京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

ラグビー部

友だち追加

《ラグビー部》田畑復活劇!立命大に勝利。

6月9日(土) 皇子山運動公園陸上競技場にて第17回滋賀県ラグビー祭が開催された。先制を許すもなんとか自らの形に持って行き、得点を重ね45-21で勝利を飾った。
DSC_0370

DSC_0364

メンバー
1.岡留圭吾(4・常翔学園)
2.宮﨑達也(4・伏見工業)
3.松本幸志郎(4・東福岡)
4.上田克希(4・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3・札幌山の手)
6.戸井祐一(4・常翔啓光)
7.横山尚樹(4・常翔啓光)
8.フェインガ・ファカイ(3・日本航空石川)
9.廣田 瞬(1・天理)
10.山内凌雅(3・関大北陽)
11.藤野毅郎(4・流経大柏)
12.田畑凌(4・報徳学園)
13.中村悠人(3・東海大福岡)
14.寺崎栄一郎(4・長崎海星)
15.栢本 光(3・天理)
16.吉田泰助(3・石見智翠館)
17.金勇一(4・大阪朝鮮)
18.平野叶翔(1・西陵)
19.谷山泰信(4・東海大福岡)
20.渡邊晃士(4・天理)
21.永井陸(3・洛北)
22.赤松慎司(4・尾道)
23.外山翔平(3・府立摂津)
24.豊田秀介(4・大産大付属)
25.笹岡海斗(1・京都成章)

前半5分 立命館 トライ/ゴール成功 0-7
前半25分 寺崎トライ/栢本ゴール成功 7-7
前半31分 ファカイトライ/栢本ゴール成功 14-7
前半34分 田畑トライ/栢本ゴール成功 21-7
前半40分 ファカイトライ/栢本ゴール成功 28-7

後半2分 立命館トライ/キック成功 28-14
後半13分 廣田トライ 33-14
後半23分 中村トライ/栢本ゴール成功 40-14
後半30分 立命館トライ/ゴール成功 40-21
後半43分 田畑トライ 45-21

試合展開
好調ながらも多くの課題を抱える春シーズンも中盤戦。皇子山競技場に集まった多くのギャラリーは、メインゲームのキックオフを待ち構えていた。
ここ滋賀県大津市も、いよいよ来年に迫ったラグビーW杯のキャンプ地に選出された。大津をラグビーで盛り上げようーラグビー熱は沸々と伝わってくる。
先制は立命大。開始5分で奪われ、以後20分ゲームに大きな動きはなかった。その間、スクラムが思うように組めず、PR岡留から金勇一に交代。巻き返しを図る。
前半戦終盤、寺崎、ファカイ、田畑がトライを立て続けに奪い、終了間際にファカイが再びトライ。28-7と差をつけ、折り返した。
DSC_0225

DSC_0284


後半開始直後に立命大にトライを奪われるも、再び流れを掴む。廣田がトライを決めるとこの日はCTBでの起用となった中村悠人もトライ。後半ロスタイム、留めは藤野が大きくゲインし、ゴールライン手前でパスを受けた田畑がトライを決める。
DSC_0797

DSC_0592

DSC_0670

DSC_0677

DSC_0814

DSC_0855


京産大45-21立命大

試合後コメント
大西健監督
「最初、完全に相手に流れを渡してしまったが、よく立て直した。田畑が入ると攻撃だけでなく、ディフェンスでも組み立ててくれる。課題としてはセットプレー。一番の課題が課題のまま。言い訳せずに受け止めれるか、矢印を自分に向けれるか」

寺崎栄一郎選手
「前半のトライはミスも多く、流れも悪かったので自分が取るという気持ちでいった。田畑が帰ってきてプレー面に幅が出た。パスが出てなかったところがパスが通じるようになった。毎年FWに頼り切りだったので今年はバックスからも点が取れるよう、スクラムなどセットプレーから得点できるように取り組んでいる。四回生として、主軸となってやっていく」

岡留圭吾選手
「全然スクラムをうまく組めず相手の思うようにされてしまった。もう失敗は許されないと言われながらも、もう一度チャンスをいただけて、なんとか自分の形に持っていけた。もしも試合に出さしてもらえるのなら、今日みたいにならないように」

田畑凌選手
「自分が怪我をして、普段とは違い練習や試合を外から見た時に、自分たちの課題がわかった気がする。慌ててばっかりではなくもっと落ち着きをもたらせるように復帰後は心がけている。今回はいい形を出せたのでこのまま突き進んでいきたい」

次戦は6月17日(日) 環太平洋大を迎えての春季オープン戦。

《ラグビー部》イノシシ注入!活躍誓うニューフェイス。

猪突猛進會が行われた。
DSC_8278

いのししの丸焼きを3頭、部員みんなでペロリ。数時間ですっかり平らげた。
今回で5回目の開催となったこの会。春シーズンを戦い続ける選手たちが練習の合間を縫って参加した。
DSC_8322

関係者や保護者の方々や一部の選手は早朝から集い、とれたての猪の準備を始める。
image1
2年時から猪調理を任され、今回も準備段階から参加した西井翔(4・府立牧野)(写真左)は「才能を見込まれてこれまで勤め上げたので、今年で最終学年なのは少し寂しい。来年以降は後輩に託すが、予定があえば、また参加したい」と猪突猛進會への思いを語った。
DSC_8314


グラウンドで見せる表情から少し離れ、笑顔で猪を囲む。
DSC_8298
DSC_8297
DSC_8281
DSC_8303
DSC_8283

すると、監督やコーチ、主将から「もっと食べなさい」とのアドバイスがあちらこちらで飛び交う。
DSC_8307
DSC_8313
DSC_8312
DSC_8288


2杯、3杯と選手たちのお皿はこんもり盛られる。
DSC_8301
DSC_8306
DSC_8319
丸3頭あった猪も、跡形なく食べ終えた。

この日は、新入生にとって大切な日である。
会の終盤、大西健監督から一人ひとりに京産大ラグビー部の証であるポロシャツを受け取る。そして、自己紹介と意気込みを堂々と発表。「4年間ひたむきに」「スクラムをもっと押せるように体を大きくして取り組む」―たくましく話す姿に保護者の方々も感動。4年間の成長に期待を寄せた。
DSC_8354
DSC_8331

DSC_8335
この春入学し、春のオープン戦でも存在感を示している笹岡海斗(1・京都成章)は「やっと京産大ラグビー部の一員になれて誇らしい」と喜びを語った。
DSC_8337

今季の赤紺戦士たちがイノシシパワーで‟猛進”することを期待している。

《ラグビー部》ホームで摂南大に快勝!

6月2日(土)春季オープン戦対摂南大が行われた。
同志社相手に敗戦を喫した試合から1週間。
悔しさをにじませ練習取り組み、ホームに戻っての試合は64-5で快勝した。
DSC_9988

DSC_9998

メンバー
1.松本幸志郎(4・東福岡)
2.宮﨑達也(4・伏見工業)
3.寺脇駿(3・日本航空石川)
4.上田克希(4・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3・札幌山の手)
6.戸井祐一(4・常翔啓光)
7.城間 賢(2・御所実業)
8.フェインガ・ファカイ(3・日本航空石川)
9.廣田 瞬(1・天理)
10.山内凌雅(3・関大北陽)
11.藤野毅郎(4・流経大柏)
12.豊田秀介(4・大産大付属)
13.田畑 凌(4・報徳学園)
14.笹岡海斗(1・京都成章)
15.栢本 光(3・天理)
16.金 勇一(4・大阪朝鮮)
17.久保山幸樹(3・県立筑紫)
18.平野叶翔(1・西陵)
19.樋口誠也(2・京都成章)
20.田中利輝(2・東海大仰星)
21.横山尚樹(4・常翔啓光)
22.渡邊晃士(4・天理)
23.赤松慎司(4・尾道)
24.外山翔平(3・府立摂津)
25.ヴェカラヒ・ジェイミー(1・日体大荏原)
26.焼山功雅(1・東福岡)

前半3分、摂南大に先制こそ許すも、その後一度もトライを許さなかった。
前半8分 ファカイ トライ/栢本キック成功 7-5
前半18分 ファカイ トライ/栢本キック成功 14-5
前半40分 廣田 トライ/栢本キック成功 21-5
DSC_7623

DSC_7842

後半8分 廣田 トライ/栢本キック成功 28-5
後半16分 豊田 トライ 33-5
後半21分 焼山 トライ/栢本キック成功 40-5
後半26分 焼山トライ 45-5
後半29分 ファカイ トライ 50-5
後半34分 戸井 トライ 57-5
後半42分 ファカイ トライ/栢本キック成功 64-5
DSC_7899

DSC_7965

DSC_9743


試合後コメント
大西健監督
「前半もたついたが、後半はFWが頑張っていた。原点に戻って前に出ようと思ったが、なかなかうまく形に持ち込めなかった。後半は少しそれができていたので次につながっていけば。後半はゴール前のチャンスをモノにできていた。次の立命戦でもいいゲームをして伸びていってほしい」

豊田秀介選手
「BKがいつもよりしっかりボールを動かせていたと手ごたえがある。前の試合よりコミュニケーションをとれていた。個人的にも同志社戦後、練習からコミュニケーションを積極的にとるように心掛けた。(今季初トライ)うれしかった。これからもっとトライをとれるようにしたい。Aチームでスタメンで出続けられるように引き続き頑張ります」
DSC_9738


廣田瞬選手
「(2トライを決められたのは)チーム一丸となって流れに乗っていけた結果。同志社に負けてからDFに課題があると実感し、練習から意識していた。自分自身も、FWをうまく動させていなかったと反省。それを生かして立命戦でも引っ張っていきたい」
DSC_7922


次戦は6月9日(土)皇子山運動公園陸上競技場にて滋賀県ラグビー祭で行われる対立命大戦。

《ラグビー部》強み生かせずトーナメント準決勝敗退。

5月27日(日)西京極陸上競技場兼球技場にて、第47回京都ラグビー祭が行われた。
午前中から、交流イベントや中学、高校、女子セブンスの試合が行われ、メインイベントとなった春季トーナメント準決勝の舞台。同大相手に前半戦は競り合うも後半で突き放され、12-42で敗れた。
メンバー
1.岡留圭吾(4・常翔学園)
2.宮﨑達也(4・伏見工業)
3.平野叶翔(1・西陵)
4.上田克希(4・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3・札幌山の手)
6.城間 賢(2・御所実業)
7.横山尚樹(4・常翔啓光)
8.フェインガ・ファカイ(3・日本航空石川)
9.廣田 瞬(1・天理)
10.山内凌雅(3・関大北陽)
11.濱田将暉(4・京都成章)
12.豊田秀介(4・大産大付属)
13.ヴァカラヒ・ジェイミー(1・日体大荏原)
14.藤野毅郎(4・流経大柏)
15.笹岡海斗(1・京都成章)
16.松本幸志郎(4・東福岡)
17.久保山幸樹(3・県立筑紫)
18.杉本祐太(1・常翔啓光)
19.谷山泰信(4・東海大福岡)
20.松山晃平(3・常翔学園)
21.赤松慎司(4・尾道)
22.外山翔平(3・府立摂津)
23.中本隆造(3・常翔学園)

京産大12-42同志社大
前半4分 濱田トライ 山内キック成功 7-0
前半24分 濱田トライ         12-14

(試合内容)
盛り上がる会場に、リーグ戦と同じ音楽が鳴る。ラグビースクールの少年少女たちと手を繋いで入場。
笑顔で会話を楽しむ選手もいる。
DSC_9005

DSC_9006


グラウンドに、赤紺と紺グレが一列に並ぶ。空気は一気にピリッと張り詰めた。
DSC_9018

DSC_9019
DSC_9020

DSC_9021

DSC_9022

14時20分キックオフ。先制点を奪ったのは、京産大だった。
前半4分、近大戦には不在であったWTB濱田将暉が相手ディフェンスを交しトライ。山内のキックも危なげなく決まる。7-0
DSC_9106

同志社大に追いつかれるも、すぐさま逆転。
前半24分、再びこの男、濱田だ。素早くトライを決める。
12-7
DSC_9237

再び同志社大にトライを奪われ逆転を許す。
12-14で前半終了。
DSC_9039

DSC_9119

DSC_9127

DSC_9156


試合後半、同志社大にペースを掴まれ波に乗れないプレーが続き、12-42で試合終了。
春季トーナメントは準決勝敗退となった。
DSC_9467

DSC_9033

DSC_9252

DSC_9261

DSC_9535


試合後コメント
大西 健監督
「同志社大は最初から気迫があった。モールも圧力をかけたりする事がなく簡単にやってしまっていた。もしそれに選手たちが気づいていたらそれだけでもプラスだろう。1年生に重荷を背負わせてしまっているが、育てていこうという気持ちが上回生に無くなっていた。 今回の課題はDFが前に出れていないのとFWの弱さがもろに出ていた事。4年生がしっかりしないといけない」

上田 克希主将
「力負け。自分たちの甘さが出た。強みを強みにできなかった。FWの前にでるという意識が欠けていてセットプレー、タックルもバラバラだった。行けるという自覚がまだないと感じた。試合中に修正できず受け身になってしまった」

濱田将暉選手
「入りは悪く無かった。アップから雰囲気が悪く、ズルズル行ってしまい、最後は集中力が切れてしまった。ウイングの仕事でチームに貢献するためにイメトレや気持ちの面でしっかり整えてきた。課題はコミュニケーションやセットプレー。やり直すという気持ちでやっていきたい」

宮﨑達也選手
「相手に対してセットプレーやラインアウト時のプレーで圧力をかけることが一試合を通じて出来なかった。試合前、スクラムやモールで相手を押し切るプレーをしていこうと思った。しかし、相手がしっかり研究してきており、うまいことやられた。
まだ終わりではないので、ここからやり直していく」

次戦は6月2日(土)13時より摂南大学を迎えての春季オープン戦。

(ラグビー部)春季トーナメント初戦勝利!

5月20日(日)、春季トーナメント1回戦vs近畿大が神山球技場で行われた。京産大は45-12で近畿大に快勝。昨年の春季トーナメントでは決勝戦でぶつかり、僅差での勝利だったが今年は危なげなく勝利し、昨年からの成長を見せつけた。

メンバー
1.岡留圭吾(4・常翔学園)
2.宮﨑達也(4・伏見工業)
3.平野叶翔(1・西陵)
4.上田克希(4・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3・札幌山の手)
6.菊田一誠(3・大産大付属)
7.武田知大(4・尾道)
8.フェインガ・ファカイ(3・日本航空石川)
9.廣田 瞬(1・天理)
10.山内凌雅(3・関大北陽)
11.藤野毅郎(4・流経大付属)
12.豊田秀介(4・大産大付属)
13.ジェイミー・ゴードン(1・日体大荏原)
14.寺崎栄一郎(4・長崎海星)
15.笹岡海斗(1・京都成章)
16.寺脇駿(3・日本航空石川)
17.久保山幸樹(3・県立筑紫)
18.杉本祐太(1・常翔啓光)
19.谷山泰信(4・東海大福岡)
20.松山晃平(3・常翔学園)
21.赤松慎司(4・尾道)
22.外山翔平(3・府立摂津)
23.城川斗武(2・常翔学園)

京産大45-12
前半2分 武田トライ キック成功
前半7分 フェインガトライ
前半33分 山内トライ キック成功
前半38分 寺崎トライ キック成功

後半5分 近畿大トライ キック成功
後半8分 近畿大トライ
後半13分 フェインガトライ
後半19分 廣田トライ キック成功
後半42分 ジェイミートライ キック成功

大西健監督「気合が入っていた。BKのけが人が多かったが、1年生がよく頑張っていた。スクラムはまだまだ発展途上、今日の試合はいい勉強になった」

笹岡「思うようにいかなかった。外に持っていってスピードで切りたかった。怪我人が多くてスタメンだったが、メンバーが戻ってきたときもスタメンを勝ち取れるよう頑張りたい」

廣田「アップから雰囲気が違っていた。練習試合とは全く違う雰囲気だったからいつもより気持ちが入っていけた。ゴール前でのミスが多かったので流れを変えたいという思いでトライした。このまま勝利が続いていけるように自分もチームに貢献していきたい」

ゴードン
試合終盤トライするジェイミー

寺崎
タックルされながらもトライする寺崎

山内
ショートサイドを抜けた山内

DSC_8487
モールから突破を狙うフェインガ

DSC_8512
安定したスローイングを見せた宮崎

《ラグビー部》中川見守る中、連勝スタート!

5月6日(日)神山球技場にて春季オープン戦対関大戦が行われた。先週行われた大体大との開幕戦での圧勝、勢いそのままに関大を迎えての一戦。後半にかけて調子を上げてゆき、58-12で勝利した。
DSC_7568

メンバー
1.岡留圭吾(4・常翔学園)
2.宮﨑達也(4・伏見工業)
3.平野叶翔(1・西陵)
4.上田克希(4・東海大仰星)
5.伊藤鐘平(3・札幌山の手)
6.城間 賢(2・御所実業)
7.武田知大(4・尾道)
8.フェインガ・ファカイ(3・日本航空石川)
9.廣田 瞬(1・天理)
10.中村悠人(3・東海大福岡)
11.濱田将暉(4・京都成章)
12.田畑凌(4・報徳学園)
13.ジェイミー・ゴードン(1・日体大荏原)
14.人見有哉(4・天理)
15.寺崎栄一郎(4・長崎海星)
16.松本幸志郎(4・東福岡)
17.梅基天翔(1・高岡第一)
18.杉本祐太(1・常翔啓光)
19.谷山泰信(4・東海大福岡)
20.横山尚樹(4・常翔啓光)
21.渡邉晃士(4・天理)
22.赤松慎司(4・尾道)
23.山内凌雅(3・関大北陽)
24.焼山功雅(1・東福岡)
25.豊田秀介(4・大産大付属)
26.笹岡海斗(1・京都成章)

京産大58-12関西大

前半 12分 ファカイトライ
前半 32分 宮﨑トライ
前半 39分 関西大トライ

後半 1分 濱田トライ
後半 8分 武田トライ 山内ゴール成功
後半 10分 焼山トライ
後半 13分 廣田トライ
後半 16分 関西大トライ
後半 20分 田畑トライ 山内ゴール成功
後半30分 平野叶翔トライ
後半36分 城間トライ
後半41分 宮﨑トライ 山内ゴール成功
DSC_7771
DSC_7908
DSC_7779


この勝利を見届けた一人の男がいた。
DSC_7920
変わらぬ優しい瞳で後輩たちを見つめる中川将弥前主将だ。「みんながたくましく頑張ってる姿見たら、自分ももっと頑張らなあかんなって思いますね」
DSC_7576
スタンドの端、通りすがる赤紺ファンに彼を知らない人はいない。
「頑張ってね、待ってるよ」-「はい、待っててください!」
応援する全ての人が、逆に勇気を与えられる。彼はそんな魅力を持っている。

あの試合からもうすぐ半年が過ぎる。昨年11月、試合中の接触プレーにより頸椎を損傷。厳しいリハビリにも前向きに取り組み、観戦に来るまで回復した。
DSC_7915
宮崎が車椅子を押し、グラウンドを一周。「走ってるような気分でした。より一層、早く治したいなって」ー彼ならやってくれる。中川の言葉を聞いていると、そう信じずにはいられない。
DSC_7923
DSC_7940
「必ず、復帰します」力強く中川は言う。彼が選手としてこの地に帰って来る日々は、そう遠くない。


試合後コメント
上田克希主将
「(将弥さんから)しっかり頑張っていけよと声をかけられた。アップからあまり状態がよくなく、前半それを引きずっていた。これでは行けないと声をかけをして、後半は立て直せたと思う。今日みたいな試合をしていては天理に勝てない。入りから積極的に」

宮﨑達也選手
「将弥さんが来てくれるだけで頑張ろうと思えたし、それも結果に繋がっている。がんばれよと声をらかけられた。来週は今日のような試合ではいけないと痛感した。入りからどんどんいきたい」

武田知大選手
「個人個人の強さが出し切れていないのが現状。シンプルでいいので思いっきりやって行けとハーフタイムに監督に言われた。
後半は積極的に、思いっきりプレーできた。来週の天理戦でも前半からしっかり思い切りたい」

次戦は5月13日(日)天理大を迎えての京産大ラグビー祭での一戦。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ