京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

陸上競技部

友だち追加

《陸上競技部》雨の富士山女子駅伝 笑顔でフィニッシュ

《陸上競技部》12月30日富士宮市~富士市で富士山女子駅伝(2019全日本大学女子選抜駅伝競走)が行われた。43.4㎞を7人で繋ぐ今大会。6位でフィニッシュし、杜の都駅伝(10月仙台市)の雪辱を果たす結果となった。

1区(4.1㎞)逸見亜優 13’06 区間7位
2区(6.8㎞)安井佳苗 21’46 区間11位
3区(3.3㎞)川戸希望 10’47 区間16位
4区(4.4㎞)豊田理瑚 14’32 区間6位
5区(10.5㎞)橋本奈津 36’11 区間4位
6区(6.0㎞)安田萌加 20’34 区間6位
7区(8.3㎞)信岡桃英 31’31 区間15位
全7区間 43.4㎞ 2時間26分16秒 6位入賞

杜の都駅伝では13位、そのため5000mでの7名によるチーム記録で出場権を獲得した。
当日は冬にしては珍しく雨。気温も9℃と、あがりきらない中でのスタートとなった。1区は逸見、1年次生ながらスタートを任され、区間7位と好位置でタスキを渡す。2区安井は昨年に続く出場。インカレ5000覇者やユニバーシアード出場者らが集まる中、粘りの走りを見せた。3区は4年次生川戸。順位をひとつ落とすもしっかりと走り切った。4区は豊田。杜の都に続き出場。区間6位の走りでエース橋本につなぐ。5区は橋本。最長区間10.5㎞を堂々の走り。順位を2つ上げた。6区安田は区間6位杜の都での悔しさを晴らす走りで四年次の信岡につなぐ。アンカーは信岡。高低差4.6㎞で169mの上り坂を走り切り、6位でゴールテープを切った。2か月前からの成長を見せた結果に稲原監督も「内容は昨年以上」と語った。一日中冷たい冬の雨が降り続き、霊峰富士を拝むことはできなかったが、走り終わった選手にはやり切った笑みがあふれていた。
0008

0011
1区逸見

DF0_6929
2区安井

DF0_6939

3区川戸

DF0_6959
5区橋本

DF0_6980
6区安田

DF0_6999
7区信岡

0007

コメント
3区川戸
最後の駅伝で4年次生全員で走ることができたことが何よりもうれしい。もう少し持ち味の出せるところで走りたかったが、終わってみて全員でタスキをつなげたことがよかった。(大阪国際女子マラソンでは)持ち味を出していきたい。今回は短い区間だったが、そこの感覚も忘れずにスピード練習も積んでいきたい。

5区橋本
区間1位と20秒くらいしか差がなかった。悔いが残ると言えば残る。
腰が骨折してるかもしれないと言うなかで一週間休んでいた。その中で走れた。
京産では、雨の中、風の中での練習もしていたので天候に関して不安等はなかった。好きな条件だった。
全日本では後悔が残っていたぶん、今回はチームの結果は良かった。全員が笑顔で終われた。
卒業後は実業団として、プロとして、今まであった甘えをなくしていきたい。日本代表を目指す

6区安田
全日本では悔しい結果だった。そのぶん、6位という順位でほっとしている。
緊張はあまりなかった。全日本の時は「奈津さんのために」って思いからかたくなったが、今回は四回生に繋ぐ気持ちで楽しめた。 雨は強かったが、気にはならなかった。
今まで四回生に頼ってきた。穴は大きいが、中心としてやっていけるよう頑張ります。

7区信岡
レースに出るのが11か月振りだったので走れたことが1番よかった。満足できるような結果ではなかったが、4年次生3人で走れたし、いい復帰レースになったんじゃないかなと思う。練習ができるようになってから1か月しかない中、不安もあったが、先生も同期も後輩も信じて期待してくれているような感じがあったので弱気は言っていられなかった。アンカーは志願して走らせてもらった区間。順位を落とさないように必死だった。(後輩たちへ)自分たちよりも力を持っている選手が多い。しっかり練習してもっと自信を持ってレースに挑めるよう頑張っていってほしい。(大阪国際女子マラソンは)しっかり練習していい初マラソンにしたい。



予定
1月26日 大阪国際女子マラソンに川戸と信岡がネクストヒロイン枠で出場予定

《陸上競技部》関西インカレ4日目

 5月18日に奈良市鴻池陸上競技場で関西インカレT&Fの部が行われた。男女ともに結果を残し多くの種目で決勝に進んだ。

 男子1部200mでは杉浦選手が21.56で4着。植本選手が21.86で2着で準決勝にりょ選手が進んだ

DSC_0281


DSC_0302


女子800mには1年生の風呂谷選手と逸見選手が出場。両選手が1着でゴールし準決勝に進出した。

DSC_0322


DSC_0368


男子1部800mでは本井選手が出場し1:52.42で2着となり19日に行われる決勝戦に進んだ。

DSC_0393


女子800m準決勝では逸見選手が2着。風呂谷選手が3着と好成績を残し19日に行われる決勝戦に進出した。
DSC_0499


DSC_0538


男子1部4×400mR準決勝では力強い走りで3:12:08のタイムで2着となり19日の決勝戦に進んだ。

DSC_0553


DSC_0561


DSC_0573


DSC_0600


男子1部5000m決勝では畠中選手10位、北澤選手11位、大川選手16位でゴールした。

DSC_0627


DSC_0666


女子5000m決勝では橋本選手2位、安田選手9位、豊田選手14位でゴールした。
DSC_0720


DSC_0750


DSC_0775


男子5000mや女子5000mに出場した選手は今大会での結果を予選会や先の全国駅伝に向けての課題とし、結果をしっかりと受け止めた。予選会や西日本・全日本インカレに注目したい。

《陸上競技部》関西インカレ2日目

 5月9日に西京極総合運動公園陸上競技場で第96回関西ICトラック&フィールドの部が行われた。

女子1500m決勝では橋本奈津(4年)と逸見亜優(1年)が出場。橋本は京都インカレに続き1位でゴール。タイムは4:02.01と京都インカレより約2秒早くゴールした。「2周目から自分のペースでと考えていた」と笑顔で答えた。

DSC_0156
1位でゴールした橋本

逸見は「最後は早くに出てしまい、抜かしきれなかった。今後は4分24秒を目標に頑張りたい」と課題が残るも次の目標を語ってくれた。

DSC_0130
堂々とした走りをみせた逸見

DSC_0222
表彰状を持つ笑顔の逸見

男子1部ハンマー投げでは松田直哉(3年)が入賞。「順位はよかったが、次に切り替えたい」とすでに先を見据えていた。

DSC_0206
入賞式での松本


男子1部10000m決勝では黒川大輔(4年)稲垣雄二(3年)浦田昂生(2年)が出場。結果は浦田4位、黒川12位、稲垣16位となった。3人がそれぞれ結果に納得はいかないようだったが、「今日の課題を次の予選会につなげたい」と全員が口を揃えた。関西インカレでの課題を予選会までに克服し全国への切符を手にしたい。

DSC_0274

前から順に黒川、浦田、稲垣

男子4×100mRでは結果を残し、3日目の決勝に進んだ
DSC_0194
ゴールした杉浦(4年)

男子1部110mハードルではニノ宮裕平(2年)が2着でゴールし、3日目の決勝に進んだ

DSC_0078
ゴールしたニノ宮

DSC_0098

≪陸上競技部≫ 関西インカレ3日目! 

5月10日、西京極運動公園陸上競技場にて、第96回関西学生陸上競技対校選手権大会が行われた。3日目のこの日、1500m男子では本井義明が優勝した。3000m障害では堀尾咲月が優勝。京産大の選手の優勝は2016、17年の薮田、18年の信岡に続いての快挙となった。そして前日の1500mに続いて橋本奈津が10000mでも優勝。このほかにも、多くの選手が表彰台に登った。

リザルト
男子1部 100m決勝
DSC_0607
4位 植本 10.59

男子1部 400m決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_0652
6位 久保田 47.76

男子1部 1500m決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_0384
1位 本井 3:51.57

男子1部 110mハードル決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_0471
7位 二ノ宮 14.31

男子1部 4×100m 決勝
芦田 植本 宮城 杉浦 5位 39.92

男子1部 砲丸投げ 決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_0637
2位 北川 15m13

{lightroom}‐20190510-AAA_0665
8位 中山 14m17


女子10000m 決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_1160
1位 橋本 33:36.85

{lightroom}‐20190510-AAA_1125
4位 安田 34:22.24


女子3000sc 決勝
{lightroom}‐20190510-AAA_0802
1位 堀尾 10:34.51



{lightroom}‐20190510-DSC_6170

堀尾 いつもと違って最後まで粘ることができた。昨日の1500mは納得がいかなかった。その分、後悔のない走りができた。ラスト2周過ぎたあたりからきつかったが、出し切れた。長い距離を走ってきた分自信がついた。昨日、1500mで予選落ちした。レース後に監督から「最後に固くなる。」と言われた。今日のレースでも力が抜けるように、近くで「リラックス」とずっと声をかけてくださっていた。昨日の反省を生かすことができた。これから、全国で戦えるレベルまで練習を積んでいきたい。

{lightroom}‐20190510-DSC_6182

北川 勝てた試合。反省する点がある。後半、記録のことを考えすぎて、本来の投げができなかった。四月のインカレ以降、ウエイトはあまりせずに、技術的なことを主にやってきた。技術的な面を練習し、次は悔いのないようにしたい。

{lightroom}‐20190510-AAA_1248

橋本 今日は佐藤さん(立命大)の後ろにつかせてもらって、残り3000mで最後上げることができた。昨日、1500mがあった分かえってリラックスできた。(スパートをかけたタイミングについて)あのままだったら、納得のいくタイムでなかったからあのタイミングでスパートをかけた。佐藤さんが離れず、粘られたが、1500mよりはスピードがない分、力が残っていた。(最上級生となるが)プレッシャーではない。背中で、結果で見せていきたい。来週の5000m気をゆるめず、3冠を狙う。

{lightroom}‐20190510-DSC_6214

本井 一週目のホームストレートでのペースがガット落ちていて、ここでいくしかないと思った。最初は想定外で、集団の中にいたが、うまく対応ができた。(京都インカレ以降)ペース配分とかの精度をあげてきた。学生個人では今日の自分をこえれるように。

(陸上競技部)トラックシーズン開幕!!

4月7日西京極総合運動公園陸上競技場にて第83回京都学生陸上競技対校選手権大会が行われた。トラックシーズンの開幕を告げる今大会。本井が800m、1500mで二冠を獲得した。女子1500mでは橋本、逸見が1、2位にランクインした。このほかにも多くの選手が表彰台に上がり、今シーズンの飛躍に弾みをつけた。


DSC_3885
男子 3位やり投げ 三浦雅貴 64m84

DSC_4059 コピー
男子 10000m 1位 浦田昴生 30:52.30
          2位 宮下朝光 31:02.06


DSC_4029コピー
DSC_4067
男子 4×100mリレー 2位 40.65
芦田幸翼 宮城銀治 植本尚輝 杉浦和博

DSC_4050
男子4×400mリレー 3位 3:14.48
田口竜也 中村祐也 中川諒 藤井惇平
DSC_3946
田口から中村へ
DSC_3954
2走の中村
DSC_3966
3走中川
DSC_3985
4走藤井



DSC_4040
女子10000m 2位 川戸希望 36:34.51
悔しい。納得いかないタイム。練習の成果を出し切れなかった。今シーズン最初の試合だったが、緊張はなく、久しぶりに会う友人たちと話せたりしてリラックスできた。ここをどん底として、ここから這い上がっていけるように頑張ります。


DSC_3936
男子5000m 3位 黒川大輔 14:52,10
4600mまで先頭で引っ張っていたので、最後抜かれて悔しい。ハーフマラソンに照準を合わせていたので、そういった意味ではよかった。はじめ2000mは集団の中にいて、ペースが落ちてきたので、自然と前に出た感じ。自分からレースを作るのは、ハーフでも予選会でも重要なので、よかった。ベストが47秒なので、52秒ってことを考えると、最低減の結果。関西インカレで
表彰台を目指したい。

DSC_3900
女子 5000m 1位 安田萌加 17:08.58
狙ってたタイムに届かず、悔しい。故障もあり、あんまり練習もできなかった。そこからよくないままだった。こっから関西、全日本インカレに合わせていきたい。関西インカレでは入賞を目指す。


DSC_3803
男子 200m 2位 植本尚輝 20.94
優勝したかったので悔しい。冬季練習からタイムが出ていたので自信があった。全日本のA標準のタイムが出せたので、タイム的にはよかった。関西インカレで優勝を目指す。

DSC_3708
男子800m 1位 本井義明 1:53.10
エントリーランキングで一番だったので、(800mと1500mで)二冠を取れてほっとしている。シーズン開幕戦ということもあり、冬練習してきたことが出せるか心配だったが、思ったように出来た。関西インカレで表彰台を目指す。

DSC_3767
男子1500m 1位 本井義明 3:56.51
         3位 北澤涼雅 3:59.81
DSC_3628
北澤 2位と最後までせっていた。女子は1,2位とったので、(2位)取りたかった。高校3年生以来の1500mだったが、本井さんが横にいるのもあって緊張しなかった。冬はいつも通りの練習を続けていた。1週間前からスピード練習をしてきた。今まで距離を走ってきた分、スピード種目でもその練習が生きた。

DSC_3754
女子 1500m 1位 橋本奈津 4:24.76
          2位 逸見亜優 4:30.99
DSC_3506
橋本 レース初戦ということで自分の力を出す意味でも突っ込んでいけた。ピークを織田記念(4月27、28日)にあわせているので、(今シーズンの初戦とはいえ)気負わず出来た。そこでユニバーシアードを決める勝つレースをしていきたい。
DSC_3550
逸見 大学初めての試合だったが、自己ベストに近いのを出せた。緊張した。これからトラックシーズンが始まるのでベストを更新していきたい。

DSC_3660
男子砲丸投げ 1位 北川 広也 14m68
冬季やってきたことを緊張せずに出し切ることが出来た。冬場はフォームの改善に努めた。やっとコツをつかめてきたところ。次の関西インカレで全日本行きを決めたい。


男子ハンマー投げ 3位 松田直哉 59m54


〈今後の予定〉
関西学生陸上競技対校選手権大会(関西インカレ)5/9~10 18~19
関西学生陸上競技対校選手権大会(関西インカレ)ロードの部 4/18
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ