京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局のBLOGです。

連載コラム

《連載コラム》スタンド組だって戦力!「左腕38番のメガホン」『前者の戯言』硬式野球シリーズ②

 『前者の戯言』 硬式野球シリーズ② 
 佐渡竜哉(法 4年次)
 スタンド組だって戦力!「左腕38番の特大メガホン」

DSC06177


2017年3月31日。世間はプロ野球開幕を迎え、そわそわしている。
そして、明日。4月1日は京産大の所属する、関西6大学リーグの開幕戦。
大阪・南港中央野球場にて大阪経済大と相対する(12時30分開始予定)。

もう筆者は、卒業したはずなのに…。やはり気になる。
ここで、ずっと書きそびれていたエピソードを紹介したいと、ふと思った。

「わっしょい!わっしょい!わっしょい!」
威勢の良い声がスタジアムに響き渡っていた。特大サイズのメガホンが懐かしい。
その声の発信源は、佐渡竜哉。

試合で活躍する選手もいれば、スタンドで応援する部員もいる。
そんな当然なことを考えながら彼を見ていると、試合に出ることだけが勝利への貢献ではないと思った。

ここで問われているのは「音の力」。あらゆる応援は戦力なのだ。
サッカーやラグビーなどのフィールド競技は試合展開がコロコロと変わるため、一定の応援を続ける、もしくは、湧き上がるようなプレーが発生すれば、大いに盛り上がる仕組みに感じる。
それに比べ、野球というスポーツは攻守交替がはっきりと決まっているため、スタンドから声援を送りやすい。

本人は、どう思うか知らないが。スタンド応援だって立派なポジションの一つだ。
佐渡を見ると、本当にそう思う。

背番号38の左腕投手は目一杯の努力を積み重ねたが、ベンチ入りならずに4年間を終える。
だけど、佐渡は応援団長として。「音の力」を操るレギュラーとして勝利に貢献し続けた。

心に決めたことがある。「スタンドで誰よりも頑張ろう」。
右手のグラブをメガホンに持ち替え、チームの勝利を常に想い続けた。
近くで踊るチアリーダーに見惚れながらも。

カッコいいのは剛腕エース。打席のスラッガー。そう思うのは当然なのか。
誰もスタンドなんて気にしていない。果たして本当にそうだろうか。
その疑問の答えは、昨季のリーグ最終戦で明確になった。

答えを導いてくれたのは勝村監督だった。
インタビューが終わる間際、自然と語り始めた。「それと、あと1人、佐渡って言う選手がいるんです。スタンドになんですけど。4年生でチームのこと、ほんまに考えて動ける選手なんです」。

本人には失礼ながら、最後にオマケとして聞こうとした内容だった。
それを勝村監督が先に答えた。何も聞いてもないのに。それだけ、大きな存在だったのだろう。
佐渡竜哉の存在は選手の背中を押し、観る人をも楽しませたのだった。

DSC06175


「野球は9人のスポーツ」。
いや、それは誤解ではないか。

役割は様々。適性なんて自分では、わからないもの。
与えられたポジションで必死に白球を追うからこそ、ロマンがある。
たとえ背番号が与えられなくても、輝く場所がきっとあるはずだ。

「野球は全員のスポーツ」。

桜もチラホラ咲いている。球春到来。その言葉が相応しい季節へ。
そんなことを考える3月31日。新しいシーズンを迎える、明日が待ち遠しくなった。

《連載コラム》デカい背中で示す「3番プライド」『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑰

 『前者の戯言』 ラグビーシリーズ⑰
 細野裕一朗(法 4年次)
 デカい背中で示す「3番プライド」

細野さん (3)


人生には「ターニングポイント」と呼ばれる分岐点が、いずれ訪れる。その好機を生かすか殺すか、それは本人次第だ。そう何度とないチャンス。巡ってきたタイミングで、それまで以上に、必死に歯を食いしばれるか。

赤紺戦士の中にも「ターニングポイント」で実力以上の力を発揮し、そのポジションを自分のものにした男がいた。京産大のプライド『3』を背負った、細野裕一朗(京都学園)だ。

3細野3


京都学園高では部員が20人ほど。試合こそはできるが、練習相手がいなかった。だからなのだろうか、京産大に入学したとき思ったと言う。「満足に練習ができて、本当に楽しい」。

そんな彼はラグビー歴10年目。「従兄弟がプレーしていて、面白そうに思った」と、ラグビーを始めた中学1年生から、ポジションはずっとPR(プロップ)だ。

DSC_6412


181㎝、108㎏と恵まれた身体で、相手を押し込む。両肩で受ける圧力、強靭な足腰で支えるスクラム。流れるように押し進む、伝統モール。セットプレーから展開することが持ち味の1つ。いわゆる「赤紺の芸術」を奏でたのは、デカい背中で示す『3』の男だった。

細野さん


そんな彼も、下積み時代がある。上の学年には浅岡勇輝(現:近鉄ライナーズ)がいた。浅岡が『3』を背負って活躍していたころの話。細野は「自分が試合に出れるんかなぁ、なんて思ってたこともあります」と、おどけて振り返る。

その後、順調に頭角を現す。関西学生代表に選出され、NZ学生代表との真剣勝負も経験。試合終盤ではあったが、慶應大を押し込んで奪ったトライもある。

細野さん (2)


そんな細野も昨季、思うようなプレーができず、自分自身に不満を抱えていたことがあったと言う。もちろん、そのことを首脳陣は見抜いていた。「お前がしっかりせんとどうする」。当初は重い責任感から、練習に出たくない気持ちもあったと振り返る。だが、そんなとき、大西監督から一言だけ告げられる。

「細野、京産大の『3』はプライドやぞ」。入学時は、あまり理解できなかった言葉。今は、その言葉の重みがわかったという。

細野さん (4)


2016シーズン、リーグ戦での活躍が評価され「ベスト15」に選ばれた。細野は照れくさそうに語る。「京産大の3番として、ベスト15に選んでもらって嬉しい。だけど、あれだけスクラムを押せたのは、後ろのみんなのおかげ。みんなが取らしてくれたベスト15です」。細野は仲間想いの優しい男なのだ。

DSC_9300


『京産大26-22明治大』スタンドを沸かせたラストワンプレー。主審がピッと笛を吹く、わずか前から、なんと細野は両手を突き上げている。一番近い場所で、自分の目で、しっかりと勝利を確信してから、その歓喜を味わったのだった。

3細野2


卒業後も第一線でラグビーを続ける細野。取材を終え「ありがとうございました、また会いましょう!」そう言って別れを告げた後ろ姿には、ユニフォーム姿みたいに『3』という数字が、うっすらと見えた。それほど『3』が似合う選手だった。

両肩で受けたスクラムの重みを、更なる夢へと変えて。掴んだチャンスを離さない。自分の力で、右肩上がりの「未来」へと押し切る。

【緊急企画!】読者プレゼント!サイン入りフラッグに、サイン入り新聞も!!

【緊急企画!】
読者へプレゼント!サイン入りフラッグに、サイン入り新聞も!!

DSC06459

〈左上から眞野選手・李選手・高原選手、左下から下良選手・細野選手・森田選手のサイン入りフラッグ×2名〉

DSC06462

〈眞野前主将サイン入り新聞×2名〉

DSC06461

〈森田慎也選手サイン入り新聞×2名〉

DSC06460

〈下良好純選手サイン入り新聞×2名〉


いつも京産大アスレチックを読んでいただき、ありがとうございます。
赤紺ファン必見!今回は合計8名の方に豪華グッズが当たる、特別企画を開催します!
(協力してくださった皆様、ありがとうございました)

※※※応募方法※※※

⑴Twitterで読んでくださった方は「京産大アスレチック」のアカウントに向けてDM(ダイレクトメッセージ)をお願いします。

①名前②欲しいグッズ③応募への意気込みを書いて、送信お願いします。


⑵Facebookや当ブログで読んでくださった方は、メールにて応募よろしくお願いします。

g1325235@cc.kyoto-su.ac.jp ←まで!

件名:京産大ラグビーサイン①名前②欲しいグッズ③応募への意気込みを書いて、送信お願いします。

※なお、応募期間は2月5日(日)まで。
当選者の発表は2月中旬を予定しています。当選者にはメール(Twitterの場合はDM)にて連絡、そして受け取り方法を指定していただきます。郵送または大学キャンパスにてお渡しとなっています。(郵送費はこちらで負担します!)

たくさんのご応募お待ちしています!!

DSC06452

《連載コラム》任せたぞ!卒部生が選ぶ、期待の後輩たち!『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑯

《連載コラム》任せたぞ!卒部生が選ぶ、期待の後輩たち!
『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑯

・眞野拓也(東海大仰星)
・森田慎也(洛北)
・李智栄(大阪朝鮮)
・高原慎也(桂)
・下良好純(東海大仰星)
・細野裕一朗(京都学園)

DSC06452

〈前列左から、森田・眞野・高原、後列左から、下良・細野・李〉

先日、大学HP課外活動サイト「クラブの星」に投稿する(2月下旬掲載予定)取材をさせて頂きました。
取材に協力してくださった皆様、長い時間ありがとうございました。

そこで今回は番外編!!
卒部生6人からメッセージ。
そして、期待する後輩をズバリと聞いてみました!


【李智栄】
時間は限られているので、ラグビー第一の生活を送ってほしい。ラグビーにのめり込んで、関西制覇、日本一のチームを作ってほしい。

〈期待するプレーヤー〉
朝高プライドを持った4人(金大揮、具一樹、金勇一、李昌赳)。自分と同じ、朝高→京産大ラインには、本当に頑張ってほしい。やれば絶対できるんだから、期待してます!


【細野裕一朗】
FWのみんな!全員で頑張ってください!大西先生と田倉コーチの練習は絶対にウソをつかないと思います。厳しくてしんどいけど、やり遂げてほしい。

〈期待するプレーヤー〉
本当はFWみんなと言いたいけど、特に横山慶太郎(京都成章)、酒井健汰(春日丘)!努力家なのを知っているので。プロップみんな頑張ってください!


【下良好純】
苦しいとき誰かのせいにして逃げ出さず、矢印を自分に向けて最後までやり切ってほしい。必ず良い方向に進むと思います。

〈期待するプレーヤー〉
田畑凌(報徳学園)です。年始に地元で一緒にトレーニングした仲なんで。今年が初めてでしたけど、田畑から声を掛けてきて珍しいなと。自分も頑張るので、と言っていました。


【高原慎也】
今は辛いことが多いかもしれません。でも、最後まで後悔しないように目標のために走り抜けてほしい。

〈期待するプレーヤー〉
馬淵晃寛(桂)です。ケガが多くて悔しいシーズンが多いと思うけど、本当は僕よりセンスがあります。高校のときから見てるけど、やっぱり馬淵には、がんばって欲しい。期待してます!


【森田慎也】
ひたむきにやり遂げて、見てくれる人に勇気や感動を与えるプレーヤーなってほしい。このチームは練習が厳しいけど、勝ったときの嬉しさは倍増する。努力は裏切らないです。

〈期待するプレーヤー〉
坂本英人(御所実)です。ラグビー人生で出会った最高のウィング。どの選手にも負けない凄さ。頼りになるし、センス抜群。静かな中にも、熱いものがある。


【眞野拓也】
僕たちを良い意味で踏み台として、優勝して先生を胴上げして、喜んでほしい。今を頑張れる人になってほしい。

〈期待するプレーヤー〉
田久保智也!(東海大仰星)高校ではリザーブだったけど、京産では最後に大暴れしてポジションを勝ち取ってほしい。持ち前の「ひたむきさ」を存分に!



※ちなみに新主将の中川将弥(御所実)に対しては「主将は頑張って当たり前」と、愛のあるエールが送られていました。長い時間、取材を受けてくださり、ありがとうございました!

先輩からのエールを胸に、頑張れ「中川組」!!

《連載コラム》卒部おめでとう!眞野組ありがとう!『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑮

《連載コラム》卒部おめでとう!眞野組ありがとう!
『前者の戯言』ラグビーシリーズ⑮

DSC06449

〈眞野組、卒部おめでとう!〉

涙が似合う、男たち。「眞野組」は、そんなイメージだ。

昨季は、開幕試合で同志社に31-33と、2点差の惜敗。ラストプレーでの逆転負け。夏の菅平合宿から…いや、新チーム結成から。あの試合に男たちは全てを懸けていた。

記憶を辿る。9月25日の宝ヶ池球技場。ロッカールームから出てくる23人の表情が忘れられない。悔し涙があった。だが、負けても前を向く。それが男たちの使命であり、スポーツの醍醐味だから。

純粋に思う。「赤紺」の心に火をつけるのは、いつの時代もライバル同志社だ。激しい意地のぶつかり合い。だからこそなのだろうか、同志社戦は観客が倍増する。

「赤紺」と「紺グレ」の熱い闘いを現地で感じ、元気をもらえるのだろう。勝って喜ぶのは当然のこと、負けても懸命な姿に勇気がもらえる。それは、どの世界を探しても到底見つからない「ひたむきさ」があるからだ。

天理大にも敗れ、連敗スタート。嫌なムードが漂った。
それでも前だけを見る。「ここから全部勝てば、大学選手権には出られる。そこで、もう一度、自分たちの信じてきたラグビーを見てもらいたい」副主将のFL李智栄が胸を張って言い放った。

この時点では0勝2敗。もし、次に一つでも負ければ大学選手権出場すら怪しい状況になる。それでも、前しか見ていなかった。芯の強い選手たちだ。ケガを恐れず、壮烈なタックルで挑む。

笑顔でインタビューに応じた最後「試合中、負けるなんて一度も思ってプレーしたことありません。最後の1秒まで」と、きりっと真剣な眼差しで語った。不安なんて、そんなもの、この男にはなかったのだった。

そこから破竹の5連勝で、大学選手権出場の切符を勝ち取る。有言実行を果たしたフィフティーン。似合わない言葉がないぐらいに格好よかった。

「好きだからこそ頑張れる」。FB森田が、よく口にした言葉。半年間留学した、NZからの贈り物は「ラグビー愛」だった。誰もが心からラグビーを楽しめる環境。今でも思い出すという。

迎えた大学選手権。相手は過去6戦全敗だった明治大学。前半にミスが重なり、あっさりと失点。0ー12となったときは、見ているだけの自分だが素直に焦った。

だけど、ここからが違った。モールを形成して押し込んでいき、自分たちの形で1トライを返す。7-12になったとき「根拠のない自信」が舞い降りてきた。「勝つ」と心が自然に思っていた。

歴史に残る。だからこそ、写真に残さなくては。そう考えて構えていると、赤紺たちがパスとランでフェーズを重ねてきた。レンズ越しに段々と大きく見えてくる。

80mを激走。坂本英人のトライシーンでは、ズームが要らなかった。伊藤鐘平のタックルで奪ったボール。拾った瞬間から、連写を開始した。

「きた!きた!あやと、きた!」周りのカメラマンさんには申し訳ないと今でも思っているが、冷静ではいられなかったのだ。本当は飛び上がりたいぐらい興奮する光景だった。

『京産大26-22明治大』
あの瞬間に生まれた「京産コール」。あの歓声は忘れもしない。

誰もが必死に涙をこらえた。だけど、溢れてくる熱いものを隠しきれない。「男は泣くもんじゃない」そんなことは大きなウソだと思わせてくれた。感情に素直になること。あの涙が教えてくれた。心が大きく動いたとき、胸を張って泣いていいんだと。

赤紺戦士も、スタンドの観客も。誰もが泣いた。負けで始まった涙。計り知れない悔しさがあっただろう。自分たちの力で「歓喜の涙」に変えた。まぎれもなく君たちは「勇者」だった。

感動をありがとう。卒部おめでとう!


《眞野組23人が4年間を振り返る》

DSC06436

〈眞野拓也(東海大仰星)〉

DSC06420

〈森田慎也(洛北)〉

DSC06408

〈李智栄(大阪朝鮮)〉

DSC06402

〈長田恒輝(洛北)〉

DSC06396

〈高原慎也(桂)〉

DSC06390

〈荒木偉孝(九州国際大付属)〉

DSC06388

〈細野裕一朗(京都学園)〉

DSC06382

〈蔡淳志(大阪朝鮮)〉

DSC06374

〈城間広志(大阪桐蔭)〉

DSC06371

〈図師裕太朗(浮羽究真館)〉

DSC06365

〈山本湧太(大産大附属)〉

DSC06363

〈山野将太朗(京都成章)〉

DSC06356

〈下良好純(東海大仰星)〉

DSC06353

〈絹川誠吾(洛北)〉

DSC06350

〈金将一(大阪朝鮮)〉

DSC06347

〈三木雄太(太成学院)〉

DSC06345

〈大西竜二(大産大附属)〉

DSC06342

〈平井暁大(常翔啓光学園)〉

DSC06334

〈青谷貴文(石見智翠館)〉

DSC06329

〈松本拓也(大商大付属)〉

DSC06323

〈森川敏行(大商大付属)〉

DSC06321

〈西田鉄平(伏見工業)〉

DSC06314

〈前中良太(向陽)〉


卒部式でも語った、眞野前主将の言葉。「大西先生を胴上げしたい」。ずっと言い続けた言葉に、また胸が熱くなった。この言葉は、後輩たちの心にも届いている。

卒部おめでとう!春から、眞野組23人はそれぞれの道へ。新たなステージでも「赤紺」を胸に、大きく羽ばたいてください!
INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ