京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

男子バレーボール部

《男子バレーボール部》立命大に痛恨の敗戦

5月14日(日) 関西大学バレーボール連盟 男子1部 春季リーグ戦 第8日目 立命館大戦@立命館大学大阪いばらきキャンパス

京産大ー立命大
第1セット 25-19
第2セット 18-25
第3セット 25-21
第4セット 22-25
第5セット 11-15
セットカウント 2-3

DSC_3788
DSC_3967
DSC_3876
DSC_3782


 第1セットは京産大ペースで試合を進める。サイドにボールを集め攻撃を展開していく。相手のミスも重なり、5連続ポイントで16-10とリードする。その後も点差を積み上げ25-19で第1セットを先取。
第2セットは序盤から速攻が機能し、多用する。16-15の場面、スパイクミスなどで4連続失点。監督はたまらずタイムを要求したが、流れは変わらず18-25でこのセットを落とす。
第3セットは春季リーグ戦好調の鈴木諒(営4)にボールを託し、点数を稼ぐ。相手のミスもあり、25-21でこのセット取る。
第4セットは武知駿人(済3)の速攻を多く使い、点を重ねていく。このセットは京極哲也(済4)、小長谷祐介(済4)のサービスエースが飛び出す。終盤は相手の攻撃を止めきれず22-25でこのセットを落とす。
運命の第5セット、序盤サービスエースなどで4連続ポイントとリードする。しかしその直後、スパイクを決められ4連続失点。その後も連続で失点し、流れは立命大へ。粘りのプレーをみせるも11-15で試合終了。フルセットの末、痛い敗戦となった。

DSC_3733

DSC_3707
DSC_4014
DSC_4151


次戦は5月20日(土) 第2試合目、近畿大学記念会館にて関西学院大学と対戦します。

《男子バレーボール部》同志社大にストレートで勝利!

5月13日(土) 関西大学バレーボール連盟 男子1部 春季リーグ戦 第7日目/同志社大学戦@大阪商業大学


京産大-同志社大
第1セット 25-20
第2セット 25-19
第3セット 25-20
セットカウント3-1
DSC_3392
DSC_3474
DSC_3371
DSC_3286


試合展開
 第1セットから京産大ペースで試合を進めた。丁寧なプレーでミスも少なく、速攻を使い、相手のブロックを寄せ付けず、このセットを先取した。
第2セットはブロックでワンタッチを取りレシーブ、攻撃へ。得意の繋ぐバレーを展開した。連続失点で点差を詰められる場面もあったが、川上大輝(法4)、鈴木諒(営4)に託す。センター線も多用し、25-19でこのセットも取る。
第3セットはサイドからの攻撃で点を積み重ねていく。相手の攻撃をシャットアウトするなど、ブロックも光る。全てが噛み合い、ストレートで快勝した。
DSC_3264
DSC_3223
DSC_3195



西田監督
「今日の試合は良かった。1人ひとりが自分の役割をこなしてくれた。優勝目指して一丸となった。昨年の秋にサーブで崩されたので、今日は下で取る意識を持ってレシーブしていた。京都で1番という意識を持たないとね。明日も頑張ります」

川上選手
「上位リーグはチームの雰囲気づくりを大切にした。今日は波が無く、1本1本落ち着いてプレーできた。チームは粘り強く戦えた。今日の勝利は良い意味で忘れて、明日も勝てるようチーム一丸で戦っていく」

武知駿人(済3)選手
「1.2セットは速攻がなかなか決まらなかった。入りが遅く決定率が下がったが、3セット目は速く入る意識を持ち修正できた。チームは良い雰囲気で優勝を目指している。明日もストレートで勝つ意識で戦う」

《男子バレーボール部》近大戦、逆転負け

5月7日(日) 関西大学バレーボール連盟 男子1部 春季リーグ戦 第6日目 近畿大学戦 @大阪産業大学
 
京産大ー近大
セットカウント2-3
第1セット25-17
第2セット26-24
第3セット26-28
第4セット28-30
第5セット13-15
DSC_3091
DSC_2751
DSC_3006


試合展開
 第1セットは序盤から京産大のペースで試合を運ぶ。相手のミスも多く、点差を広げていき、あっさりこのセットを先取。
第2セットはサーブで攻めるもアウトになり、流れがつかめない。11-18とリードされた場面、鈴木諒(営4)にボールを集め、3連続でポイントをとる。その後も点差を詰めていき、最後はブロックポイント。26-24でこのセットを取った。
第3セットは互いに1点ずつ積み上げていく。センターとサイドで上手く組み立てる。先にセットカウントを取るも、1次リーグ全勝の近大の強さを見せられ、このセット落とした。
第4セットも鈴木にボールを集める。3枚ブロックを抜く威力あるスパイクを武器に点を重ねる。このセットも先にセットカウントを取る。しかし相手も意地を見せる。最後はサーブで崩されこのセットも落とす。
勝負の第5セット、点差を離されまいと互いに付いていく。総力戦となり、ベンチメンバーも声を張り上げる。6-5の場面、4連続失点で流れを持っていかれた。13-15で無念の敗戦となった。
DSC_2912
DSC_2880


試合後のインタビュー
西田監督
 「相手が強かった。背も高いし、読み合いで負けたかな。相手の仕掛けに対応できなかった。その中でも、地に足付けてボールをよく見れていたと思う。サーブで攻めてレシーブを崩せたが、点が取れなかった。1戦1戦自分たちのバレーをするだけ。相手がどこであろうと、柔軟に対応していく」

京極哲也(済4)
 「1.2セット目は良い雰囲気でプレーできていた。守りに入らず、サーブで攻めて、ワンタッチを取り、コンビバレーに持っていく、自分たちのバレーができた。終盤は、集中力不足で勝ち切れなかったことが課題。1週間練習して、挑戦者の気持ちで事前に挑む」

《男子バレーボール部》大産大戦ストレート勝ち 上位リーグ進出!

4月29日(土) 関西大学バレーボール連盟 男子1部 春季リーグ戦 第5日目 大産大戦 @天理大学体育学部キャンパス


京産大-大産大
セットカウント3-0
第1セット 25-18
第2セット 25-22
第3セット 25-20

DSC_2629

DSC_2616

DSC_2614


試合展開
 この試合、勝ったチームが上位リーグに進出できる。リーグ優勝には上位リーグへの進出が必須。そのため、気持ちが前面に出た試合だった。
1セット目はブロックが機能した。リードし、プレーにも余裕が出ていた。
2セット目は序盤、相手の攻撃に翻弄され、レシーブが上がらない。しかし、このセットもブロックが光る。相手の攻撃を封じ込めた。
3セット目は1.2セット目の勢いそのまま。サーブミスは多少目立った。チームの武器、レシーブ力を生かし、攻撃に繋げた。
セットカウント3-0とストレートで勝利。上位リーグへの進出が決まった。

DSC_2571

DSC_2561
DSC_2522


試合後のインタビュー

西田監督
「今年のリーグ戦で一番よかった試合だった。声もよく出ていて、まとまりがあった。特に気持ちがプレーに表れていた。1次リーグは1年生がよく頑張ってくれた。目指すところは優勝。1試合1試合、しっかり戦っていく。」

野田主将
「今まで崩れた試合が多かったので、この1週間でチームを作り上げてきた。今日は、内容はあまりよく無かったが、他の試合より良かった。楽しくプレーもできた。細かいボールや、切羽詰まった場面で丁寧にプレーできてないことが課題。(上位リーグについて)スタート位置に立てた。頑張る。」

DSC_2489
DSC_2442
DSC_2418

《男子バレーボール部》関学大戦、悔しい敗戦

 4月16日 関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦 男子1部 第2日目 関西学院大学戦@近畿大学記念会館

京産大―関学大
セットカウント1-3
第1セット25-15
第2セット21-25
第3セット27-29
第4セット16-25

DSC_0341

試合展開
第1セット、相手を大きく引き離す。「(前日の試合で)もったいないミスが多かったので、今日は丁寧に進めていこう」と野田主将が話したように、ミスも少なく安定したセットだった。
第2セットはサイドからの攻撃を中心に組み立て15-9とリードしていた。しかし、相手にサービスエースを何本も決められ、流れを失い逆転される。21-25でセットを落とす。
第3セットは鈴木諒(営4)の攻撃が冴えわたる。9本の攻撃を決め、チームを引っ張る。先に相手にデュースに持ち込まれるも追いつくが、最後はミスが出てしまい27-29でセットを落とす。
第4セット、何としてもこのセットを取りたい。今年の持ち味、レシーブの粘りを発揮し、攻撃に繋いでいく。しかし、相手の速攻攻撃に苦しめられリードを許す。14-19の場面、3連続失点を許し更にリードされてしまう。前日好調だった安達(済1)を投入し反撃を試みるもゲームセット。セットカウント1-3で悔しい敗戦となった。
DSC_0326
DSC_0366
DSC_0437


西田監督
 「うちはスタートが遅いのでスタートを頑張ろうと話していた。今日は良いスタートダッシュを切れた。2セット目の連続失点で崩れ出し、修復ができなかった。これは意識の問題。4年次生中心のチームなのでこれから引っ張ってくれると思う。ブロックのマークがきつく決まらないことが多かった。打てる場面は多いのに打てない。捨てるところは捨てること。メンバーがどれだけ知恵を出せるか。上位リーグにいけるように頑張ります」

野田主将
 「(2セット目の逆転の場面)自分たちのミスで逆転された。メンバーが大きく受け止めすぎていた。自分たちのバレーをやっていこうとみんなで話した。課題は切り替えが出来なかったこと、相手の変化に対応できなかったこと。1セット目の雰囲気は良かった。続けていきたい」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ