京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

バスケットボール部

《バスケットボール部》古豪京産大 再び!

京産大は、平成28年度関西学生バスケットボール リーグ戦において、10月16日、15連勝中の関西学院大学を相手に94‐60で勝利した。

スターティングメンバー
#5伊藤 賢人
#7辻 陸矢
#14川口 廉人
#30大庭 岳輝
#38リンダ―ライアン 雅輝

1Q
 リンダ―ライアンのシュートで先制し、それを機にオフェンスの勢いが爆発した京産大。続く#7辻、#30大庭のシュートで一気に12点を連取し、王者関学大を圧倒した。それに対し、関学大がタイムアウトをとり、以降は徐々に点差を縮め始めてきたものの、18-13の京産大リードで終える。

DSC_3549

スリーポイントを打つ#7 辻


2Q
 持ち味のオフェンスの爆発力を生かし、序盤から攻めの姿勢を見せる京産大。#14川口が得意の3ポイントシュートを決めると、さらに勢いは増し、点差を広げ45-28と17点リードし、前半を終えた。

DSC_3568


#14 川口のスリーポイント
3Q
 前半の疲れを見せない京産大。さらに勢いをつけ、点差拡大を狙う。しかし、京産大のファウルが目立ち始めると、隙をついた関学大は点差を縮め始めた。この流れに危険を感じた京産大はタイムアウトをとり、相手の勢いを止めた。そのまま点差を縮めさせず67-47でこのクォーターを終える。
DSC_3649

気合を入れなおすメンバーたち
4Q
 最後まで勢いを見せる京産大は、一年生コンビの#30大庭、#38リンダ―ライアンを中心に激しい点の取り合いが続いた。関学大も勢いを見せるがそのまま点差を守りきった京産大。94-60で終え、今季15連勝の関学大に唯一の白星をあげた。
DSC_3563

#38リンダーライアンのシュート
DSC_3540

チーム1のポイント数を誇る#30大庭


京産大ー関西学院大学
  18-13
  27-15
  22-19
  27-13

  94-60


村上監督
試合前にチャンスはあるといっていた。チームスポーツなのでタレント抜きでも戦えることを証明してくれた。明確に個々の役割を果たすことが大事。一次リーグの時はその点が適当になっていた部分があった。気持ちの面が大きい。1年生が元気がいいが学年関係なく責任を果たすことが大事だ。1年生は高校と大学の差をどう埋めていくか考えていく必要がある。今日の試合でインカレは決まったが、残り試合も大事にして次に繋がる試合をしたい


丸岡総監督
一次リーグは6点差で負けてしまっていた。戦前から関学は強いという周りの評価にビビっており、受け身だった。こっちが1年生3人ということもあって。彼らが二次ではやることをやっていき、戦えるという気持ちになっている。向かっていく気持ちが芽生えた。チーム力もあがりいい意味で自信になっている。二次リーグは現在6勝1敗だが、やるべきことをやった結果だと思う。残り2試合を確実にとり、次は関東を相手にどこまでやれるかを目標にしたい


試合の様子
DSC_3603

DSC_3611

《バスケットボール部男子》西日本で早くも姿を消す

 
 京産大は、第65回西日本学生バスケットボール選手権大会において、6月10日の大阪体育大学を相手に102-79で勝利し、翌日の東海大学九州との戦いに臨んだ。



スターティングメンバー
#3高田颯斗
#6井林宥輔
#8森岡裕大
#37大西孝信
#55小林礼秧 cap


1Q
 9:07に東海大学九州にシュートを決められ先制される。しかし、京産大も高田からのパスを受けた小林がしっかりと決め、すぐさま同点に追いつく。この後も両チームの、一進一退の攻防が続いていく。
第1Q終了間際に、森岡がシュートを決め、21-20となんとかリードして、終える。

2Q
 2Qに入っても両チームは、シーソーゲームを展開していく。9分13秒に相手の3Pシュートで逆転されるが9分02秒には大西からの鋭いパスを受けた森岡がファールを受けながらシュートを決め、その後のフリースローも決め、24-23とする。
 相手のディフェンスを崩し切ることができない京産大は、逆にディフェンスの時間が増えていった。それでも、39-37と2点リードして前半を終える。

DSC_0980

 必死のディフェンスをする#37大西

3Q
 気を引き締めなおし、リードを広げていきたいところだったが3Qに入ると、相手のシュートが次々と決まりだしていく。逆転された京産大は、3分30秒に井林のシュートを皮切りに3連続得点し、48-56と追いすがっていった。しかし、10点のリードされ、52-62でこのクォーターを終える。

DSC_0957

 #7野末がドリブルで攻める

4Q
 ここで負けるわけにはいかない京産大は、積極的にシュートを放っていく。しかし、それ以上相手のシュートが決まり、次第に点差を離されていった。20点差となったところで、試合終了となり京産大にとっての西日本大会が終わった。


京産大ー東海大学九州
   21-20
   18-17
   13-25
   12-22

   64-84



村上和之監督
 あまり戦うことのない相手ではあったがシュートが良く入るチームだというのは、わかっていた。それでもこちらの優位性もあると思っていた。トランジションのチーム同士だと思っていたので、負けないようにしようということを試合前に伝えていた。
 相手がゾーンをしてきた時から慌てた部分がある。それと、リバウンドをやはり取ることができなかったことが良くなかった。うちのオフェンスは、ゾーンをされたときに、受け身になってプレーしてしまうところがある。もっと普段からチームプレイを作り上げていかなければならないと思う。それと、シュートの確率を高めていくこと。リバウンドも普段の練習からやっていくしかない。





1試合目の大阪体育大学戦の様子
DSC_0749


DSC_0829

《バスケットボール部》昨年の王者を前に、準決勝で姿消す

5月3日に東淀川体育館において第42回関西学生バスケットボール選手権大会が行われた。
前日の天理大学との試合で勝利した京産大は昨季3冠を果たしている絶対的王者の近畿大学と対戦した。


スターティングメンバー
#3高田颯斗
#6井林宥輔
#8森岡裕大
#37大西孝信
#55小林礼秧 cap

DSC_0550

試合開始時のジャンプボール

1Q
試合開始直後から近大にペースを握られ、相手の留学生を中心としたバスケで京産大のディフェンスがなかなか機能しない。7分15秒に3‐10となったところで、京産大は苦しくなりタイムアウトを取る。この後は、井林のシュートや小林の3Pシュートなどで、9‐12として追い上げた。
 しかし、近大にシュートを確実に決められ、11‐27と16点のビハインドで終える。

DSC_0612

相手にブロックされる森岡

2Q
 なんとか逆転への糸口をつかみたい京産大だったが、相手のインサイドを中心としたオフェンスを止めることができない。7分24秒に13‐36となったところで、京産大はたまらず前半2回目のタイムアウトを取る。
 第2Qは、大西のドライブや井林のミドルシュートで反撃するも思うように点差が広がっていかない。前半を終えて、25‐53と更に点差を広げられた。

DSC_0618

小林がディフェンスの隙を探す

3Q
 京産大のディフェンスから始まった後半戦だったが、9分40秒に小林の3Pシュートが決まり良い流れで試合が動いていく。さらに、森岡や井林などを中心に相手へと喰らいついていく。
 近大のオフェンスをなかなか食い止めることは出来ないが、京産大もいよいよ反撃の狼煙を上げ始めた。第3Qを46‐70で終える。

DSC_0626

厳しい態勢で打たされる井林

4Q
 点差は離されているが最後に意地を見せたい京産大は、前のクォーターの勢いそのままに、小林のミドルシュートなどで、得点を重ねていく。
 しかし、4分09秒に森岡のファールアウトでインサイドでの攻撃が弱くなると徐々に京産大の勢いも弱まっていった。
 試合終了間際に武藤や真鍋のシュートが決まり京産大は盛り上がるも、試合終了のブザーが無情にも鳴り響き、61‐86で京産大は敗れた。

 京産大ー近大
    11-27
    14-26 
    21-17
    15-16

    61ー86

京産大は高い壁を超えることができず、準決勝で姿を消した。

丸岡祥人総監督
 チームとしての対策は、注目選手である留学生が居るということで、外へと引っ張り出して、居ないところで攻めるという対策はあった。
 しかし、戦う気持ちが足りていなかったことがこの試合の問題点。久しぶりにベスト4だということや観客が多いということなどで違うところに気持ちが行ってしまって、無心でいけなかったのではないか。
 また、西日本大会ではベスト8のところまで行けば、近大と戦うことができるので、まずはそこまで行きたい。このチームの課題は、向かっていく気持ち。

小林キャプテン
 試合開始時からチャレンジャーな気持ちで相手へと向かっていくことができなかった。監督には、気持ちで負けていると言われて、後半は、やるしかないという気持ちだった。良いときは良いが悪いときは、自分たちが気づいた時には試合が決まってしまっているという感じ。西日本大会では、ベスト4を懸けて戦うトーナメントで近大にリベンジできたらと思っている。






《バスケットボール部》 気持ちを前面に出し、天理大に快勝

 5月2日(土)に東淀川体育館において第42回関西学生バスケットボール選手権大会の準々決勝が行われ、京産大は、天理大学と対戦した。


スターティングメンバー
#3 高田颯斗
#6 井林 宥輔
#8 森岡祐大
#37大西孝信
#55小林礼秧 cap

京産大は、4試合連続で同じスタメンとなった。

1Q
 9分13秒に大西のレイアップシュートが決まり、京産大が先制点を取る。ディフェンスでは、相手の留学生を相手にしても集中力を見せて仕事をさせない。京産大は、井林のインサイドでのシュートや大西のドライブなどで積極的に相手陣内へと攻め込み良い流れをつかむ。
 1Qは相手のミドルシュートがなかなか決まらないこともあり、このまま流れは変わらずに24‐8と16点のリードをつける。

DSC_0520

相手留学生に対してのディフェンス

2Q
 相手の攻撃から始まった2Q。どちらも激しいディフェンスでなかなかスコアが動かない時間帯が続いていく。7分を切る頃になると相手に連続で3Pを決められるということなどもあり、京産大にとって苦しくなっていった。さらに、相手に連続でシュートを決められ、一時は4点差まで詰め寄られる。しかし、京産大は高田などのシュートを決め返し、点差を離していく。
 2Q終了間際には大西が相手にアンスポーツマンライクファールを受けるということもあり、不安な内容となるも9点リードの38‐29で終える。

DSC_0522

心を一つにする京産大

3Q
 ハーフタイムを挟んで、気持ちを入れなおした京産大は、キャプテンの小林が積極的にオフェンスリバウンドを拾い攻撃の機会を何度も作る。そして、森岡がインサイドでのシュートを確実に決め、点差を離していく。そして、ディフェンスの面でも相手が幾度とドライブで攻め込むも堅いディフェンスで反撃を食い止めていく。しかし、終了間際には、相手にバスケットカウントを許し、良い流れで終わることはできない。3Qを11点リードの57‐46で終える。

DSC_0507

相手のシュートをブロックする

4Q
 前のクォーターを思わしくない形で終えた京産大は、相手の積極的なオフェンスを止めることができず、徐々に点差を詰められていく。しかし、勝利したい京産大は相手にシュートを打たれた後にディフェンスリバウンドをしっかりと拾い速攻へとつなげていく。さらに、野末などのシュートで相手を突き放し、82‐61で京産大が勝利。

DSC_0548

辻がドリブルで攻め込む

最終的には20点差をつけ、準決勝進出を決めた。

京産大ー天理大
   24-8
   14-21
   19-17
   25-15
   
   82ー61



村上和之監督
 選手たちは、オフェンスを良く頑張ったと思う。勝因は、みんなの気持ちがいい方向にいったことだと思う。ディフェンスは、しんどい時にも最低限のことをしっかりとしていかないといけない。一時は、4点差まで詰め寄られたこともあったので。
 次の戦いへ向けては、近大ということもあるので、チャレンジャーな気持ちを持って、胸を借りるつもりでやっていくだけ。

小林キャプテン
 相手のビデオを見て、ブレイクに弱いのがわかっていた。自分たちは気持ちを出して戦うことができたので、1Q目の得点差が離れたのは予想できた部分もある。
勝因は、チームでプレーしていくという気持ちが出たのが良かった。監督さんやOBの方にも言われたが、気のゆるみが出てしまったのでそうならないようにしたい。
 次の相手は、近大で今日の試合より上手い留学生がいるからそこをどう止めるかがキーになると思う。気持ちでぶつかっていきたい。

《バスケットボール部》 接戦を制し、ベスト8進出

 4月26日に近畿大学記念会館において第42回関西学生バスケットボール選手権大会が行われた。前日の25日に勝利した京産大は、順位決定戦が行われる東淀川体育館行きの切符を懸けて立命館大学との戦いに臨んだ。


スターティングメンバー
#3高田颯斗
#6井林宥輔
#8森岡裕大
#37大西孝信
#55小林礼秧 cap


1Q
 ジャンプボールを制し、京産大のオフェンスから始まる。味方からパスを受けた小林は、ミドルシュートを決め、幸先良く先制する。
 しかし、このクォーターの流れをなかなか掴むことができず、4分52秒にゴール下でファールを犯してしまう。京産大は、ここで堪らずタイムアウト。その後、フリースローを相手に2本とも決められ、この時点で4-15、不穏な空気が漂う。
 見せ場をあまり作ることができずに、このクォーターを12-24で終える。

DSC_0321

#37大西が攻撃を組み立てる

2Q
 2Q開始時から、何度も良い流れでシュートを放つがなかなか決まらない時間が続く。
 しかし、5分18秒に京産大にとって流れを変えるシュートを頼れる京産大のキャプテン小林が決める。これで勢いづいた京産大は、ここから怒涛の攻撃を仕掛け、5連続得点で22-30と相手に追いすがっていく。残り3分ほどの時間になるときには、井林や#9坂井などのインサイドでの攻撃によって相手はチームファールが5つたまる。この好機を攻め込んだ京産大は、ファールを受けて得たフリースローを確実に決めていく。このクォーターで追いつき、逆転は出来なかったが、32-34と2点差となった。

DSC_0349

インサイドで勝負する#9坂井

3Q
 10分のハーフタイムを挟み、逆転への気持ちを一つにした選手たちは、前のクォーターの勢いそのままに相手へと向かっていく。
 ボールを回しながら隙をうかがっていた京産大は、8分30秒に高田の3Pシュートで逆転。このシュートをきっかけに小林や坂井などのシュートで次々と加点を続け、3分53秒に48-38となったところで相手は堪らずタイムアウト。
 このクォーターで50-41と逆転に成功し、最高の雰囲気で終える。

DSC_0374

速攻を仕掛ける#3高田

4Q
 このまま点差を離す展開に持ち込むかと思われたが、勝利への気持ちを捨てていない相手は、必死に喰らいついてくる。
 開始早々から相手の3Pシュートなど立て続けに決められ、52-53と逆転を許してしまう。しかし、ここで負けるわけにはいかない京産大は、またしても高田の3Pシュートで再逆転。さらに大西のミドルシュートなどで突き放しにかかるが相手も粘り強くついてくる。それでも残り23秒で大西の3Pがネットに突き刺さり、試合を決定づける。
 必死のディフェンスで相手の追撃をかわした京産大が、72-69で勝利した。
 
DSC_0401

#55小林が正確なシュートを放つ

京産大ー立命大
   12-24
   20-10
   18-7
   22-28

  72-69
   
最後まで手に汗握る接戦を制したのは、京産大。5月2日に行われる準々決勝に駒を進めた。


試合後のコメント
・小林キャプテン
 1Qで流れが良くなかったのは自分たちはインサイドが強みのチームにも関わらず、アウトサイドでの攻めになってしまっていた。また、相手にしっかりとシュートを決められていったことでディフェンスでの気持ちが下がっていった部分があった。
 2Q目では、インサイドにボールを預けてからの攻めにできた。自分たちの方が身長が大きいこともあり相手とミスマッチになって優位に進められた。相手からファールを誘ってフリースローをもらえた。それに、ディフェンスが良くなったことも劣勢から相手に詰め寄れた要因だと思う。 途中から相手がゾーンディフェンスだったので相手の間を割っていく気持ちでいった。
 次へ向けては、今日みたいな試合をしていても次は勝てない。これからの相手は、自分たちよりも昨年の段階で格上の相手になっていく。チャレンジャーな気持ちを持って、全身全霊でぶつかっていきたい。
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ