京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

硬式野球

友だち追加

《硬式野球部》“愛され、応援されるチーム”神宮大会出場ならずも最後まで粘り強い野球 日本一は後輩に託された!

10月30日、関西地区代表決定戦が南港中央公園野球場で行われた。京産大は神宮出場へ最後の切符である第2代表の座をかけ関国大と激突した。
DSC_1535


京産大 001000001 = 2
関国大 000000021×= 3


【試合成績】
1中堅手 山本(鳥取城北) 3打数1安打1打点1四球
2遊撃手 宇都宮(宇和島東) 4打数0安打
3左翼手 杉野(近江) 3打数1安打
左翼手 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4一塁手 西元(福知山成美) 4打数0安打
5右翼手 川岸(京都成章) 4打数1安打
 代走 片山(高松商業)
 右翼手 間部(金光学園)
6捕手 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1打点
7.三塁手 笹原(福知山成美) 2打数1安打1四球
8二塁手 酒井(桜宮) 1打数0安打
9投手 川辺(東山) 2打数0安打
 投手 長谷川(藤蔭)
 投手 北山(京都成章)1打数0安打


 神宮行き最後の切符をかけ京産大は壮絶な試合を繰り広げた。相手は初戦で完封負けを喫している関国大。このときと同様、関国大の先発のマウンドには武次がいた。完封負けのリベンジを果たし、神宮行き決めると京産大の選手は気合十分。しかし簡単にはいかなかった。
 先制点を挙げたのは京産大。3回表に先頭の7番笹原がセカンドゴロで一塁へヘッドスライディング。判定はセーフ笹原が吠えた。気迫でもぎ取った無死1塁のチャンス。活かさないわけにはいかない。続く8番酒井は送りバント、9番川辺は進塁打を放って二死3塁とした。ここで打席には1番山本が入る。セカンドへの内野安打で1点を先制した。関西地区代表決定戦4日目にして初めての先制点。“神宮に行きたい”選手たちの強い思いでもぎ取った1点だった。試合前日に笹原は「トップレベルの投手」と語るなど、なかなか得点することが難しいのはわかっていた。外野まで打球が飛ばなくとも得点できるのが野球。選手は全力だった。
DSC_0191
DSC_0227

 京産大の先発マウンドにあがったのは川辺。「明日は任せるぞ」チームメイトに言われていた。粘りの投球を貫く。川辺は初回のピンチを凌ぐなど6回3分の1を無失点と試合を作る。3回表に先制点を奪ったもののその後はなかなか得点を奪うことができず、川辺、武次の投げ合いとなった。
 1-0のまま迎えた8回裏、京産大のマウンドにはリーグ戦からフル回転を続ける北山がマウンドに上がっていた。一死満塁からヒットと犠飛で2点を奪われ、逆転されてしまった。だが粘って粘って粘って追いついてここまできた京産大がこのまま終わるわけがない。1点を追いかける9回表二死から5番川岸がセンター前ヒットで出塁。勝村監督は迷わず、片山を代走に送る。アウトになればそこで試合終了。それでも初球に左腕・武次から完璧なスタートで盗塁を決める。「片山が決めて楽になった。もう一度北山をマウンドへ」と打席の主将横山は思っていた。横山はツーストライクと追い込まれてから、ここまで苦しめられてきたスライダーを捉える。片山は快足を飛ばして2塁から一気にホームへ。横山が意地の一打を放って土壇場で同点に追いついた。

DSC_1470
DSC_0689

DSC_1511

 9回裏を0に抑えて延長戦に持ち込みたい京産大。北山は二死までは順調にアウトを重ねた。だが野球の神様は神宮行きを認めてくれなかった。関国大の2番打者の大飛球はライトスタンドへ、サヨナラホームランを浴びた。マウンドでは北山が膝に手を置きうなだれ、選手の目からは涙がこぼれた。マウンドの北山に真っ先に駆け寄り「大丈夫だ」と声をかける湯川(投手リーダー)。「北山で打たれたなら仕方ない」と語る横山。4回生は最後の最後まで下級生を支えチームを引っ張った。
 春リーグ勝ち点2しか奪えなかったチームが、全国大会まであと一歩のところまで勝てるチームになった。実はこの秋(リーグ戦、関西地区代表決定戦)の12勝中7勝が逆転勝ち。先制されても最後まで絶対に諦めず逆転するマインドは結果にも現れていた。試合後勝村監督は「よくここまで成長した」と粘り強く戦った選手を称えた。
DSC_0746



勝村法彦監督
「厳しいゲームばかり、勝たせてやれなかった。悔しいですね。北山も厳しいところばかりに登板して抑えてくれていた。イニングはそんなに投げてないが、厳しい場面で出て行っている。長谷川も含め一年生がよくやってくれた。横山を中心にやってきて、リーグ戦も厳しいゲームばかりだったが、粘り強く戦うことができた。本当に成長した。関西地区代表選手権はラスト3戦、ここまで粘ることができた。
川辺はいけるとこまでと思っていた。ボールが浮き始めたので交代した。(初戦で完封負けしている相手)スライダーはだいぶ見切っていた。ストレートを狙っていこうと話していたが、2回からは変化球が多くなった。
片山には2球目までに行けと言ってあった。本当によく走った。横山もよく打ってくれた。最後は4回生がしっかり見せてくれた。リーグ開幕当初は怪我人が多くいて、、、よくここまで諦めずにやったと思う。力がついてきた。下級生はいまの4回生の姿をしっかり見ている。応援団など学校の関係者が全試合足を運んでくれた。最後は神宮に行けず申し訳ない。」
DSC_0044



河本優佑主務
「歴代で一番、監督さんに反抗した主務だと思う。それでも飽きずに何度も正面から向き合ってくれた。4シーズンも主務を務めさせてもらった。監督さんがよく誰からも応援されるチームになろうと言っている。監督や平山コーチ、光原コーチが学生自身がどんな場面でも必ず声をかけてくれて、あきらめずにやれるいいチームだと思う。
自分の下にはマネージャーがいなくて不安な部分もあったが、2人入ってきて成長してくれた。本当に今のマネージャー陣はしっかりしてくれている。人材を残していけと言われてきて、いいマネージャー陣になって優勝できたのは、いい経験できたと思う。自分が入った時、竹林さんがいた時はマネージャーのマの字もわからない状態だった。そのあと遠藤さんとはぶつかり合いながらも2人で見直していった。後輩の自分が言うのは変だが、お互い1:1で尊敬しあえる関係。いまは後輩マネージャーと尊敬しあえる関係になった。信頼している。」
DSC_0166


横山裕也主将
「(9回表同点打)北山にはずっと助けてもらっていた。8回に2点取られて、捕手としてもう一度北山を投げさせたいと思った。自分で決めてやろうと言うのではなく後ろに繋ごうと。片山が盗塁を決めてくれて気持ちが楽になった。打ったのはスライダー、狙っていたのではなく来た球に反応した。本当に無心で、スライダーを打ったことは覚えているが、、、声援が力になったんだと思う。同点にして9回に繋げられた。
(9回裏のサヨナラのシーン)二死取ってから北山のまっすぐをあれだけ完璧に捉えられたら仕方ない。北山はこれからもっとすごい投手になる。期待している。
春は勝ち点2で監督さんからは弱いチームということを言われてしまった。力と経験は十分ある。秋に向かう中で関東遠征はここまで強くなった1つの要因になった。同じ学生なのに動きが違う。自分たちのやれることをやっていこうと言うことでやってきた。
関西六大学野球の代表として最後は戦ったが、神宮に行けなくて申し訳ない。
(後輩へ)下級生に助けられた。また成長も見ることができた。メンバー内外関係なく激しい競争をして欲しい。素質はある。
自分たちの代はセンターラインが揃っていて、監督さんからもこの代で日本一ということを期待されてきた。神宮には行けなかったが、最低限のリーグ優勝はできてよかった。一番上の学年の力があった。あと今年から光原さんがコーチになり、練習から手を抜くなと言われてきた。成功者の体験としてビハインドの場面からひっくり返せる。粘り強く勝てる。いい部分を引き継いで欲しい。」
DSC_0251


川辺凛投手
「結構悪かった。変化球がいかないのでストレートしか投げられなかった。和歌山大戦の時に打たれ、横山から次は抑えられるようにしとけと言われていた。昨日関西国際大とのリベンジが決まり、明日は任すぞとチームメイトから言われた。(初回のピンチを無失点に抑える)先制点を与えたらだめと思っていて、西元のお陰で落ち着けたし、あのプレーはとても大きい。(横山選手の同点タイムリーヒット)片山が盗塁して、横山が打ってくれて、4回生が活躍してくれて4年間やってきてよかったと思った。僕はゲガもして、もうマウンドに立てないかと思っていたが、横山とバッテリーを組めてよかったし、本当に頼りになるキャプテン。(4年間を振り返って)2回生の時全国大会に出場し1回戦で敗退したが、マウンドに立たせてくれてありがとうとみんなには感謝している。(後輩へ)僕も先輩に全国大会へ連れて行ってもらったので、みんなを連れて行きたかった。この悔しさを忘れず、後輩たちには全国へ行ってほしい」
DSC_0738


長谷川希望投手
「関西選手権では自分の力を発揮できず、チームに迷惑をかけた。悔いが残る。これからは自分の取り組みを続けるとともに、もっと精度を上げていきたい。横山さんには迷惑しかかけていないが、横山さんのおかげで今の自分がいる。感謝しています。4回生が残したものを受け継ぎつつ、変えるところは変えていって、来年の春全国に行って4回生の方々に報告したい。」
DSC_1205









 神宮大会出場は叶わなかったが、京産大は誰からも愛されるチームになった。以前、勝村監督は「何も知らずに球場にきたお客さんが、京産大の選手をみて応援してくれるようなチームにしたい」と語っていた。今秋は全試合に大学の応援団が来るなど、硬式野球部はどこのチームよりも応援され続けてきた。応援団も決して誰かに言われて毎試合応援にきていたわけではない。「野球の日程が出たときに、全部いけるじゃん。行こ!って」と自分たちで決めていた。屋外で2時間近くも声援を送り続けることは簡単ではない。平日開催の試合でも、他の部活と日程がかぶっても行けるメンバーをかき集めた。最終戦、9回表横山の同点打は「無心で来た球を振った。声援が力になった」(横山)と応援が打たせた一打だったのかもしれない。“愛され、応援されるチーム”には野球の技術だけでない力が存在する。この力はどんなときでも手を抜かず全力プレーを魅せる選手たちが手に入れた最高の武器だ。どのポジションにも選手が揃っており、日本一を期待され入学してきた現4回生。4年間で全国大会出場は1回だけに留まるも、諦めず粘り強く戦うことで“愛され、応援されるチーム”を作った功績は大きい。チーム目標である日本一は4回生の姿をみてきた後輩に託された。
DSC_0886

《硬式野球部》12安打15得点、打線大爆発!大商大戦の連敗を9で止める

9月16日、関西六大学野球秋季リーグ第3節大商大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。京産大は初回に先制され、3回裏にも3点を失い、苦しい展開となる。しかし4回表に逆転し試合の流れを一気に戻した。その後は着実に得点を重ね15得点と快勝、第3節を1勝1敗とした。
DSC_0138


京産大 030 500 502 = 15
大商大 103 000 001 = 5

スターティングメンバー(先攻)
1.中堅手 山本 (鳥取城北)
2.遊撃手 宇都宮(宇和島東)
3.指名打者 杉野(近江)
4.一塁手 西元(福知山成美)
5.三塁手 笹原(福知山成美)
6.左翼手 田井中(福知山成美)
7.捕手 横山(龍谷大平安)
8.右翼手 川岸(京都成章)
 右翼手 間部(金光学園)
9.二塁手 酒井(桜宮)
先発投手 藤本(京都学園)
2番手 長谷川(大分藤蔭)
3番手 北山(京都成章)
DSC_0060


 チャンスであと1本が出ないと言われ続けてきた打線がついに火を噴いた。終わってみれば12安打15得点、2戦連続完封負けが嘘のような京産大の攻撃だった。試合後ベンチから引き上げる選手の様子もどこか吹っ切れたような清々しさがあった。
 現在、4季連続で大商大が優勝を果たしている関西六大学野球リーグで、京産大は厳しい戦いを強いられてきた。大商大に最後に勝ったのは、奇跡の大逆転優勝を飾った平成28年春以来2年半ぶり。京産大は大商大に9連敗中であった。「ずって負けていたのでやってやろうと思っていたがなかなか勝てず、もやもやしていた」と主将の横山裕也(済4)が話すように選手たちは悔しい思いをしてきた。今日の試合も序盤は決して良い立ち上がりとは言えなかった。初回に先発の藤本翔(法2)が二死から連打で1点を先制され、いきなり王者の強さを見せつけられる。直後の2回表に二死1,3塁から9番酒井航(営1)の2点適時打で3点を奪って逆転するも、3回裏に再び藤本が捕まり3失点。試合序盤は1点差を追いかける展開となった。
 しかしここから京産大は前日完封負けを喫したチームとは思えない打線の繋がりを魅せる。4回表一死満塁から9番酒井が四球を選びまずは同点に追いつく。続く1番山本貴也(営1)に2点適時打が飛び出し逆転に成功した。この回さらに押し出しで1点をもぎ取り一挙5得点を挙げる。
 投手陣も3回二死からマウンドに立つ長谷川希望(済1)がスコアボードに0を刻み大商大の反撃を許さない。この中盤に大商大から得点されなかったのは大きかったのか、流れは完全に京産大ペースになった。打力のある大商大の息の根を止めるべく7回表再び打線がつながる。一死満塁のチャンスを作ると9番酒井が再びライトオーバーの2点適時打を放つ。今日の酒井は2安打5打点と大暴れ、恐怖の9番打者としてチームを勝利に導いた。その後も1番山本、2番宇都宮雄太(済2)の2連続適時打で3得点。この回、再び5点を奪って大商大を突き放した。
 打線が繋がらず、ことごとく敗戦を喫してきたチームだけに今日の試合での攻撃に関しては今後の試合にも大きく影響を与える内容であった。試合は9回表にも4番西元正輝(営3)が右中間へ適時打を放って2点を追加し勝負あり。第3節大商大戦を1勝1敗の五分とした。試合後、主将の横山は打線について「意識はいい方向に向かっている」と手ごたえを感じていた。悲願のV奪還へ、大商大に1勝しただけでは意味がなく、勝ち点を獲得してこそ大商大に勝ったと言っても過言ではない。明日の3回戦、大商大は1回戦で3安打完封を喫した大西がマウンドに立つ可能性が高い。一昨日の借りを返すと同時に、何としてでも大商大から勝ち点を。3回戦は勝ち点を賭け総力戦となる。
DSC_0159


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「積極性をテーマに試合に臨んだ。打線は酒井と山本を中心によくつながってくれた。酒井は勝負強さが魅力、身体は小さいがそれを気持ちでカバーしている。先発の藤本は逆転した直後受け身に入ってしまった。リードしても攻めていく姿勢を大事にしてほしい。これも一つの経験としてこれから成長していってもらいたい。北山は自分の持ち味であるボールの威力を存分に発揮してくれた。長谷川は度胸よく堂々としたピッチングを見せてくれた。明日に向けて気持ちを切り替えて準備をしていきたい。」
DSC_0083
DSC_0208


横山裕也主将
「ずっと負けていたので、やってやろうとは思っていた。モヤモヤしていた。今日勝てたがまだ勝点を取ったわけではない、まだ5分
。(チームの雰囲気は)声も出ていた。
うちはしっかりバントを決めたり、繋いで繋いで得点する野球。今日はよく繋がった。意識はいい方向に向いていると思う。明日は総力戦。しっかり勝ちに向かって行きたい。」
DSC_0253


酒井航内野手
「2試合連続で打てていなかったのでなんとか投手を援護できるように打席に立った。データからストレートにヤマを張っていた。自分は9番打者なのでなんとかして1番の山本に繋ぐのが仕事。打席の途中で左投手に代わりやりづらかったが冷静に四球を選ぶことができた。試合のビデオやデータを見直して明日に備えたい。」
DSC_0242
DSC_0302
DSC_0202


北山亘基投手
「自分の持ち味であるストレートの威力で抑えることができた。勝村監督からもストレートを磨くように言われ続けてきて、春夏を通して練習してきた成果が結果になって現れていると思う。長谷川が崩れたらいつでもいけるようにいつも準備している。いまからしっかり気持ちを作って明日の試合にベストコンディションで臨めるようにしたい。」
DSC_0214
DSC_0285


山本貴也外野手
「4回に対戦した橋本さんは5リーグオールスター時に後ろを守っていて、えげつない投手だと思っていた。スライダーの曲がり幅が大きくて速い。なので多少ストライクゾーンから外れてると思っても、初球から積極的にいこうと思っていた。
(7回の適時打について)大商大は打力のあるチームなので引き離さないといけないと思っていた。ストライクゾーンにきて詰まったが、良いところに飛んでくれた。
(1年生の活躍が目立つ)いい刺激になっている。北山、長谷川も頑張っていた。負けられない。酒井は体は小さいが四球で出塁したり、飛ばすこともできる。酒井が9番にいるので上位に繋がっていると思う。チャンスで返してあげたい。
大商大の大西投手には抑えられてしまっている。自分は塁にでるだけでなく、相手の嫌がることをしていきたい。自分の役割を果たしたい。」
DSC_0258

DSC_0162


長谷川希望投手
「ブルペンでもいつも通りのピッチングができていた。ストレートが下から浮いて、芯を外し、ゴロを打たせることができた。
明日は、際どく、ボールになった判定は修正して、テンポよく投げる。
今日は球数を多く投げたので、ケアをしっかりして、明日戦闘モードになる。」
DSC_0185


宇都宮雄太内野手
「(7回2点タイムリー)全然打ててなかったので、次に回すことを意識した。球は絞らず来たまっすぐを素直に打った。
全員が後ろに繋ぐ気持ちを持っていたので勝てたと思う。明日もチーム一丸となって戦う。」
DSC_0272

DSC_0206




次戦は9月17日、第3節大商大3回戦がわかさスタジアム京都で行われます。












(石丸一真)





《硬式野球部》山本4安打の活躍を見せるも商大に完敗

 関西六大学野球春季リーグ第7節1回戦の大阪商業大学戦(19日、皇子山)が行われ、2-5で敗れた。攻撃陣は再三のチャンスを生かしきれず、2得点に終わった。先発の宮所は、初回3安打を浴びるも1失点で切り抜け、7回4失点の粘投。前節で神院大が勝利し、優勝の可能性がなくなった京産大。明日の2回戦に負ければ、目の前で商大の優勝が決まる屈辱を味わうことになる。商大の好投手を攻略し、総力戦で勝利を掴みたい。

スタメン

1(右) 山本  4打数4安打1打点
2(二) 川上  3打数2安打
3(D) 杉野  4打数0安打
4(一) 西元  3打数1安打1打点
5(三) 笹原  4打数0安打
6(中) 田井中 4打数1安打 
7(左) 川岸  3打数0安打
8(捕) 横山  4打数1安打
9(遊) 森   3打数1安打

H 酒井  1打数0安打
H 宇都宮 1打数0安打

先発・宮所 イニング:7 奪三振:3 被安打:10 失点:4
2番手・藤本 イニング:1回1/3 被安打:1
3番手・紀本 イニング:0回2/3

試合経過
 初回、先発の宮所は味方のエラーも絡み1死三塁のピンチをつくる。ここで、左前タイムリーを許し1点を失う。さらに2死満塁となるが、三振を奪い最少失点で切り抜けた。3回には、左越え2ランを被弾し3点のリードを許す。その裏、無死1塁から山本が2塁打を放ち差を2点に縮める。打ったのは甘く入ったスライダー。点を入れられた直後だけに大きな一打となった。4回からは両投手が好投し6回まで0が並ぶ。7回、追加点が入り再び3点差となる。8回には1死2.3塁から西元の犠牲フライで1点を返すが、反撃はここまで。9回にも追加点を許し2-5でゲームセット。

S_7983273051531
7回を4失点でまとめた宮所

S_7983269882701
8回からリリーフ登板した藤本

S_7983272429470


S_7983269991921
8回に2追加点となるホームを踏む山本

S_7983273397994


コメント

勝村監督「勝たないといけないので、勝つことに集中して臨んだ。優勝はなくなったが、最後まできっちりやりきるということと、来季にしっかり結びつくような戦いをしていかなければならない。宮所は点は取られたが、直球は良いボールを投げられていた。変化球が打たれているので、反省しなければならない。攻撃陣はチャンスこそ作れていたが、今季はずっとあと1本が出ない。チャンスで走塁ミスが出るのも改善しなければならない。守備は、エラーが点に結び付くシーンもあったので気を引き締めて明日もやっていきたい。明日は総力戦でやっていく。」

横山「優勝を逃したのは、自分達が持っているものを出し切れなかった結果。自分たちのせいで優勝を逃した。力を出しきれていない(50%)。力を出しきるために練習で120%の力を出す。守備で粘れたのが良かったが、攻撃の部分で一本が出ない。抑えれる失点を抑えないと勝てない。明日は積極的に行く。」

山本「3回のタイムリーは甘くきたスライダーを打った。狙い球を絞るのではなく、打てるボールに合わせた結果だと思うので良かった。格上相手でも勝てるよう明日もやっていきたい。」

宮所「一昨日、先発で行くことを告げられ、いつも通り準備して試合に臨んだ。今日は変化球が真ん中に集まってしまったことが課題。ストレートは良く、押すことができた。明日、明後日もいつでも投げられるよう準備をしっかりする。」


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ