京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

バスケットボール部

友だち追加

《バスケットボール部》収穫と悔しさ 西日本準V 

6月10日、第68回西日本学生バスケットボール選手権大会決勝vs近畿大学戦がエディオンアリーナにて行われた。2011年の優勝以来7年ぶり、17回目の優勝を狙う京産大。相手は先月の全関西の決勝と同じ。リベンジマッチとなったこの試合、シーソーゲームが続くものの僅かな差で近大が競り勝ち、準優勝に終わった。
DSC_1134


DSC_1309


スタメン
#3高田
#10上田
#23アンドレ
#24大庭
#38リンダ―

出場選手
#1永尾
#14川口
#17真鍋
#21会田

京産大 70-73 近畿大
第1ピリオド 19-21
第2ピリオド 18-17
第3ピリオド 14-17
第4ピリオド 19-18


Image_ff4d494


Image_84bd15d
得点を狙う上田選手

DSC_1301
ゴールに迫るサンブ アンドレ選手

DSC_1551
シュートを放つ大庭選手

Image_2579431
ゴール下に切り込むリンダーライアン雅輝選手




試合展開
 試合の序盤、試合の流れは近大にあった。オフェンスリバウンドを取り切れず、相手ボールになってしまう苦しい展開。しかしここで相手に突き放されることなく、リンダー、大庭の3Pシュートなどで点差を開かせない。第1ピリオドは19-21で終えた。第2ピリオド開始直後、大庭の3Pシュートを決めるも相手もすかさず得点する。以後第2ピリオドは両チーム拮抗したまま試合が続く。第2ピリオド終了時点で37-38。ハーフタイムを経て、後半戦は京産大の1点ビハインドでスタートした。第3ピリオド、サンブの二連続得点や、上田の3Pシュートで一時、5点差のリードを奪う。しかし全関西を制し、確実に力をつけつつある今年の近大。差を広げられまいと集中力を上げた相手ディフェンスにより京産大はなかなか追加点を奪えない。流れを絶たれてしまい、相手の逆転を許した。そして、51-55で最終ピリオドを迎える。交互に点を取り合いなかなか点差が縮まらない。残り時間2分を切った場面で想定外のことが起きる。サンブが5ファウルで退場となってしまう。ここまでチームの躍進を支えてきた1回生がコートを離れた。勝機は失ったかに見えた。だが、この直後高田が3Pシュートを決める。4回生、最後の西日本に 懸ける思いが人一倍強いキャプテンのプレーに鼓舞されたチームは最後の力を振り絞る。残り1秒でリンダーが2点シュートを決めるが反撃もここまで。合計70-73で敗れ、準優勝となった。


試合後コメント
Image_71929e7

 村上監督
 チャンスはすごくあった。その中でつかみきれなかった。そこのチーム力をもう一回頑張ってリーグ戦につなげていきたい。後半相手の得点は抑えられたが、どっちに転ぶかわからない場面でボールを取り切れていない部分がたくさんあった。そこが勝敗につながったと思う。大庭のところで得点できなかった。彼にボールを触らせることなどもう少し考える。てっぺんを目指してやってきたが日頃からできていることやりきれなかった。そこを納得できるようチーム力を高めて強いチームにできるよう頑張る。

DSC_1516

 高田主将
 これまで、ディフェンスからブレイクをする京産の形ができてたが、今日は出来なかった。相手にリバウンドを取られてしまった。自分たちのオフェンスリバウンドを取れずに相手にとられてしまった。自分にとっては最後の西日本だったので優勝したいという気持ちがあった。去年よりもチーム力が上がっている。試合中やベンチ内外でのコミュニケーションが増えて、その点でチーム力が上がっている。例えば試合でいいプレーを見せた人だけでなくミスした人にも声かけが出来ている。昨年の秋のリーグ戦勝ったメンバーがあまり変わってない中、上田やサンブが加わってチーム力が上がっている。
関東は近大より強いチームがたくさんいる。インカレベスト4という目標に向かって、その目標を日々の練習に掲げながら、フィジカルやコミュニケーション能力を上げていく。



尚この大会で、サンブ アンドレ選手が優秀選手賞、高田 颯斗主将が敢闘賞を獲得した。

《バスケットボール部》勝負強さ発揮し、西日本ベスト4!

6月7・8日、第68回西日本学生バスケットボール選手権大会四回戦vs関西学院大学、準々決勝vs新潟経営大学がエディオンアリーナにて行われた。
DSC_0604


7日、関西学院大学戦

 
 ベスト8を懸けたこの試合、相手はシード校を倒して勝ち上がり、勢いのある関西学院大学だった。試合開始直後から、相手に主導権を握られ、京産大は攻撃のリズムをつかみきれずに第1ピリオドは16-25で終了する。しかし、ここで流れを相手に完全に渡さず、自分たちのペースに持ち込めるのが今大会の京産大である。第2ピリオドで40-40の同点に追いつくと、第3ピリオドで65-55と、勝ち越しに成功する。第4ピリオドでは猛追する関学大に何度も流れが傾きかけたが、京産大は要所要所で守り切り、試合終了。結果87-73で勝利した。

      京産大 87-73 関学大
第1ピリオド    16-25
第2ピリオド    24-15
第3ピリオド    25-15
第4ピリオド    22-18

スタメン
#3高田
#10上田
#23アンドレ
#24大庭
#38リンダ―


出場選手
#1 永尾 
#14 川口 
#17 真鍋 
#20 森本 
#21 会田 
#25 田中 (壱)
#51 大西 

DSC_0254
高田主将

DSC_0645
川口選手

試合後コメント

村上監督
勝ててうれしいが、内容的には良くなかった。そこを修正して明日臨む。一番こだわってきたことができていなかった。そこをしっかりやれと第1ピリオド後選手に言った。後半からの攻撃を最初からできればいい。一つずつ上を目指して修正するとこは修正する。

高田颯斗主将
一回生のときからベスト8になっていなかったから、やっと入れたという印象。四回生としても良かった。オフェンスのターンオーバーが多くそこから相手の流れになってしまった。第2ピリオド以降、京産のブレイクの形ができるようになり、勢いに乗れた。優勝することしか考えてない。




準々決勝 新潟経営大学戦
勝てば優勝した2011年以来のベスト4となる準々決勝。京産大は新潟経営大学と対戦した。前日の試合後、村上監督の言葉に「悪かった点を修正する。」という言葉があった。まさしくこの試合は今大会の好調を支えている修正能力の高さが見られた試合だった。第1ピリオド、サンブアンドレの二点シュートで先取点を奪うとそこから勢いに乗った京産大。堅い守りからリバウンドで確実にボールを保持し、シュートにつなげる。前回の反省点であった試合の立ち上がりで主導権を握ると以後、着実に得点を重ねた。合計90-59で勝利し、ベスト4進出を果たした。

DSC_0473
敵陣に切り込む大庭選手

     京産大 90-59 新経大
第1ピリオド   27-18
第2ピリオド   26-17
第3ピリオド   30-6
第4ピリオド    7-18  

スタメン
#3高田
#10上田
#23アンドレ
#24大庭
#38リンダ―

出場選手
#1永尾
#2常清
#11日高
#14川口
#16川尻
#17真鍋
#20森本
#21会田
#25田中(壱)
#35横山
#51大西
#55田中(亮)
#91赤松



試合後コメント

村上監督
悪いところもたくさんあったが、昨日の試合の反省点だった『出だし』で気合を持ってやること。それができた。上田のリバウンドや大庭のシュートを積極的に撃っていく姿勢なども良かったし、次につながると思う。結果が自信になっている。これをチーム力としていきたい。この大会には男女合わせて180チームほど出場しているが、明日明後日試合ができるのは自分達を含めた8チームだけ。そこを意気に感じて、いつも言っている納得のいく試合をする。

DSC_0229

高田颯斗主将
昨日の入りが良くなかったので、今日はチームで話し合って言われたことを徹底して集中していこうと話していた。相手チームの57番のシュートや相手の3Pを決められていたのでそこを修正できたのが大きかった。関西選手権では近畿大学に負けて準優勝で終わっているので優勝を目指して頑張っていきたい。



DSC_0388

サンブアンドレ選手(チーム最多の16得点)
チームで頑張ることができた。自分がダメだったところもあったし、チームでダメだったところもあった。次はもっとダメなところを少なくしていきたい。
16得点はいつもより少ない。明日も頑張る。







試合予定
6月9日14:20~   対戦校:九州産業大学    会場:エディオンアリーナ

《バスケットボール部》西日本ベスト16進出!びわこ大を撃破

 第68回西日本学生バスケットボール選手権大会のびわこ成蹊スポーツ大学戦(6日、エディオンアリーナ)が行われ、117-64で勝利した。7日17時30分よりベスト8進出をかけ、同会場にて関学大と対戦する。

得点
      京産大 117-64 びわこ大
第1ピリオド     25-14 
第2ピリオド     39-11
第3ピリオド     26-20
第4ピリオド     27-19

スタメン
#3高田
#10上田
#23アンドレ
#24大庭
#38リンダ―

出場選手
#1永尾
#2常清
#11日高
#14川口
#16川尻
#17真鍋
#20森本
#21会田
#25田中(壱)
#35横山
#51大西
#55田中(亮)
#91赤松

 西日本インカレで歴代最多16回の優勝を誇る京産大。しかし、2011年を最後に優勝から遠ざかっている。7年ぶりの王座奪還を目指し、好スタートを切った昨日の静産大戦。スタメンは昨日と同じメンバーで4回戦に臨んだ。第1ピリオド序盤はリードを許す展開となるが、すぐさま逆転し大きく引き離す。第2ピリオド以降もリバウンドからの攻撃で得点を重ねると、着実にリードを広げ勝利を手にした。

DSC_7621
ドリブルで切り込む永尾

コメント
村上監督「単純な攻撃になってしまっているところや出来ていない部分が多い。それを一つずつ直していかないといけない。連戦で負けられない戦いになるので、悪いなりにも勝つということは大事。今日は上田と永尾が良かった。上田はチームとしてやらなければならない、リバウンドからの攻めがよくできていた。永尾は最初にミスあったが、そこから修正してミスした分を取り返してくれた。次戦は関西同士の対決になる。勝たないと次がないので、全力を出して頑張ります。」

上田隼輔「先制して自分たちに流れを引き寄せるということを毎試合言われているので、そこを大事にして試合に臨みました。自分がやるべきことは出来たと思います。今年は関東を倒すことが目標なので、西日本のチーム相手には負けていられない。明日もしっかり勝ちたい。」

DSC_7616


試合予定
6月7日17時半 対戦校:関西学院大学 会場:エディオンアリーナ大阪

《バスケットボール部》西日本選手権、初戦突破!

6月5日、西日本学生バスケットボール選手権大会二回戦、静岡産業大学戦が東和薬品RACTABドームにて行われた。この大会17回目の優勝を狙う京産大。初戦の相手は静岡産業大学。試合は 95-79 で勝利した。

DSC_8453


京都産業大学 95-79 静岡産業大学
第1ピリオド 京産大 20-20 静産大
第2ピリオド 京産大 29-18 静産大
第3ピリオド 京産大 24-13 静産大
第4ピリオド 京産大 22-28 静産大
  合計         95-79

出場選手 
#1 永尾 友弥
#2 常清 哲也
#3 高田 颯斗
#10 上田 隼輔
#14 川口 廉人
#16 川尻 政宏
#17 真鍋 良太
#20 森本 泰雅
#21 会田 太郎
#23 サンブ アンドレ
#24 大庭 岳輝
#25 田中 壱歩
#35 横山 恵斗
#38 リンダーライアン雅輝
#51 大西 浩平
#55 田中 亮





試合経過
第1ピリオドでは、立ち上がりの硬さからか互いに一進一退の攻防が続き、20-20で終了する。第2ピリオドでは、34-31と京産大がリードした場面でタイムアウトがかかると、そこから均衡状態にあった試合は一気に動き出した。少しずつ点差が広がり、第2ピリオド終了時で49-38となった。その後第3ピリオドで差をさらに広げた京産大は最後までリードを守り切り、初戦を勝利した。


DSC_8460
試合は京産大ペースで進んだ。

DSC_8457
シュートを撃つリンダーライアン雅輝選手

DSC_8423
ゴールに迫る大庭岳輝選手

DSC_8405
ドリブルする高田颯斗選手


試合後コメント
 村上和之監督
 全関西のあとは、自分達のやらなけゃいけないこと、やってはダメなところを振り返り、その質を高めることをしてきた。そこをしっかり考えてゲームに入ること、全関西のときは出だしが悪かったので、良いプレーをするには良い準備をしなければならないことを考えろということを伝えた。トーナメントは一回負けたら終わり。その初戦としてどういう風に入らなきゃいけないか、そして、普段どうりやらないと、やるべきことも出来ないので、変に意識することは無いけれど、どれだけ重要な試合になるかを考えろと伝えた。
 チャレンジャーの気持ちを持って、一人ひとりが納得するようなプレーをしていく。その結果、一番良い結果につながれば良いが、たとえどのような結果になろうと、納得のできるようにする。それはやってきたことをやり切るということであるから。とりあえず上を目指して頑張ります。


試合予定
 6月6日(水)15:50~    対戦校:びわこ成蹊スポーツ大学   会場:エディオンアリーナ大阪

《バスケットボール部》関西選手権、近大に敗れ準優勝

 4月21日から5月5日にかけて行われた第45回関西学生バスケットボール選手権大会を準優勝で終えた。5日の決勝、序盤は互いに強固なディフェンスで均衡した展開が続いたが、相手チームに終始リードを許してしまう。後半は、ゾーンディフェンスで近大のオフェンスを封じ、持ち前の得点力を発揮し徐々に点差を縮めていく。そして第4ピリオドで逆転に成功。そのままリードを広げたかったが、近大の強固なディフェンスに阻まれ得点することが出来ない。終盤に再びリードを許し苦杯を喫した。

出場選手
#1永尾友弥
#3高田颯斗(S)
#10上田隼輔
#14川口廉人(S)
#17真鍋良太
#21会田太朗
#23サンブアンドレ(S)
#24大庭岳輝(S)
#38リンダ―ライアン雅輝(S)
#55田中亮

試合経過
第1ピリオド 序盤から近大に主導権を握られる。先制点を皮切りに激しいディフェンスで、オフェンスを封じられる。しかし、引き下がることなく得意の速い展開で攻め込み、リンダ―の3Pシュートとフリースローで追い上げる。互いに激しいディフェンスで得点が決まらない中、京産大はたまらずタイムアウトを取る。タイムアウト後、セットプレーでサンブのアリウープダンクがさく裂。一気に京産大ペースになるかと思われたが、同じようなセットプレーでアリウープを決められ思うように流れをつかめない。リードを許したまま15‐21で第1ピリオドは終了。

S_7916650577228



第2ピリオド 流れを引き寄せたい京産大は、エース大庭のレインアップで先制。さらに、サンブがインサイドで主導権を握り1ゴール差まで詰め寄る。このまま波に乗りたかったが、3Pシュート2本を含む怒涛の連続得点で11点差に広げられる。近大はその後も得点を重ね15点まで差が開いた。しかし、終盤に意地を見せる。高田のバスケットカウントで勢いに乗り、ディフェンスでは3-2のゾーンディフェンスで近大に得点を与えない。終了間際、大庭の3Pシュートで9点差の34-43で第2ピリオドを終えた。

S_7916648013851


S_7916652147542


第3ピリオド 試合を左右する後半の立ち上がり、前半と同様に近大にペースを握られてしまう。開始早々の連続ゴールで点差は再び15に開く。リンダ―が最初のフィールドゴールを決めるも、持ち前のオフェンス力を発揮できず苦しい展開になった。中盤にディフェンスを3-2のゾーンに変え勝負に出た。この作戦が功を奏し、会田、真鍋の好守にわたる活躍で点差を3点に。勢い止まらず、川口の好守備からのレイアップや会田のゴール下シュートで、53-55と点差を2点に縮めて第3ピリオド終了。

第4ピリオド 第3ピリオド終盤の勢いは止まらず、永尾のバスケットカウント、リンダ―の3Pシュートで一気に逆転。さらに、川口も3Pシュートを決めリードを広げる。しかし、勢いはここまで。中盤以降、近大の持ち味であるディフェンスからの攻撃を止められず再びリードを許す。点差は14点まで開き、68-82で試合終了。最後まで自分たちのバスケを貫いた近大に軍配が上がった。

S_7916674856442


コメント
村上監督「プラン通りの展開に持ち込めず選手に申し訳ない。第4ピリオドで追いついたのは、仕方なくプランにない作戦を出したから。この作戦を出さなくてもよいチーム力を作れていなかったのが反省点。この負けがは成長に繋がると思う。何が起こるかをもう一度選手個人の中で、無限化していかないと良い結果にはならない。今大会の振り返りをしっかりして西日本に向けて準備したい。1年生の上田は想像以上の活躍をしてくれた。フレッシュな顔ぶれがチームに勢いをつけてくれれば良いなと思う。」

大庭岳輝「自分のプレーがあまりできず負けて悔しい。負けたけれど勉強になった。エースとしてもっと点を取らないといけないと痛感した。成長できたのは、自分のプレーに集中できたこと。最後にファールが多くなってしまったのは反省点。不完全燃焼。近大がゾーンに弱いことは去年から分かっている。ただ今大会ではチームの方針としてゾーンディフェンスは使わない守りをする予定だった。しかし、フィジカルでは格上なので大差をつけられてしまった。プランにはなかったが、引いて守りを固めるしかなかった。1対1で守る力をつけていきたい。3年生になったのもありますし、声を出さないといけないポジションでもあるので、意識して声出しをした。チームとしても新入生が入ったばかりで、探り探り戦ってきた。徐々に良いチームになってきたと思う。最後、結果は出ませんでしたが悲観する内容ではなかった。」

リンダ―ライアン雅輝「自分のシュートはしっかり決めることができた。チームとして大事なシーンでミスが多かった。今大会を通して成長したポイントは外からの攻撃がしっかりできるようになったこと。反省点は集中力が途切れる場面があったところ。どんな局面でも集中してプレーできるようにしたい。」

サンブアンドレ「新人賞を取れたのは良かった。自分のインサイドのファールが雰囲気を悪くしてしまった。」

上田隼輔「先輩の力になれるよう頑張った。1年生が大きな声を出してチームを盛り上げようと意識した。今大会を通してリバウンドの処理が一番成長したと思う。自分のところに穴が出来てしまったのが反省点。岳輝さん(大庭)と2人で穴を作らないようにしたい。」

戦績
122-54 追手門学院大学 
121-47 京都教育大学
68-56 同志社大学
74-67 大阪学院大学
80-53 関西大学
68-82 近畿大学

個人賞
敢闘賞 リンダ―ライアン雅輝
優秀選手賞 大庭岳輝
新人賞 サンブアンドレ

S_7916676964596


試合予定
 6月3~10日に第68回西日本学生バスケットボール選手権大会が開催されます。初戦は6月5日(火)15時30分から滋賀大学教育学部VS静岡産業大学の勝者と戦います。会場は東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)Aコートです。応援よろしくお願いします。


《バスケットボール部男子》インカレ初戦、神奈川大に惜敗

 11月20日、第69回全日本大学バスケットボール選手権大会・1回戦VS神奈川大が港区スポーツセンター(東京都)で行われた。2年連続44回目の出場となる京産大だったが力を出し切れず惜敗を喫した。
_DSC0753


京都産業大学55-64神奈川大学
第1ピリオド 京産大11-15神奈川大
第2ピリオド 京産大13-19神奈川大
第3ピリオド 京産大15-12神奈川大
第4ピリオド 京産大16-18神奈川大
  合計      55-64

_DSC0774

スターティングメンバー
No.3 髙田颯斗
No.14 川口廉人
No.30 大庭岳輝
No.21 会田太郎
No.38 リンダ―ライアン雅輝
_DSC0697


 関西ビック3を擁し、圧倒的な強さで6年ぶりにリーグ戦を制した京産大は関西王者として今大会に臨んだ。初戦の相手は関東大学バスケットボールリーグ2部で優勝を果たし、創部初の1部昇格を決め勢いに乗る神奈川大。今年春に行われたスプリングキャンプでは神奈川大相手に40点差をつけられ大敗していた難敵だった。
 試合は立ち上がりから神奈川大のペースで進み、京産大は追う展開となる。第1ピリオドは得点を奪えない時間も続くが、No.38リンダ―ライアン雅輝の3Pやゴール下のシュートで何とか相手に食らいつく。しかし第2ピリオドに入ると神奈川大の勢いが増し徐々に点差を離されていく。No.30大庭岳輝のジャンプシュートなどで得点を重ねるも、前半で24-34と10点差をつけられる。No.21会田太郎は「(前半は)インカレ独特の雰囲気にのまれてしまった」というように、パスが通らないなど硬さがみられた。このままでは終われない京産大は後半に入り少しづつ本来の力を発揮する。No.38リンダ―ライアン雅輝、No.21会田太郎がインサイドから得点を奪って点差を詰めていく。さらに第4ピリオドではNo.38辻陸矢がドライブで切り込みシュートを決めるなど怒涛の猛攻をみせ、ついに2点差まできた。しかしその後神奈川大に3Pを決められ、最後まで追いつくことはできなかった。関西王者として臨んだインカレだったが、初戦で姿を消した。
_DSC0813

 

【試合後コメント】
 村上和之監督
「後半に入って(2点差まで)追い上げたところまでは良かった。ターンオーバーが多く、ディフェンスリバウンドを取ることができなかった。東京で長い経験を積ませることができていなかったことにも敗因があると思う。東京で勝つためにこれからもっと考えていかないといけない。(下級生中心のチーム)大庭、川口、ライアンがここ2年間、関東の大学に勝てていないとこをどう思って、今後練習に取り組んでくれるか。」
_DSC0612

_DSC0686


辻陸矢主将
「(神奈川大は春40点差をつけられ負けた相手)春は点差が開いてから全く立ち直れずにずるずると得点を許し負けてしまった。今日はしっかり我慢できたので点差もあまり開くことがなかった。平常心で試合に臨んだつもりだったが、前半は良くなかった。(4年間を振り返って)下級生の頃は怒られてばかりだったが、上級生になり、主将になりチームを引っ張る立場になり責任が出てきた。自分としては大きな自信になったし成長できたと思う。今年は関西で優勝した。来年以降も京産の伝統を維持して行って欲しい。」
_DSC0655

_DSC0769


高田颯斗選手
「神奈川大学は春に40点差でボロ負けした。だからこそ今日は前半、気負いすぎていつも通りのプレーができなかった。最後2点差まで追い詰めることができたのは成長したということだと思う。2年生の3人(大庭、ライアン、川口)は声を出してチームにいい循環をもたらした。来年もインカレに出場しベスト8に入りたい。」
_DSC0632

_DSC0689


会田太郎選手
「昨年のインカレで東海大に大敗してから、関東と関西の違いを痛感した。それ以降は筋トレなどでフィジカル面を鍛えてきた。関東の大学を倒すイメージでやってきた。(しかし今日の試合の)前半はインカレ独特の雰囲気にのまれてしまい、自分たちのバスケットができなかった。最後2点差まで詰め寄った後のディフェンスでノーマークの選手に3Pを打たせてしまった。爪が甘かった。今年はフィジカル以外にもルーズボールや決定力など課題ができて、いい経験ができた。」
_DSC0618


リンダ―ライアン雅輝選手
「関西一位だったから最低でもベスト8までは行きたかった。打倒関東を目標にしていたのにいざ当たると萎縮してしまった。フィジカルとリバウンドが課題に感じた。来年は春のトーナメントからずっと一位でいきたい。」
_DSC0639

_DSC0715


川口廉人選手                                        「後半は競ってて手ごたえを感じたけど、前半は自分たちでリズムを崩してしまっていた。最初の点差が結果に出た。神奈川大はプレースタイルが似ていていいチーム。ただ、僕たちがやりたかったプレーを僕たち以上にされてしまった。個の力では勝てない分、チームとして攻めて守ることを極めていきたい。」
_DSC0725


大庭岳輝選手     
「ただただ残念。それ以外に言葉が見つからない。試合前から手ごたえはあったし、組み合わせを見た時からやってやろうと思った。何より関西一位として勝たなきゃと思った。結果として残せなかったことは悔しい。リーグで一位だったけど、来年に向けてリセットしてもう一度チームを作らなくちゃいけない。時間をかけてチームを作る段階で勝てるように考えなきゃいけない。」
_DSC0709

_DSC0736




_DSC0818









LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ