京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

陸上競技部

《陸上競技部》丹後駅伝 2連覇逃す

 11月19日に行われた丹後駅伝(8区間81.4㌔@丹後地域)。昨年、この大会を制した京産大は2連覇を目標に掲げたが、2位に終わった。
DSC_8274
2位でフィニッシュした大貫

 1区を任された宮下朝光(1年)は出雲駅伝に続き、大学2度目の大学駅伝。ラスト1㌔から勝負をかけようと思ったが、ペースアップに対応できずトップと14秒差で中継。ほろ苦い1区デビューとなった。
 登りの多い2区には田中悠介(4年)起用された。5㌔の通過は15分19秒。中継した時に11秒だった立命大との差が一時は32秒まで開いたが、登りでギアチェンジ。17秒差にまで詰め寄り、5チームを抜いて3位に浮上。
 続く3区の久保拓海(3年)は昨年この区間で区間新記録をマークしている実力者。動きがよくなかったと振り返るようにタイムは自身の区間記録に20秒ほど及ばなかったが、2位に順位を押し上げた。
 4区は昨年同様に元木駿介(3年)。全日本はケガの影響で回避したがなんとか走れる状態にまで持ってきた。中継所では22秒あった立命大をラスト1㌔でとらえ、一気に追い抜き、4秒差をつけた。
 続く奥村杏平(3年)は立命大と並走を続ける。調子が悪いながらも揺さぶりにしっかりと対応し、得意のラストスパートで立命大を抑え、トップを守った。
 6区の中野翔太(4年)は全日本で駅伝デビューを果たし、実力をつけてきている選手。7区に控える寺西雅俊(4年)から「(自分にわたった時点で)40秒差なら大丈夫」と言葉を貰って走り出した。相手の方が好調なだけに差をつけられてしまったが、大崩れすることなく20秒差で寺西へタスキリレー。
 3年連続7区を任された寺西は前半から快調にペースを刻む。コースを熟知していることもあり、落ち着きをもってレースを進めた。10㌔の通過は29分台前半で立命大を追い詰め、アンカーの大貫陽嵩(4年)にタスキを渡すときには16秒の差をつけた。
 1区から徐々に順位を上げ4区でトップに立ち、5区で死守。6区で順位を落とすも7区で再びトップへー。ここまでは昨年とほとんど同じレース展開を演じた。昨年はラスト100mでの勝負になったため、今回もラスト勝負になると思われた。しかし、後ろから猛追してくる立命大に3㌔過ぎで捉えられると大貫は対応できない。相手の調子がいいこともあり、その差が開いていく。ゴールした時には1分以上の差が開いており、悔しい準優勝となった。
 小室コーチは「うちがどこが悪かったというのはないし、実力的には遜色がないが、相手の流れが勝っていた。」と振り返った。「自分から仕掛けることができないといった弱さが見え隠れした。練習量はどこの大学にも負けないのに自信が持てない。練習したから、ではなく練習したけど、になってしまっている。自信を作るのは成功体験の積み重ねが大事」と瀬戸升航主務は肩を震わせながら紡ぐように語った。ある選手からは「関西で負けるのはだめだ。丹後で負けたら1年間敗者でいる気分」と悔しさをあらわにした。ほとんどの選手が立命大の胴上げを目の当たりにしている。この光景をどう受け止めるのかが重要になってくる。
 主力の4年生が抜け、来年以降の苦戦は免れない。敗戦から何を感じ取るか。名門の真価が問われる時だ。
DSC_8280
大貫を迎え入れる選手たち

DSC_8315
表彰式の時も表情が晴れることはなかった

DSC_8335
元木は昨年同様4区で2年連続区間賞

DSC_8336
寺西は7区で3年連続区間賞

1区(7.9㌔) 宮下朝光 24分24秒 区間8位 通過8位
2区(8.8㌔) 田中悠介 28分59秒 区間2位 通過3位
3区(7.0㌔) 久保拓海 20分24秒 区間3位 通過2位
4区(9.8㌔) 元木駿介 30分05秒 区間1位 通過1位
5区(12.3㌔) 奥村杏平 37分54秒 区間2位 通過1位
6区(13.3㌔) 中野翔太 44分08秒 区間5位 通過2位
7区(13.3㌔) 寺西雅俊 39分17秒 区間1位 通過1位
8区(11.7㌔) 大貫陽嵩 36分51秒 区間2位 総合2位

 全日本、丹後と立命大に負け越している京産大。残すは12月4日の京都のみ。「最後は笑顔で終わりたい」。主将の寺西は最後の駅伝に向けて意気込みを語った。

《陸上競技部》1区5位スタートも粘り切れず 悔しさ残した伊勢路

 11月6日、第48回全日本大学駅伝が愛知県・熱田神宮~三重県・伊勢神宮間で行われた。

 昨年はこの大会で11位になり、今年はその順位を上回る10位を目指して伊勢路へと駆け出した。1区の寺西が「後ろの選手に貯金を作ろう」と先頭集団でレースを進め、関東勢に割って入り5位で第1中継所へ帰ってくる。しかし、2区以降流れに乗り切れず徐々に順位を落としてしまい、17位でのゴールとなった。目標に届かず選手たちは口を紡ぎ、悔しさをあらわにした。関東勢との力の差を見せつけられたことに加え、関西トップの座も立命大に奪われ、まさに「完敗」のレースだった。レース後、瀬戸升航主務は「本番で力を発揮できないのが今の現状。今回の結果を受け止めて負けた原因を探らなければいけない」。淡々と振り返った。
 2週間後には丹後駅伝を控える。昨年優勝を果たした大会で2連覇が目標だ。京産大に関西2位は似合わない。関西王者の意地を持ってこれ以上負けるわけにはいかない。

DSC_3348
1区寺西から2区奥村へのタスキリレー

DSC_7149
3区の大貫は明治大とラスト勝負を繰り広げた

DSC_7201
立命大と関西トップを争う田中

DSC_3613
今季に入り力をつけている島田は出雲に続いて伊勢路を駆け抜けた

DSC_7244
5㌔過ぎに足を負傷した上坂だが懸命にタスキをつないだ

DSC_7305
駅伝初出場となった日下は来年以降の主力として期待がかかる

DSC_3856
最初で最後となる伊勢路を駆けた中野は先を行く立命大との差を詰めた

1区(14.6㌔) 寺西雅俊(4年) 44分01秒 区間5位 通過5位 
2区(13.2㌔) 奥村杏平(3年) 40分51秒 区間17位 通過13位
3区(9.5㌔)  大貫陽嵩(4年) 28分49秒 区間17位 通過14位
4区(14.0㌔) 田中悠介(4年) 43分36秒 区間19位 通過15位
5区(11.6㌔) 島田将志(3年) 36分28秒 区間16位 通過16位
6区(12.3㌔) 上坂優太(2年) 38分26秒 区間22位 通過17位
7区(11.9㌔) 日下聖也(2年) 36分29秒 区間18位 通過17位
8区(19.7㌔) 中野翔太(4年) 1時間02分57秒 区間21位 総合17位

《陸上競技部》全日本大学女子駅伝 2年ぶりシード権奪還!!

 10月30日(日)に第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会が宮城県仙台市で行われた。昨年は11位に終わった京産大。今年はシード権奪還を目標に掲げた。1区の橋本が1位で中継して流れを作ると2区以降も盤石のタスキリレーを見せ4位でフィニッシュ。2年ぶりにシード権を獲得した。
DSC_2856
手のひらを「4」にしてゴールした今川

 秋晴れの下でスタートした1区には伊東輝雄監督が「自信がある」と太鼓判を押す全日本インカレ覇者の橋本奈津(1年)が起用された。各校のエースランナーが集う中でスタートから前に飛び出した。「調子は良かった」と先頭集団でレースを進めていく。ラスト1㌔で集団のペースが上がるが冷静に対応。残り500mを切ったあたりでは橋本が全日本インカレで見せたような鮮やかなロングスパートで後続を引き離し、トップで中継した。橋本の記録は20分27秒で区間記録に5秒まで迫る快走だった。また、京産大勢としては1区で21年ぶりの区間賞を獲得した。
DSC_6864
世界大会出場者もいる中で区間賞を獲得した橋本

 2区の薮田裕衣(3年)は全日本インカレ3000m障害で3位に入るなど活躍目覚ましい。「奈津がいい流れを作ってくれた」と意気込んで走り出す。3㌔過ぎに名城大に首位を明け渡す。その後は「前が見える差なら穂乃果が追ってくれる」となんとか粘って4位に踏みとどまった。昨年も同区間を走っており、記録を10秒ほど短縮し、成長を見せた。
DSC_2611
薮田は3㌔過ぎに抜かれたが4位に踏みとどまって見せた

 棚池穂乃果(2年)は先頭の名城大と19秒差、3位の松山大と5秒差で走り出した。11秒後ろには大会5連覇中の女王立命大が位置していた。昨年よりも緊張感もなくリラックスは出来ていた。ひたすら前を追っていき、福岡大を抜き3位に順位を押し上げた。夏場は20~30㌔の距離走を何度もこなし、脚力を養ってきた。「夏の成果が出たかな」と振り返った。タイムは22分36秒で昨年の自身のタイムを5秒更新してみせた。
DSC_6888
再び順位を3位に押し上げた棚池

 駅伝デビューとなった信岡桃英(1年)が任されたのは4区。伊東監督は当日の朝まで起用するか悩んでいたが、朝練習の様子を見て大丈夫だと確信した。普段は自ら積極的なレースを展開する選手ではないが、伊東監督の積極的に走れというアドバイスを受け、前半から好ラップを刻んだ。後ろから迫る立命大には追い抜かれたが、2秒後ろから迫ってきた大院大を振り切る走り。タイムも16分06秒で区間3位と上々の駅伝デビューを果たした。
DSC_6908
信岡は区間3位の好走で前のチームとの差を最小限にとどめた

 最長区間の5区を任された主将の佐藤季実子(4年)。走り出して5㌔手前で大院大にかわされる。その後は踏みとどまり3位の名城大との差を詰めて5位でアンカーの今川綾菜(3年)へつないだ。
DSC_2725
最後の杜の都を駆け抜けた佐藤

 4位の大院大と25秒差、6位の大東大と20秒差という絶妙な位置で走り出した今川。故障の期間が半年間ほどあったが、9月の関西女子駅伝(今川は2区区間賞)あたりからこの駅伝を走るのを楽しみにしていたという。2.7㌔地点で大東大に追いつかれたが、伊東監督に指示されたとおりにしっかりと後ろに付いた。競り合って走っていくうちに前の大院大に追いつき追い抜き4位争いに浮上。ラスト1㌔を切ったあたりで大東大を引き離しにかかり、5秒差をつけて4位でフィニッシュした。ゴールの直後、今川のもとにチームメイトが集まり、喜びを爆発させた。
DSC_6972
今川のもとにチームメイトが集まる

 今回のレースに関して伊東監督は「理想のレース展開が出来た」と満足顔。しかし、来年の事に関しては「今年のメンバーが5残るが来年も順調に行けるほど甘いものではない」と一言。昨年の優勝メンバー全員を擁しながら2位に敗れた立命大の姿が勝負の厳しさを実感させた。選手たちの口からは「うれしい」という言葉が出てきた。前半で流れを作り、後半に粘る最高のレース運びでシードを獲得したのだから喜びも格別だろう。主務の久保雅美(4年)は「いままでで一番いい練習が出来ていたし、チームワークもいい。何よりみんなからシード権を取るという強い気持ちがあった」と勝因を挙げた。「シード権を取れたことは今回走ったメンバーだけでなくチーム全員のおかげ。いつも私を慕ってくれて本当にかわいい後輩たちに恵まれた」と感謝の気持ちを表していた。
 
次は12月30日に静岡県で行われる富士山女子駅伝。今回の駅伝より1区間増え、選手層が重要になってくるが「今回走らなかった1年生以外にも使いたい選手がいる」と伊東監督は次戦に向けて意欲を出していた。3年生の清水穂高、関真衣子が復調すれば選手層に更に厚みが増すだろう。今回の勢いに乗り、富士山ではどのような走りをするか今から楽しみだ。
DSC_7042


記録
1区(6.4㌔)橋本奈津 区間1位 20分27秒 通過1位 20分27秒
2区(5.8㌔)薮田裕衣 区間7位 18分41秒 通過4位 39分08秒
3区(6.8㌔)棚池穂乃果 区間4位 22分36秒 通過3位 1時間01分44秒
4区(4.8㌔)信岡桃英 区間3位 16分06秒 通過4位 1時間17分50秒
5区(9.2㌔)佐藤季実子 区間11位 30分44秒 通過5位 1時間48分34秒
6区(5.2㌔)今川綾菜 区間6位 17分33秒 総合4位 2時間06秒07秒


DSC_7028

《陸上競技部》林田200mで関西制覇!!

 10月18~21日に2016関西学生陸上競技種目別選手権がヤンマーフィールド長居で行われた。

【男子200m】
 大会最終日に決勝が行われた男子200mでは全日本インカレセミファイナリストの林田隼大(3)がセカンドベストとなる21秒27でこの種目を制した。前日に行われた予選では余力をもって21秒34をマークして1着。続く準決勝も1着で難なく決勝進出を決めた。勢いよくコーナーからスタートを切ると120m過ぎには早くもトップに。そのまま差を広げてフィニッシュした。「記録よりも勝負を優先した」と言い、まだ記録の向上を見込めそうなレースだった。林田は今大会で100mを3本、4×100mRを2本、200mを2本消化したうえで決勝に臨んだ。それにも関わらずベストに近いタイムでまとめられたのは夏場に200m強の加速走を8本以上行い、スタミナだけでなく乳酸に対する抵抗が身に付いたのが要因と分析する。
 大学に入って初めてタイトルを獲得した林田だが「調子に乗らないように謙虚に行きたい」と勝利の満足することはない。当面の目標は20秒中盤を出して日本選手権に出場すること。21秒の壁を破るのも時間の問題だろう。関西を制したスプリンターの今後に注目だ。
DSC_4418

DSC_4432

【男子ハンマー投】
 もはや京産大のお家芸となりつつある男子ハンマー投は岩谷勇希(3)が自己ベストの62m27をマークして昨年の新人戦以来の優勝を果たした。予選では通過記録の57m50を2投目に投げ、決勝へ進んだ。決勝の1投目に61m12をマークしてトップに立つも3投目に逆転を許した。「負けたくない」と意気込んだ4投目以降は61m16、61m74、62m27と3連続で記録を伸ばす投てき。終わってみれば2位と1m以上の差を付けて優勝をもぎ取った。「ターンのリズムを変えたことが功を奏した」と岩谷。自身の成長を実感していた。当面は日本選手権の参加標準記録を狙うという。「久家(辰也)とも戦いたかった」と切磋琢磨しあうチームメイトの奮起に期待していた。全日本インカレ5位の金原裕太(4)は好調ではない中で60m18を投げ3位だった。
DSC_4131

DSC_4443
表彰式の様子。中央が岩谷。右が金原

【男子4×400mR】
 大会のトリを飾る男子4×400mR。3年生3人、2年生1人という布陣で臨んだ。予選は組1着で危うげなく決勝を決めた。迎えた決勝。1走の杉山陽一(3)が4番手前後で帰ってくると2走の蘆田京平(3)が前との差を詰める。3走・足立泰樹(3)は「前半から自分の力を試そうと思った」と攻めの走りを見せる。ラストの直線で疲れて差をつけられたが好位置でアンカーの美馬淳兵(2)へつないだ。入りの200mは足を使わずに余力をもって先頭につく展開。得意の後半で一気にしかけたが、ラスト50mで追い上げてきた龍谷大に優勝をさらわれ、悔しさの残る準優勝となった。蘆田は「自分が前半で流れに乗れず、後悔が残るレースになってしまった」と振り返った。タイムは3分13秒台とやや物足りなさがあるが、本番は週末に行われる日本選手権リレー。今回の経験を糧に全国トップの舞台で勝負したい。
DSC_4506
美馬は僅差で龍大にかわされ2位に
DSC_4479
蘆田から足立へのバトンパス
DSC_4544
表彰式の様子

【男子4×100mR】
 全日本インカレを走った4年生が2人抜け、新しい構成で挑んだ。予選は40秒60で組2着。プラスで拾われて決勝進出となった。コーナーのきつい2レーンに入った京産大。100mで自己ベストを更新した1走の宮城銀時(1)が抜群のコーナーワークで走り出すと200mで自己ベストを更新した2走・大鹿佑志郎(2)が前を追う。3走のエース・林田が抜群の加速とコーナーワークで一気先頭争いに追いついて見せた。「100mで決勝に残れなかった悔しさをぶつけたかった」と意気込んでいたアンカーの西野隼人(2)はバトンを貰い勢いよく加速。30mほどでトップを奪ったが、その後徐々に失速して4位でゴールした。タイムは40秒35と全日本インカレでマークした40秒32に迫る好記録だった。この結果に関しては「いい意味で予想外。急造チームだったので41秒台くらいと思っていた」と林田。心残りがあるとすれば、わずかの差で3位を逃したことだろう。内藤コーチは「ずっとやってきた走順ではない中でこのタイムは良い。今回の結果ならばいいイメージをもって冬季練習に臨める」と手ごたえを感じていた。
DSC_4025
1走を務めた宮城
DSC_4054
アンカーの西野

【男子800m】
 前日に行われた予選、準決勝ではともに組1着に入り、4日目に行われる決勝進出を決めた本井義明(1)。決勝は55-55の1分50秒をターゲットにしていた。入りの400mは54秒とほぼ想定通り。しかし、「ペースアップに対応できなかった」とラスト200mで周りの選手にポケットされてしまう。ラスト100mは苦しい走りとなり、5位でレースを終えた。大会2日目には1500mを2本と4×400mRを1本。3日目に800mを2本走っており、体力的に疲労があったのは間違いないだろう。1500mでは優勝を果たしており、持久力はついてきた。これをいかにスピードと結びつけるかが重要になってくる。来季は「800mと1500mで全日本インカレA標準を狙う。冬季は補強運動をメインにしてもう一度体づくりをしていきたい」と先を見据えていた。
DSC_4326


【男子円盤投】
 新人戦王者の田中涼太(2)が出場した円盤投。2投目に40m66をマークして5位で4投目以降に進んだがその後は「記録を出そうという欲が出てしまった」と意識と体がかみ合わず、記録を伸ばすことが出来ず、8位で試技を終えた。「練習通りのパワーポジションが出きなかった」と悔しげに振り返った。現状の課題は「体の小ささ。体重を10キロほど増やして体を二回り三回りほど大きくさせたい」という。来シーズンでの目標は関西インカレ優勝、西日本インカレ3位。冬季を乗り越え、どこまで力強くなってくるか注目だ。
DSC_3708


結果
男子200m
予選
4組1着 林田隼大(3) 21秒34
7組3着 矢谷克己(2) 21秒99
11組1着 大鹿佑志郎(2) 21秒71
13組1着 杉山陽一(3) 21秒73
14組6着 蓮池佑仁(3) 23秒18

準決勝
3組7着 杉山陽一(3) 22秒08
4組1着 林田隼大(3) 21秒42
4組4着 大鹿佑志郎(2) 21秒91

A決勝
優勝 林田隼大(3) 21秒27

B決勝
6位 大鹿佑志郎(2) 21秒89

男子800m
予選
4組1着 本井義明(1) 1分56秒17
10組5着 中矢結基(3) 1分58秒41

準決勝
2組1着 本井義明(1) 1分54秒20
3組6着 中矢結基(3) 1分58秒81

決勝
5位 本井義明(1) 1分54秒34

男子400mH
予選
1組5着 本間匡(3) 54秒65
4組1着 白本和久(3) 54秒80

準決勝
2組6着 白本和久(3) 57秒95
4組7着 本間匡(3) 57秒32

男子4×100mR
4位 宮城ー大鹿ー林田ー西野 40秒35

男子4×400mR
準優勝 杉山ー蘆田ー足立ー美馬

男子円盤投
8位 田中涼太(2) 40m66
11位 瀧島一輝(1) 38m35

男子ハンマー投
予選
2位 金原裕太(4) 58m83
3位 岩谷勇希(3) 58m49
7位 金丸佳樹(3) 54m83
14位 松浪太樹(1) 52m49
20位 寺岡尚哉(1) 46m31

決勝
優勝 岩谷勇希(3) 62m27
3位 金原裕太(4) 60m18

《陸上競技部》開幕の出雲 関東崩せずも安定したレース運び

 10月10日(月・祝)に男子駅伝初戦となる出雲駅伝が行われた。今季掲げた目標は昨年と同様10位で関東勢を崩すことだ。

 スターターである1区を任されたのは3年生の元木駿介(3)。伊東輝雄監督から集団に積極的につくよう指示を受けていた。指示通りに先頭集団につけ、入りの1kmを2分45秒とややハイペースで通過した。その後、ペースが3分近くに落ち着き、5kmの通過は14分45秒だった。元木は中盤のペースアップに備えていた。しかし、実際にペースが上がると付くことが出来ず、11位での中継となった。2区の奥村杏平(3)は後方から追ってきた早稲田を一度待ってから並走。強風のせいで思うように体が進まないがラスト1kmで自分の持ち味であるロングスパートをかけて早稲田を引き離す。3区の寺西雅俊(4)は昨年も同区間を走っており経験値がある。調子は良くも悪くもなく普通だったというが強風に行く手を阻まれる。前をいく帝京大を追うも、後ろの早大に先行されてしまう。その後帝京大を捉えたが、ラストスパートで差を付けられてしまった。続く4区では島田将志(3)が好走を見せる。「緊張と同時に全国の舞台を走れることに喜びを感じていた」という島田は前を行く帝京大と1秒差でタスキを受けると並走。ラスト400mで帝京大に置いて行かれそうになるもすぐに追いつき、差を広げられることなく5区の宮下朝光(1)へとタスキをつないだ。「島田は練習が継続できていたし、今年に入り自信も付いてきた。出るべくして出た結果だと思う」と分析する瀬戸升航主務。駅伝デビューとなった3年生が好走を見せた。1年生にして駅伝デビューを果たした宮下。帝京大に追いつこうとしたが差を広げられてしまう。自己採点で60点と少しほろ苦いデビューとなったが、今後の伸び代を感じさせるレースだった。最終区、17秒差でタスキを受けた大貫陽嵩(4)は前に少しでも近づこうとペースを刻んだが、逆に話されてしまった。レース後に「もう少しいけると思った」と振り返り不完全燃焼の様子だった。
 瀬戸升主務は「練習でも調子がよく10位という目標を達成できる布陣だけに残念」と淡々と振り返った。今回は1区の11位スタートから一度も順位を上げることが出来ず、11位のままレースを終えたことから駅伝における流れの重要性を再認識させられるきっかけとなった。1区で前の集団につけていたらレース展開もまた変わっていたことだろう。駅伝メンバーの中に今回のレースに関して満足している選手はいない。全日本大学駅伝は出雲よりも距離が長く区間数も増え、選手層が重要になってくる。そのため今回の駅伝メンバーに加えて新たな戦力が必要となる。「全日本の残り2人は上坂優太(2)、西川和希(2)、久保拓海(3)、内藤涼太(1)らがボーダーライン上にいる。特に2年生の2人は今回の出雲で補員に入れていないから悔しさをもって取り組んでほしい」と瀬戸升主務は奮起を期待している。この2人に加え、2年生は日下聖也、井本景が練習を詰めているため、1日も早い駅伝デビューが待たれる。田中悠介(4)も昨年、出雲と全日本を経験しており駅伝メンバーに絡んでくることは間違いないだろう。主将の寺西は「今回の結果を引きずっていても仕方がない。全日本では目標の10位を目標にやっていきたい。個人としては区間5位以内を目指す」と力強く答えた。全日本大学駅伝まで残り3週間。今回達成できなかった10位を目標に、休む暇なく練習に励んでいく。

結果
1区(8.0㌔) 元木駿介(3) 24分05秒 区間11位 通過11位 通過タイム24分05秒
2区(5.8㌔) 奥村杏平(3) 17分40秒 区間11位 通過11位 通過タイム41分45秒
3区(8.5㌔) 寺西雅俊(4) 25分33秒 区間10位 通過11位 通過タイム1時間07分18秒
4区(6.2㌔) 島田将志(3) 18分07秒 区間8位 通過11位 通過タイム1時間25分25秒
5区(6.4㌔) 宮下朝光(1) 19分00秒 区間12位 通過11位 通過タイム1時間44分25秒
6区(10.2㌔) 大貫陽嵩(4) 31分59秒 区間13位 総合11位 総合タイム2時間16分24秒

DSC_7876
11位でゴールした大貫

IMG_2296
開会式の様子。プラカードを持つのはチームを支える瀬戸升主務

DSC_7632
1区の元木(写真中央)は早稲田を抑えての中継

IMGP0055
エースの寺西は昨年同様3区。強風に阻まれ目標タイムを達成できなかったが、前との差を詰めた

IMGP0070
駅伝デビューとなった島田。練習前のアップ時間を増やしたことが今回の結果につながっている。

DSC_7927
閉会式の様子。前から2区・奥村、5区・宮下、4区・島田、1区・元木、3区・寺西、6区・大貫
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ