京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

ハンドボール部

《ハンドボール部》リーグ制覇で3季ぶり1部復帰!!

 関西学生ハンドボール秋季リーグ戦2部最終戦関西福祉科学大学戦が京産大で10月8日、行われた。前半からリードを奪うとその後も得点を重ねて勝利。リーグ優勝を果たし3季ぶりの1部復帰を決めた。

_DSC0228


 スタメン
 キーパー 松下和徳(3年=九州学院)
 ポスト  伊藤大輔(3年=近江兄弟社)
 センター 角田皓亮(3年=岩国工業)
 右45  中西一将(1年=九州学院)
 左45  市山貴大(4年=岩国工業)
 右サイド 橋本大規(2年=九州学院)
 左サイド 石川幸樹(4年=近江兄弟社)

 昇格争いをしていた立命館大の成績により試合前に1部昇格は確定していたが勝ちにこだわった。試合開始早々に橋本が先制点を挙げると、市山、中西を軸にリードを奪い前半10分の時点で6-2。同18分に同点に追いつかれたが伊藤のシュートが刺さり突き放す。同22分からは失点をゼロに抑えて13-9で試合を折り返した。前半で角田が6得点と好調をアピール。
 後半は思った以上に点差を離せない状況が続くが主導権は握らせなかった。この日は松下が好セーブを連発。相手の流れを断ち切り逆に引き寄せた。後半19分に主将・石川のシュートで6点差に広げ勝利を決定づけた。6点差のまま28-22で試合終了。1年半にわたる2部でのプレーに終止符を打った。
 来季から1部参加校が増える関係で今季は入れ替え戦がなくなったが来季、下位に甘んじると入れ替え戦に回る可能性は十分にある。個々の能力は高いだけにインカレ出場を現実的な目標としたい。

京産大28-22関西福祉科学大学
前半13-9
後半15-13

_DSC0012

_DSC0031

_DSC0033

_DSC0159

_DSC0234

_DSC0133


コメント
井上朋広監督
「入れ替え戦がなかったことで緊張感に欠けてしまったのは否定できない。春より失点が多いこととして表れた。1部にいたころから1年半あいて1、2年生はほとんど1部の舞台を知らない。1年半2部でプレーをすると1部がどういうプレーをしてくるか予想も出来ない。自覚と思考力が必要。入れ替え戦には回したくない。1部にいることがインカレ出場の前提条件になる。選手全員に期待をしている。選手たちがどこまで目指すかをハッキリさせないといけない」

北尾光隆コーチ
「ようやく1部復帰という感じ。相手がもっと積極的に来るかと思っていたけど、思ったほどではなかった。能力はあるからそれを出せるか。やろうと思えば上に行けるだろうし、やらなければ下に落ちる。部員の多くがどう思うかが重要になる」

石川幸樹主将
「上がれたことはほっとしている。3年生以下には来年以降インカレに出場してほしい。新チームの切り方がよくないとチームとして波に乗れない。個人の目標に対する意識がはっきりするとチームとしてまとまる。自分たち4年生は最初から2人しかいなくて不安でしかなかった。しっかりしているタイプでもないから3年生以下に助けてもらった。チームをまとめるのは難しかった。やり残したことなないかと言われるとうんとは言えない。けれど、今の一番いい形(1部昇格)をチームに残せた」

市山貴大選手
「。3年生に支えられて1年間やってこれた。引退するという実感はまだわかない。立命大戦で引き分けたことはすこし心残り。今年は4年生が二人だけでほぼレギュラーは残る。来年は1部上位に行ってほしい」

《ハンドボール部》立命大に痛恨のドロー 1部昇格は最終戦にお預け

 関西学生ハンドボール秋季リーグ戦2部第5戦対立命大戦が佛教大学で9月24日、行われた。前半を12-8とリードして終えたが、後半に入り猛追され20-20とまさかのドローとなった。

DSC_2450
チーム最多得点を挙げた角田

 スタメン
 キーパー 松下和徳(3年=九州学院)
 ポスト  伊藤大輔(3年=近江兄弟社)
 センター 角田皓亮(3年=岩国工業)
 右45  中西一将(1年=九州学院)
 左45  市山貴大(4年=岩国工業)
 右サイド 橋本大規(2年=九州学院)
 左サイド 石川幸樹(4年=近江兄弟社)

 ここまで4戦4勝と1部昇格に向けて順調に勝ち星を重ねていた。この試合に勝てば1部昇格が確定するため、なんとしても勝たなければいけない試合だった。ポイントゲッターの一人、近藤大樹(3年=関大北陽)が前日の練習で負傷し欠場。代わりに中西がスタメンで出場した。
 開始1分で角田が先制に成功。その後はジリジリと点差を開けていった。前半20分には松下が7mスローをセーブする活躍を見せ12-8で試合を折り返した。
後半2分からは4連取。7点差にまで広げ勝利は確定的かと思われたが、相手に4連取を許すと、さらに点差を積み重ねられる。京産大は15分間でわずかに2点しか決めることが出来ず、後半29分過ぎにはついに逆転を許してしまった。試合終了直前に角田が1点を返して何とか同点に持ち込んで試合終了。1部昇格は最終戦に持ち越しとなった。

コメント
角田皓亮選手
「後半にもっと攻めればよかった。くやしいし、負けよりもすっきりしない。最後に甘さが出てしまった」

DSC_2388

DSC_2435

DSC_2473

DSC_2483

DSC_2511

DSC_2354



次戦は10月8日、京産大で関西福祉科学大学戦。勝てば1位で1部昇格が決まる。11時15分試合開始。

《ハンドボール部》九州学院出身選手攻守で活躍!リーグ3連勝!!

 関西学生ハンドボール秋季リーグ戦2部第3戦対大阪大戦が大阪大学で9月16日、行われた。前半を1点リードで終え、後半に入るとさらに得点を追加。24-16でリーグ3勝目を挙げた。

DSC_0861


 大阪大は春季リーグで後半に2点差で逆転勝利を納めた相手。今回も互角の戦いが予想された。先制点を挙げたのは京産大。前半2分、中西一将(1年)が左サイドからシュートを決めた。4分に1点を返されたが、16分までに3点を追加して4-1とリードを広げた。しかし、その後は7分間にわたり無得点。その間に大阪大に追いつかれ4-4。前半23分から再び得点を重ねたが食い下がられ8-7で前半を終えた。後半は立ち上がりから失点を許してしまう。前半5分までで京産大が2得点に対し、大阪大は5得点。瞬く間に逆転を許した。後半12分に橋本大規(2年)が逆転ゴールを決めると波に乗った。後半20分から怒涛の5連続得点。大阪大のシュートも連携の取れた守備とGK・松下和徳(3年)の好セーブで防ぎぎった。着実にリードを広げていき、24―16勝利。リーグ戦最少失点で3勝目を挙げた。今回の試合は九州学院(熊本)出身の松下と橋本の活躍が光った。

得点ランキング上位
橋本大規(2年) 7得点
近藤大樹(3年) 5得点
石川幸樹(4年) 3得点
角田皓亮(3年) 3得点

コメント
松下和徳選手
「今日は相手のミスが多かったから、(失点という面では)ディフェンスの完成度はイマイチ。それでも春に比べるとディフェンスはよくなっているし、そのおかげでゴールも守りやすい。大阪大は春が僅差(20-18)だったから1点が重くなる。止めれるものは全部止めようと思った。これまでの3戦とも力を出し切れていない。残りの試合は3戦とも力を出し切って1部でも通用する実力を身に付けたうえで、昇格したい」

橋本大規選手
「1、2戦目が相手に合わせた試合だったから、今回はボールカットなど相手の一つ前を行く試合展開を意識した。そこを狙った結果が失点の少なさに繋がったんだと思う。セットオフェンスの得点率が低いのは課題。後半の立ち上がりから踏ん張らないといけない。全勝を目標にしているから相手の勢いを跳ね返すような実力が必要」

DSC_0818
DSC_0834
DSC_0852
DSC_0856
DSC_0864
DSC_0910
DSC_0952
DSC_1001

《ハンドボール部》大量失点を許し敗北 1部復帰ならず

 5月20日に2017年関西学生ハンドボール春季リーグ戦1部2部入替戦対桃山大戦が桃山大体育館で行われた。

DSC_0008


スタメン
 キーパー 松下和徳(3年)
 ポスト  伊藤大輔(3年)
 センター 角田皓亮(3年)
 右45  近藤大樹(3年)
 左45  市山貴大(4年)
 右サイド 橋本大規(2年)
 左サイド 石川幸樹(4年)


 勝てば昨年春以来2季ぶりの1部復帰が決まる大一番。絶対に負けられない試合だった。試合開始後に2失点を許すが、4連取で4-2とリードを奪う。相手に再び3連取されて4-5とされるとその後は、点差を詰めることが出来ず1点を追いかける展開になり、前半を15-16で終えた。1点差ならまだ終える範囲。後半に逆転を望んだが、守備が機能せず、ミスを多発。一時は5点差まで広がってしまい、試合終了時には28-31と30点台の大量失点。今季、「守備」を武器にリーグ戦で全勝を手にしたチームにとっては惨敗とも言える結果だった。
 2部では勝てても勝負所になると、相手のペースに飲まれてしまう。今回の試合はそのようなチームとしての未熟さが垣間見えた。秋季リーグではなんとしても1部復帰を。その前に行われる西日本インカレで復活の糸口をつかみたい。
DSC_0016

DSC_0028
DSC_0034
DSC_0046
DSC_0103
DSC_0153

《ハンドボール部》あと1戦を残して2部優勝確定!入替戦で意地を見せろ!

5月4日に2017年関西学生ハンドボール春季リーグ戦2部5試合目対立命大戦が立命大衣笠キャンパス体育館で行われた。

DSC_0192
最多得点を挙げた橋本

 スタメン
 キーパー 松下和徳(3年)
 ポスト  伊藤大輔(3年)
 センター 角田皓亮(3年)
 右45  近藤大樹(3年)
 左45  市山貴大(4年)
 右サイド 橋本大規(2年)
 左サイド 石川幸樹(4年)


 ここまでの4戦を全勝で終え、勢いに乗る。今回の立命大戦で勝てば1試合を残して優勝が決まる大一番だった。最初に勢いに乗ったのは京産大。市山の先制点から橋本が2連続で得点を挙げ、開始10分の時点で3-0。一けた失点で快勝かと思われた。しかし、11分に相手にゴールを決められるとじりじりと点差を詰められる。25分には同点に追いつかれたが、そこから4連続でゴールを奪い12-8で試合を折り返した。後半はいきなり失点を許したが、取り返して相手を寄せ付けない。後半4分から5連続得点を挙げるが相手に3連続で得点を許し食い下がられる。17分から25分はわずか3得点だったが、この間の失点を0にして持ちこたえ、勝利を果たした。
 今回の勝利により、1試合を残して2部優勝が確定。入れ替え戦に臨むことが決まった。前試合の京大戦では一けた失点に抑えたが今回は20点近い失点を許し、理想とする守備の形が出来なかった。また、相手が退場で数的有利になった状態から点差を詰められるシーンもあり、課題が徐々に見えてきた。2週間後に控える入れ替え戦。何としても負けられない。そのためにも次の龍谷大戦でチームが目指すプレーを体現して入れ替え戦に臨みたい。

DSC_0180

DSC_0198

DSC_0224

DSC_0245

DSC_0308

DSC_0293




コメント
井上朋広監督
「しっくりとこない内容。選手たちは負けないと思っていたはず。序盤に点差が開いた時点で相手に負けないと実感して単純に勝つ試合にしてしまった。1部を見据えるなら納得はいかない。悪いなりにも力にはなっていると思う」

北尾光隆コーチ
「コートを右往左往してしまった。これでは相手の思惑通り。自分たちはそうはさせたくなかった。速攻よりも成功率の高いシュートを打つことが大事。守備に関しては相手に振り切られる場面があった。次戦の龍大戦では入れ替え戦を見据えて1桁失点のイメージをもたないといけない」

石川幸樹主将
「入れ替え戦出場で1部復帰が目標。そのためには全勝が大前提となる。昨年秋に負けている相手で昨年とは逆の立場(昨年は立命大が全勝。今年は京産大が全勝)。落とせない試合だった。いかに相手のシュートを減らせるかを意識した。相手は速攻のチームだけどうちは正反対のチーム。相手のペースに乗らないようにした。次の試合に向けて内容を突き詰めていきたい」

橋本大規選手
「昨年秋に立命大と対戦して自分はその大事な場面でシュートを外すことが多かった。2回生は自分だけなので下級生代表として元気を出そうと思って引っ張った。入れ替え戦で桃山大と同じペースでやるとうまくいかない。遅攻でこっちのペースに持ち込んで勝利したい。そのためにも龍大戦で良いイメージを。入れ替え戦では7得点くらいを目安にしてチームに貢献したい」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ