京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

男子バレーボール部

《男子バレーボール部》関学大戦、悔しい敗戦

 4月16日 関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦 男子1部 第2日目 関西学院大学戦@近畿大学記念会館

京産大―関学大
セットカウント1-3
第1セット25-15
第2セット21-25
第3セット27-29
第4セット16-25

DSC_0341

試合展開
第1セット、相手を大きく引き離す。「(前日の試合で)もったいないミスが多かったので、今日は丁寧に進めていこう」と野田主将が話したように、ミスも少なく安定したセットだった。
第2セットはサイドからの攻撃を中心に組み立て15-9とリードしていた。しかし、相手にサービスエースを何本も決められ、流れを失い逆転される。21-25でセットを落とす。
第3セットは鈴木諒(営4)の攻撃が冴えわたる。9本の攻撃を決め、チームを引っ張る。先に相手にデュースに持ち込まれるも追いつくが、最後はミスが出てしまい27-29でセットを落とす。
第4セット、何としてもこのセットを取りたい。今年の持ち味、レシーブの粘りを発揮し、攻撃に繋いでいく。しかし、相手の速攻攻撃に苦しめられリードを許す。14-19の場面、3連続失点を許し更にリードされてしまう。前日好調だった安達(済1)を投入し反撃を試みるもゲームセット。セットカウント1-3で悔しい敗戦となった。
DSC_0326
DSC_0366
DSC_0437


西田監督
 「うちはスタートが遅いのでスタートを頑張ろうと話していた。今日は良いスタートダッシュを切れた。2セット目の連続失点で崩れ出し、修復ができなかった。これは意識の問題。4年次生中心のチームなのでこれから引っ張ってくれると思う。ブロックのマークがきつく決まらないことが多かった。打てる場面は多いのに打てない。捨てるところは捨てること。メンバーがどれだけ知恵を出せるか。上位リーグにいけるように頑張ります」

野田主将
 「(2セット目の逆転の場面)自分たちのミスで逆転された。メンバーが大きく受け止めすぎていた。自分たちのバレーをやっていこうとみんなで話した。課題は切り替えが出来なかったこと、相手の変化に対応できなかったこと。1セット目の雰囲気は良かった。続けていきたい」

《男子バレーボール部》リーグ優勝に向け、初戦白星発進!

4月15日 関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦 男子1部 第1日目 大阪体育大学戦@近畿大学記念会館

京産大ー大体大
セットカウント3-2
第1セット 25-18
第2セット 14-25
第3セット 25-22
第4セット 24-26
第5セット 15-9

DSC_0053

試合展開
 序盤からクイックやブロックポイントで得点を重ねていく。相手のサーブミスも味方し、波に乗る。2セット目はミスが多く目立ち、リズムを作り出せないままセットを落とす。3セット目、先制点を決めたのは1年次生の安達駿だ。今年の注目選手であり、西田監督も「将来につながる良い試合になった」と話す。その安達の活躍もあり、25-22でセットを取る。4セット目はシーソーゲーム、デュースに持ち込むも、あと1歩及ばずセットを奪われる。5セット目は攻守が噛み合い、得点を積み重ねていき、セットを取る。セットカウント3-2で初戦を勝利で飾った。
DSC_0016
DSC_0079
DSC_0133


西田監督
「昨年の秋季リーグに負けた相手で、その試合がよぎった。課題点は攻撃にパターンが違うので、上手く波に乗れなかった。相手のブロックが良かったのかもしれない。チームの状態は悪くない、問題なし。春休みは既にチームが出来上がっていたので個々の練習に力を入れた。体育館練習の時間が限られている練習密度を上げ、実践的に練習してきた。」

野田主将
「1セット目はミスをしても切り替えができた。メンバーの良い所が出た。2セット目はミスをして失点が続いた。雰囲気も悪かった。もったいないセットが多かった。
(1年次生の活躍について)4年次生中心のチームなので、後輩が伸び伸びプレーできる環境や雰囲気を作っていく。明日も良い雰囲気で戦い、勝利したい。」

≪男子バレーボール部≫逆転勝利‼

10月23日 関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦男子1部第10日目 甲南大戦 @近畿大学記念会館


 京産大-甲南大
セットカウント    3-2
1セット   20-25
2セット    17-25
3セット    28-26
4セット    25-21
5セット    15-13




「今日は勝ちます!」と西田監督は試合前、意気込みを語ってくれた。
最終戦はなんとしても勝利したい。目標として掲げていた優勝は叶わなかったが、5位以内に入ると全日本インカレのシード権が獲得できるからだ。円陣を組み気合を入れ試合に臨んだ。
IMG_4173
IMG_4187


試合展開


(第1セット)
主導権を握り有利に試合を進めたかったが、ミスや相手のサービスエースが絡み、流れは相手に。12-20の場面、ピンチサーバーとして1年生の大西を投入する。リーグ戦初めての起用にもかかわらず、強気のサーブで相手を攻めると、流れを呼び込む。連続ポイントで17-22と距離を詰める。たまらず相手のタイムアウト。その後は点を取り合いになるも20-25でこのセットを落とす。
IMG_4189


(2セット)
このセットも調子が出ない。「淡白な内容だった」と監督が話したように、持ち味であるレシーブの粘りが見られなかった。17-25でこのセットも落とす。
IMG_4203


(3セット)
窮地に立たされた。あと1セット取られたら負けが決定。しかし、ついに流れを呼び込んだ。1.2セット目とはチームが変わったかのよう。相手の攻撃を簡単に決めさせない、レシーブに粘りが出てきた。攻撃も打てば全て決まるような、勢いが出てきた。相手にセットポイントを取られてしまうが、3連続ポイントでデュースに持ち込む。そして、東野のスパイクで25点目を取る。ため息と歓声が入り混じり、会場の盛り上がりは最高潮へ。相手も意地を見せ連続ポイント。再びセットカウントを取られる。しかし、最後は相手のサーブミスから同点に追いつき、連続ポイントでこのセットをもぎ取った。センタープレーヤーの梅原は「諦めずにボールに食らいついた」と話した。
IMG_4203



(4セット)
攻守が噛み合った。4-4の場面ではセンターで時間差攻撃を決める。完全に流れはこちらへ。なかなか決まらなかった梅原のクイックも決まりだした。25-21で、セットカウント2-2へと持ち込んだ。
IMG_4179


(5セット)
運命の最終セット。このセットは15点マッチのため、少しのミスも命取りになる。再び気合を入れ直し臨んだ。
3年次生の小長谷と川上のスパイクが炸裂した。相手も意地を見せ、拮抗する試合となる。
先に8点目を取ったのは京産大。チェンジコートを終え、試合再開。
サーブミスで3連続失点、9-9となる。その後はお互い1点ずつ得点していき、ついにマッチポイント。最後は小長谷のスパイクで試合を決めた。
メンバーの顔には安心したような笑顔が見られた。
IMG_4223


試合後のコメント


西田監督
「久しぶりに声枯れました。勝ってよかった!
4年生の力がほんとに大きいね。リーグ戦は苦戦したけど、チームが一つになれて今日は勝てたのかな。忘れていた、貪欲に1点を取りにいく姿勢が見られてよかった。キャプテンが怪我で出場できなかったけど、勝ち抜く力を見せてもらった。西日本インカレと全日本インカレで4年生は引退。レシーブが乱れた時にどうつないでいくか、泥臭いバレーでもいい。地面に足をつけて、もう1度戦っていく。」

森主将#1
「最後のリーグ戦なので、勝って終わりたかった。特に変わったことはせず、いつも通り試合に挑んだ。3セット目のデュースが勝負の分かれ目だった。あそこから波に乗れ、いい流れでゲームを進められた。4年間プレーしてきたが、今年の春秋通して1番いいリーグだった。キャプテンを任せてもらって本当に感謝。1,2年生が頑張ってくれていたのでチームメイトにも感謝している。まだこのチームでてっぺんを取っていないので、次の関西インカレで優勝することが次の目標。全カレでも成績を残したい。」

東野選手#2
「僕たち4年生には最後のリーグ戦だったので、全てを出し切ることだけを考えていた。後半よく球が集められ、自分がエースという自覚をしっかり持って、自分に上がった球は全て決めるつもりでプレーした。膝の故障もあったが最後は気持ちでプレーした。故障した時は悔しかったが、この試合で出し切ることができてよかった。それと、1,2年生の活躍も大きく勝利を呼び寄せてくれた。ひとまず関西インカレ優勝、そして全日本インカレでも成績を残したい。」

梅原選手 #3
「最初4年次生が僕だけだったのでしんどかった。苦しい中でチームの力になれなかったのが悔しい。でもチームが勝てたのでよかった。僕は4年生からレギュラーとしてコートに立ち始めた。コート上でしかわからないことやしんどさがあり、それを分かってよかった。もっと必死にプレーしておけばよかったな。今季はチームに勢いがなかったので、西日本インカレと全日本インカレでは取り戻したい。関西インカレは優勝する。4年生が引っ張っていく。」


≪男子バレーボール部≫上位リーグ初戦、黒星発進

9月25日に関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦6日目、対近畿大戦が大阪産業大学で行われた。1次リーグを2位通過し、上位リーグで戦う京産大。初戦はセットカウント1-3で敗戦となった。

         京産大-近畿大
セットカウント    1-4
第1セット      16-25
第2セット      18-25
第3セット      29-27
第4セット      24-26

DSC_6270


試合展開
序盤から相手のペースにのまれ、自分たちのリズムでプレーすることができず、苦しい展開が続く。2セット目はリードされた場面、途中出場した岩元がスパイクを決め、今日一番の盛り上がりを見せた。しかし、2セットを奪われ追い込まれてしまう。3セット目は持ち味の粘りを見せ、29-27でこのセットを取る。
このまま残り2セットを取りたかったが、相手の高さに苦しめられ、4セット目を落とし、黒星発進となった。

DSC_6653
DSC_6336
DSC_6687


試合後のインタビュー


西田監督
「最後、岩元よく頑張ってくれた。1次リーグは全て3試合目の試合だったが、今日は1試合目で、さらに暑かったので集中力が欠け、いつもの元気がなかった。またケガ人も多く、いつ復帰できるかも未定。上位リーグで戦っていて追われる立場になった。そのことにまだ選手たちが慣れていない。インカレのシード権がかかってくるのでそのことを選手に意識させてやっていきたい。」


岩本選手#14
「ほとんどフル出場したのは今日が初めてだったが、緊張はしなかったし、調子も良かった。スタートが遅れたが、後半にかけてボールのつなぎがよくなってきた。大事なところで決めきれず、ミスもしてしまった。もう負けられないので、残りの試合は全て勝ちに行く。」


武知選手#21
「1.2セット目はクイックの入りが遅かったが、3.4セットにかけて修正することができた。ブロックの上からスパイクを打たれ、防ぎきることができなかったことが反省。クイックの速さが持ち味なので、しっかり決めていく。初戦の同志社戦から徐々に調子は良くなってきている。チームは厳しい状況にあるが、もう負けられないので気持ちを切り替えて次戦に臨む。」


鈴木選手#7
「先輩がケガで出場できないため、自分が代わりに入り役に立とうと臨んだが、今日はうまくいかなかった。前回も最初から出場して、そのときは良かった。スタメンとピンチサーバーでは全然違う。ピンチサーバーはミスしないようにと思うので緊張するが、最初からコートにいるとそれほど緊張はない。次の試合まで時間があるのでしっかり調整して活躍する。」

≪男子バレーボール部≫開幕戦苦しいスタート

9月10日に関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦男子1部1次リーグ第1日目対同大戦が府民共済SUPERアリーナで行われた。試合はフルセットまでもつれ、格下相手に黒星発進と苦しいスタートを切った。

          京産大ー同大
セットカウント     2-3
第1セット      21ー25
第2セット      25-20
第3セット      25-19
第4セット      25-27
第5セット      13-15

 〈第1セット〉
 相手に主導権を握られたセットだった。連続失点で点差を広げられると、最後までその点差を縮めることができず、21-25で第1セットを落とす。
DSC_1460


〈第2セット〉
 川上のスパイクから始まり、4連続ポイントで勢いに乗る。サイドとセンターを上手く使い、ポイントを積み重ねていく。22-14の場面、相手のサーブに苦しめられ失点を許すが、最後はしっかり東野が決め第2セットを取る。
DSC_1517


〈第3セット〉
 淡々と互いに点を取り合っていくが、13-11の場面に4連続ポイントで相手を離し、その後も点差を詰められることなく第3セットも取る。
DSC_1554


〈第4セット〉
 このセットを取れば京産大の勝利だが、セット終盤まで分からない展開が続いた。先にセットポイントを取られるもデュースとする。逆にセットポイントとするも、デュースとされ試合を決めきることができない。最後は相手の勢いに押され第4セットを落とす。
DSC_1679


〈第5セット〉
 勝負は最終セットに持ち越された。7-7の場面、相手に2点のリードを許す。果敢に攻めるもこの2点差が大きく第5セットを落とし、敗戦となった。DSC_1707


試合後のインタビュー

西田監督
 「いいところが無かった。自分たちのいいところも出せていない。これが追う立場と追われる立場の違い。精神的に弱い部分がまだある。この敗戦がとても勉強になった。先週の近畿6人制バレーボール総合男子選手権大会までは良かったのだが。負けが続くと上位リーグで戦えないので、明日からまたしっかり戦っていく。」


森主将
 「初戦を勝って勢いに乗りたいところだったがそうはいかなかった。サーブで攻められ崩れミスが出てしまった。自分たちはサーブで攻めることができなかったのが敗因。(怪我の欠場について)自分の代わりに出場している選手が頑張ってくれていたので外から応援していたが、悔しい気持ちもあった。今日勝ちきれなかったのは痛いが、一戦一戦勝っていく。」

東野選手
 「自分たちのペースに乗れなかったのが敗因。春季ベストスコラー賞を取った森に代わってプレーするのは、自分が決めないといけないというプレッシャーはあった。しかし夏から代わりに出場しているので大丈夫だった。ミスした後に相手のペースにのまれ落ち込むことがあるので、そこはしっかり切り替えようとみんなで反省した。今日の敗戦を反省して明日から勝てるようにしたい。」

INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ