京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

男子ラクロス部

≪男子ラクロス部≫2年ぶりのファイナル4 関西制覇ならず

11月5日に鶴見緑地公園で行われた関西学生ラクロスリーグファイナル4
厳しいリーグ戦を勝ち残った上位4校のみが出場を許される今大会。
京産大は3位で出場を果たした。

主将の難波宏貴(4)はチーム始動とともに、関西制覇の目標を掲げ、チーム全員で共有してきた。

負ければ即終了のトーナメント戦のため、関西制覇のためには1敗も許されない。DSC_9291
試合前、気持ちを一つにする


初戦はリーグ2位の大阪大。


第1Q序盤から主導権を握られ、なかなか攻めに転じることができない。
そして、開始2分。大阪大のショットが決まり、先取点を奪われる。

その後も、リーグ戦とは作戦を変えてきた大阪大のディフェンスを前に先取点を奪えず、第1Qを0-2で終了した。

第2Qに入り、難波、芦田和樹(4)、久保亮介(4)などがチャンスを作り、果敢にゴールを狙うも決めきれずじわじわと点差が開いていく。
DSC_9348
ショットを放つ難波
DSC_9559
相手のディフェンスラインを突破する久保
DSC_9595
パスターゲットを探す芦田

前半が終わり得点は0-5。厳しい状況だが、逆転に向け想いを一つにする。

待望の瞬間は第3Qに訪れた。
0-6で迎えた場面。土谷徳秀(3)がゴール前の密集地帯でクロスを振りぬくと、ボールはそのままネットを揺らした。
DSC_9619
チームメイトに駆け寄られる土谷(背番号5)

この1点で弾みをつけた京産大は、攻撃の手を緩めることなく、第4Q6分に芦田が倒れこみながらのショットを決める。すると17分に土谷が再度ショットを決め、流れを引き寄せる。
DSC_9770
倒れ込みながらもゴールを奪う芦田


しかしここで試合終了。3-8でファイナル初戦敗退となった。

試合後に難波は、涙ながらにスタンドへ一礼。4年間の感謝を述べた。
DSC_9930



今大会で4回生は引退となる。それぞれの思いのたけを後輩たちに語った。
そこで難波は、「今年悔し泣きしたのなら、来年を笑顔で終えるよう努力してほしい」と来年の優勝へ向けて激励を飛ばした。

倒れ込みながらのシュートを決めた芦田は、取材に対し「勝ち上がるにはもっと練習を重ねなければならない。その先には学生でしか経験できないものが必ずあるはずだ」と語った。

関西制覇こそ成し遂げられなかったものの、チーム一丸となってつかんだ勝利。
この敗北をバネに、来年こそは関西制覇を勝ち取る。




《男子ラクロス部》4年ぶりFinal3出場も準決勝敗退

 京産大男子ラクロス部は、秋季リーグを2位で終え、4年ぶりの決勝トーナメントFinal3出場を決めた。そして、11月3日に京産大はFinal3初戦に臨んだ。しかし、惜しくも準決勝敗退で3位という苦い結果に終わった。
DSC_0452

 Final3には京産大を含め秋季リーグ1位の関西学院大と3位の同志社大の三校が出場した。京産大の宮川主将は試合前、「Final3を勝ち抜き関西制覇することは、OBの方々も越えることができなかった壁であるため、歴代のOBの方々の思いを背負って戦いたい。そして、今まで支えてくださった方に恩返ししたい。」と意気込んだ。京産大の初戦の相手は同志社大。同志社大は個々の能力が高いチームだが、京産大はリーグ戦で同志社大を下している。しかし、負ければ4回生が引退で一度も負けられない選手たちは気を引き締めた。
DSC_0145

 ヤンマーフィールド長居に異様な緊張感があふれる中、京産大の4年ぶりのFinal3が幕を開けた。試合開始2分、京産大は同志社大に先制点を取られる。同志社大側の観客席が爆発的に盛り上がる。しかし、京産大の選手らは焦りを見せなかった。即座にアタックの山本が2度のショットを決めて逆転する。2-1と京産大が1点リードで1Qを終えた。
DSC_0517

 さらに点差を突き放したい京産大。しかし、2Qでもお互いに取られたら取り返す、まさにシーソーゲームで試合は展開した。一時は同志社大にリードを許すも、またしても山本のショットで逆転し、1点リードのまま3Qに突入。
1Qと2Qは京産大ペースで試合が動いていたが、3Qで京産大はまさかの3連続失点を喫し逆転される。オフェンス陣もなかなか得点することができず、今度は逆に同志社大に1点リードを許したまま、運命の4Qが始まった。
CSC_0500
DSC_0467

 しかし、京産大はまたもや失点し、点差を2点に広げられる。流れを変えたい京産大はタイムアウトを取る。そこで宮川主将は「焦らずに平常心で攻めていこう。」とチーム全体を励ます。その直後に、山本が自身4点目となるショットを決め、1点差までに同志社大を攻める。試合終了間際、あと1点を取って同点に追いつきたい京産大。後がない選手たちは、相手のボールを死に物狂いで追いかける。しかし、フィールドに試合終了の笛の音が響き渡り、壮絶な戦いに終わりを告げた。
DSC_0673
DSC_0773
DSC_0511

 京産大は惜しくも8-9で同志社大に無念の敗退で決勝トーナメント3位。選手たちの関西制覇の目標が叶わなかった。試合後、宮川主将は「自分たちはこれで引退だが、後輩にはもっと上を目指し、勝ちにこだわって頑張ってほしい。」と後輩にエールを送った。新チームには、来年に向けて関西制覇を目標に頑張ってほしい。
DSC_0953

《産龍戦 男子ラクロス》攻撃陣が奮闘し、圧勝

6月28日、龍谷大学瀬田キャンパスで9年ぶりとなる産龍戦が行なわれた。
対戦成績1勝2敗で京産大が追う展開で迎えた男子ラクロス部の対決。
試合は京産大が終始相手を圧倒し、終わってみれば18対6という大差をつけて勝利した。
DSC_5441


第1Q 京産大2-1龍大
第2Q      7-0
第3Q  3-4
第4Q  6-1
計   18-6

対戦する龍大は、去年2部リーグで優勝し今年から1部に昇格した。京産大にとっては1部リーグで対戦する相手となるので何としても勝っておきたい相手だ。第1Qは京産大のアタックリーダー・尾木俊樹が先制のショットを決める。その後もアタックの山本拓矢が2点目を奪い、このまま京産大ペースかと思われたが、龍大も負けじと1点を返し、2対1で終えた。第2Qは京産大が力を見せつけ7得点。尾木や山本などの連続得点で差をつけた。このQでは京産大は龍大の攻撃を無失点で抑えた。第3Qでは4失点するも、ミットフィルダーの難波宏貴やアタックの山中隼人にもショットが生まれ、追いかけてくる相手に隙を与えない。迎えた最終の第4Qでは、疲れが見え始めた龍大に襲い掛かるように攻撃陣が攻め込み、6対1で終了。合計18-6で京産大が勝利した。

9年ぶりの産龍戦復活ということで主将の宮川康仁は「伝統の産龍戦が復活したということで、試合に勝って新しい歴史を作りましょう!」とチームに呼びかけていた。宮川は現在膝を故障しており、試合には出られなかったが、常にベンチから一歩前に出てチームを指揮したり、選手をサポートしていた。主将の思いを受け取り、攻撃陣は抜けた大きな穴を全員で埋めた。守備ではゴーリーで出場した角野瑞起、西川和貴が龍大の果敢な攻撃を6失点に防ぎ、役割を十分に発揮した。
DSC_5199

先制点を挙げ、喜ぶ選手たち

選手のコメント
宮川康仁主将「龍大は今年から1部で戦う相手なので気持ちで圧倒して夏からのリーグに臨みたかった。今日は勝てて良かった。しかしまだまだ前半などは個人プレーが多く、いつもやっていることができなかったので、改善していきたい。(たくさんの学生が応援に来てくれたことに関して)産龍戦ということで、学校の名前を懸けて勝利できたのは嬉しい。たくさん応援に来てくださって力をもらった。ラクロスはまだまだマイナーなスポーツなので今日はたくさんの人に見てもらえて良かった。これからもどんどん知ってもらいたい。目標は関西制覇。去年は上ばかり見すぎていたので、しっかり1つ1つの戦いに自分たちがやってきたことを出したい。」


尾木俊樹選手(7番)「(先制の1点目のショットを放ったシーンについて)チームとして先制点が欲しかったので、自分がまずゴールに向かうように心がけた。産龍戦は伝統的な感じがあった。このような環境を作ってくださった方々に感謝したい。(夏に向けて)目標に向けて1ランク2ランク上げられるように頑張っていきたい。」
DSC_5323


山本拓矢選手(62番)「龍大はリーグで対戦するということで勝っていいイメージをつけたかった。試合の入り方がチームの課題だったが、まだまだ甘い部分があるのでもっといい雰囲気で臨めるようにしたい。(リーグ戦に向けて)個人としてはチームの勝利に貢献できるように頑張るだけ。4年次生が最後のリーグとなるので勝たせてあげたい。」
DSC_5225





《男子ラクロス部》後半0封 逆転負け

<京産大4−9京大>◇8月17日◇宝ヶ池球技場
<京産大 雨天順延 同大>◇8月25日◇京都工芸繊維大G
LAX

強豪・京大相手に前半奮闘するも、後半0得点と押さえられ逆転負けを喫した。前半、関西屈指の京大ゴーリーから得点。だが後半、京産大は完璧に抑えられ、「相手ディフェンスにやられた。ズルズルいってしまった」と植松主将は唇を噛んだ。リーグ初戦を落としたが主将は「自分たちのリズムに乗って、関西制覇へ。」と前を向いた。

なお25日の同大戦は雨天順延となった。次の試合は9月8日10時に関学大戦が龍谷大瀬田Gで行われる。

《男子ラクロス部》2012年度 関西学生ラクロスリーグ戦

第4戦 関西大学
場所:大阪大学豊中キャンパ​スグランド

京産大13-9関大

第1Qは3点を先取し良い滑り出しを見せる京産大。
その後、第2Qに3失点を許しリズムが崩れかかる。
しかし、第3Qに角野(#3)が7連続セーブし、相手の攻撃を一切通さず0失点に抑える。
一方京産大は2得点し最終Qをリードで迎える。
試合終了間近に相手に攻められ第4Qは4失点だが、尾木(#7)、森ノ内(#8)を中心にそれを上回る攻撃で1点1点を積み重ね見事勝利を果たす。
手強い相手に接戦を強いられたが無事1部昇格へ王手をかけた。


森ノ内選手(主将)
強い相手とのハードな試合になったが、大事なところで決めきれなかったのが原因だ。
残りの試合も油断せず全勝し、自動昇格出来るようにする。
シュートの決定率を上げていくのが課題である。

角野選手
ゴールされるイメージは持たず、相手のシュートを予測し体を張ったら止めることが出来た。
近い距離からのシュートを予測出来るようにし、残りの試合は失点をなくす。

橋本選手(#1)
最初の流れが良かった。
中盤からは圧されてしまったが、勝ちきることが出来てよかった。
残りの試合も毎回ベストを尽くし、全勝したい。

尾木選手
今日は全体的に良い試合だった。
先手も取れて、しっかり決めることが出来た。
DFに対して自分の距離感をとってシュート出来るようにしている。
残りの試合も全部勝つ。
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ