京産大アスレチック

学内スポーツ紙「京産大アスレチック」を製作・発行する、京都産業大学体育会本部編集局の公式BLOGです。

#京産大

友だち追加

《硬式野球部》今秋初めての2連勝での勝ち点獲得!川辺が秋1勝目、4番西元が3打点とチームを牽引!:大院大2回戦

10月8日(月)、関西六大学野球野球秋季リーグ第6節・大院大2回戦が南港中央公園野球場で行われた。京産大は初回に西元の適時打で1点を先制すると終始試合を優位に進め勝利を収めた。
DSC_0153

DSC_0103


大院大 000 000 100 = 1
京産大 101 020 00× = 4
DSC_0041


試合成績
1.中堅手 山本 4打数1安打1四球
2.遊撃手 宇都宮 2打数1安打1四球
3.指名打者 杉野 3打数2安打1打点1四球
4.一塁手 西元 2打数2安打3打点1四球
5.左翼手 田井中 3打数2安打
6.捕手 横山 3打数0安打1死球
7.三塁手 笹原 4打数1安打
8.右翼手 川岸 4打数0安打
9.二塁手 酒井 2打数0安打1四球
(代打・二塁手) 川上1打数0安打

DSC_0109


・先発投手 川辺 5回3分の1、球数87、被安打0、奪三振8、四死球5、自責点0
・二番手 湯川 1回3分の2、球数23、被安打2、奪三振1、四死球0、自責点1
・三番手 北山 2回、球数24、被安打1、奪三振3、四死球0、自責点0

DSC_0126

DSC_0254


今秋はじめて2連勝で勝点を獲得した京産大ナイン。ダグアウトから引き上げる選手たちの表情はいつにも増して明るかった。ここまで一度も勝点を落とさずリーグで首位に立つ京産大だが、決して楽な立場ではなかった。神院大戦、大商大戦、龍谷大戦いずれの試合も勝点は奪ってきたものの全て2勝1敗。さらに第5節までの全9試合で先制点を奪ったのは龍谷大3回戦の1試合のみと非常に苦しい戦いを強いられてきた。前日に行われた1回戦も延長戦タイブレークの末に粘り勝ちを収めていた。

ここまで粘りの投球を続ける下級生投手陣を休ませるためにも今日の2回戦は必ず取らなければならなかった。先発のマウンドに立ったのは、今秋まだ勝ち星のない川辺。「ブルペンから調子がよかった」と捕手の横山が話すように今日の川辺は圧巻だった。本調子ではないなかでも5回3分の1をノーヒット、三振8つを奪って試合を作った。その後、6回一死1,2塁のピンチで2番手としとマウンドに上がった湯川は3週間ぶりのマウンドにもかかわらずこのピンチを無失点で切り抜けた。絶対的エースとして君臨し続けてきた湯川も今秋は調子が上がらず苦しんでいる。しかし試合後、「今秋の中では1番よかった」と語り復活へ一筋の光が見えた登板となった。大学通算15勝の輝かしい実績があるだけに湯川、神宮での先発登板の経験がある川辺が本領発揮すれば投手陣の厚みさらに増す。

一方の打線も今日は4番西元が2安打3打点と大活躍した。初回に二死1,2塁から西元がタイムリーヒットを放って先制点を奪った。勝村監督も西元は「状況に応じた打撃ができる」と信頼を寄せている。中でも3回裏スリーベースヒットで出塁した杉野を3塁に置いて西元は打席に立った。「足の速い杉野が3塁にいたので犠牲フライでも1点取れる」(西元)追い込まれながらもきっちり外野まで運び1点をもぎ取った。西元は今節で4割5分まで打率を挙げリーグ2位、首位打者獲得も射程圏内にある。5回裏には一死1,3塁から3番杉野、4番西元が連続タイムリーヒットを放って相手を突き放した。
川辺が試合を作り、4番西元がチャンスできっちりランナーを返した京産大。最後はストッパーとしてフル回転の北山が三者連続で勝利を収めた。
試合後ダグアウトの裏では「ナイスピッチング」「ナイスバッティング」と至る所で声が上がりお互いを称えあう。リーグ制覇へチームの雰囲気は最高潮だ。マネージャーや学生コーチ、首脳陣を含め野球部全員が優勝に向き準備は整った。最終節V奪還へ京産大は最後まで一戦必勝を貫く。
DSC_0163


勝村法彦監督
「(2安打3打点の西元について)調子も上がってきている。状況に応じた打撃ができる選手なので。(今節先制点を取れた)全員が繋ぐ意識を持っていて、低く強い打球を打つことができている。川辺、湯川はよく投げた。川辺は万全ではないなか3回でも良いと思っていた。湯川も6回のピンチは経験を活かして抑えた。決して調子が良い訳ではないが、自信も回復させなければいけない、腹を決めて投げていたと思う。1点を失ったが、今日は北山に繋ぐまでを4回生でと考えていたのでよかった。
田井中は自分のポイントで打てるようになってきた。よく練習する子、今日もきちっと捉えることができていた。
投手陣の疲労を考えると2つで終えたこと(今節2連勝で勝点獲得)は大きい。来週も今までやってきたことを出すだけ。最高の準備をして臨みたい。」
DSC_0033


川辺凛投手
「産龍戦先発した時はだめで、準備はしていたが、もう投げる機会は無いかもと思っていた。昨日先発を告げられた。湯川と2人で投げきれたらと思っていた。野手が点を取ってくれたので、楽に投げることができた。
後輩に助けてもらってばかりだが、投手陣が0で抑え、最終節しっかり勝ち点を取る。」
DSC_0086

DSC_0131


横山裕也主将
「川辺はブルペンから調子がよかった。4回生が試合に出たらスタンドもベンチもとても盛り上がっていた。湯川もリリーフで登板したが、ベンチにいることで川辺もほかの投手陣も投げやすいと思う。
西元は自主練も一緒に行っているので、打ってくれてとても嬉しいし、頼りになる4番。
田井中はなかなか結果出ず悩んでいた。力を抜くように声かけをした。
4年生がベンチにいるととても心強く、勝ちに繋がっている。チーム全員でいい雰囲気が作れていると思う。
一戦一戦方向性を間違わず勝つだけ。」
DSC_0120


西元正輝選手
「(今秋は)ピッチャーに助けてもらうことが多く、しんどい場面で投げさせてきた。試合の入りを意識してらやってきたので、先制点を奪えたのは良かった。初回の先制打はストレート、3打席目はスライダーを打った。チャンスで多く回ってくる打順でもあるのでなんとかランナーを返せるようにしたい。相手が前進守備だったりするので自分の中では楽に打席に立てる。嬉しいです。今日の第二打席もランナーの足(三塁ランナー杉野選手は足が速い)や場面などを見て、さらにカウントも追い込まれていたのでとりあえず外野フライで1点と思っていた。
これまで一戦一戦やってきた。とにかく大経大戦も初戦をしっかり取りたい。優勝したいです。」
DSC_0040

DSC_0114


湯川翔太投手
「(今日の調子は、)今秋の中では1番よかったと思う。こういう投手陣状況の中で後輩が活躍してるのは嬉しいが、上の学年の投手が引っ張っていかなければいけないと思う。4回生が活躍しないと。チームが優勝することが1番。迷惑をかけた分、頑張れるようにしたい。」
DSC_0209


2安打を放った田井中選手
DSC_0051



2安打1打点の杉野選手
DSC_0092

DSC_0147



宇都宮選手
DSC_0143

DSC_0151


北山投手
DSC_0364


次戦は10月13日(土)に最終節・大経大2回戦が皇子山総合運動公園野球場で行われます。12:30試合開始予定です。















《硬式野球部》1年ぶりの開幕戦勝利!神院大に逆転勝ち

 9月11日、関西六大学野球秋季リーグ第2節、神院大1回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は初回に1点を先制されるも、4回表に一死1,2塁から7番川岸がしぶとくレフト前へ放って追いついた。5回表には4点を奪って試合をひっくり返した。7回表にも8番横山が犠飛を放ち勝負あり。リーグ初戦を逆転勝利で飾り幸先の良いスタートとなった。しかし先発の湯川は初回、5回と先頭打者を四球で歩かせてから失点を許し悔しい開幕戦となった。

京産大 000 140 100 = 6
神院大 100 200 000 = 3

スターティングメンバー(先攻)
1.中堅手 山本
2.遊撃手 宇都宮
3.指名打者 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.左翼手 桧垣
7.右翼手 川岸
8.捕手 横山
9.二塁手 酒井
先発投手 湯川
DSC_0094

 背番号34が見えるほどのフルスイングで相手投手を圧倒した。5回表、無死2,3塁から2番宇都宮雄太(済2)の犠飛で逆転し、さらに畳み掛けようと一死満塁で笹原大虎(済2)は打席に立った。カウント1-3からの5球目甘く入ったストレートを見事に捉え、打球はあっという間に中堅手の頭を超えた。「ストレートが来るかなと思っていた」と読み通りの球を一振りで仕留めた。
実は笹原、昨春の明石で行われた神院大戦で4番西川の代打で出場し初打席・初安打・初打点を記録している。相性のいい球場でチームを勝利に導いた。
「打撃フォームは日々研究している」と野球にひたむきな面も魅せる。今日3安打の3番杉野翔悟(法3)、1安打2四死球の4番西元正輝(営3)の2人の調子がいいだけに後を打つ笹原にはチャンスで打席が回る。「(笹原について)まだ完璧ではない」と語る勝村監督からの期待も大きい。課題の1つでもあったチャンスでの一打にこの男の存在は欠かせないだけに完璧になった笹原が早く見たい。
DSC_0087
DSC_0091
DSC_0155



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「ケガ人がいる中でもピンチをチャンスにということで。試合前から『暗くなるな、元気出していこう』と言っていた。杉野、笹原はオープン戦まではあまり良くなかったがだんだん上がってきた。(2安打3打点と活躍したが、)笹原はまだ完璧ではないが、しっかりと捉えられていた。(4回表同点打の川岸について)広く見ろと伝えた。際どいボールを見極めずに振っていって欲しかった。湯川は毎回同じ。宮所が1回3分の1を抑えたからよかったが、神院大打線を考えれば4点差あっても厳しい。エースの自覚を持たないと!
連勝しか考えていない。しっかり明日に集中して、目の前の一戦一戦、ひとつずつ勝つことが大切。」
DSC_0107


光原コーチ
「(湯川について)ストライクが全く入らないわけでも、ボールが弱いわけでもない。技術はある。切り替えることと継続すること。普段の練習から継続して取り組み続けることができるか。自分に厳しく意識を上げていって欲しい。」

湯川翔太投手
「課題は先頭バッターを集中して抑えること。初回に先頭打者を四球で出し、少し内側に入った甘いストレートをライトオーバーされた。その後は切り替えて投げたが、再び5回に四球を出してしまった。
最後のシーズンなのでリーグ優勝したい。次戦投げるかわからないが、チャンスをもらえれば抑えたい」
DSC_0020


笹原大虎選手
「(5回表の3点適時打について)投手が代わって速い球を待っていた。カウント1ー3になってストレート来るかなと思っていたところにストレートが来たので一撃で仕留めました。(昨年も明石でデビュー戦いきなりライトオーバーを打っているが、)相性はいいかも。今日もフェンスまではいったが越えてくれなかったウエイトが足りないのかなと。打撃フォームについては色々研究しています。
明日も勝って2連勝できるようにしたい。あと次はホームランを打てるようにしたいです。」
DSC_0037



2番手で登板し1回3分の1を無失点に抑えた宮所投手
DSC_0125


7~9回を無失点で抑えた紀本投手は3番手として登板
DSC_0158



同点打を放った川岸選手
DSC_0040
DSC_0058



次戦は9月12日、神院大2回戦が明石トーカロ球場で行われます。試合開始は12:30の予定です。







《硬式野球部》打線の繋がり欠き惜敗…龍谷大に勝点献上。自力優勝の可能性消滅

5月6日、関西六大学野球春季リーグ第5節・龍谷大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。産龍戦の連勝記録を11で止められた昨日から一夜明け、なんとしても勝ち点だけは奪いたかったが、最後まで打線がつながらず連敗を喫した。


龍谷大 100 000 001 = 2
京産大 000 001 000 = 1

スターティングオーダー
1.中堅手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.右翼手 川岸
7.DH 桧垣
8.捕手 横山
9.遊撃手 木村
先発投手 川辺

【試合展開】
 なんとか1勝1敗に持ち込み、3戦目で勝点獲得を目指す京産大だったが、7安打を放ちながらもなかなか打線がつながらない。終わってみれば6回裏の川上のソロホームランでの1点にとどまった。
 この試合、先発のマウンドに上がった川辺は初回に二死から龍谷大の4番に適時打を浴び、2試合連続で初回に先制点を奪われた。2回以降は今春初登板の紀本がマウンドへ。6回表途中まで投げ、被安打3で無失点投球を披露、完璧なリリーフを魅せた。6回表二死からは宮所が登板すると8回まではスコアボードに0を並べた。しかし9回表、先頭打者に出塁を許すと、一死2塁から決勝打を浴び惜敗を喫した。
HHHH0131


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「紀本がいいピッチングをして、6回に川上のホームランは本当に大きかった。それでもつないで得点するという本来のうちの野球ができていない。
早い回の交代なら紀本でいこうと考えていた。今春、初登板だが調子が良かった。川上の打球もとても良かった、うまくさばけていた。優勝への可能性はまだある。紀本もあれだけ投げられて、宮所も悪くない。つないで得点をして京産大らしさを出せるようにしたい。」
HHHH0010


光原コーチ
「(大商大を抑えるには)逃げ腰にならないようにしなければいけない。(ここ最近の試合では)カウントが悪くなり、四球を出したり、ストライクを取りにいったところを打たれたりとパターンが同じ。しっかり攻めていくことが大切。残り2週間あるが、今から技術的な部分よりもしっかりコンディションを整えて、当日しっかり勝負できるようにすることが大切。」

横山選手
「川辺が踏ん張り切れずに先制されてしまった。本当に悔しい。2年前に優勝した時は4年生が引っ張っていた。今は自分たちが引っ張らなければいけない。追い込まれるつもりでやっているわけではないが、もう後がない。すきであったりミスをなくして、優勝することだけを考えていく。」
HHHH0395


川上選手
「チーム全員優勝に向かってやってきたが、産龍戦11連勝しているというスキがあったのかもしれない。悔いが残る。自分が引っ張らなければいけない立場なのに、昨日は守備でミスが出てしまった。上級生のミスはチームに大きく影響する。
(ホームランについて)打ったのはインコース寄りのストレート。体の回転で打つことができた。商大はいい投手が多いので、何とか対応できるようにしたい。でも一番は守備。とにかく最少失点で抑えるのが一番。」
HHHH0089


紀本投手
「先頭バッターに対しては緊張したが、準備してきたので普段通りの投球ができた。後ろに投手もまだいたので最初から全力で投げることができた。次回登板する機会があれば、普段通りを心掛けて投球する。」
HHHH0164






【次戦の日程】
第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~

《硬式野球部》主将・横山が3安打猛打賞!大院大から連勝で勝ち点獲得

 4月16日関西六大学野球春季リーグ第3節vs大院大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。延長10回裏に京産大が相手のミスから得点を奪い、サヨナラ勝ちを収めた。
_DSC0108


大院大 000 010 010 0 = 2
京産大 000 010 010 1× = 3

【得点シーンハイライト】
大院大
5回表 8番安田のソロホームランで1点
8回表 二死1塁から8番安田のセンターオーバーの適時打で1点

京産大
5回裏 二死満塁から4番西元がデッドボールを受け1点
8回裏 一死から代打・川岸がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁。二死1,2塁となり、9番横山の適時打で1点


スターティングオーダー
1.右翼手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.中堅手 田井中
代打(中堅手) 川岸
7.DH 西川
代打(DH) 梶谷
代打 酒井
8.遊撃手 木村
代打 長瀬
(遊撃手) 森
9.捕手 横山
P 川辺(5回)→宮所(5回0/3)→湯川(1回)


【試合展開】
 15日は雨で順延となり、14日に行われた1回戦から1日空いて迎えた今日の2回戦、京産大は連勝での勝ち点獲得を目指していた。先発の川辺は立ち上がり緩急をつけた投球で相手打線を寄せ付けない。しかし5回表、高めに浮いたスライダーを大院大8番安田が見逃さず、ライトスタンドへ一直線。先制点を許した。すると直後の5回裏、一死から9番横山かツーベースヒットでチャンスメイク。その後、二死満塁となり4番西元がデッドボールを受け押し出しで同点に追いついた。
 6回表からは宮所がマウンドへ。8回表に二死から連打で1点を失うが、直後の8回裏に二死1,2塁から横山適時打で再び同点に追いついた。宮所は10回途中までに6つの四球を出すものの相手打線を1点で凌いだ。9回を終え同点、京産大は今季2度目の延長戦に突入した。10回表、無死一塁でマウンドへ上がった湯川も何とか無失点で切り抜けた。
 すると10回裏、ここまでノーヒットの4番西元は「チャンスで打てていなかったが、投手が変わっていたので切り替えることができていた」と無死から低めの球に上手く合わせ、サヨナラのランナーとなる。続く5番笹原は送りバントを決め一死2塁。さらに先ほどど打席レフトオーバーを放っている川岸は四球を選び一死1,2塁のチャンスを作る。ここで再び勝村監督が酒井を代打に送る。酒井の打球はショートへ、ダブルプレーかと思われた。しかし酒井は必死に1塁へ全力疾走。この酒井の足が相手セカンドにプレッシャーを与えたのか、ファーストに転送されたボールは1塁側ベンチの方へ転がる。その間に2塁ランナーの西元がサヨナラのホームを踏み、勝利を収めた。
 9番横山、1番山本、2番川上の調子がよく、チャンスでクリーンナップに打席が回ることの多い打順であるだけに、3,4,5番の一打に期待が大きくかかる。しかしどんな形であれ、大院大から連勝で勝ち点を取れたのは大きい。優勝するためにも2連勝で勝ち点を一つずつ獲得することが必須である。
_DSC0152



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「前半は相手投手を掴み切れなかった。右打者はチェンジアップに、左打者は外のボールに苦労した。川岸は長打力もあり、左投手にも強い打者、良く打ってくれた。川辺は前半は良かった。5回までホームランだけ最少失点で切り抜けた。宮所は少し力んでいた。前に行くしかないので、2連勝できたのは大きい。」
_DSC0123


横山裕也主将
「(2連勝)まずは安心した。(猛打賞について)打ってやろうというよりも、最少失点で切り抜けていた投手陣を援護したいという気持で打席に立っていた。川辺は入りは良く、粘りで抑えていた。優勝するためには勝ち点4が必要。このことはチーム全員がわかっている。次の土日に向けいい準備をしたい。」
_DSC0121

3安打猛打賞と大活躍
_DSC0128

_DSC0133


川辺凛投手
「変化球で打たせていくことを心掛けていたが、5回のホームランはスライダーが少し高めに抜けてしまった。1回戦は湯川が完投して、今日は自分と宮所でと思っていたができなかった。野手のおかげもありなんとか勝利できた。先発でも中継ぎでも任されたところをしっかり0で抑えることが全国につながっていくと思う。」
_DSC0011


宮所広輔投手
「審判にストライクをとってもらいたいところをとってもらえなかった。気持ちを切り替えればよかったけど力んでしまった。満塁になってからは思い切り投げようと切り替えた。8回は甘く入ってしまった。基本はまっすぐで変化球も混ぜながら。最後まで投げたかった。次からは湯川さんと川辺さんのあとに自分が出ると思うから最後まで投げきりたい。」
_DSC0111


西元正輝選手
「チャンスで打てなかったけど、ピッチャーが変わったから絶対出てやろうと切り替えた。1,2番がでてくれるけどそれ以降が出れないのは反省。チャンスだからとメンタル的にも力んでしまっているから克服したい。」
_DSC0141




【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~



《硬式野球部》川辺、気迫のリリーフ!ルーキー川岸サヨナラ打

 4月2日、関西六大学野球春季リーグ戦・第1節VS神院大2回戦が南港中央公園野球場で行われた。延長15回タイブレークとなった試合にルーキー川岸が終止符を打った。
_DSC0229


神院大 000 200 100 000 010 = 4
京産大 110 000 001 000 011 = 5×

スターティングメンバー
1右翼手 山本
2二塁手 川上
3左翼手 杉野
4一塁手 西元
 捕手 西元
5三塁手 笹原
6中堅 田井中
7DH 西川
 代打 桧垣
 代打 梶谷
 代走 片山
 代打 川岸
8捕手 横山
 代打 酒井
 一塁手 長瀬
9遊撃手 木村
先発投手 宮所

《試合展開》
3時間半にも及んだ試合の最後は、京産大の劇的なサヨナラ勝ちで幕切れとなった。
前日に行われた1回戦同様、京産大は1回に西元、2回には横山が適時打を放ち幸先よく先制点を奪った。しかし4回表に2点を失い同点、さらに7回表にも1点を奪われ逆転されてしまう。負ければ勝点を落とす大事な一戦、京産大ナインは諦めていなかった。9回裏ヒットと四球で二死満塁とし、打席には4番西元が入る。二死満塁カウントツースリー京産大は崖っぷちまで追い込まれていた。しかし西元が冷静に四球を選び同点、土壇場で延長戦に持ち込んだ。
投げては7回途中から宮所のあとを受けた川辺が気迫のピッチングを披露。三者連続三振を奪うなど、京産大に再び流れを呼び戻した。延長13回でも決着がつかずタイブレークに入る。今春から無死1,2塁、継続打順で始まるタイブレーク。延長15回裏、京産大は1塁ランナー西元、2塁ランナー杉野、打者笹原で攻撃を開始した。笹原はきっちりバントを決め、続く田井中は宣告四球を受け1塁へ。一死満塁のチャンスで打席には途中出場のルーキー川岸が入った。「前の打席でスライダーをサードゴロにしてしまったので、逆方向を意識していた」と川岸は狙い通りライトへサヨナラタイムリーを放ち試合を決めた。
試合後、勝村監督も「総力戦だった」と語るように7人もの選手が途中出場で役割を果たした。今日の勝利で神院大との対戦成績を1勝1敗の五分とし、勝点は明日の3回戦へ持ち越しとなった。
3連戦となるが、京産大には今日の試合で登板がなかった湯川や、リリーフで実績のある左の島西など十分余力を残している。優勝するには神院大から勝点を落とすわけにはいかない。V奪還へ戦いはまだ始まったばかりだ。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は気持ちがこもっていたし、川岸もよく頑張ってくれた。今日は総力戦だった。西元は普段から捕手の練習もしているので、横山がベンチに下がったときは西元と決めていた。宮所から川辺にスイッチするタイミングは難しかったが、平山コーチと光原コーチと相談し決めた。今日は全員で勝つことができた。明日勝たなければ意味がない。」
_DSC0167


川辺凛投手
「宮所が踏ん張ってくれていたので、7回は何とか抑えたかったが、ストレートが少し抜けてしまい高めに浮いたところを打たれてしまった。いままでは先発として投げることが多かった。中継ぎの難しさがわかった。試合前から、中継ぎで登板することが多い島西に作り方などを聞いて臨んだ。初回からキャッチボールはしていた。先発でも中継ぎでも打者を抑えることは同じ、チームに貢献できるようにしたい。」
_DSC0095


川岸裕太朗選手
「監督さんから思いっきり自分のスイングするように言われていた。1打席目は初打席で少し緊張してました。2打席目は犠牲フライでも1点と思って打席に入った。1打席目にスライダーを詰まらせてしまったので、2打席目は逆方向を意識していた。(同期の山本選手が活躍しているが)山本とはタイプが違うが、ライバルというよりお互い二人でチームに貢献できればと思っている。1年生同士で1年生からどんどん試合に出れるようにしようと話している。結果を残してチームの優勝に貢献できるようにしたい。」
_DSC0229


宮所投手
_DSC0023
_DSC0074


山本選手
_DSC0078


レフトオーバーのタイムリーヒットを放つ横山選手
_DSC0053


西元選手
_DSC0192




次戦は4月3日、南港中央公園野球場で神院大3回戦が行われます。試合開始は12:30です。






石丸一真


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ