後、チームメイトに笑顔で迎えられる

3番手は福井。
第1セット序盤は連続失点を許し大きく点差をつけられ、4-11で落としてしまう。
続く第2セット、3-9の場面から怒涛の5連続得点を決め、8-9まで差を詰める。このセットはあと1歩及ばず8-11で敗れたが、第3セットへ勢いをつけた。
第3セットは接戦となった。福井がポイントを6連取すると、相手も4連取で応戦。試合はデュースまでもつれ込んだ。14-13と、このセット奪取まであと1ポイントの福井だったが、3連続得点を許してしまい14-16で敗れた。
DSC_4845


2-1で迎えたミドルダブルス。一気に突き放したい京産大は、先ほど勝利した小泉と期待の1年次生、吉兼のダブルスで立命大を迎え撃つ。
「初めてのペアで緊張した」と互いに口をそろえた2人。慣れないペアの為か、第1セットは4連続失点から始まった。しかし、点数を重ねるごとに足並みは揃って行く。3-7で迎えた場面、ここで脅威の8連続得点をあげ、第1セットを大逆転で奪う。
DSC_5059
果敢に攻める吉兼

続く第2セットも勢いに乗り、8-10の場面から4連続ポイントで逆転。12-10でこのセットもモノにした。
第3セットこそ9-11で落とすものの、第4セットは序盤から主導権を握る。終盤、追いつかれそうになる場面もみられたが、タイムアウトで上手く流れを変え、11-9で勝利した。
DSC_5080
全身で喜びを表す

ここからは2台同時で行われる。あと1勝でこの試合に勝利する京産大は、5番手に先ほど勝利の吉兼、6番手にこちらも1年次生の大東を指名した。

5番手吉兼は試合後に「自分のプレーが出来なかった」と語ったように、序盤に大きくリードされる。
終盤に巻き返しを図るものの、あと1歩のところで第1セットを落とすと、続く第2・第3セットも自分の展開に持ち込めず、敗れてしまう。
DSC_5238


続く6番手大東は、第1セットを7-11で奪われると、第2セットを11-9で奪い返すシーソーゲームを展開する。
第3セット。序盤のリードを保ちながら7-5とする。しかしここで立命大のタイムアウトに流れを変えられ、同点に追いつかれる。ゲームは終盤、9-10から2連続ポイントで11-10と逆転。しかし、ここで3連続ポイントを許し、11-13で敗れる。
続く第4セット。序盤にリードを奪われるも、終盤に追いつき8-8とする。しかし、最後も3連続失点を喫し、8-11で敗北。勝負はラストの青木に託された。
DSC_5362


ゲームカウント3-3。泣いても笑っても最後の勝負となった。
全てを託されたラストの青木は、前期の経法大戦でも勝負を決めた1部昇格の立役者だ。

第1セットは追いかける展開となった。3連続失点で始まり、その後も連続得点などで差を詰めるが、追いつくことは出来ず8-11でこのセットを落とした。
続く第2セットは一進一退。リードを許したかと思えばすぐさま奪い返す。そのままゲームは9-10と相手のセットポイント。ゲーム奪取のために落とせないこのセット。ここから3連続得点で12-10と逆転勝利。青木の底力を見せ付けた。
DSC_5686


第3セットも互いに譲らない展開となった。8-8となった終盤、ここは相手に3連続得点を許し、8-11で第3セットを落とす。
後が無くなった京産大。両チーム得点を重ねるごとに応援のボルテージが高まってゆく。
DSC_5530
青木の得点に全身全霊で声援を送るチームメイト

大接戦となったこの試合。先に第4セットの9点目にたどり着いたのは青木だった。だが、相手の攻撃をしのぎきれず、このセットも逆転負けを喫してしまった。

ゲームカウント3-4。悔しさの残る試合だったが、試合後に小池は「今日の試合は強豪相手にいい勝負が出来た、しっかり切り替えて明日以降の試合に望みたい」と上位入賞に意欲を見せた。

(卓球部女子)関西学生春季卓球リーグ

4月29日~5月8日に近畿大学記念会館他で行われた関西学生春季卓球リーグ戦。

1部上位を狙う京産大だったが、5月6日までの時点で全敗と苦しい状況で、残りの2戦に臨む。

《5月7日》
この日は立命大戦。
ここを勝たなければ最低でも入替戦に回らなければならない。
何としても勝ちたいこの一戦のオーダーは以下の通り。

T 大平
2 藤原
3 桐村
W 桐村 加藤
5 加藤
6 東山
L 藤本

この試合のトップを任されたのは3年次生の大平。
「勝ち負けを気にせずチームを盛り上げるようなプレイを心がけた」と試合後に語った大平は第1セットを11-9で先取すると、続く第2セットも12-10で競り勝った。
波に乗る大平は第3セットを落としたものの第4セットも12-10で制し、貴重な1ゲーム目を先取した。
DSC_5661
チームに流れをもたらした大平


流れに乗りたいカットマンの2番手藤原は、序盤に奪われたリードを持ち前の粘り強さで徐々に差を詰める。
試合はデュースへ突入し、あと1歩届かず13-15で相手に軍配が上がった。
巻き返したい藤原だったが、その後のセットも相手にリードを守りきられセットカウント0-3で敗れた。
DSC_5804
粘りの卓球を見せる藤原


1勝1敗の場面に回って来たのは4年次生の桐村。
第1セット序盤に連続失点を許しそのまま第1セットを取られると、勢いを止めきれずそのまま第2セットも連取される。後が無くなった桐村は第3セット、6連続得点を含める猛攻を見せ11-5で1セットを取り返す。
この流れで第4セットも連取したい桐村は中盤まで同点で折り返したが、後半差を広げられ6-11で敗れた。
DSC_5915
果敢に攻める桐村


ゲームカウント1勝2敗と厳しい場面に、4年次生で主将の加藤と桐村ペアが出番を迎えた。
第1セットは逆転に次ぐ逆転でデュースに突入。11-11から2本連続でポイントを奪い13-11で第1セットを制した。
続く第2セットは中盤に徐々に差を広げられ、あと1点まで詰め寄るも8-11で敗れた。
その勢いを止めきれず第3セットも奪われ逆転を許すと、第4セットも終盤に逆転を許し10-12で敗れた。
DSC_5944


ここまで出ゲームカウント1-3と、勝利のためには1敗も許されなくなった。
ここからは2台進行となり5番手の主将加藤と6番手の東山が同時に試合を行った。

先に決着がついたのは6番手の東山だった。
第1セットを取るとすぐさま第2セットを取り返される。そして第3セットも連続失点のあとに連続得点と、まさにシーソーゲームとなったこのセットを9-11で制され、窮地に立たされる。
後がない東山は第4セットリードを奪われた後半で6連続得点をあげ、11-9で先ほどのセットの借りを返す。
勝負の第5セットはこのゲームでもっとっも接戦となった。試合はデュースに突入し、最後に2連続でポイントを奪ったのは東山だった。このゲームに勝利した東山は隣の加藤の結果を待つ。
DSC_6176
激戦を制した東山

一方で、5番手加藤も激戦を演じていた。
第1セットを9-11で制すと、その勢いで第2セットも13-11で連取し、このゲームに王手をかける。
しかし第3セットを7-11で落とすと、勢いを止めきれず続く第4セットも立て続けに奪われる。
最終セットも得意の攻めのスタイルを貫く加藤だったが7-11で破れ、この試合の敗北が決定づいた。
DSC_6120
力強いドライブを放つ加藤

一つでも多く勝セット数を稼ぎたい京産大。ラストはカットマンの藤本に託した。
第1セットを落とすと、すぐさま第2セットを12-10で取り返す。
試合は一進一退の攻防を繰り返す。第3セットを5-11で取られると第4セットは11-5で取り、最終セットに突入した。
第5セットも接戦となるが、あと1歩及ばず8-11で敗れた。
DSC_6307
惜しくも敗れた藤本

結果的に2-5で立命大に敗れた京産大は、負ければ2部に即降格となる翌日の芦屋大戦を残すのみとなった。
試合後に主将加藤は「後輩達が勝ってくれたのに、4回生である自分達が負けてしまったのが負けにつながった。明日は自分達が後輩を引っ張って行く」とこの試合を省みると共に、翌日への意気込みを語った。


《5月8日》
2部降格か入替戦か、運命の最終戦。
相手の芦屋大もここまで全敗で、負けたチームが2部降格となる。
絶対に負けられないこの試合のオーダーは以下の通り。

T 桐村
2 大平
3 藤原
W 桐村 加藤
5 東山
6 加藤
L  藤本

トップを任された桐村は第1セットから7連続得点で一気に差をつけ11-5で勝利する。
第2セットを落としセット数1-1で迎えた第3セットでは再び11-5で勝利。そのまま第4セットも11-4で取り、重要な第1ゲームを先取した。
DSC_6954


2番手は昨日勝利した大平。
カットマンの相手に第1セット先取を許す。
続く第2・第3セットは連続得点などで11-8と11-9で連取し、勝利まであと1セットとする。
しかしここからミスなどで巻き返され第4セットを取られると、第5セットのマッチポイントも奪われゲームカウント1-1のイーブンに戻された。
DSC_7030



流れを取り戻したい京産大の3番手はカットマンの藤原。
第1セット中盤に連続失点で第1セットを落とすと、続く第2セットも取られセット数0-2とされる。
第3セットに巻き返しを図る藤原はカットで相手を崩し第4セットを11-7で取るも、第4セットを奪えずセットカウント1-3で敗れた。
DSC_7102



ここまでゲームカウント1-2。何としても勝ちたいこの場面でダブルスの桐村・加藤ペアが流れを変える。
第1セットからデュースに突入したこのセットを13-11で奪うと、続く第2セットも11-9で相手を振り切る。
ストレートで決めたい桐村・加藤ペアは第3セットも攻め続け、11-3で勝利した。
DSC_7142



ゲームカウント2-2で迎えたこの場面、5番手東山と6番手加藤の試合が同時に行われた。

6番手加藤は全てのセットが2点差以内で決着がつくという接戦となった。
第1セットはデュースに入り先にマッチポイントを握られるが、ここ1番で3連続ポイントを上げ13-11で先取。
勝負どころは第2セットでも訪れ10-10のデュースとされるが、ここでも2連続ポイントを奪いこのセットを制す。
最終セットとなった第3セットでも10-9まで詰めよられるが最後はキッチリと決め、この試合を制した。
DSC_7228



加藤の試合が終了した一方で、5番手東山が第4セットに王手をかけていた。
第1セットを12-10で取ると、第2セットは6-11で取り返されセットカウントは1-1となる。
第3セットは競り合いとなった、7-8の場面から東山が4連続得点で11-8でこのセットを取る。
最後は東山の攻撃パターンが見事にはまり11-2で圧勝。セットカウント3-1となり、京産大の勝利が確定した。
DSC_7219



ラストのカットマン藤本も第1セットを11-7で先取するが、残りのセットを全て8-11で落としこのゲームに敗れた。
しかしゲームカウント4-3で芦屋大に勝利し、1部残留をかけた入替戦に臨む。


試合後、流れを決める1勝目を上げた桐村は「自分の持ち味がいい感じで出た。試合前は自信がなかったけど、良いコースにボールが決まってくれた」と語った。


そして、試合を決めた東山は「最初は緊張していたが、試合が進むにつれ次第に普段どおりに戻ることが出来た。いつもの自分のパターンが決まったので最後は調子よく勝てた。次は2部の関西大学だが、2部だといって油断はしない」と、1部残留に意欲を示した。


主将加藤は「次は2部の中でも強い関大だが、チームメイトは皆1部で活躍できる実力を持っているので、入替戦に勝って来季も1部で迎える」と力強く語った。



5月14日に行われた関西大学との入替戦は、4-2で無事京産大が勝利し1部残留となった。

〈卓球部男子〉関西学生春季リーグ 男子2部全勝優勝で1部昇格

4月29日~5月8日の間に近畿大学記念会館他で行われた関西学生卓球春季リーグ。
今大会は団体戦で行われ、シングルス6人とダブルス1組で計7試合し、4勝を手にしたチームが勝利する。

 男子は昨シーズン1部から2部に降格となり、今シーズン2部全勝優勝での1部復帰を掲げた。
5月6日までの時点では全勝中。残すは7日の大商大戦と8日の大阪経済法科大戦を残すのみとなった。

《5月7日》
大商大との一戦。オーダーは以下の通りとなった。

T 大東
2 吉兼
3 小池
W 福井 小泉
5 福井
6 小泉
L 青木

1番手を任されたのは1年次生の大東。
初めて1番手を任されたという彼は、第1セット序盤に5連続失点を許し0-5にされるも6連続得点で一気に6-5にすると、勢いそのまま第1セットを11-7で先取。続く第2セットは取り返されたが、そこで流れを渡さず2セットを連取し、セットカウント3-1で勝利しゲームの流れを引き寄せる。
DSC_4588
この試合の流れを引き寄せた1年次生大東

続く2番手も1年次生の吉兼。
カットマンという変則タイプの選手にも序盤から対応し、強打やツッツキなどの揺さぶりを駆使し第1、第2セットを
立て続けに奪う。第3セットを9-11の接戦で落としたものの第4セットを11-2で圧勝し、早くもゲームカウント2-0と大商大に大きく差をつける。
DSC_4800
力強いドライブを放つ吉兼

3番手は京産大屈指の実力を持つ2年次生小池。
1年次生の2人が作った流れを切らさず、得意のバックハンドに加え昨秋から磨いているフォアハンドも冴え渡り3-0のストレートで勝ちきる。
DSC_4833
一気に畳み掛ける小池

王手をかけたこの場面で出番を迎えたのは福井と小泉の3年次生ペア。
第1セットを7-11で取られると、第2セットもじりじりとリードを広げられる。5-10の場面から5連続得点で10-10のデュースまで持っていったものの、2連続失点を許し10-12で第2セットを落とす。
後がない福井・小泉ペアは第3セット中盤にリードを奪いそのまま11-8でそのセットを取る。
続く第4セットは11-4で快勝しイーブンに戻したが、最終セットに5点を連続で奪われるなどあと一歩届かず9-11で敗れた。
DSC_4894


ゲームカウント3-1で回ってきたのは、先ほどダブルスで惜敗した福井が務める5番手。
その福井は得意のフォアドライブで第1セット最初の得点を奪うと、一気に10-5まで得点を重ね第1セットに王手をかける。直後5連続失点で10-10のデュースにされるが、ここは福井が粘り勝ち。12-10で第1セットを奪うと、第2セットも12-10で勝利。この2セットを取った福井は完全に試合の流れを掴み第3セットも福井に軍配が上がった。
DSC_5033
試合を決めた福井

試合はゲームカウント4-1で京産大の勝利。
試合後、1年次生の大東は「初めてのリーグ戦で、チームの流れを良くしようと思って挑んだ。結果的に勝ててよかったが、まだまだ自分のミスが多かったので今日の出来としては6.5割というところ」と今日の試合を省みた。
3番手の小池は「明日の相手は今日の相手より格上になってくるのでしっかりと気を引き締めて行きたい」と語った。
勝負を決めた福井は「今日はダブルスでミスが多かったのでシングルスは丁寧なプレーを心がけた。
明日は4-0で勝負を決めたい」と意気込んだ。


《5月8日》
日をまたいで行われた大阪経済法科大学との最終戦。
相手もここまで全勝で来ている為、この試合の勝者が優勝となる。
この大一番、勝負に出たという村上監督が出したオーダーは以下の通りとなった。

T 小池
2 越智
3 吉兼
W 福井 小泉
5 青木 
6 小泉
L 福井

前日の勝利で波に乗る1番手小池だったが9-5の場面から6連続失点で第1セットを落とす。
続く第2セットは先にマッチポイントを握られはしたものの、3連続得点で13-11で勝利。
その後も一進一退の攻防を見せ勝負は最終セットまでもつれ込み、あと一歩のところでこのセットを落としセットカウント2-3で敗れた。
DSC_6443


2試合目は1年次生の越智。
ここでイーブンに戻しておきたい京産大だったが第1・第2セットを連取される。
第3セットを11-7で取り盛り返すが、第4セットを取られ3-1で敗北。
ゲームカウント0-2と京産大は窮地に立たされた。
DSC_6641
粘りを見せる越智

優勝に向けて負けられない場面で、前日を勝利で飾った吉兼。
試合後に吉兼は「2敗で回ってきてとても緊張していた」と語ったが、緊張を感じさせないプレーで第1セットを先取。第2セットこそ落としたものの第3・第4セットを立て続けに取り、貴重な1勝を上げた。
DSC_6698


ここで巻き返したい京産大は前日に続きダブルスを福井・小泉ペアに据えた。
「昨秋2部落ちしてから危機感を持って練習に臨むようになった」と語った小泉は第1セットから福井との抜群のペアワークで接戦を制す。勢いそのまま第2・第3セットを奪いストレート勝ちでゲームカウントをイーブンまで持って行き、流れを一気に手繰り寄せる。
DSC_6744
2人同時にガッツポーズをとる福井・小泉ペア

ここからは時間の都合上2台進行となり、5番手青木と6番手小泉の試合が同時に始まった。

先に決着がついたのは6番手の小泉だった。
ダブルスの調子をそのままシングルスに繋ぎ第1セットを奪うと、第2セットはデュースに突入。先に点を入れられすぐさま追いつくというシーソーゲームを14-14まで演じる。15点目を先に取り、そのまま16点目ももぎ取った。第3セットは0-4から一気に追いつき、粘り勝ちした小泉が12-10で勝利した。DSC_6779


次に決着がついたのは5番手の青木。
隣の小泉とほぼ同じペースで試合が進み、第1セットを11-7で先取すると、こちらも第2セットにデュースに。
先にサーブ権を得ていたため先に得点しすぐさま追いつかれるという攻防を15-14まで続け、相手を振り切るように16点目を奪取。第3セットも接戦になったが勝ちきり青木の勝利でこの試合はゲームカウント4-2の逆転勝利となった。
DSC_6812
最後にゲームを決めた青木

試合後、青木は「今季は1勝も出来ていなかったにもかかわらず、監督が使い続けてくれていたおかげで最後に結果が出せた。これで1部昇格が決定したので早く1部でプレイしたい」と既に来季を見据えていた。
DSC_6875
試合を決めた直後、喜びを全身で表す青木

2部優勝のため入替戦なしで1部昇格が決定した京産大。
新たな戦力を携え、来季は1部の上位を狙う。










《卓球部》西日本16強 さらなる高みへ

12月19・20日に近畿大学記念会館にて、第1回オール西日本大学選手権大会(個人の部)が行われた。

男女合計で約300名が参加した今大会。京産大からは男子シングルスの小池雄太(1)と青木良磨(1)、女子シングルスの加藤麻貴菜(3)が出場した。

今大会は男子40リーグ、女子30リーグに分かれて4~5名でリーグ戦を行い、各リーグ上位2名が決勝トーナメントに進出し、優勝を決めるという試合形式で行われた。

初戦をセットカウント3-0で勝利し順調な滑り出しを見せた小池は、勢いそのまま1セットも落とすことなく1位でリーグ戦を突破した。「少しヒヤッとしたところもあったが、しっかり勝つことができてよかった。決勝トーナメントもこの調子でいきたい」と語った。


対照的に初戦をセットカウント2-3の接戦で落としてしまった加藤は、2試合目「カットマン」と呼ばれる防御主体の相手に対し強弱をつけた攻撃で攻め切りストレートで勝利した。試合後に加藤は「次勝てば決勝トーナメント出場もあるのでもちろん勝ちたいが、勝ちたいと思いすぎないようにしたい」と語った。
そして迎えた最終戦。1セット目から早いラリーが飛び交う展開となるが、徐々に点差を広げていき1セット目を先取。その後も2セット目を逆転して奪取した。続く第3セット、先にセットポイントまでたどり着いたが3連続失点を許しこのセットを落とした。流れを譲りたくない加藤は第4セット、序盤は互角の戦いだったが「5-4から6-4に出来たときに勝ちが見えた」と語った加藤はじわじわと点差を広げこのセットを奪い、セット数3-1でこの試合を制した。この勝利により加藤は2位で翌日の決勝トーナメント進出が決定した。
DSC_2144
リーグ最終戦を勝利し決勝トーナメント進出を決めた加藤


そして、もう一人の1年次生青木良磨(1)は第1試合、セット数3-2で勝利。そして第2試合、第1セットをミスやアンラッキーで落としてしまう。続く第2セットは先ほどのミスを修正して、ドライブを軸に攻撃を組み立て11―5で勝利。続く第3セットも11-8で勝利し、完全に流れをものにした青木は第4セットを11-3で勝利し、2勝0敗で迎えた最終戦。第1セットから白熱した展開となるが、相手より1枚上手だった青木は終わってみればセットカウント3-0で圧勝、全勝でグループ1位通過となった。青木は「決勝トーナメントは周りのレベルが何段階もあがるのでしっかり勝って行きたい」と決勝リーグへの意気込みを語った。
DSC_2077
ドライブを決める青木


日をまたいで行われた決勝トーナメント、京産大は出場した3名全員が予選を通過した。

一番初めに1回戦を迎えたのは加藤麻貴菜。「細かいミスをしないよう意識した」と語った加藤は、格上だと位置づけた相手に対し接戦を演じる。しかし、第1セットを9-11で落とすと続く第2セットを5-11で奪われる。最後までその流れを取り返すことができず第3セットも5-11で敗れ、加藤は1回戦敗退となってしまった。加藤はこの試合を振り返り「ミスをしないよう意識したが最後のほうは意識しすぎた。次は春季リーグ戦、周りが強くなるのは当然だし、新しい後輩が入ってくるがそういう勢いに負けず、今までより一つでも順位を上げたい」と次期主将としての覚悟と目標を示した。


続いて試合があったのは小池雄太。2回戦が初戦となる小池は第1セット、序盤から連続失点を許すが、すぐに追いつき一進一退の攻防に。試合はデュースに突入するがここは小池が14-12で制する。この勢いで続く第2セットを11-7で取り、最終セットも11-9で勝利した。「危ない場面もあったが、内容も調子も良かった。ここからどんどん調子を上げていきたい」と語った。
DSC_2356
得意のバックハンドを決める小池

この流れに乗りたい青木は2回戦。
第1セットを11-5といい流れでセットを取る。しかし第2セット、相手が攻撃の主導権を握り譲ってしまい2-11と完全に流れを奪われる。このままでは終われない青木は第3セットの終盤までリードを保ち続けるが9-7から痛恨の4連続失点を許してしまい9-11でこのセットを落とすと、続く第4セットも7-11で敗れ、1回戦で敗退となった。
試合後に青木は「自分のミスが目立った試合となった。そして相手のもう1本が返せなかったのも敗因の一つだった。これからの目標として台の近くでも台から下がっても勝てる選手になって。春季リーグでの団体戦を2部優勝に導きたい」と語った。


小池は3回戦も安定して実力を発揮した。第1セットを11-9で抑えると続く第2セットは11-8で勝利。第3セットになると調子を上げ、11-5でセットを取りセット数3-0のストレート勝ちを収めた。


コート整備をはさみ行われた4回戦。ここまで1セットも取られていない小池はベスト8進出を懸けた試合に挑んだ。相手は優勝候補の愛工大の松下選手。「明らかに格上の相手だった」と語った小池は第1セット前半を少しリードして中盤にさしかかる。中盤戦も優勢に進めていたが7-5から逆転を許し、終盤も1歩届かず9-11で第1セットを落とした。続く第2セットは相手の勢いを押さえきれず3-11でセットを取られる。後がない小池は第3セット、果敢に攻撃を仕掛けていき互角の展開にに持ち込む。しかしここでも連続得点で点差を広げられる。食らいついていく小池だったが点差は2点以上縮まらず8-11で敗れ、小池は4回戦で敗れるという結果になった。しかし1年次生ながら西日本ベスト16という快挙を達成したのは間違いない。
大会後、小池に今回の結果について振り返ってもらった。「相手は格上だった、こちらも強いボールを返さないとやられると思い反撃したが相手はまだ余裕があった。今回のベスト16という結果は素直に嬉しいが満足はしていない、もっと強くなってまずは春季リーグ、団体戦の2部全勝優勝で1部復帰を目標にして練習していく」
と悔しさを見せながらも次を見据えていた。
DSC_2381
試合終了後、悔しさを見せる小池


今大会はこれからの京産大卓球部にとって非常に収穫のあった大会になっただろう。
これらの選手はもちろん、今大会の出場を逃した選手たちの春季リーグでの活躍を期待したい。











月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ