京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

バスケットボール部

友だち追加

《バスケットボール部》リーグ戦は準優勝。インカレへの決意を胸に。

10月28日、東淀川体育館にて関西学生バスケットボールリーグ戦 最終戦 対近畿大学戦が行われた。勝つか7点差以内の勝利で二連覇が決まる試合だったが、67ー88で惜しくも敗れ、準優勝に終わった。12月に東京都で行われるインカレに向けて再スタートを切る。

DSC_0124


DSC_0723


京産大67{15-24、17-26、16-17、19-21} 88近畿大

出場選手
#3 髙田颯斗
#10 上田隼輔
#14 川口廉人
#17 真鍋良太
#21 会田太郎
#23 サンブアンドレ
#24 大庭岳輝
#38 リンダーライアン雅輝
#90 北條海樹

DSC_0193


DSC_0271


DSC_0598


DSC_0866


試合展開
 第一ピリオド、先制点を近畿大に許す。その後もシュートを許し、主導権を握られるが、髙田と大庭の連続3pシュートで点差を開かせない。残り3分30秒で北條がコートに入るとすぐさまドライブから得点を決め、逆転に成功する。しかしそこから11点奪われ、15-24で終える。第二ピリオド、会田の体を張ったリバウンドから川口が3pシュートを決めるなど粘り強く得点を奪うも、相手の連続3pなどで差が縮まらない。終了間際、サンブがダンクシュートを決め、18点差。第三ピリオド、開始早々またしてもサンブのダンクが炸裂し、会場が沸く。そこからなんとしても流れを引き寄せたかったが、相手の攻撃を止めることができない。19点差で迎えた最終ピリオド。優勝には7点差まで縮めなければいけない。リンダーや北條の得点が決まり、少しずつ追い上げていく。残り3分30秒、大庭がシュートを決め、61ー71。10点差となる。しかしそこから近畿大も得点を重ね、リードを広げられてしまう。残り二分。最後のタイムアウトを要求し、一点でも縮めるべくファウルゲームを選択する。そして最後までシュートを打ち続けるも、試合終了。連覇を目指したリーグ戦は近畿大の三冠を許す形で幕を閉じた。

なお、優秀選手賞を大庭、敢闘選手賞とリバウンド王をサンブが獲得した。
DSC_0138
DSC_0144


試合後コメント
髙田主将「近大に三冠を許したのが悔しい。負けん気の強さが向こうが上だった。今リーグの収穫はベンチメンバーが強くなったこと。一試合10人以上出て、一人20分ぐらいしか出てない試合で20点差つけれた試合がいくつもできた。関東は近大より強いチームがたくさんある。負けん気とかメンタルをまだ強くしないといけない。練習から言っていく。インカレベスト4目指して頑張ります。」

大庭岳輝「最後勝てば優勝という状況で負けてしまって悔しい。(昨年との違い)春以降留学生がきてチームは変わった。まだ(チームとして)答えが出てるわけではない。まだまだのチーム。残り1カ月インカレに向けてやっていきたい。チームはまだまだ完成していないもっともっといいバスケットができるし、まだ留学生をら使いこなせてない。近大はリバウンド、ルーズボールなどボールへの執着心がすごい。(インカレベスト4へのポイント)関東に行けば近大よりももっと上の能力の選手が多くいる。まだディフェンス力も足りない。でもまだまだ伸びしろのあるチーム。
一年生から試合に出させてもらっていて2年連続で初戦負け(インカレで)。まずは1つ勝ちたい。初戦に勝つことができれば、チームも良くなる。初戦が大事。しっかり結果を残せるように。」

サンブアンドレ
「悔しい。近大の方が気持ちが入っていた。ミスも多かった。インカレで大活躍したい。東京の大学はフィジカルもディフェンスもオフェンスも強い。しっかり練習しないと。
(はじめのリーグ戦は)高校とは全然違う。スピードも速いしコンタクトも取る。なによりも冷静にならないといけない。
(インカレに向けて)チームとして、チームのために、個人で100%頑張って、仕事したい。チームのために」

村上監督
「こんなことは思いたくないが、向こうの強気が上だった。近大が王者だった。自分たちも挑戦していったが、負けたくない気持ちがボールを取りに行くときに現れてた。そこで負けた。昨年から新しい挑戦をしてきた。うまくいかないこともあったが、リーグ戦を通して(スタメンが)40分出続けなくてもいいチームを作ることができた。多くの選手に色んな経験を積ませることができた。残り1か月だ、そこで技術だったり、足が速くなるわけではない。「負けない」というチャレンジャーの気持ちを持ってインカレに行きたい。」

丸岡総監督「準優勝は納得できない。18試合戦った選手には申し訳ないが、闘うスピリットが近大が上だった。リバウンドやルーズボールといったどっちのボールになるかわからないときに取れなければ、どんなに上手くても大一番で通用しない。昨年はがむしゃらにやってたが、今年は受けにいった。選手には殻を破ってほしい。関東ではもっと厳しい戦いになる。100%でなくて、120%の力を本番発揮できるか。このリーグは終わってしまったが、インカレでは近大より上にいく。」

《バスケットボール部男子》リーグ戦16勝目!次戦は運命の最終戦!

10月17日、東淀川体育館にて関西学生バスケットボールリーグ戦 対同志社大学戦が行われた。バスケットボール部男子は序盤から試合の主導権を握り、16勝目を挙げた。順位は現在1位。28日の16:40から行われる2位近畿大との直接対決に勝利するか、負けても7点差以内であれば、二連覇が決まる。
DSC_0843明るさup


京産大 95{22-12.28-19.21-17.24-28.}76同志社


出場選手
#1永尾友弥
#2常清哲也
#3髙田颯斗
#10上田隼輔
#14川口廉人
#16川尻政宏
#17真鍋良太
#21会田太郎
#22武原良太
#23サンブアンドレ
#24大庭岳輝
#35横山恵斗
#38リンダーライアン雅輝
#51大西浩平
#90北條海樹

試合展開
 試合開始早々、サンブがシュートを決め、先制するも、その後は両チーム点を交互にとる展開に。均衡状態にあったが、上田が第一ピリオドながら、早くも二回目のファールを取られてしまう。5ファウルのルールがあるために交代を余儀なくされてしまった。予想外の展開であったが、そこで試合の主導権を離さないのが今年のチームの特徴。真鍋、北條が入り、一旦落ち着きを取り戻すと、リンダーが二連続得点、大庭のミドルシュートを決め、10点のリードを取り、第一ピリオドを終える。第二ピリオドは途中出場の川口が5本の3pシュートを決める活躍を見せ、前半を50―31で折り返す。後半、相手がディフェンスを強め、得点が入らない時間があったが、こちらも要所を締め、流れを完全に相手に渡さない。前半のリードを守り切り勝利。16勝目を挙げた。

DSC_0084 明るさup
得点を狙う会田

選手コメント

DSC_0597
髙田主将 「ディフェンスがよかった。ターンオーバーをさせるようにできて、そこで奪ったボールで自分たちが得点できたのだがよかった。優勝に向けてチームがピリッとしてきた。インカレベスト4という目標がある。その前の関西1位をとらなきゃいけない。1巡目で近大に勝てているとはいえ、春負けている。前回のように、強気でいけたらいい。明日、しっかり勝って連覇できるように頑張る」

試合予定
10月28日 16:40~ @東淀川体育館 vs近畿大学 ※有料日

《バスケットボール部男子》関学大にリベンジ!単独首位浮上!

10月24日、枚方市総合体育館にて関西学生バスケットボールリーグ戦が行われた。バスケットボール部は関西学院大学と対戦し、92―65で勝利した。この日、関西大学が、勝ち点で並んでいた近畿大学に勝利したため、京産大は15勝1敗で単独首位に浮上した。

京産大 92 {25-6.22-24.27-22.18-13.} 65 関学大



出場選手
#3 髙田颯斗
#10 上田隼輔
#14 川口廉人
#17 真鍋良太
#21 会田太郎
#23 サンブアンドレ
#24 大庭岳輝
#38 リンダーライアン雅輝
#51 大西浩平
#90 北條海樹

試合展開
 この日の対戦相手は一次リーグでの対戦時に、残り10秒から3pシュートを撃たれ78―79で敗れた関西学院大学。2度同じ相手に負けるわけにはいかない橙軍団は試合開始早々から気迫のこもったプレーを見せる。第一ピリオド、ルーズボールやリバウンドを果敢に取りにいき、自分たちのボールを確実に保持する。大庭やリンダーの得点が次々と決まり、25―6と大量リードを奪う。しかし、第二ピリオド、スティールから相手にゴールを奪われるなど自らのミスから点を取られてしまう。開始2分、17点のリードを持ちながらもタイムアウトで間を置かざるを得ない厳しい展開。その後も相手のペースは止まらず、第二ピリオドは関学の時間だった。ハーフタイムを挟み、気持ちを切り替え迎えた後半戦。ここからはサンブがコートを支配した。高さを活かしたゴール下からの得点はもちろん、アウリープやダンクシュートを次々と決める。サンブの活躍もあり、第三、四ピリオドでリードを確実に広げた京産大。相手の勢いに押される場面もいくつかあったが、第一ピリオドでの大量リードと後半のサンブの活躍により、リベンジを果たした。

試合後コメント
DSC_0918

リンダーライアン雅輝 
「前回の時は勝てるだろうという空気があった。でも今日は絶対に勝ってやるという気持ちでいった。(ルーズボールやリバウンドを激しく奪いに行くシーンが多かったが)“今日は勝ってやろう”という気持ちが前に出ていた結果だと思う。近大が負けたからといって、優勝が決まったわけではない。残り二試合、全勝して優勝する。」

DSC_0801
サンブ アンドレ  この日43得点
「関学に負けた悔しい思いを持って日々練習をした。プレーで監督に言われたディフェンスやリバウンドを徹底した。前回(関学に)やられたことに対してチームが心を1つにしてやれた。自分は言葉よりコートで見せるタイプ。今日以上にいいプレーを目指してインカレを目標にやっていきたい。」

DSC_0112

真鍋良太
「一巡目で負けて、みんながやり返そうという気持ちを持っていた。この数試合は監督に言われていたディフェンスの仕方やエースに対する意識が徹底できていた。(途中交代では)ディフェンスとリバウンドを頑張ろうと思っていたけど、いつも通り。良い成績でこれているから何が何でも優勝。それでもリーグは通過点。インカレを見据えていきたい。」

村上監督
「練習で徹底していた部分を選手がしっかりやってくれた。1Qの入りがうまくいった。けれど気持ちで来た相手に対し、ディフェンスリバウンドなど取り切れないところがあった。今回は大差だったが、1,2点の差の試合になったとき大きくなってくる。優勝が目の前まで来ているので、全員でつかめるようにする。」

試合予定
10月27日 vs同志社大学 @東淀川体育館 17:40~ ※有料日
  28日 vs近畿大学 @東淀川体育館 16:40~ ※有料日

《バスケットボール部男子》リーグ戦も残りわずか。2連覇に向けてラストスパート

関西学生バスケットボールリーグ戦、関西大学戦が10月21日ノーリツアリーナ和歌山にて、大阪学院大学線が22日大阪産業大学にて行われた。首位を走る京産大は両日とも勝利し、首位を維持した。

関西大学戦

京産大 86 [23-12.21-9.21-22.21-20.} 63 関大

 相手は一次リーグ時に試合終了まで形勢が決まらず、ラスト12秒で2点差まで追い上げられるなど、緊迫した試合をした関西大学。その試合の際、「できることができていない。」と村上監督がそう評してから約一か月。リーグ戦が続き、どれだけ成長できたかを示す試合だった。序盤、リバウンドからの速攻が決まり得点を得る。ゾーンディフェンスを固め、相手に自由にシュートを打たせず、確実に自分たちの攻撃をつなぐ。第二ピリオド終了時点で23点のリードを奪う。第三ピリオド、点差が開きながらも、ルーズボールに飛び込むなどガッツのあるプレーがいくつか見られた。9月とは違った雰囲気が見えた。

DSC_0153


DSC_0215



試合後コメント
髙田主将「相手のガード陣がドライブを仕掛けていることを想定して、中のディフェンスの強度を上げてブレイクを撃たせないようにした。なるべく3pを撃たせるようにさせたのがうまくいき、第一ピリオドで流れをこっちに持ってくることができた。チーム状態があまりよくないなりに、だんだん良くなっている。昨年優勝してるので、二連覇できるように頑張りたい。」



大阪学院大学戦

京産大 97 { 23-24.29-22.25-20.20-15.} 81 大院大

 第一ピリオド、序盤から相手が試合のペースを握る。次々とゴール下に相手選手が入り、レイアップを決められてしまう。ディフェンスを崩され、自分たちのペースに持ちきない。しかしながら、3pシュートを大庭が2つ、川口が第一ピリオド終了間際に決め、一点差で第二ピリオドを迎える。そして迎えた第二ピリオド、開始から大庭、川口の3pシュートをまたも決め、29ー28と逆転する。以後、追いつかれるとなく、少しずつリードを広げる。後半戦も流れを渡さず、試合終了。首位を維持した。しかし、前半、ディフェンスを崩された橙軍団。試合後のミーティングの雰囲気はいつもの勝利後とは違ったものだった。

試合後コメント
村上監督「納得できない試合。徹底するべきところができていない。余裕が見える。目標を再認識してほしい。ハーフタイム時にそのことを話した。気持ちのゆとりがプレーの弱さ、ディフェンスの切り替えの遅さにあらわれている。点をとれているからOK ではなくて、相手がオフェンスのチームである以上、向こうのペースになっている。選手に話した。当たり前ができていない。もう少し、メンタリティーが強くならなきゃいけない。(残り3試合)やらなきゃいけないことは決まっている。しっかり準備して、選手と一丸となって、優勝しなければ意味がないので頑張っていく。

DSC_0102


DSC_0065


DSC_0042


今後の試合予定
24日 18:30~ vs関西学院大学 @枚方市総合体育館
27日 17:40~ vs同支社大学 @東淀川体育館 ※有料日
28日 16:40~ vs近畿大学(最終戦) @東淀川体育館 ※有料日

《バスケットボール部男子)秋リーグ前半戦1位通過!

10月6日、近畿大学記念会館にて関西学生バスケットボール リーグ戦 大阪学院大学戦が行われ、京産大は98-53で勝利した。この日、リーグ戦の前半戦全日程が終了し、近畿大と勝ち点で並んだが、直接対決で京産大が勝利していたため、1位で後半戦に挑むことになる。



DSC_5287
ゴール下に飛び込む髙田主将

DSC_5265
得点を狙うサンブアンドレ

DSC_5410
チャンスを伺う川口

筆者から見た前半戦
 秋リーグの前半戦ハイライトはまさしく9月24日の近畿大学戦だろう。春の関西選手権、西日本選手権の両決勝で敗れた相手に85ー78で勝利した。村上監督が「気持ちが見えるプレーがあった」と語ったように、第四ピリオド残り20秒で2点差に追い上げられながらも、執念で勝ち切ったこの試合はまさしく夏の成果が表れた試合だろう。
 一方で、その翌週の関西学院大学戦でまさかの黒星を喫する。試合終了間際、連続3pシュートを撃たれての1点差での敗戦。この敗戦を受けて、勢いが止まるかに思われたが、6日の大阪学院大学戦に勝利し、8勝1敗で前半戦を終了した。
 前半戦の強さの要因はどこにあるのだろうか。理由を挙げるとすればチームの層の厚さだろうか。5ファウルのルールから、スタメンの人間が4ピリオドすべての時間、コートに立つことが難しい。選手交代が頻繫に行われるバスケにおいて、途中出場の選手の活躍が重要になる。京産大は試合に出る人間が、その都度自らがやるべきプレーを行うことにより、一試合を通じて主導権を握ることができるのだろう。昨年の得点王に大庭、アシスト王に髙田が輝いたが、現時点では、同ランキングのトップに近大の選手の名が入る。「タレント集団」と称されることも多い橙軍団ではあるが、今リーグは個人賞ランキングに現れないところに勝因がある。

村上監督
(大院大戦は)関学に負けてから最初の試合。負けたゲームのあとどうやるかを選手に話した。(この前半戦は)春負けた近大に勝てたが、そこで自分たちの弱いところが出た。自分たちは強いと思ってしまい、関学に負けた。相手がどうこうでなく、自分たちのバスケをすることが大事。この時期にこういう経験ができたのは良い意味で大きい。一戦一戦チーム力を高めてやっていく。

丸岡総監督
選手たちは春負けた近大に勝つことができ、力がついてきている。しかし、その次の試合で負けてしまうのはまだ絶対的な強さが無いということ。そこを受け止めて、もう一段上に行かなきゃいけない。あとは戦略どうこうではなく、コミュニケーションなどのチーム力。毎試合、100点の内容ができる訳ではないが、それに近いゲームを続けられるか。

今後の予定
7日 vs大阪教育大学 16:40~
8日 vs大阪産業大学 16:40~
両日ともに近畿大学記念会館

《バスケットボール部》 リーグ戦開幕!二連勝スタート!

関西学生バスケットボールリーグ戦、大阪教育大学戦が9月1日、同志社大学戦が2日、流通科学大学にて行われた。二連覇を目指す京産大は二連勝し、開幕から好スタートを切った。

DSC_0467



大阪教育大学戦

スタメン
#3 髙田颯斗
#10 上田隼輔
#21 会田太朗
#24 大庭岳輝
#55 田中亮

京産大 125-82大教大
第1ピリオド 23-14
第2ピリオド 31-9
第3ピリオド 25-20
第4ピリオド 46-15

 秋リーグの初戦、トーナメント方式のような一発勝負の怖さはないが、優勝を目指すチームにとっては開幕戦は今後の流れを占う大切な試合である。その試合で、チームは立ち上がりから、勢いに乗る。試合開始早々、会田が2点シュートを決めると、一度も相手に追いつかれることなく、第1ピリオドを終える。第2ピリオドでは川口、北條の3pシュートが次々と決まり、31得点の猛攻を見せる。後半戦も京産大ペースで試合は進み、43点差と大差をつけての勝利となった。

コメント
村上監督
 西日本選手権で負けた後、なぜ負けたのかを考え、ボックスアウトやルーズボールに対するプレーなどボールへの執着心を高めてきた。今日の試合では、まだやらなきゃいけないことが見えたが、リーグ戦の初戦として、オフェンスでの向かっていく姿勢など戦う姿が見えた。

DSC_0384
シュートを放つ北條選手

DSC_0399
ゴール下から得点を決める会田選手


同志社大学戦

スタメン
#3 髙田颯斗
#10 上田隼輔
#21 会田太朗
#24 大庭岳輝
#55 田中亮

   京産大 94-82 同大
第1ピリオド 25-12
第2ピリオド 23-18
第3ピリオド 25-29

 相手の同大は昨年のリーグ戦で1部昇格を勝ち取り、前日に昨年2位の大阪学院大学を破るなど勢いのあるチーム。試合開始直後、会田の連続得点などでリードを奪うものの、同点に追いつかれてしまう。しかし、京産大は相手の逆転を許さず、要所要所で勝負強さを見せる。大庭の3pシュートで勝ち越すと、そのままの勢いに乗り、25-12で第1ピリオドを終える。第2ピリオド以降も、何回か相手に流れが行きかけるが、集中力を切らさず、リードを守り切り、94-82で開幕二連勝を果たした。

DSC_0546
敵陣に攻める永尾選手

DSC_0588
得点を狙う川口選手

DSC_0760
突破口を窺う髙田選手


試合予定
9月8日 vs関西大学 17:40~  
9日 vs流通科学大学 16:40~
両日ともに京都産業大学での開催です。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ