京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

友だち追加

京都産業大学

《硬式野球部》山本4安打の活躍を見せるも商大に完敗

 関西六大学野球春季リーグ第7節1回戦の大阪商業大学戦(19日、皇子山)が行われ、2-5で敗れた。攻撃陣は再三のチャンスを生かしきれず、2得点に終わった。先発の宮所は、初回3安打を浴びるも1失点で切り抜け、7回4失点の粘投。前節で神院大が勝利し、優勝の可能性がなくなった京産大。明日の2回戦に負ければ、目の前で商大の優勝が決まる屈辱を味わうことになる。商大の好投手を攻略し、総力戦で勝利を掴みたい。

スタメン

1(右) 山本  4打数4安打1打点
2(二) 川上  3打数2安打
3(D) 杉野  4打数0安打
4(一) 西元  3打数1安打1打点
5(三) 笹原  4打数0安打
6(中) 田井中 4打数1安打 
7(左) 川岸  3打数0安打
8(捕) 横山  4打数1安打
9(遊) 森   3打数1安打

H 酒井  1打数0安打
H 宇都宮 1打数0安打

先発・宮所 イニング:7 奪三振:3 被安打:10 失点:4
2番手・藤本 イニング:1回1/3 被安打:1
3番手・紀本 イニング:0回2/3

試合経過
 初回、先発の宮所は味方のエラーも絡み1死三塁のピンチをつくる。ここで、左前タイムリーを許し1点を失う。さらに2死満塁となるが、三振を奪い最少失点で切り抜けた。3回には、左越え2ランを被弾し3点のリードを許す。その裏、無死1塁から山本が2塁打を放ち差を2点に縮める。打ったのは甘く入ったスライダー。点を入れられた直後だけに大きな一打となった。4回からは両投手が好投し6回まで0が並ぶ。7回、追加点が入り再び3点差となる。8回には1死2.3塁から西元の犠牲フライで1点を返すが、反撃はここまで。9回にも追加点を許し2-5でゲームセット。

S_7983273051531
7回を4失点でまとめた宮所

S_7983269882701
8回からリリーフ登板した藤本

S_7983272429470


S_7983269991921
8回に2追加点となるホームを踏む山本

S_7983273397994


コメント

勝村監督「勝たないといけないので、勝つことに集中して臨んだ。優勝はなくなったが、最後まできっちりやりきるということと、来季にしっかり結びつくような戦いをしていかなければならない。宮所は点は取られたが、直球は良いボールを投げられていた。変化球が打たれているので、反省しなければならない。攻撃陣はチャンスこそ作れていたが、今季はずっとあと1本が出ない。チャンスで走塁ミスが出るのも改善しなければならない。守備は、エラーが点に結び付くシーンもあったので気を引き締めて明日もやっていきたい。明日は総力戦でやっていく。」

横山「優勝を逃したのは、自分達が持っているものを出し切れなかった結果。自分たちのせいで優勝を逃した。力を出しきれていない(50%)。力を出しきるために練習で120%の力を出す。守備で粘れたのが良かったが、攻撃の部分で一本が出ない。抑えれる失点を抑えないと勝てない。明日は積極的に行く。」

山本「3回のタイムリーは甘くきたスライダーを打った。狙い球を絞るのではなく、打てるボールに合わせた結果だと思うので良かった。格上相手でも勝てるよう明日もやっていきたい。」

宮所「一昨日、先発で行くことを告げられ、いつも通り準備して試合に臨んだ。今日は変化球が真ん中に集まってしまったことが課題。ストレートは良く、押すことができた。明日、明後日もいつでも投げられるよう準備をしっかりする。」


《準硬式野球部》関西大会、宿敵・同大に敗れる

 第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会1回戦の同志社大学戦(14日、大阪シティ信用金庫スタジアム)が行われ、1-5で敗れた。この結果、チームは19日より行われる2次トーナメントにまわることが決まった。

同大 020 000 102 = 5
京産 010 000 000 = 1

スタメン

1(右) 中林紘夢(福井商業) 4打数2安打
2(遊) 磯野幹大(報徳学園) 4打数0安打
3(三) 西村昴(東海大仰星) 4打数1安打
4(一) 上村直輝(交野)   4打数0安打
5(中) 高野航平(明徳義塾) 4打数3安打
6(捕) 土井敬太(乙訓)   3打数0安打
7(D) 河合壮太(高田商業) 4打数0安打
8(左) 前田大地(比叡山)  4打数1安打1打点
9(二) 井上博喜(京産大附) 2打数0安打

先発・吉井稜央佑(滝川第2)   6回3分の2 3失点
2番手・山下晴樹(岡山芳泉)   2回3分の1 2失点

DSC_6530


試合経過
 2回表、制球の定まらない先発・吉井がエラーもからんで2点を失う。「立ち上がりは苦手で今日も悪いところが出た」と苦しいスタートになった。追いつきたい京産大はその裏、先頭の高野が中前打で出塁。続く土井が送りバントを決め1死2塁のチャンスをつくる。7番河合の内野ゴロの間に3塁までランナーを進めると、前田のタイムリー2塁打で1点差に迫る。1-2で迎えた6回表、1死満塁のピンチを招くと背番号20の山下にスイッチ。「腕を振ってしっかり投げた」と4-6-3のダブルプレーに打ち取り、追加点を許さない好リリーフを見せた。ピンチをチャンスに変えたい京産大だが、終盤チャンスを作ることが出来ず、1-5で敗退が決まった。

DSC_6538


DSC_6504


DSC_6547


コメント
上村主将「相手の配球に対応できず良いところを見せられなかった。初回2点を失ったのが痛かった。就職活動で抜けている4年生が多い中、後輩が自分たちのために頑張ってくれていたが、僕がもう一押しカバーできなかったのが敗因だと思う。ターニングポイントは、7回に追加点を許した場面と最終回に僕がエラーをした場面。流れが完全に同志社にいってしまった。相手が昨秋負けた同志社だと分かっていたので、いつも以上に気を引き締めて練習からやってきた。どうしても勝ちたくて頑張ったが、結果が出なくて残念。同志社の集中力が自分達を上回っていた。次戦まであまり時間はないが、精神的な部分も含めてしっかりと準備したい。」

吉井「立ち上がりが不安定なところとスタミナ不足が露呈した。暑いのが苦手なので、しっかりスタミナをつけて夏を乗り切りたい」

山下「6回のピンチを抑えることができ、ほっとした。きっちり抑えて流れを変えたい中で、7回、9回に打たれてしまったのは反省点。変化球のコントロールが悪くなってしまった結果なので、しっかり修正したい。」

試合予定
5月19日(土)午前10時~ 対戦校:関西大学 会場:寝屋川第一野球場

INFORMATION
ブログリニューアルしました!
取材・活動報告等、随時更新していきます。

京都産業大学体育会本部編集局のホームページはコチラ





※本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ