京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

ソフトボール部

《ソフトボール部》勝利を呼び込んだ主将埒見の先制打!

8月8日に横大路運動公園でソフトボール部の西日本大学ソフトボール選手権大会が行われた。1回戦に高知工科大と対戦した。主将埒見の先制打で流れに乗り3回に3点を奪う。投げては、エース松岡が相手打線を無失点に抑え、4-0で完封勝利。2回戦に駒を進めた。

DSC_0373


大体大 000 000 0|0
京産大 003 100 0|4

スターティングメンバー
1センター 藤野
2セカンンド 山田
3ショート 埒見 
4キャッチャー 杉本
5DH 松尾
6ファースト 小谷
7サード 松本
8ピッチャー 松岡
9レフト 竹崎
FP 谷

DSC_0891




【試合展開】
2回表、先発松岡が先頭打者に四球を与え、次の打者に送りバントを決められる。この試合で始めてピンチを招く。このピンチを救ったのは、センター藤野。1死2塁、この状況で、センター前に落ちるヒットを許すも、センターの藤野が持ち前の強肩でホームに向かうランナーをアウトにする。他にも、セカンド山田やショート埒見の良いプレーで守備から流れを作る。
3回裏、今度は京産大が1死から藤野が死球で出塁。2死2塁の好機で3番の埒見が打席に立つ。「流れを引き寄せたかった」と先制打を放ち、先制点を奪う。主将の一打で流れを引き寄せた京産大。つづく4番杉本、5番松尾の連続タイムリーで2点追加する。
4回にも、9番竹崎のランニングホームランで勢いに乗り、点差を4点に広げる。
4点の援護をもらった松岡は「コースに投げ分けることができた」と7回を無失点に抑え完封勝利。
京産大は難なく2回戦に駒を進めた。

【試合後コメント】
埒見主将「1回戦ということで、1回生が緊張している中、いつも通りチームの雰囲気を盛り上げ、楽しくプレーすることを意識した。(先制打について)主将として、なんとしてでも流れを引き寄せるようバッティングをしたかった。(ズバリ勝因は?)守備でよいプレーがたくさん出て、リズムを作れたこと。(2回戦に向け)いつも通り自分たちのプレーをすれば勝てるので悔いのないプレーをしたい」
DSC_0534


松岡投手「調子は良くなかったが、コントロール重視でコースに投げ分けることができた。(猛暑の影響は?)6回くらいからバテテきたが、踏ん張れた」
DSC_0736


杉本選手「(タイムリーについて)埒見さんが打ってくれたので楽に打てた。前の打席でもタイミングがあっていたので自信はあった。(リード面)松岡のドロップは打てないことがわかっていたのでドロップを有効的に使った」
DSC_0340


ランニングホームランを打った竹崎
DSC_0712


先制のホームインを果たした藤野が松岡とハイタッチ
DSC_0570

《ソフトボール部》波に乗り2連勝でリーグ戦3位!インカレ切符掴む!

5月23日に大阪万博記念公園でソフトボール部の関西学生春季リーグ戦が行われた。京産大は大阪体育大学から松岡の2ランホームランや4番杉本の3打点の活躍で序盤に大量得点を奪う。先発松岡はホームランなどで3失点するも、リードを守りきり、京産大は大体大を9-3で下した。リーグ戦3位でインカレ出場権を手にした。
DSC_7599


京産大 140 301 |9
大体大 001 200 |3

スターティングメンバー
1センター 藤野
2セカンンド 山田
3ショート 埒見 
4キャッチャー 杉本
5DH 松尾
6ファースト 小谷
7サード 松本
8ピッチャー 松岡
9レフト 竹崎
FP 谷
DSC_8258


【試合展開】
初回、京産大は先攻で試合開始する。2番山田が内野安打で出塁し、その後すかさず盗塁。2死3塁のチャンスで4番杉本が打席に立つ。杉本はしぶとく適時センター前ヒットを放ち、先制点を奪う。
2回にも京産大は松岡の特大2ランホームランで2点追加。勢いづいた京産大は、その後、またもや4番杉本の2点適時二塁打で2点追加し、合計4点を奪った。
5点の援護をもらった松岡は「援護をもらったが、最後まで緊張していた」と、リードしていても気の引き締まった投球をみせる。最少失点で相手打者を打ち取り、9-3で大体大を下した。そして、2勝2敗1分けでリーグ戦を3位で終え、インカレの出場権を手にした。リーグ戦の最初の3試合は一勝もできなかったものの、最後に2連勝し土壇場で底力からを見せた。インカレでの活躍に期待したい。


試合後コメント
埒見主将「チームとして勝つしかないという雰囲気の中プレッシャーがあった。序盤、大量得点を入れたのが大きく終盤楽に自分たちのペースでプレイできた。でも、自分個人はプレッシャーもあり、思うようにプレイできなかった。今チームの雰囲気もすごくいいので継続していきたい」
DSC_8140


松岡投手「(ホームランについて)少しも狙っていなかった。タイミングだけを合わせて力強く振った結果ホームランになった。今まで10本くらい打ったことがある。(ピッチングについて)序盤の先制点は大きかった。点差がついても余裕は感じず、最後まで緊張感があった。ほんとうに勝ててうれしい」
width="300" height="200" border="0" alt="DSC_7739" hspace="5" class="pict" />

DSC_7770



杉本選手「(先制打について)自分はいつもチームに打つといっているので、有言実行できてよかった。自分はいつも初球からどんどん積極的に振っていくので、その良さが出た。自分はチーム1のムードメーカーなので、インカレでは僕を筆頭に戦っていきたい」
DSC_8162


瞬足・山田が盗塁成功
DSC_7501


わんぱく小僧・藤野のセンスあるバッティング
DSC_7850


ベンチ一丸となって戦う姿
DSC_7827

DSC_7822


松岡の特大ホームラン
DSC_7662


チーム一のムードメーカーはこの男!杉本!
DSC_7985


大事なところで打つ松尾
DSC_8008


ルーキー小谷
DSC_8228


勝利が決まり、主将埒見と松岡グラブタッチ
DSC_8246


松岡のホームランを祝福
DSC_7707








《ソフトボール部》今季初勝利!松岡意地の完封!

5月19日に大阪万博記念公園でソフトボール部の関西学生リーグ戦が行われた。2敗1分けと未だ勝てていなかった京産大ソフトボール部。ここで負けると2部降格の可能性が出てくる大事な一戦である。独特な緊張感が漂う中、同志社相手を先発松岡が完封で抑え、今季初勝利をおさめた。

同志大 000 000 =0
京産大 010 00×=1

【試合展開】
試合開始早々、先発松岡にアクシデントが起こる。相手4番打者のピッチャーライナーが松岡の左手首に直撃。マウンドには内野手全員が集まり心配された。しかし、その後、松岡は2死1・2塁のピンチを切り抜け0点に抑えた。
2回裏、京産大の攻撃。1死から4回生の松尾が「気持ちで打った」と右線二塁打でチャンスメイクする。その後、相手の守備の乱れから1死3塁とチャンスが広がり、犠牲フライで先制に成功。
援護をもらった松岡は初回のアクシデントを気にさせないくらいの好投で同志社打線を無失点に抑え今季初勝利を挙げた。

試合後コメント
主将埒見「まだ一勝もできていなかったので、今日一点差で勝てたのは大きい。来週大体大に勝つことで入れ替え戦に出なくてもよいので、何としても勝ちたい」

松岡投手「今日負けると2部降格の可能性が出てくるので、とても緊張した。とにかくコントロール重視を心掛けて攻めた。相性が悪い同志社に勝てたのは大きい。(アクシデントについて)正直とても痛かったが、チームメイトには黙っていた。(来週の試合では)今まで京産大は部が設立してから一度も2部に降格したことがないので、伝統を守れるように頑張りたい」

松尾選手「(右線二塁打について)自分は就活で忙しく、ほとんど練習にも参加できていなかった。調子も悪かったが、気持ちで打てた。次も勝つのみ」

《ソフトボール部》立命大下し、三位以上確定!

 10月19日、万博記念公園で関西学生ソフトボール秋季リーグあり、京産大ソフトボール部は最終戦を有終の美で飾った。
DSC_5406

 京産大ソフトボール部は一部残留をかけて、立命館大と対戦。先発の松岡涼介(営2)は初回、コントロールが乱れ先制点を許す。二回にも追加点を奪われ2-0と2点リードを許した二回裏、京産大の攻撃。四番杉本幸紀(経2)、五番松岡の2連打で無死一二塁のチャンスをつくる。その好機で六番松尾能政(営2)。左翼手の頭上を越える2点適時二塁打を放ち同点に追いつく。その後も四球や送りバントでチャンスを広げ、九番山田尚五(経1)の2点適時安打で4-2と逆転。3回以降、味方の援護に応えたい松岡はコントロールの調子が悪いなりに、変化球主体のピッチングで無失点に抑え、4-2と立命館大を下した。同時に、京産大の3位以上が確定し、一部残留が決まった。DSC_5392
DSC_5308
DSC_5164

《産龍戦ソフトボール部》攻守ともに機能し完封勝利

6月28日に行われた産龍戦。第1日の締めに行われたソフトボール部の対決において、京産大の選手は随所で素晴らしい動きを見せた。

     1234567計 
京産大 01010103
龍谷大 00000000

DSC_0102


既に試合を終えた男子ラクロス部メンバーを含む応援団が大きな声援を送るなか、試合が開始される。初回は双方無得点で終えたが、2回表・京産大の攻撃で試合が動いた。6番の藤野が四球で出塁するとすかさず盗塁。さらに相手のミスも重なり先制点を奪う。

主導権を奪った京産大だが、3回裏・龍大の攻撃時にピンチを迎えた。1番の左安打と盗塁で2死ランナー2塁となり同点の危機に。続く2番の打球がレフトに運ばれ、同点を狙った龍大は本塁に突入する。しかし、打球を受けたレフト・合田が強肩で本塁に返球し、見事に失点を防いだ。

この好守でリズムに乗った京産大は4回、藤野の本塁打や6回の4番・左脇の適時打で効果的に加点する。守備では先発の新田が要所をきれいに締め、龍大を0点に抑えた。結果、京産大は3―0と完封勝利となった。

DSC_0142


コメント

主将・左脇「公式戦リーグの気持ちで戦う意識で挑んだ。今回は普段はない応援団の声援がすごい力になったので感謝したい。産龍戦は良い交流の機会になったので次回以降も続けてほしいと思う」

先発・新田「準備不足で体があまり動かないなかで合田の好守に一番助けられた。安打を打たれるのは仕方ないと考え、とにかく四死球を出さないように意識した」
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ