京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

連載コラム

友だち追加

【緊急連載③】赤紺の背中をさらに押そう!「16日はキンチョウで」歴史的瞬間を見届けよう!

 関西Aリーグ戦を5勝2敗の3位で終え、大学選手権出場を決めているラグビー部。赤紺フィフティーンは最初の関門である明日16日慶應戦(12時05分・キンチョウスタジアム)に向けて、最終調整に入っている。

 今回は「赤紺の背中をさらに押そう」企画として、ラグビー部にスポットライトを当てた緊急連載を〝再開〟している。これを読めば、当日のスタジアムで感極まること間違いなし。まずは明日16日の慶應戦に向けて、赤紺ファンのボルテージを最高潮にまで持っていきたいところだ。残り時間は少ないが「16日はキンチョウで」を最初の合言葉に選手、スタッフ、そして大学関係者が一丸となっていけるよう、邁進していきたい。

 緊急連載の第3回は「夢に向かって一直線の思い」に触れたい。指導歴46年の名将が、どんな夢だって叶うまで諦めない大切さを教えてくれる。

DSC_2081


 描いた夢を叶えたい。その思いは、誰しもが抱いているはずだ。ただ、それを諦めてしまう瞬間もある。結局のところ、夢を諦めるとは「自分に負けた」ことなのかもしれない。

 叶えたい夢に、真っすぐ突き進んでいる男がいる。

 大西健先生(68)は、京産大ラグビー部監督就任当初に打ち立てた「3つの夢」を叶えるためにグラウンドに立ち続けている。

 ①いつか同志社の対抗勢力になる。
 ②ラグビーの母国イングランドの地を全員で踏む。
 ③大学チャンピオンシップを勝ち取る。
 
 ①と②はすでに叶えた。残すは③のみ。ただ、そのチャンスは、あと2年しか残されていない。
 
 大西先生は、人生の全てを「赤紺」に捧げてきた。ラグビーを、赤紺を、そして部員たちを―。全て愛してきた。だからこそ、長くに渡って指導ができるのだと思う。68歳。世間で言えば、もう定年してもおかしくない。それでも、学生と同じ目線の高さで、本気で頂点を狙っている。

 努力を続けることは才能だ。高いセンスを持っていれば話は別だが、京産大のラグビーは少し違う。「たたき上げの精神」と書けば、それまでだが、持ち合わせたセンス以上のポテンシャルを試合で見せてくれる。

 「うちは練習でできたことが100%試合でできても、追いつかない。120%の力を試合で出せるように持っていく」。だからこそ、個々を手塩に掛けて育てる。「練習風景が試合中にふぅっと出てくる。やってきたことに間違いがなかったと。そういうチームを目指している」。そこには自然と「ロマン」が生まれる。雑草の魂は、見る者の心揺さぶる。

 一般社会でも、同じようなことが言えるのではないか。エリート街道を突っ走っている同期には、どこかの部分でも勝っていたいところ。そこで不平不満や愚痴を言っていては「2流」のままであるし、隠れた努力をしないと勝機は見えてこない。

 その集団が「努力」することを忘れてしまえば、ただ平凡なチームに成り下がるだけだ。辛い練習を乗り越え、多くの苦労を重ねたのだから、当然、報われる日は来る。力を合わせて、1つの方向に大きなパワーを傾ければ、扉は開いていく。それは、伝統モールと同じだろう。

 京都・上賀茂を拠点として、ある意味で「隠れた努力」をずっと続けてきた。

 先日、練習見学をしていた、とあるラグビー関係者は言う。
 「ここまで同じ思いで続けられるのは本当にすごいこと。京産大のラグビーは『マニア』だと思います。時代が変わる中で全く動じずに、自分たちの武器を信じ切れている。練習を見て、強さの秘訣がわかったような気がします」。

 ブレずに真っすぐに。それが「ひたむきさ」という信念につながるのだと心から思う。

 不安はいらない。前に出るだけだ。3つ目の夢を叶える勝機は、必ずやってくる。

【緊急連載②】赤紺の背中をさらに押そう!「16日はキンチョウで」歴史的瞬間を見届けよう!

 関西Aリーグ戦を5勝2敗の3位で終え、大学選手権出場を決めているラグビー部。赤紺フィフティーンは最初の関門である明日16日慶應戦(12時05分・キンチョウスタジアム)に向けて、最終調整に入っている。

 今回は「赤紺の背中をさらに押そう」企画として、ラグビー部にスポットライトを当てた緊急連載を〝再開〟している。これを読めば、当日のスタジアムで感極まること間違いなし。まずは明日16日の慶應戦に向けて、赤紺ファンのボルテージを最高潮にまで持っていきたいところだ。残り時間は少ないが「16日はキンチョウで」を最初の合言葉に選手、スタッフ、そして大学関係者が一丸となっていけるよう、邁進していきたい。

 緊急連載の第2回は「ラグビーの持つ力」に触れたい。1度、観戦すれば良さがわかる「ラグビー」というスポーツ。きっかけは何だっていい。球技場に来て「赤紺」を応援してほしい。


IMG_5274


 華麗にまわってスピン。トリプルアクセルに、4回転ジャンプの大技。見る人の心を奪ってしまうフィギュアスケートです。

 さて、みなさん。明確なルールはご存じでしょうか。実は私も、採点基準までは詳しくは知りません。でも、テレビのスイッチを入れれば、スケートリンクの上で綺麗な演技をしている姿にうっとり。野球やサッカーはともかく、どんな競技でも最初は、誰もがルールなんて知らない。それでも、一生懸命な姿に見とれてしまうものです。

 ラグビーも一緒です。ラグビーについて知ってることはいくつあるでしょう。ゴールじゃなくてトライ?ボールは後ろにしかパスできない?清宮パパに五郎丸キック?と知っていれば御の字です。

 でもね。試合前の選手たちをよく見てください。気合を入れて、花道を堂々と歩いてスタジアムへ。大半の選手が涙してるんです。ケガで試合に出られない部員のこと。スタンドで声を枯らして応援してくれる部員のこと。そして「赤紺」を背負うプライド。お父さん、お母さん、ここまでラグビーをさせてくれてありがとう…。様々な感情が前面に出ています。それを見ると、ルールなんて詳しく知らなくても「応援したい」という気持ちに自然になれるんです。

 ルールがわからなくてもいいんです。だって、球技場に行けば隣の人が詳しく解説してくれます。困ったら、横に座っている少し怖そうなおじさんに聞いてください。きっと、想像の数倍は優しく教えてくれると思います。

 こんな原稿を書く理由は1つだけ。明日から決戦が始まります。1人でも多くの力を借りたいんです!

 明日16日の予定は今すぐキャンセルして、大阪・キンチョウスタジアムに足を運んでください。12時05分キックオフだから、京都にお住まいの方は10時ごろに自宅を出発予定でお願いします。場所は大阪市営地下鉄の「長居駅」で下車してすぐ。電車を降りると、それっぽい大柄な方々がスタジアムに歩いていくと思うので、こそ~っとついて行ってください。

 交通費にチケット代? 確かに掛かります。でも、ランチを含めて3000円ほどあれば、思う存分に楽しめます。限定の赤紺フラッグはもらえるし、選手紹介のパンフレットも手に入ります。なにより「ラグビー」に、そして「赤紺」という新しい価値に触れることができますよ。

 大袈裟だって?これがそうでもないんです。もしもウソだと思うなら、現地に行って、自分の目で確かめて見てください。絶対にウソじゃない。確信しますから。選手に監督、コーチ陣、そしてマネジャーたちも「ひたむき」です。勝っても負けても、新しくドラマが生まれるんです。

 カップルでもどうぞ。この時期、デートを重ねるうちに行く場所がなくなってくると思います。水族館はこないだ行ったし、映画も彼、彼女とは何回か観た。ユニバはクリスマスに行きたいから来週まで避けたいし…。ってところでしょうか。そんな人たちは「ラグビー」に出会いましょう。きっと、盛り上がります。
 
 意外とみなさん知らないでしょうけど、毎朝眠たい顔して講義に出てくるジャージ姿の部員たちが、スタジアムではスーパーマンのように表情が引き締まります。筋肉はムキムキですし、表情がいい。その顔つきに惚れるかもしれません。クリスマス前、最後の恋人探しにもオススメです。

 さてさて、フラットな気持ちでいっぱい書きましたけど、伝えたいことは1つです。

 まずは明日16日、京産大ラグビー部を心から応援してください ! よろしくお願いします。

【緊急連載①】赤紺の背中をさらに押そう!「16日はキンチョウで」歴史的瞬間を見届けよう!

 関西Aリーグ戦を5勝2敗の3位で終え、大学選手権出場を決めているラグビー部。赤紺フィフティーンは最初の関門である16日慶應戦(12時05分・キンチョウスタジアム)に向けて、最終調整に入っている。

 今回は「赤紺の背中をさらに押そう」企画として、ラグビー部にスポットライトを当てた緊急連載を〝再開〟する。これを読めば、当日のスタジアムで感極まること間違いなし。まずは16日の慶應戦に向けて、赤紺ファンのボルテージを最高潮にまで持っていきたいところだ。残り時間は少ないが「16日はキンチョウで」を最初の合言葉に選手、スタッフ、そして大学関係者が一丸となっていけるよう、邁進していきたい。

 緊急連載の第1回は、人生を赤紺に捧げてきた大西健先生(68)の思いに触れたい。

DSC_0046


 何年、登ったことだろうか。それでも踏み出す足は止まらない。「この、きつい坂がいいんや。結構、足にくるけどな。上に登りたかったら、1歩1歩やな」。勾配のある坂道を、1歩ずつ登る。数々の歴史を生み出した神山グラウンド。左曲がりの長い坂を登り切れば、いつも楕円球が飛んでいる。

 世間は暖冬。とは言え、京都・上賀茂の夜は肌寒い。自然にあふれる白い吐息、びっしょり噴き出る汗。赤紺は「ロマン」を追い求めて走る。真冬でさえも練習着は、びちゃびちゃに濡れた状態。朝、夕の練習で、体は限界を迎えているかもしれない。それでも、まだまだ組む。

 「クラウチ、バイン、セット ! 」

 体をガシッとぶつけ合い「ヨイショ ! 」と押し込むスクラム。強いフィジカルを求めて、何度も、何度も組んでいく。練習着の両肩部分は、すでにボロボロ。京産大FW陣では、ある意味で「勲章」なのだ。

 スクラムに焦点を当てたカメラレンズを、左にまわして視野を広げると、新緑が広がる。

 今夏に張り替えられた神山グラウンドの人工芝。そこには、腕を組んでそびえ立つ男がいる。指導歴46年を迎える大西健先生(68)である。就任からリーグ降格をしたことはない。さらに関西Aリーグでは4度の優勝を遂げた。だが、大学選手権ではベスト4が最高成績。まだ日本一の冠を手にしたことはない。大学教授は70歳で退官を迎える。先生に残された時間は少ない。「あと2年やな…。なんとかして、日本一にならないとな」。グラウンドでは20代のように声を張る。選手に負けない姿を実践してみせるからこそ、選手たちがついてくる。

 何度、苦渋を味わっても、勝利しか見ていない。「目標は絶対に日本一になること。それは、ずっと変わらない。言い続けることに意味がある。監督になってから、諦めたことなんて一度もない」。信じた道を突き進む。決して信念は曲げない。早朝練習に栄養合宿…。部員を「我が子」のように可愛がり、ときには厳しく指導してきた。簡単には言葉にできない思いがある。大西先生は、人生を全て「赤紺」にかけてきた。だからこそ、絶対に夢半ばでは、終わりにはしない。

 今季はリーグ戦5勝2敗で3位。厳しく書けば〝なんとか〟大学選手権出場を勝ち取った。「『良い試合やったなぁ』じゃダメなんや。勝たないと。我々は勝つことでみんなに評価してもらえる。『京産大やりおるな』と。そう思ってもらえる試合をしていかないと」。強いだけでは意味がない。「勝利の味」を知っているからこそ、また味わいたくなるのである。

 何年掛かっても構わない。頂点に向かって一歩ずつ、着実に進んでいく。赤紺を背負う歴代選手たちに、いつも唱え続けてきた言葉がある。

 「いついかなるときも大学チャンピオンシップを目指して戦っていく」

 12月16日の慶應戦(キンチョウスタジアム)で、負けられない激戦が幕を開ける。頂上にたどり着く、その日まで―。もう、あとはない。歴代の「我が子たち」と、これ以上ない絶景を見るまで、ひたむきに前に出る覚悟を決めている。

《連載コラム》スタンド組だって戦力!「左腕38番のメガホン」『前者の戯言』硬式野球シリーズ②

 『前者の戯言』 硬式野球シリーズ② 
 佐渡竜哉(法 4年次)
 スタンド組だって戦力!「左腕38番の特大メガホン」

DSC06177


2017年3月31日。世間はプロ野球開幕を迎え、そわそわしている。
そして、明日。4月1日は京産大の所属する、関西6大学リーグの開幕戦。
大阪・南港中央野球場にて大阪経済大と相対する(12時30分開始予定)。

もう筆者は、卒業したはずなのに…。やはり気になる。
ここで、ずっと書きそびれていたエピソードを紹介したいと、ふと思った。

「わっしょい!わっしょい!わっしょい!」
威勢の良い声がスタジアムに響き渡っていた。特大サイズのメガホンが懐かしい。
その声の発信源は、佐渡竜哉。

試合で活躍する選手もいれば、スタンドで応援する部員もいる。
そんな当然なことを考えながら彼を見ていると、試合に出ることだけが勝利への貢献ではないと思った。

ここで問われているのは「音の力」。あらゆる応援は戦力なのだ。
サッカーやラグビーなどのフィールド競技は試合展開がコロコロと変わるため、一定の応援を続ける、もしくは、湧き上がるようなプレーが発生すれば、大いに盛り上がる仕組みに感じる。
それに比べ、野球というスポーツは攻守交替がはっきりと決まっているため、スタンドから声援を送りやすい。

本人は、どう思うか知らないが。スタンド応援だって立派なポジションの一つだ。
佐渡を見ると、本当にそう思う。

背番号38の左腕投手は目一杯の努力を積み重ねたが、ベンチ入りならずに4年間を終える。
だけど、佐渡は応援団長として。「音の力」を操るレギュラーとして勝利に貢献し続けた。

心に決めたことがある。「スタンドで誰よりも頑張ろう」。
右手のグラブをメガホンに持ち替え、チームの勝利を常に想い続けた。
近くで踊るチアリーダーに見惚れながらも。

カッコいいのは剛腕エース。打席のスラッガー。そう思うのは当然なのか。
誰もスタンドなんて気にしていない。果たして本当にそうだろうか。
その疑問の答えは、昨季のリーグ最終戦で明確になった。

答えを導いてくれたのは勝村監督だった。
インタビューが終わる間際、自然と語り始めた。「それと、あと1人、佐渡って言う選手がいるんです。スタンドになんですけど。4年生でチームのこと、ほんまに考えて動ける選手なんです」。

本人には失礼ながら、最後にオマケとして聞こうとした内容だった。
それを勝村監督が先に答えた。何も聞いてもないのに。それだけ、大きな存在だったのだろう。
佐渡竜哉の存在は選手の背中を押し、観る人をも楽しませたのだった。

DSC06175


「野球は9人のスポーツ」。
いや、それは誤解ではないか。

役割は様々。適性なんて自分では、わからないもの。
与えられたポジションで必死に白球を追うからこそ、ロマンがある。
たとえ背番号が与えられなくても、輝く場所がきっとあるはずだ。

「野球は全員のスポーツ」。

桜もチラホラ咲いている。球春到来。その言葉が相応しい季節へ。
そんなことを考える3月31日。新しいシーズンを迎える、明日が待ち遠しくなった。

《連載コラム》デカい背中で示す「3番プライド」『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑰

 『前者の戯言』 ラグビーシリーズ⑰
 細野裕一朗(法 4年次)
 デカい背中で示す「3番プライド」

細野さん (3)


人生には「ターニングポイント」と呼ばれる分岐点が、いずれ訪れる。その好機を生かすか殺すか、それは本人次第だ。そう何度とないチャンス。巡ってきたタイミングで、それまで以上に、必死に歯を食いしばれるか。

赤紺戦士の中にも「ターニングポイント」で実力以上の力を発揮し、そのポジションを自分のものにした男がいた。京産大のプライド『3』を背負った、細野裕一朗(京都学園)だ。

3細野3


京都学園高では部員が20人ほど。試合こそはできるが、練習相手がいなかった。だからなのだろうか、京産大に入学したとき思ったと言う。「満足に練習ができて、本当に楽しい」。

そんな彼はラグビー歴10年目。「従兄弟がプレーしていて、面白そうに思った」と、ラグビーを始めた中学1年生から、ポジションはずっとPR(プロップ)だ。

DSC_6412


181㎝、108㎏と恵まれた身体で、相手を押し込む。両肩で受ける圧力、強靭な足腰で支えるスクラム。流れるように押し進む、伝統モール。セットプレーから展開することが持ち味の1つ。いわゆる「赤紺の芸術」を奏でたのは、デカい背中で示す『3』の男だった。

細野さん


そんな彼も、下積み時代がある。上の学年には浅岡勇輝(現:近鉄ライナーズ)がいた。浅岡が『3』を背負って活躍していたころの話。細野は「自分が試合に出れるんかなぁ、なんて思ってたこともあります」と、おどけて振り返る。

その後、順調に頭角を現す。関西学生代表に選出され、NZ学生代表との真剣勝負も経験。試合終盤ではあったが、慶應大を押し込んで奪ったトライもある。

細野さん (2)


そんな細野も昨季、思うようなプレーができず、自分自身に不満を抱えていたことがあったと言う。もちろん、そのことを首脳陣は見抜いていた。「お前がしっかりせんとどうする」。当初は重い責任感から、練習に出たくない気持ちもあったと振り返る。だが、そんなとき、大西監督から一言だけ告げられる。

「細野、京産大の『3』はプライドやぞ」。入学時は、あまり理解できなかった言葉。今は、その言葉の重みがわかったという。

細野さん (4)


2016シーズン、リーグ戦での活躍が評価され「ベスト15」に選ばれた。細野は照れくさそうに語る。「京産大の3番として、ベスト15に選んでもらって嬉しい。だけど、あれだけスクラムを押せたのは、後ろのみんなのおかげ。みんなが取らしてくれたベスト15です」。細野は仲間想いの優しい男なのだ。

DSC_9300


『京産大26-22明治大』スタンドを沸かせたラストワンプレー。主審がピッと笛を吹く、わずか前から、なんと細野は両手を突き上げている。一番近い場所で、自分の目で、しっかりと勝利を確信してから、その歓喜を味わったのだった。

3細野2


卒業後も第一線でラグビーを続ける細野。取材を終え「ありがとうございました、また会いましょう!」そう言って別れを告げた後ろ姿には、ユニフォーム姿みたいに『3』という数字が、うっすらと見えた。それほど『3』が似合う選手だった。

両肩で受けたスクラムの重みを、更なる夢へと変えて。掴んだチャンスを離さない。自分の力で、右肩上がりの「未来」へと押し切る。

【緊急企画!】読者プレゼント!サイン入りフラッグに、サイン入り新聞も!!

【緊急企画!】
読者へプレゼント!サイン入りフラッグに、サイン入り新聞も!!

DSC06459

〈左上から眞野選手・李選手・高原選手、左下から下良選手・細野選手・森田選手のサイン入りフラッグ×2名〉

DSC06462

〈眞野前主将サイン入り新聞×2名〉

DSC06461

〈森田慎也選手サイン入り新聞×2名〉

DSC06460

〈下良好純選手サイン入り新聞×2名〉


いつも京産大アスレチックを読んでいただき、ありがとうございます。
赤紺ファン必見!今回は合計8名の方に豪華グッズが当たる、特別企画を開催します!
(協力してくださった皆様、ありがとうございました)

※※※応募方法※※※

⑴Twitterで読んでくださった方は「京産大アスレチック」のアカウントに向けてDM(ダイレクトメッセージ)をお願いします。

①名前②欲しいグッズ③応募への意気込みを書いて、送信お願いします。


⑵Facebookや当ブログで読んでくださった方は、メールにて応募よろしくお願いします。

g1325235@cc.kyoto-su.ac.jp ←まで!

件名:京産大ラグビーサイン①名前②欲しいグッズ③応募への意気込みを書いて、送信お願いします。

※なお、応募期間は2月5日(日)まで。
当選者の発表は2月中旬を予定しています。当選者にはメール(Twitterの場合はDM)にて連絡、そして受け取り方法を指定していただきます。郵送または大学キャンパスにてお渡しとなっています。(郵送費はこちらで負担します!)

たくさんのご応募お待ちしています!!

DSC06452

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ