京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

軟式(A号)野球部

《軟式野球部》鮮やかな逆転勝ち!西日本ベスト8進出

11月9日に五條市上野公園野球場で「第31回西日本大学軟式野球選手権大会」が行われ、京産大の軟式野球部は近畿学生軟式野球連盟の第一代表として出場した。初戦は京都文教大学と対戦し、6対3で勝利し見事ベスト8進出を果たした。

京産大020 000 022=6
京文大030 000 000=3

1 9 坂口雄一郎(法3)
2 5 寺田優成(法2)
3 4 野崎俊成(法3)
4 3 本田拓海(営3)
5 6 山崎勝也(済2)
6 8 山本貴大(法3)
7 7 森永弘貴(営2)
8 2 稲葉龍吾(文3)
9 1 林裕太(営2)→石原大輝(済2)
_DSC6371


雨が降りしきる中、試合が開始された。初回の攻撃は先頭の坂口が死球で出塁し、3番野崎のヒットなどでいきなり1死1・3塁のチャンスを作る。しかし4番本田が遊ゴロ併殺打に打ち取られ、先制できない。その裏には逆に1死3塁のピンチを迎えるも、先発林が粘り切る。先制点は7番森永のバットから生まれた。0死2・3塁から左越二塁打を放ち、2点を先制した。先制点に、ベンチも盛り上がりを見せた。だが、喜びも束の間。2回裏に味方のエラーや野手の間に落ちるヒットなどで3点を奪われ、あっさり逆転されてしまった。
2回に試合が動いてからその後は両チームとも打線が静まり返った。京産大は先発の林が2回で降板。2番手に石原がコールされた。石原は伸びのある直球と切れ味鋭いスライダーを駆使し、相手打線に的を絞らせない。打線も、相手投手も癖球に手を焼いた。このまま進むと思われた8回、打線が息を吹き返した。先頭の坂口が内野安打で出塁すると、その後2死だが、走者を2塁まで進める。ここで4番の本田が、今日初めてとなるヒットを放ち、同点に追いついた。続く5番山崎も2死2塁から三塁強襲ヒットを放ち、2走の本田が生還した。終盤での逆転にベンチ前はお祭りムードとなっていた。
逆転し逃げ切りを図るところだが、打線は9回にも手を緩めなかった。相手エラーや四球で1死1・2塁とする。1番の坂口は倒れたのもも、2番の寺田がフルカウントから左中間の三塁打を放ち、2者生還。ダメ押しとなる適時打に、三塁上の寺田は笑顔が弾けた。
最終回の守りは、先頭にヒットを打たれ、素直に勝たせてくれない。その後死球などで1死1・2塁としたところでパスボールで1つずつ進塁。次打者にも四球を与え、1死満塁のピンチを迎える。今日最大のピンチとなり、次打者が放った打球は完璧にとらえてライナー性の打球に。しかし飛んだ場所が遊撃手山崎の真正面。そのまま二塁ベースを踏み、飛び出していた走者がアウト。見事併殺で昨年に続くベスト8進出を決めた。
2年連続で出場した西日本大会。前年は準々決勝で敗れ、ベスト8に終わった。今年はどうなるか。秋季リーグ戦で9勝1分という圧倒的な強さを十分に発揮すれば、西日本の頂点もそう遠くはない。

試合後のコメント
山本貴大主将「春リーグで悔しい負け方をしていたので、秋リーグに向けて課題であった打撃を重視して練習してきた。秋リーグは投手陣が良かった。投打がかみ合い、10戦9勝1分という結果に自信も持てた。今日の相手は全国ベスト4の強敵だったが、打力には自信があったのでヒットを多く打ち、自分たちの野球である『打ち勝つ野球』をすれば勝てると思っていた。(逆転のシーンでは)負けている中ずっと試合が進んでいたが、焦りなどはなく、逆転すると信じていた。ここからさらに強い相手が続いていく。点はあまり取れないかもしれないが、ミスを減らして1戦1戦戦っていきたい。」
_DSC6352


林投手「先発に選んでいただいたので、自分のできることをしようと臨んだ。(2回の逆転された場面)いつか打線が逆転してくれると思っていたので点数は気にせずにいこうと思っていた。球はあまり走っていなかった。明日からはしっかり準備して自分の球を投げたい。」
_DSC6146


石原投手「あまり良くなかった。自分のベストではない。三振を狙っていって取れたり、打ち損じを狙って打ち取れたことは良かった。スライダーの曲りが大きく、相手がつかめていなかった。有効に使ってくれた捕手のリードのおかげ。リーグ戦では4人の投手陣で勝ってきた。この4人がとても良く、みんな勝てていた。初戦が一番の山だと思っていた。明日も出番がきたら頑張りたい。」
_DSC6314


森永選手「(先制の適時打を放つ)先制点を取れば勢いがつくと思って打席に入った。後ろに繋ごうという意識を持っていた。ピッチャーも甘い球を投げてきたので強く振り切った。素直に嬉しい。リーグ戦はあまり調子が良くなかった。自分の仕事は後ろに繋ぐこと。3回生は最後の大会となる。2回生の強い気持ちがより大事になってくる。少しでも長く試合がしたい。」
_DSC6236


本田選手「ずっと0行進で負けていたのでいい雰囲気ではなかった。4番に座るからには走者を返さなければならない。(同点打について)打席では集中して何も考えず打った。リーグ戦はチーム状態も良く、自分の調子も良かった。去年はベスト8だったので越えられるように1つずつ大事に戦っていきたい。」
_DSC6429


山崎選手「(逆転打について)前の打席も含め、タイミングはあっていた。単打狙いで大きいのを捨てて振っていった。打った瞬間はサードゴロだと思ったが、抜けて良かった。リーグ戦では今までで一番結果を残せたと思う。良い調子を引き続き保てている。明日は全員で勝ってまたみんなで野球がしたい。」
_DSC6464


寺田選手「(最終回のダメ押し打について)序盤に守備でミスをし、2点を取られてしまったのでなんとか自分のミスを取り返そうという気持ちだった。フルカウントから何としても打つぞという思いだった。リーグ戦では打撃で貢献できていなかった。今日は守備で縮こまってしまった。次からはリーグ戦のようにまずは守備からやっていきたい。」
_DSC6521

《軟式野球部》金沢学院大学に敗れベスト4進出ならず

11月4日に香川県営第2球場で「第30回西日本大学軟式野球選手権大会」の準々決勝が行われた。京産大は金沢学院大学と対戦し0-3で敗れ、惜しくもベスト4進出とはならなかった。


今日勝てば西日本大会優勝にグッと近づく大事な試合の先発を任されたのは1年生の山崎(済1)。5回まで再三得点圏にランナーを進めるが粘りの投球を見せ無失点で切り抜ける。両チーム0点で迎えた6回、とうとう試合が動いた。山崎は先頭打者にヒットを許し、次打者のバントを自ら失策。送りバントを決められ、1死2・3塁のピンチを迎える。ここを無失点で抑えたかったが、味方のフィルダースチョイスや失策で2点を献上した。その後京産大ナインは円陣を組み、「1点ずつ返していこう」と声を掛け合っていたが、相手投手のテンポのいい投球に苦戦。しかし最終回に京産大は相手の守備の乱れや四球で2死満塁のチャンスを迎えるがラストバッターが三ゴロに倒れ、京産大ナインの西日本大会は幕を閉じた。

投手陣については2試合とも素晴らしい投球を見せた。特に3人とも無四球というのは簡単にはできないことだ。失点する多くの原因は四球であるといっても過言ではない。失点を防ぐには相手に余分な塁を与えないことが大切である。そんな中、京産大が失点してしまったのはやはり野手の失策が大きな原因だ。運悪く失策が失点につながり、あまり打たれていないのに失点が重なった。攻撃面も打線が思うようにつながらず、残塁が多かった。勝つためには相手から点を奪う打力が必要となるが、相手に得点を許さなければ負けることは絶対ない。まずは守備面から鍛えていかないといけない。

試合後、選手たちは涙を流し悔しさを滲ませていた。この大会で引退する選手も多く、大会への思いの強さが伝わった。今後は新人戦が行われ、来年の春にはまたリーグ戦が行われる。今の1・2回生が中心となって戦うことになるので、この大会での反省を生かし、冬にしっかり課題を克服し、今よりも成長した姿を春に見せてほしい。


試合後のコメント
園山優人主将「チャンスは何度もあったが1点が遠かった。ミスからの失点がこの試合の敗因。3回生がほぼ抜けてしまうが、来年の春のリーグは優勝を目指して全国に行きたい。」

山崎勝也投手「調子は良くなかったが尻上がりに良くなっていった。自分の失策から得点を許してしまったので本当に悔しい。(冬に向けて)自分もチームも打力が弱いが、今日も守備で負けたので守備面を鍛えていかないといけない。春のリーグ戦は絶対優勝したい。」

石原大輝投手「(2試合連続リリーフ登板して)スピードが出ていたのは素直に嬉しいが、ガンガン行き過ぎて打たれてしまった。30点くらいの出来。1点を取らないと勝てないのでもっと頭を使って野球をしなければならない。(冬に向けて)もう一度体を作り直し先発ですべて完投できるようにしたい。春のリーグ戦では自分が投げた試合はすべて勝てるように優勝目指して頑張っていきたい。」

DSC_6290

先発した山崎

DSC_6606

リリーフした石原

DSC_6522

主将としてチームを引っ張った園山

《軟式野球部》主戦・登が好投、西日本大会ベスト8進出

11月3日に香川県県営野球場(レクザムスタジアム)で「第30回西日本大学軟式野球選手権大会」が行われ、京産大の軟式野球部は近畿学生軟式野球連盟の第一代表として出場した。初戦は香川大学と対戦し、3-1で勝利し見事ベスト8進出を果たした。


京産大は初回、死球と相手の失策で0死1・2塁のチャンスを作ると、次の3番竹中(済3)がきちっと送りバントを決め、チャンスを広げる。1死2・3塁から4番鈴木(済3)がセンターに犠牲フライを放ち、先制点を奪った。続く5番坂口(法2)の左前適時打で追加点をあげた。初回に2点を先制した京産大は3回表の香川大学の攻撃で、2死からヒットと盗塁で2死2塁のピンチを迎える。次の打者を左飛に打ち取ったがこれをレフトが捕球ミス。1点を返された。その後4回裏に京産大が2番柳澤(法3)の適時打で1点を追加し、再び2点差に広げた。
投手陣は先発した登(法3)は125~130キロのストレートと100キロ前後の緩いカーブで相手打線のタイミングを外し、7回を被安打1・無四球・2奪三振の好投を見せた。残りの2回は石原(済1)が130キロ中盤のストレートで押していき、無安打・2奪三振の完璧な内容で締めくくった。終わってみれば香川大学打線を1安打に抑え、相手を寄せ付けなかった。


試合後のコメント
園山優人主将「今日は投手2人がいい投球をしてくれたが、守備面で不安定だった。しかし最少失点で抑えれたことが勝利につながった。攻撃面では先制点が大きく、その後も試合の流れは良かった。」

登奨信投手「緊張はなく、テンポよく投げることができた。バックを信頼して投げることを心掛けた。カウントが悪くなった時に直球や変化球が狙われやすかったので反省したい。」

鈴木聖明選手「チャンスで回ってきたら最低限の仕事をすることだけを心掛けて打席に入った。(先制の犠飛について)強い打球を打つことを意識し、どんなボールでも1点を返すつもりでいたのでいい結果が出て良かった。」

DSC_5933

DSC_6149

先発し好投した登

DSC_5998

先制の中犠飛を放つ鈴木

DSC_6136

左線の打球を好捕する柳澤

DSC_6192

2番手で好投した石原
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ